2016年8月29日 (月)

週刊少年ジャンプ39号感想

■ONE PIECE
ウルージを負かしたとはクラッカーさん強いのねと思ったらルフィのギア4でダウン。
これで終わりとは限りませんが、出来れば倒せていて欲しいなあ。

■僕のヒーローアカデミア
それぞれ必殺技を仕上げてきている中で常闇君への「言いやすくかっこよくなってる」に笑いました。
言いやすさって大事。

■ハイキュー!!
「ゆずれなくてケンカすんの普通だ」が救われる感じで良かったですよ。
鷲匠先生はやっぱり日向のことをかなり気にしてるのだなあ。

■食戟のソーマ
クマー。
ここで久我先輩ですか。ちょっと面白くなってきました。
しかし久我先輩って学校的に今どういう立ち位置なのやら。(おそらく)中華料理研主将の久我的に薊のやり方が合わずにセントラルに従わなかったんだろうとは思うのですが、それって創真達のような「反逆者」扱いにはならないんですかね。

あと、創真はこの場では勝ちそうですが、他の面々が全員十傑とガチ勝負して勝てるとは思えないので対戦組み合わせとかも合わせてどうなってるのか気になります。
1年生を十傑とガチ勝負させるのにハンデすら無さそうだしなあ。(まだ分かりませんが)

■左門くんはサモナー
まさかのアイドル編。
「あらゆる仕事を一晩で終わらせる」って、なんてジェバンニな能力。

| | コメント (2)

2016年8月28日 (日)

今週のアニメ特撮感想・日分(8/28分)

■ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 22話
今回は重ちーの爆死からオーソン前でのスタンド仲間の情報共有まで、…かと思ってたのですが、そのまま一気に靴のムカデ屋に行きますか。
原作だと「重ちー死亡 → シンデレラ → ムカデ屋」だったところを順番を変えているわけですが、
順番変更のおかげで緊迫感があるまま吉良戦に移っているのはいい面かと思いますが、一旦四部らしい日常感のある(?)インターバルを挟んが原作の順番も悪くなかったし、どちらが正解かは何とも言えないかなと。
ただ、原作の順番のままだと「殺人鬼の存在が明確になった直後に何呑気にラブコメしてるんですか感」もあるので、やっぱりこっちですかねえ。
とりあえず、「うちの店に来るとは思えない」はゲフゲフ。

重ちー爆破は大変に気合が入っていました。ろくな破片も残さずに殺した上に、その魂まで苦しみながら崩れていくとは惨いですよ。重ちーは困ったクソガキではありましたが、殺されなきゃいけないとは可哀想でした。
それにしてもあの酷い怪我をしている年少者にあの反応って、バレー女子ヒデー。

■仮面ライダーゴースト 46話
9割の人がアデル兄ちゃんに。人類アデル化計画こえー(笑)
と言うか、よくそれだけの人に短期間でコンタクトを普及出来たものですよ。地デジ化普及とかでもかなり苦労してたのに。
皆がアデル兄ちゃんになる中でジャベルさんは無事でしたが、ジャベルさんってお金持って無さそうですしね。

偽マコトももうひとつの可能性で、人間は感情を力に変えるんだそうですが、つまりマコト兄ちゃんのシスコン魂を力に変えると言うことでしょうか。

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (0)

今週のアニメ特撮感想・木~土分(8/25~27分)

■仮面ライダーゴースト 45話
お空にアデル兄ちゃんが浮かんだり、世界がみんなアデル兄ちゃんになったり、なかなか嫌な状況ですよ。
最終的に眼魔側の幹部キャラが全員アデル兄ちゃんになって襲ってきたら嫌ですなあ。ガンマイザーも合わせて敵が全部アデル兄ちゃんですよ。
ところで元幹部のジャベルさんは今頃何をしているのか気になります。

アデル兄ちゃんが増える一方でマコト兄ちゃんも相変わらず増えてますが、偽マコト兄ちゃんまでシスコンに目覚めたっぽいのにはちょっと笑いました。

■クロムクロ 21話
由希奈を無事救出して、鬼さんから色々と新情報をもらったけど、エフィドルグの大規模侵攻で壊滅的被害を受けてそれどころじゃない状態に。
番組始まって以来のドシリアス展開でしたよ。ついに味方名有りキャラに死者まで出てしまったっぽいし。
脱出装置があるのはGAUS3号機だけみたいだし、セバスチャンは助からなそうだなあ…(´;ω;`)

