2017年4月25日 (火)

今週のアニメ特撮感想・月~火分(4/24~25分)

■アリスと蔵六 4話
蔵六の圧倒的「ちゃんとした大人っぷり」が眩しい。あの状況でああも自分を貫けるのは凄いです。
その言葉がミニーCに届いたかどうかは分かりませんが、紗名にはちゃんと届いていて良かったですよ。
早苗と蔵六の「家族を大事にして」のやり取りも、ちゃんとした孫と爺さんだなあと思えてほっこりしました。

紗名は蔵六と出会えて本当に良かったですよね。
今回紗名が夢の中的な世界で会ったのは「未来の自分」っぽいけど、花屋として働いているらしいのがちょっと泣きそうになりますよ。
紗名がこの年齢の時、蔵六はいないのかもなあとか考えてしまいました。

紗名を化け物だと言うミニーCですが、紗名の力で夫を蘇らせ…もとい創り出したとして、それもミニーCいわくの人ではないモノではないかなあと思ったり。
ミニーCに自覚があるかはともかく、都合のいいことを言っているなあとは思います。仕方ないかも知れないですが。

対ミニーCについてはメイド刑事の人(内閣情報調査室だったら刑事ではないか)が来たのでなんとかなりそうかなと。
タイトル的に次回で一段落ですかね。

■ID-0 3話
「親方!オリハルトから女の子が!」から「私が死んでも代わりはいるもの」まで。
クイズコーナーでのイドの壊れっぷりが素敵。

連盟軍に捕まりかけて逃げ切るまででしたが、もう捕まりかけるとは展開が早いですね。
マヤが名実ともにお尋ね者になってしまって、もうマトモな人生は歩め無さそうでかわいそーですな。他の面々は全然気にしてないですが(笑)

社長の娘以外のメンツはやっぱり全員身体を失ってたんですね。ファルザにいたっては動物でしたか。EDで出ている獣っぽい姿がそうなんですかね。
ああいう軍を敵に回しても気にしない(よく言えば)大らかなところは、2度目の人生だから、みたいなところもあるんですかね。元々からの性格かも知れないですが。

女性軍人・アマンザが呉越同舟で仲間入り(?)しちゃいましたが、なぜ都合よく彼女の身体だけを回収出来たのやら。(他の軍人の身体は無いんですかね)
まあ、深く考えても仕方無さそうですけどね。

アマンザさんは生真面目なだけで嫌な人では無さそうだけど。軍自体は結構腐ってる感じですね。ギャラルホルンのようだ。
アマンザさんもこの先人生を踏み外しそうだなあ。

■リトルウィッチアカデミア 16話
4つ目の言の葉覚醒。
今まで重要そうな局面で目覚めてきた言の葉が今回みたいなギャグっぽい回で目覚めるとはビックリでした。
まあ、一見ギャグっぽくても結構なピンチでしたけどね。生命の危機的には今までで最大級だったとも言えるかも知れません。
割と強キャラ感のあるスーシィが3人の中で真っ先にやられてしまうあたりは、よく考えると結構絶望感がありましたよ。

エゴサして落ち込むイエティさんには笑いました。
シャイニィロッドでの薬かき混ぜもロッドの扱いの悪さに笑いましたが、解毒が無事成功したのはロッドのおかげもあったのだろうと思うと、あれも必然だったのかもですね。

アッコの覚醒所は雪中行軍であきらめかけたところの方がしっくり来そうな気もしました。忍耐とは少しズレるかもですが。
アッコに足りない物は忍耐だったということですが、まあ他にも色々足りないだろうけど納得ではあります。一方で諦めの悪さもありますけどね。

ところで「ハパンシラッカ」はよく知らなかったですが、フィンランド語で「シュールストレミング」のことだそうで。なるほどかもすぞー。
アッコが食べられなかったのは魔法的云々で危機を察知したとかじゃなくて、単に食べるのがきつかったわけですか。

ギャグっぽい展開の裏で、クロワが「感情」を科学で再現する方法を試していたりとか、シリアスな話もしっかり進めていましたが、この先シャイニィロッドをクロワが操ってしまう展開とかもあるんですかね。(最後は失敗しそうだけど)
シリアスそうに決めながらヌードルを食ってるところは笑っちゃいました。

