2017年7月22日 (土)

今週のアニメ感想・火~土分(7/18~23分)

■恋と嘘 3話
1話でOPを見た時には「男2人、女2人」で四角関係になるのかと思ったけど、まさか男友達の恋の矢印まで主人公を向いていようとは。主人公モテモテじゃないですかー。やったね☆(苦笑)
どうりでイケメンの女子を見る目が厳しいわけですよ。何とも先行きが分からなくなってきたけど、変に面白くて困ります。主人公の立場には絶対なりたくないけど!(笑)
高崎さんのイケメンを見る目も厳しそうだったけど、高崎さんはイケメンがホモなのを知ってるんですかね。
あと、主人公の最後の独白『この時の僕は多分たくさんのものを見落としていた』からすると、ちゃんと後でホモバレもするんでしょうねえ。どうなるかドキドキですよ(笑)

莉々奈の「高崎さんとキスしなさい」は、結局は莉々奈はまだ子供で色々「分かってない」わけですかね。
ああいう無茶なところは可愛く見えますけど、後々を考えるとやっぱり莉々奈は自分の言葉を後悔する日が来そうな気はします。

学校での高崎さんとのキスは、あんな開けた場所でやってればそりゃあ見られるわなと思いました。むしろ教師に見られなくてよかったですよ。

■ゲーマーズ! 2話
今回はたすく視点の話。面白かったです。
リア充っぽく見えて、実は高校デビューで、冷めてるようで案外面倒見が良くてと、なかなかいい奴じゃないですか。1話によると「後にもっと残念な人になります。」らしいけど(笑)
告白されて何となく付き合ってるだけ、と思っていた相手の事を今更ながらに「知って」、急に可愛く見える辺りはよい青春っぷりでキュンキュンしますな。1話によると主人公と「後に密会を重ねます」らしいけど、なんでそうなるんだ?(^^;
ところであぐりは髪を染める前の方が可愛い気はします。

作品の方向性はまだよく分からないながらも、OPやEDからしてやっぱり「ゲーム部」がメインになったりはしなさそうですね。
OP・EDに出ている主人公、メインヒロイン(笑)、たすく、あぐり、もう1人の5人がメインになるんでしょうか。公式サイトのキャラクターのページもその5人だし。

主人公が歩道橋でたすくを落としかける辺りは、なかなか「おそろしい子!」と思えました。割と廻りが見えなくなると言うか、こわいよ主人公(^^;
メインヒロインさん(笑)は、どんどん壊れてきていて、「順調だなあ(笑)」と思いました。つーか、もう見たまま通りに主人公に本気で惚れちゃってるんですかね。謎です(^^;
あの位置から歩道橋の上での会話って聞こえてたんですかねえ。かなり距離ありそうですけど(^^;

■メイドインアビス 3話
リコとレグ、アビスに旅立つの巻。
この歳で今生の別れを決意する覚悟が凄いですな。そもそも現代日本人とは比べられないような生死の覚悟が必要な日々を送ってはいるんでしょうけど。
上に残ったメンバーはこの先出番無しになっちゃうんですかねえ。ナット達いいキャラなんですけど。(地下地上両面で展開するかもしれないけど)

レグの荷物に付いてたのはリーダーからの餞別か何かですかね。いろいろ察してそうだしなあ、リーダー。

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (2)

2017年7月17日 (月)

今週のアニメ感想・月分(7/17分)

■ナイツ&マジック 3話
ガンキャノンが出来るまでの巻(違)
背部アームだとむしろアシュラテンプルかバルバトスと言うべきか?

ロボがわざわざ杖を使ってるのは非効率的な気がするとは1話感想でも書いたけど、早速効率化を測ってくる辺りがさすがのロボオタクでした。
火力が増した事での燃費の悪化はご愛嬌というか仕方ない部分でしたが、まだまだ改良するんでしょうね。多分。
ところでどうでもいいけど「エーテルリアクタ」と聞くと「エイハブリアクター」が脳裏に浮かんで困ります(笑)

王様に試されて、返答を謝ればヤバイ立場になる可能性もあったのに、最終的に「趣味にございます」と朗らかに告げるエルくんに笑いました。
本当に現状を楽しんで生きてるなあエルくん。
まあ、結局厄介事には巻き込まれそうですけど頑張って切り抜けて欲しいです。
双子も父親にスパイとして利用されそう…なんですかね。まあ1話で双子は生涯の友になると言ってたし大丈夫とは思いますが。