セバスチャンは自爆して、戦力がクロムクロ+クロウとGAUS1機しか残っていない上に、研究所が陥落してクルル石も敵に発見されちゃったりして、もう完全にお手上げ状態ですよ。
戦力的にはムエッタロボ(水没中)が味方になるかも知れないけど。焼け石に水だろうしなあ。
たった宇宙船1隻相手にこれでは、本隊とやらがやってきたら本当にどうしようもないですね。ここで何とか重力加速船を乗っ取るなり、クルル石を壊すなりするなりしか無いですねえ。

描かれた範囲では名有りキャラでは赤髪メガネのオペレーターさん(リタ)がエフィドルグのナノマシンっぽいもので洗脳されちゃってましたが、あの状況だと研究所に残っていた司令や由希奈ママ達もみんな洗脳されちゃいそうですね。
人員的にも反攻作戦を計画出来る面子がいなさすぎるんですけど、ホントここからどうすればいいのやら。
逃げ延びた民間人の3バカが司令塔になって大活躍とかは簡便な!(あってもせいぜい小活躍くらいだと思いますが)

ムエッタの正体が明かされましたが、(ゼルの言葉に間違いが無ければ)結局雪姫本人では無かったんですね。以前の回想も植え付けられた嘘っぱちで、前回由希奈が宇宙船で見たのも「ムエッタ2号作成中」と言うことで合っていたと。
ムエッタがゼルの言葉を信じたかはともかく、不エフィドルグへの不信感は募ってるだろうし、そもそももうエフィドルグには戻れないだろうし、味方に付いてくれるといいんですけどね。
ところで赤バンダナとフラグが立ったような気がしないでもありません(笑)

鬼が敵では無いとか、ムエッタが姫では無いとか聞かされた剣之介がそれでも鬼と協力して戦うしかない状況で大変そうですが、ゼルさんは早いところ「450年前の事情」をちゃんと説明してやって欲しいところです。
今回はそんな余裕も無かったですけどね。
ところで由希奈パパはゼルとは友達だったそうで。腕時計はプレゼントされたとか、パパの形見だとかなんでしょうか。パパ自身はどうなっちゃったんでしょうねえ。

小細工にやられたヘッドレスを馬鹿にした直後に小細工を食らったりなミラーサさんは今回もポンコツでした。
最後はセバスチャンの自爆に巻き込まれましたが、さすがにあれで倒せてるかどうかは怪しいですかね。せめて機体がボロボロにでもなっていてくれればいいのですが。

それにしてもトムさんはいい人だなあ。

■この美術部には問題がある! 8話
物置きに閉じ込められたり宝探ししたりするの巻。どっちも面白かったです。
アミーゴ石膏像については白く塗りつぶせと思います(笑)
密室で内巻くんを意識し過ぎる宇佐美さんがかわいかったですよ。宇佐美さんはいつも暴走しっぱなしだなあ。

騒がしくしたらしたで、静かにしたらしたで怒る宇佐美さん理不尽かわいいですな。
そして、唐突に休憩時間を告げる宇佐美さんがかわいいですな。

通りすがり生徒に男子のトイレ待ちと誤解されて恥ずかしがる伊万莉さんがかわいかったです。
ひまわりクイズが分からなくてヒントを欲しがる伊万莉さんもかわいかったですよ。
宇佐美さんは伊万莉さんにちょっとジェラシーしつつも普通に仲良くなってるのが微笑ましいですな。

宝探しのエロオチはテンポが絶妙でした。
ところで内巻くんも三次元のエロ本で照れるんですね。宇佐美さんまるっきり希望が無いわけでも無いんじゃね?(3%くらいは)

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (2)

2016年8月24日 (水)

今週のアニメ特撮感想・水分(8/24分)

■マクロスΔ 21話
ワルキューレ結成秘話と美雲さんの正体の話。
興味の持てる話ではありましたが、結成話なんかはもうちょっと早くやっとくべきだった気がしないでもありません。こんなクライマックス直前に主人公とヒロイン蚊帳の外でやられてもなあ(^^;

美雲さん(3歳)がデザインされたクローンなのは特に驚きは無かったですが、誰のクローンなのか気になるところです。これまでのシリーズの誰かという感じでは無いし、レディM自身のクローンとか?
ともあれ、レディMが作ったのだとすると、レディMさん黒いなあ。