クロワも学生時代にシャリオと一緒に(と言うより競って?)言の葉を探していたらしいのも印象的でした。
シャリオとクロワの関係性はアッコとダイアナにも重なるので、実際のところ過去の2人がどういう関係だったのかが気になりますよ。

■有頂天家族2 3話
弁天様帰還。
帰ってきて早々に天満屋を踏みつけたり、二代目を挑発したりと攻撃的な人ですよ。二代目に椅子から転がされるあたりは一触即発感が高くてなかなか怖いものがありました。
でもまあ、自分から喧嘩を売りに行ってるんだからアレで怒っちゃ駄目ですね。

最初も最後も弁天様による喧嘩バンザイな荒れた展開でしたけど、母とお祖母ちゃんタヌキとのやり取りはいい場面で癒やされました。白く光ってるお祖母ちゃんは優しさに満ちていましたよ。
矢二郎兄さん用の薬をもらえましたが、変身出来るようになるといいんですけどねえ。
矢三郎への「波風立ててね」は普通なら逆のことを言われそうなものなので意外でした。なんだか色々分かっていそうなお祖母ちゃんです。

二代目のアイロン芸はなんだかよく分からないけど見事でした。

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (0)

2017年4月24日 (月)

週刊少年ジャンプ21・22号感想

「主人公に負けない!」表紙。
主人公は千空、幽奈、マリーの方だったのか、…とちょっと意外でしたが、ダブル主人公的な扱いだったんですかね。
実際STONEは話を引っ張ってるのは千空の方かなあ。
ワンピの2番手キャラは普通ならゾロだろうけど(もしくはナミ)、今の時期ならサンジで納得です。

■ONE PIECE
ビビらなければ寿命も取られないのね。ジンベエが格好良かったです。
ブルック(ですよね)が写真も割って現時点では作戦は順調ですが、ランチャーを直撃させられてもマムを倒せる気はしないなあ。

カタクリの能力はモチですか。片栗粉だったらわらびもちかなとも思いましたが、トリモチランチャー的に動きを封じられたら面倒そうです。あと、ルフィはモチを食おうとして喉に詰まらせないように注意ですな。

人間のクズだの最低だのと呼ばれて泣いているシーザーには笑いました。ショックなのかよ(^^;

■僕のヒーローアカデミア
娘の血を利用くらいは想定してましたが「娘の身体を分解・修復して銃弾に利用」ですか。これはエグい;
えげつない話でしたが、これで行動方針がシンプルになってヒーロー側のモチベーションも大きく上がったのでそろそろ攻勢に出られそうかなと。
やっぱりデクは後継者問題とかよりも、人を救う事に一直線になってくれた方が良いですよ。

いちいち文句をつけるアイマスクの人がちょっと鬱陶しかったですが、この先いいところを見せてくれるといいのですけどね。

■ハイキュー!!
相手側のブーイングでむしろテンションが上がってる日向が頼もしい(笑)
と思いましたが、拍子でリズムを狂わされるってのは厄介ですな。その対策は格好良く登場した冴子姉さんに期待です。

日向・影山のブロードに相手がワクワクしてるのがかわいいかなと。

叶歌さんのバレーを見る観察力の高さがいいなあ。

■約束のネバーランド
なんと鮮やかな脱出劇。
自分もなんとかして「橋を渡る」ものだとばかり思っていたので、綺麗に裏をかかれて爽快に思えました。
これでレイも前向きに生き抜くつもりになってくれて良かったですよ。
「ノーマンとの会話」はちょっと泣けそうになりました。やっぱり実際のノーマンはもういないんですかねえ…。

ここからはいよいよ外の世界と思いますが、どんな世界が描かれるのが期待です。

■鬼滅の刃
首を切っても汽車と合体。キモー。
1人ではどうしようもない状況での伊之助復活が頼もしいですよ。残りの2人も追って復活しますかね。
伊之助よりも煉獄さんの方が先に復活するかと思っていたので少し意外でした。車内がどうなっているか気になりますが、既に煉獄さん達も復活してたりしないですかね。