先輩達3人も大分エルくんのトンデモっぷりに慣れてきたようで、それぞれの態度が面白かったです。エルくんに感化されてディートリヒ先輩が熱心になってるのが微笑ましいですな。ヘタレ一般人が成長するのは好物です。

ところでロボット乗りの相手は基本的に魔獣らしいけど、人間相手に戦う展開もあるんですかね。(今回みたいな模擬戦ではなくガチの戦いで)
人が相手だったらエルくんがどうするのかが気になるところです。

■プリンセス・プリンシパル 2話
時系列を遡って女スパイ2人とプリンセスとの出会いの話。
プリンセスが一番食えない女なのか…と思わせてからの種明かしは爽快感がありました。どんでん返しで面白かったですよ。
途中でもプリンセスとアンジェが「昔会ったことがあるのか?」と思わせる回想のワンカットはあったけど、元々親しい(大事な?)相手だったわけですね。アンジェはプリンセスを死なせずに助けたくて独断で行動したってことですか。
そのあたりを踏まえて、今回2人がパーティーの場で最初に対面するシーンを見返すと、アンジェを見て驚いたようなプリンセスの反応がしっくり来ます。
ところで、ノルマンディー公がプリンセスを「シャーロット」と呼んで、プリンセスはアンジェを「シャーロット」と呼ぶとのは、10年前時点でチェンジリングしてたってことですかね。ディアナ様とキエルのように。

腹を撃たれたおっちゃんはちょい可哀想でしたけど。あの後どうなるんだろうあの人。
アンジェの作った「可愛い声」は素とのギャップでギョッとしますね(笑)
ドロシーが20歳で高校生をやらされてるのは笑いました。スパイって大変だなあ。

つまらぬものを斬ってしまいそうな5人目の足軽っ子はまだ合流してませんが、そちらの仲間入り話も期待です。

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (5)

2017年7月16日 (日)

今週のアニメ感想・日分(7/16分)

■Re:CREATORS(レクリエイターズ) 15話
新キャラのひかゆさん、ギャルゲで元エロゲのキャラだと判明。
『秘密の日記が全世界に公開されていた』と知らされるとか、そら泣くわ(笑)

普通の全年齢向けギャルゲーというだけならまだ「恋路を世界公開されただけ」だけど(それでも十分恥ずかしいだろうけど)、元エロゲと言う事を考えると…、不憫過ぎますな(^^;
でも、これで仮に現界したのがFateのセイバーさんとかだったりしたら、そこまで恥ずかしがったりはし無さそうと思えるのが不思議です。…まあFateって既に元エロゲな印象薄いしなあ。

ひかゆを見て恥ずかしそうにそそくさと仕事に戻っていった八頭司さんの態度が印象的でした。こいつ絶対そのエロゲやってるな!(笑)
それを見るまりねさんの微妙な表情が笑えました。
今回の八頭司さんは、他にも締切に追われて消耗していたりしているのが面白かったです。初登場時の印象は悪かったのに前回ツンデレてから親しみやすさが上がってますよこの人。

新登場のひかゆのライターもインパクト大でした。おさらいマンガで「スケベに手足が生えた人間」と評されているのが笑えます。
オタの悪いところ(と言うか恥ずかしいところ)を抽出して極端に濃縮したような人ですが、他のクリエイターが…特に松原さんとかが割と人格者だったので、むしろ変なリアリティを感じました。
そうは言ってもやはり極端過ぎるので、松原さんとこのスケベ人間を足して割ったらクリエイターとしてちょうどいいリアルさなのかも知れません(笑)

スケベ人間曰くの「ファンディスク」ってのは、つまりお祭りファンディスクで脈絡なく魔法少女にしちゃったり探偵キャラにしちゃっても許されるという感じですかね。あなたを犯人です。
それが出来たら本っ当に「何でもあり」で出来るでしょうねえ。マジで案外最強キャラ化もあり得るかも知れません。
ところでこういう大型クロスオーバーにエロゲを組み込むのは有りかどうかとか一瞬思ったけど、Fateとかあるし大丈夫だよなと自己完結しました。

スケベ人間のインパクトに隠れていたけど、保護されたアリスちゃんの作者がアリスちゃんと信頼関係を結べていたのはホッコリしました。いい親子関係ですよ(違)
アリスちゃんはアルタイルに謀反を起こすだろうと言うのは、多分実際そうなりそうですかね。(作者も危惧するように)今のままだと謀反を起こしても何も出来ずに消されそうとも思いますが。
マガネ宅にも訪問してなにやら策を練ってるらしいし、アリスちゃんには頑張って欲しいものですよ。アリスちゃんにマガネを扱えるものかどうかは心配ですけども!