重要な秘密が明らかになった美雲さんですが、どうにも感情移入しにくいキャラなのが惜しいところです。これまで他のキャラとの絡みが少なすぎてイマイチ美雲さんに興味が持ててないままなんですよね。
次回ではハヤテと美雲さんの会話があるようですが、これまでまともに話したことあったっけとすら思えてしまったりして;

美雲さんをこういう重要ポジションにするなら、やっぱり三角関係の一端は美雲さんにしておいた方が盛り上がっただろうにと思えてなりません。
それだとFのキャラ配置と被っちゃうから避けたんでしょうけど、それでも、あまり機能していない今の三角関係より良かったんじゃないかと。

騎士団側はメガネの隠し事がバレて揉めそうですが、ハインツ様も限界みたいだし、何もしなくても自滅するんじゃないですかね。
ところでメガネがやろうとしてるのって人類補完計画ですかね。

■Re:ゼロから始める異世界生活 21話
白鯨戦決着。
3匹に増えてどうすりゃいいのやらと思ったら、脅威の諦めの悪さで頑張ったスバルが格好良かったですよ。
なるほど、白鯨は3匹がそれぞれ同じ場所にダメージを受けてるように見えたけど、普通に分裂してたんですね。1番上で飛んでる奴を倒せばいいと言うのは冷静な分析でした。
それにしてもフリューゲルの大樹ってあんなに大きかったんですねえ。タイミング的に東京駅でビルに押し潰される某鎌倉さんをちょっと思い出しました(笑)

スバルは色々吹っ切れたようで見ていて安心感がありました。「シカト出来ないウザさに定評」て、合ってるじゃないですか(笑)
レムも(スバルの)匂いをかぐのは特権だったり、落ちてくるスバルをレムクッションで受け止めてごちそうさまだったり、言質を取っちゃったりと良かったですよ。
最後の抱き合っておでこをひっつけ合ってるところとか、そのままキスしちまえよと言わざるを得ません。自分だったらレムを選んじゃいますねえ。

ヴィルヘルムさんが本懐を遂げたところは良いシーンでした。格好良い爺さんはいいなあ。
ところで若い頃のヴィルヘルムさんは公衆の面前で決闘してプロポーズしたわけですか。かっけー!
周囲の人達の反応がどうだったのか気になりますよ。怒ればいいのやら囃し立てればいいのやら分かりませんね。

白鯨を倒して次は魔女教&ペテルギウス戦ですが、協力者もいっぱい増えて安心感があるものの、またここから何度か死んだりするんですかね(^^;
合流したユリウスをスバルを睨んでた辺りは、前の時はスバルの方が悪かったんだから落ち着けと言わざるを得ません。

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (0)

2016年8月23日 (火)

今週のアニメ特撮感想・月~火分(8/22~23分)

■ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 21話
吉良吉影本格登場。
これまで殺人の手がかりひとつ残したことがないとか言いながら、「手」を人に見られそうな場所で不用心に出してパンを触らせてラップを破ってしまったり(迷惑)、スタンドを使っていない重ちーにあっさり紙袋を取られたりとか、
意外とうっかりな行動で、よくこれまで無事だったものだと思えますよ。
まあ、本人の言うとおり強運に守られてたり、◯に守られたりしてたんでしょうけど。

重ちー達に「手」が見つかるか見つからないかというサスペンス展開はなかなかハラハラさせられましたが、なぜ殺人犯に感情移入させられないといかんのかとも思っちゃいますね。むしろとっとと見つかってくれ(笑)

■あまんちゅ! 7話
梅雨に電車で一瞬の紫陽花を楽しんだり、だるまさんが転んだする話。先生サンダルひでえ(^^;

時期的に仕方ないですが、ダイビングしてないですねえ(笑)
まあ、原作でも本格的ダイビングは3巻後半なので、次の次くらいには潜りそう…でしょうか?

一瞬の紫陽花は良かったですよ。本当に一瞬で通り過ぎそうですけど。

■甘々と稲妻 8話
1話といい今回といい、子供はうんこ好きですな。
「うんこまってるよ」でほのぼのな気持ちにさせてくれるのが凄いですよ。みんないい子だ。
それにしても振られたみきおくんかわいそう(笑)

お母さんの作ってくれたバッグの汚れをアップリケで対応するのは良かったですよ。大事にしないといけないですよね。

イカの調理でダウンするつむぎは可愛かったです。
小鳥の包丁トラウマは深いなあ。

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (2)

«週刊少年ジャンプ38号感想