変態で性格も悪そうな魘夢が「幸せな夢」を見せるのが違和感がありましたが、その後で悪夢を見せるのが好きだったとはやっぱりサイテーでした。
連續悪夢攻撃に何度も夢の中で自決を繰り返したという炭治郎が壮絶でした。炭治郎みたいな穏やかな人は怒らせちゃいけないですな。

しかし、汽車と一体化してるような敵はどう倒せばいいんですかね。それこそ汽車ごと爆発炎上させなきゃならなそうで、とんだパニック映画ですよ。
とりあえず、今度も「血の採取」は困難そうだなあ。

番外編はカナヲがとてもヒロイン候補でした。

■食戟のソーマ
何度もそばをおかわりしてこの後の審査に問題無いんですかね、この人達の腹は。その程度で腹いっぱいになるくらいならこの作品の審査員は務まらないんでしょーか。
教典を使ったリアクションは正直イマイチかなと。

■Dr.STONE
なるほどバトルじゃなくて取引用ですか。本作の場合バトル方面より駆け引きの方に期待したいところです。
司が迫っている差し迫った状況で他の生き残りの存在発覚展開が熱いですが、どう話が転ぶか読めなくて面白いですよ。
生き残りが大人だったら、即、司の抹殺対象になりそうなのでこれまた危ういことになるわけで、この状況で狼煙を上げるのはかなりバクチですねえ。

■火ノ丸相撲
ユーマ敗北。しかしいい試合だったかと思いました。
栄華大附属高は決勝が始まった時はディスラーな感じでイマイチな相手に見えましたが、ちゃんと対戦相手に敬意を示す相手が続いてくれて気持ちよく見られていいですね。

これで相撲をやめられなくなったようだし、この敗北はユーマさんにとっては良かった気もしますよ。

■左門くんはサモナー
アンリVSベルゼビュートで話が決着するかと思ったら最後はちゃんと主人公が決めてくれたようで良かった…かどうかは次回次第ですかね。
と言うか、アンリはともかくテッシーとか誰かが庇わないと巻き込まれるんじゃなかろうか(^^;

■腹ペコのマリー
かなり入れ替わりが便利になってきてますね。着替えがダメだったのは単に「タイガが着替えること」が拒否されていたってことですか。

「恋の味」を味わったら成仏する(かも)という所で前に出た男が出ましたが、これがお相手候補とかになる…んですかねえ。タイガの意識的には男とラブコメとか嫌そうですよ。

| | コメント (4)

2017年4月23日 (日)

今週のアニメ特撮感想・日分(4/23分)

■アトム ザ・ビギニング 2話
A106のヒーローっぷりが格好いいですな。あれはお茶の水妹(蘭)も惚れますわ。
A106はアトムに比べればまだまだ言葉も拙いですが、そのぎこちなさが味で魅力になってるかと思いました。
ところで蘭って高校生だったんですね。自分も小学生かと思ってました。

ロボが人間を襲ってくるのは恐ろしいですな。襲わせてる金髪も怖いですけど。
ロボット三原則はどうしたと思いましたが、アトムだとロボット法でしたっけ。ロボット黎明期なこの時代だとまだその辺が整備されてないってことですかね。
とりあえず蘭は謎のロボに襲われたことは説明しとこうよ(^^;

教授会での天馬博士もとい午太郎は「馬鹿と天才は紙一重」を地で行ってますな。
現時点では見ていて面白い人だけど、こういう「人の心の分かって無さ」が直らないまま大人になっちゃうのだなあ。

■Re:CREATORS(レクリエイターズ) 3話
今回はバトルは控えめで状況整理や検証の回。こういう設定確認的な話は割と好きです。
魔法の追加実験のプロセスは結構面白かったです。能力設定の追加は結局失敗しましたが、世間への認知が必要ってことですかね。
終盤で世間に一気に新設定を認知させて新設定発動、なんて展開もあると面白そうです。