ブリッツさんは、作中で娘を殺さざるを得なかったわけですか。作者を恨みそうだなあ…;
今回ラストの様子だとアルタイルとは袂を分かちそうだけど、単純に作者を狙いに来る…とも(キャラ的に)思い難い気もしますがどう動くのやら。
ともあれ、ブリッツとアルタイルの疑似親子感はいい感じではありました。

ところでアルタイルにはメテオラの策はやっぱりバレてますね。まだまだ波乱がありそうだなあ。
実現は難しそうとか言われてる颯太の策次第ですかね。

三節棍の人は弥勒寺の作品の主人公でしたか。別に正義的なキャラでは無いわけですね。

で、次回はまた特番ですか。これも予定通りなんですかね。前の総集編から全然時間経ってないけど(^^;
またメタオラさんの出番はあるんでしょうか(^^;

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (3)

2017年7月15日 (土)

週刊少年ジャンプ33号感想

■ONE PIECE
20周年おめでとうございます。読み始めた頃に小学生だった子も今ではいいおっさんなんだろうなあと感慨深く思いました。自分は読み始めた時点で大人でしたけど(笑)
ところでポケモンアニメと同期なわけね。
てか、たけしと同時期でもののけ姫をやってた頃だったのかー(^^;

玉手箱の爆発は予想以上に大きかったですが、これでほぼ死傷者が出て無さそうなあたりが本作らしいかなと。シュトロイゼンのおかげですけど。ケーキでも場合によったら窒息者とか出そうですけどね(^^;
ところで能力で作った食べ物って美味くはないんですか。残念ですな。

ベッジとはこれでお別れのようですが(ついでにシーザーも)、ベッジは当初は雑魚っぽいと思ったのにいいキャラになりましたよ。悪だけど義理堅くてかつ馴れ合わない格好良さも有りってのがいいですな。
キャッスルタンク格好いいなあ(笑)

ここからは追撃との戦い…かと思ったら、……おや!? マムのようすが……!
(状況も違うのでよく分からないけど)ここで「カルメルが消えた時に起きたこと」が再現されちゃう展開も有りですかね。

■僕のヒーローアカデミア
挫折を乗り越えてここまで来た切島が主人公感が高いですな。
切島と芦戸のやり取りがいいなあ。

■約束のネバーランド
この世界はおよそ1000年前から鬼の世界と人の世界が分断された世界だったと。
現代的地球から約30年後の未来の世界なのかと思っていたけど、そうとも言い難い感じになってきましたね。それでいて人間側から送られる「旧型の中古品」は10年前後前の現実的な代物だたりで、本作での「人間の世界」がどういう世界なのかが益々謎が深まったような気もしてしまいます。

人と鬼の世界の「道は完全に閉ざされている」というのも、どういう形で分断されているのかが謎ですね。
単に物理的・進撃的な壁とかで分けられているのか、はたまた異次元的に分けられちゃっていて「ゲート」的なものでだけ行き来出来るのか、ともあれここから先の難易度は高そうですよ。

「道」が実際にはあるとして、ソンジュさんが嘘を付いたというわけでは無さそうかなと。
単に「道」が鬼にとって極めて秘匿度が高い情報でソンジュさんが知らないだけという事なんじゃないかと思いました。多分。

ミネルヴァさんが(もしくはその先祖が)世界を分けた張本人として(過去のイメージでもフクロウ連れてるし)、子供達を助けることは人と鬼の新たな対立の火種にもなりそうなんですが、その辺はどう考えているのか気になります。

タイトルの「約束」がキーワードとして出てきたのが印象的でした。フィルと交わした「約束」もあるし、いろんな意味が込められたタイトルなんですかね。

■食戟のソーマ
おお、やっと連帯責任…じゃない連隊食戟的な協力体制が来ました。忘れてるのかと思いましたよ(^^;
美作の偽久我先輩芸がキモくて素敵でした(笑)

■Dr.STONE
千空とクロムの意気投合っぷりが微笑ましいなあ。通じ合える同士が出来てくれて良かったですよ。
とりあえず次のミッションはルリの病気を治すことですかね。治るものなのかは分かりませんが、それが出来ないと40人の信頼を得るのは難しいだろうなあ。