「あじゃらかもくれん」は落語の死神の呪文なのね。
室内で火の魔法を試すなよとは思いました。ところで今必要なのは攻撃魔法よりも回復魔法じゃなかろうか。

イラストレーターのエロマンガ先生(違)とセレジアのやり取りは面白かったです。絵を描く方が服の構造をよく分かってないとかあるある話ですねえ。
セレジアがアニメから出たキャラだから原作最新刊の情報を知らないのは笑いました。てかあんなネタバレを食らったら元の世界に戻れてもその後が困りそうですよ。
これだと本当に「アニメのキャラと原作のキャラが別々に出てくる」可能性もありますかね。

作家は「作品のキャラが出て来る」なんて事態に遭遇してしまったら、キャラを殺すとか難しくなりそうだなあ。

軍服さんはやっぱり主人公と何かの関係があるようで、「主人公が昔描いた絵」…とかだと世間に認知されてないだろうし、未来に主人公が描くはずのキャラだとか?

前回ラストで乱入してきたペルソナ使いの不良っぽい人は、ラスボスとか言ってたけどそんなに悪人って感じでは無いですね。
自作品の主人公とも親しいようだし、悪役と言うよりライバルキャラなんでしょうか。この人が現世に出てきたってことは主人公より人気があるですね。よくある話だ(笑)
舞台が日本でお金も使えると言うのは面白かったです。調べられたら偽札扱いになりそうな気もしますけど。

それにしても、この話の進展にはメテオラが必須ですね。メテオラがいなかったら話の進行速度が半分以下くらいに落ちてそうですよ。
次はメテオラの創造主が出てきそうで楽しみですが、やっぱりEDの太い人がそうなんですかね。

■エロマンガ先生 3話
クラスメート動員。ヒドい嫌がらせだ(笑)
今回もめぐみんの話かと思ったら早々に出番終了でメインは山田エルフの話。
偶然隣に引っ越してくるとか漫画かラノベのようじゃないか(笑)(ラノベです)
探し求めるエロマンガ先生が隣で絵を描いてるのに気付かないとか、隣のベランダで兄と作家が話してるのになかなか気付かないとか、実にコントです(笑)

兄は辛い時に笑わせてもらってエルフのファンになったということですが、エルフの「あんただって1人くらい救ってるんじゃない」は兄の作品のことなんだろうなーと。
兄の作品に「初めて感想をくれた顔も知らないあの人」もエルフかと思ったけど、それは妹のファンメールの方のことですかね。

裸ピアノとか、ノリノリで絵を描いてるところを見られてたりとか、カーテンって大事だなあと思える作品ですよ。とりあえず兄は両方に注意しろよ(^^;

兄は隣の山田さんが「山田エルフ」だと妹に知らせてないままですが、次回には正体バレするんですかね。
次回タイトルが「エロマンガ先生」だし、次が原作1巻の締めくくりなんでしょう。たぶん。

■進撃の巨人 Season2 29話
「結婚しよう」
このセリフが出た時にはまさかああなるとは…と言うか、このあたりはネタバレ無しだと感想が書きにくくて仕方ないですよ。
ユミルの正体バラしが衝撃的でした。本格的活躍は次回ですが。

酒すらも飲めない最期が哀しいなあ。

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (0)

2017年4月22日 (土)

今週のアニメ特撮感想・金~土分(4/21~22分)

■サクラクエスト 3話
由乃が仲間(大臣)達とともに国王業を続ける気になって一段落の巻。これで導入編が終了というところですかね。
観光アピールはまだまだ上手くいってないし、間野山の人達も町おこしに関心の無い人が多いという課題山盛りな状況ですが、スタートの区切りとしては悪くないかと思います。

町おこしに興味が無い人達が多いってのは実際リアルな気がしますが、(作風的に)そういう人達も最後までには協力し合えるようになるんですかね。
少なくとも菓子処のお祖母さんは何のかんの言っても協力してくれるようになりそうです。今回のも協力と言えなくも無かったし。

TVのインタビューで「間違えて呼ばれた経緯」もぶっちゃけているあたりは、それはそれでネタ的に美味しいしいいんじゃないかと。
ヌルキャラ選手権でチュパカブラとカブラ君が悪魔合体してマンドレイクになるのは笑いました。あれはあれで子供が泣きそうですが、まあ会長の顔面ペイントよりはマシか。
選手権での由乃のアピールは、拙かったけど決意表明としては良かったんじゃないですかね。
結果は思わしくなかったけど簡単にどうにかなる問題でもないし、2クールらしいのでじっくりやってくれればいいかなと思います。

東京の寮の荷物は送ってもらったそうで、東京に一旦戻るようなドラマは無さそうですね。まあ、向こうの知り合いの描写とかも無いしなあ。

■冴えない彼女の育て方♭ 2話
詩羽先輩の卒業が近づいたりライバルサークルが動き出したりで波紋が起きるの巻。前回は幕間話のようだったし今回からが本格的な導入みたいですね。
とりあえず、ハーレム状態なんて安定して長続きするわけないよなあと思いました(おぃ)

ゲームの2つのエンディングのどちらを選べということになっていますが、ゲームなんだからマルチエンドで両方入れれば?とか思っちゃいますが、
時間的にも英梨々のキャパ的にも両方なんて無理ってことですね。
で、詩羽先輩の進退も選ばないといけないと。
詩羽先輩の進路については、本作の場合最後はどうあっても加藤がおいしいところだけかっさらっていくのだろうし、離れるなら早い方がいいと思いました(おぃ)

英梨々は幼馴染エンドに喜んだりデート尾行で空回りまくったりツインテビンタだったりで今回もかわいかったです。幸せになれる気は全くしませんが。
合鍵まで持ってる加藤の「おいしいところだけかっさらっていく力」の高さときたら(笑)

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (0)

2017年4月20日 (木)

今週のアニメ特撮感想・水~木分(4/19~20分)

■夏目友人帳 陸 2話
岩に書かれた花模様が美しかったです。

石洗い様と弟子が再開出来たのは良かったですが、祓い人に封じられた弟子がもう石洗いに戻れないと言うのは切ないですねえ。
それでも「会えてよかった」と一緒にいようとするところは切なくもいい話でした。

祓い屋は今回もトラブル発生係でしたが、以前の的場さん回でオラついてた連中じゃあるまいな(^^;
祓い屋も名取さんのような人もいるし、色んな人がいるんですけどねえ。

犬の会を頼るあたりは、夏目が心を許せる妖怪が随分増えたなあと思えて印象的でした。
人間、祓い屋、妖怪とそれぞれに仲良く出来る相手がたくさん出来ている夏目の現状は、前回で「孤独だった子供の頃の夏目」を見せられた後だけに救われますよ。

■正解するカド 2話
タフネゴシエーターが実に有能。宇宙人(仮)とのファーストコンタクトという異常事態の場にこんな人物が居合わせたのは互いにとって幸運だったかと思えます。
最初は、宇宙人(仮)・ヤハクィザシュニナの側が人との交渉のために狙って交渉官を取り込んだのかとも思ったけど、最初から真道さんのことを認識していたわけでは無さそうだし、単なる偶然ですかね。
宇宙人(仮)の狙いが何なのかは次回以降ですが、とりあえずどう展開するのか楽しみです。

1話で、人と同じ姿の宇宙人(仮)が現れた時は正直少しがっかりもしましたが、あの人間の姿はやっぱり地球人に合わせて後から作ったようで。人体錬成…もとい身体が出来ていくところが3Dプリンターのようでした。
タイトルの「カド」はあの立方体の名前と言うことで一つ謎が解けましたけど、「正解する」はなんなんでしょうね。
カドの内部描写は絵的に面白くて、こういう表現はCGならではだなあと思えました。

飛行機の人を全て外に出すには29日もかかるそうですが、別に人質とか意地悪とかではなく、なんらかの事情でそうなってしまうようで。
食料共有が可能なのは良かったですが、メニューはもしかして機内食のコピーしか出来ないんですかね。同じメニューばかりだとキツそうですよ。
あと、あの空間内での精神安定だとか、飛行機のトイレのタンクだとか、29日もかかるというのは色々心配ですねえ。

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (2)

«今週のアニメ特撮感想・月~火分(4/17~18分)