それにしても千空の知識の広さがあらためて凄いですよ。

■鬼滅の刃
しのぶさん・煉獄さんの次に出会う柱は音柱の天元さんですか。前に柱が集合した時(45話)で「派手派手地味地味」言ってた人ですね。(順番的にはその次は恋柱の人かなあ)
しのぶさんや煉獄さんとは分かり合えたけど、果たして天元さんとはどうなるやら(^^;
とりあえず(今のところは印象が悪いものの)今度は死なないで欲しいとは思います。

カナヲは大分自我が育ってきたかなと。

■ハイキュー!!
田中先輩昔は金髪だったのね。坊主にしてからの「触らして」に笑いました。
ともあれ、田中先輩には早く闇を抜けて欲しいですよ。

■火ノ丸相撲
いい結末でした。
負けた悔しさを味わう久世とか、大和国親方との会話とか、泣いてぐしゃぐしゃのレイナさんとか良かったですよ。

■HUNTER×HUNTER
エンペラータイム1秒ごとに寿命が1時間縮むとは、便利過ぎる能力だとは思っていたけど制約が思いの外でかかったですな。ある意味ネフェルピトー戦で「ゴンさんがやったこと」の超簡易版みたいなことだったわけですね。
仮にエンペラータイムを1時間=3600秒使うと3600時間=150日寿命が縮むと。うひゃー。船が出港してからクラピカの寿命ってどれくらい減ったのやら。

第1王子の刺客の人が1話保たずに退場したのは予想外でした。でも、2人目はもっと慎重な手段を取るだろうしどうなることか読めないですねえ。3つの電話までかかってるし。
第1王子は明確に「敵」だとして、第3王子と第5王子が電話をかけてきたのは情報収集のためですかね。
とりあえず、クラピカが目標(第4王子)に近づくためには接点のある第5王子と接触するのが良いかもだけどどうなることやら。(それもクラピカは知らないことですけどね)

| | コメント (6)

今週のアニメ感想・水~土分(7/12~15分)

■ゲーマーズ! 1話
新番組。予備知識無し。
同名のコミック・アニメ・ラノベ専門店とは関係無いのか…、と思ってたらコラボしたりもしてるのね。まあ基本的には無関係だろうけど。

自分がさほどゲームをやらないのであまり感情移入出来ずに見ていましたが、入部を断るオチは珍しくて笑いました。
リアルだったら、断りきれずにズルズルと名前だけでも入部してフェイドアウト…みたいな事になりそうだけど、キッパリ断れる主人公は新鮮かなと。
弱気に見えてちゃんと我は通すようで、あれで主人公のキャラが立ったかと思いました。だが断る。

最初にバッサリ入部を断ってしまって、ここからどう展開するのかは興味が持てました。
冒頭のシーンは夏服で、本編は春だったけど、まさか春から夏にかけて3~4ヶ月くらい(?)ずっと「誘われては断る」を続けちゃったりするんですかね(^^;
ヒロインが主人公にあんなに拘る理由が謎ですが、何か描かれていない事情があるのか、単に断られることに慣れていないだけなのか。

ネタバレテロップは笑いました。

■無責任ギャラクシー☆タイラー 1話
新番組。タイラーとはまた懐かしい。
自分は昔の本編やアニメや本編後のシリーズやら記憶が既にごちゃまぜになってよく分からない事になってますが。(どこまで読んだっけなあ。真とかは未読ですが)

今の若い人はタイラーとか分かるのだろうかと思いましたが、「前作から少なくとも1000年後」らしいし、予備知識が無くても特に問題無さそうな作りだったかと。5分アニメだし気楽に見られそうです。

■メイドインアビス 2話
アビスの深層からの帰路の呪いのヤバさが語られて、本作のダークな部分が段々見えてきました。イメージ的には潜水病をより悪質にした感じなんですかね。
そんな危険過ぎる場所に望んで行かなくてもと思ってしまうけど、それだけハイリスクに見合うリターンが大きいってことなんですかねえ。
母の手紙の「奈落の底で待つ」は誰に向けての言葉なのか気になります。

レグを火やらドリルやらで試したり、尻の穴まで測り棒で調査してるリコさんがヒドかったです(笑)
そうかー、なまっぽいのかー(笑)

リーダー面倒見いい人ですな。

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (2)

«今週のアニメ感想・月~火分(7/10~11分)