2018年6月20日 (水)

今週のアニメ感想・月~火分(6/18~19分)

■ゴールデンカムイ 11話
殺人ホテルだよ全員集合!!、ヒドいタイトルだ。ドリフかなと思ったらドリフでした(笑)
白石後ろーだの金ダライだの爆発オチだの懐かしいなあもう。ホテルの断面セットが楽しいですよ。

あの美人おかみの正体が爺さんとは、回想と骨格レベルで別人で恐ろしいですな。文字通りの「人を喰った話」なのも恐ろしい。
とりあえず、あんな危険人物は牛山にやられちゃってくださいと思いました。最後は正気を取り戻した牛山に抱き抱えられてましたけど、あれは生きてるんですかね。
ところで白石も牛山も美人おかみにメロメロにされてるのに全く揺るがない杉元が頼もしくも恐ろしい。

半分くらいは暴走していた気がするチ○ポ先生もとい牛山さんですが、杉元一行との遭遇は楽しかったです。
杉元を気に入ったと奢ってくれたり、頭の出っ張りを引っ張るアシリパさんも笑って許してたり、(問題はあれど)気のいい人ではあるのね。ところであの頭の出っ張りは結局何なんですかね。コブなの?
不敗の牛山VS不死身の杉元の対決もいい感じだったかと。

ところでカレーはオソマじゃないって教えてやれよ。「食べてもいいオソマ」じゃないよ(^^;

■ガンダムビルドダイバーズ 12話
ブレイクデカール編ひとまず決着…、なのだろうか?、犯人逃げちゃってるし身元の特定も出来てないし、何も解決してない気もするけど。
正直拗らせた違法バカの相手をするより普通にゲームを楽しんでくれてる方が見ていて楽しいので、シバにはとっとと捕まるか、当分身を潜めるなりして欲しいんですけどね。
次回はリアルで出てくるみたいだけどそれで決着…は期待出来ないかなあ。因縁のあるコーイチさんともまだ会ってないし。

それにしても、シバが何を言っても逆恨みの暇人としか思えなくて困ります。
まあ、実際の事情は一応まだ明確にはなっていないですけど、GBNが流行ったおかげで昔やってたゲームが廃れた恨みだとしか現時点の情報では思えないし、
よしんば違う事情があったとしても、「人に迷惑かけるな」とか、「(コーイチさんと同年代とした場合)いい歳した大人が中学生相手に言いがか付けてんじゃねえ」とか、「手間と金をかけて何やってんだこいつ」としか思えないからなあ。
次回はリアルでまで中学生にちょっかいをかけるとか、ホントにどれだけ暇人なのやら。
とりあえず、偽りだのなんだの言ってるけど、「バトルでガンプラが壊れないと偽り」とでも思ってるんですかね。
あまり文句ばかり言いたくも無いのだけど、ツッコミどころが多すぎると言うかダメ人間過ぎると言うか、サラにダメ人間呼ばわりされて欲しい。

ダブルオーでのトランザム+光の翼はビジュアル的に悪くなかったですが、盛り過ぎな気はしました(笑)、てか、あれはリクの方がチート扱いされたりしないだろうか?(^^;
色んな機体が出まくってましたが、何か認識仕切れない機体も多かったなあ。宇宙で戦うゾックはいいですな。鉄仮面さんのバグシールドF91は無事だったようで良かったです。

アヤメさんは仲間にも悪事をカミングアウトして欲しかったけどお預けですか。自分からちゃんと言って欲しいけど、次回次第かなと。
ところでシバは、他の傭兵には金を出したりボーナスを出す予定だったりしたのにアヤメはタダ働きでこき使ってたわけですかね。セコい。

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (0)

2018年6月18日 (月)

週刊少年ジャンプ29号感想

■約束のネバーランド
鬼の再生限界に気付いていい感じで交戦出来てますが、このタイミングでアダム登場ですか。
アダムはどう動くか予想が付かないですけど、レウウィスが無意識に避けてるようだし鬼にとって味方ってことは無さそう…なんでしょーか?

■ONE PIECE
今回も色々情報がてんこ盛り。何がどう動くか現時点では全然読めないですよ。
藤虎はアラバスタ王やドレスローザと話をしてたそうですが、何を話していたのやら。七武海撤回絡みなんでしょうか。どちらも七武海の被害にあった国ですし。
久々登場のバーソロミュー・くまは、えらいことになってますね。痛々しい…;
そしてこちらも久々登場のジュエリー・ボニーは、くまと因縁があるんですかね。くまを助けようとしてるようにも思えますがどうなのやら。(逆の可能性も?)
そして革命軍が世界会議で動いたのにはくまの境遇も関係があるんですかね。昔のくまさんは優しい人だったんですねえ。
五老星がシャンクスと何を話したのかは分からないままですが、既に話は終わったんですかね。
そして虚の玉座に五老星より偉そうな人が登場と。「歴史より消すべき“灯”」とかまた思いっきり不穏なことを言っていますが誰のことを言っているのやら。ルフィやしらほしがヤバいことになるんでしょーか;

■鬼滅の刃
五体めさん、あんなに小さくなってたのか。四体を分身させた分本体が小さくなっていると思えば納得ですが。
しかし小さくて戦闘力も無さそうなのに(分からないけど)、刀も銃も効かないとは厄介ですねえ。そろそろ決着も近そうな気はしますけど。多分。

■Dr.STONE
ほむらがなんて非常識な体術やら。…と思ったけど、最初から素手でライオンを倒す非常識な霊長類最強の高校生が出る漫画だったっけ(^^;
結局琥珀からも逃げ切ってしまうとは恐ろしい相手ですよ。

プリントゴッコのランプは懐かしいですねえ。…まだ押入にあるかも知れないけど;
最後の光のマークはよく分かりませんが蛍光塗料か何かでしょーか?

■食戟のソーマ
旅先で出会った日本への偏見のキツい外人犯人…、なんというネウロ感デース!
犯人のプライドを傷つけそうな田所ちゃんが狙われないか心配デース!

ところで裏社会に生きる「真夜中の料理人」がどういう訳か食戟を知ってしまった…て、食戟ってそんな秘密にされてるようなものだったんでしたっけ。まあ確かに入学前のソーマは知らなかったけど。

■火ノ丸相撲
二日目で刃皇戦とは、闇落ちしまくってる鬼丸が勝てるところが想像出来ませんがどういう顛末になるのやら;
あるいはここでなにかの間違いでうっかり勝ってしまって、さらに闇に堕ちる展開もあったりして。

| | コメント (2)

2018年6月17日 (日)

今週のアニメ感想・日分(6/17分)

■ダーリン・イン・ザ・フランキス 21話
6千万年前からの地底人対最低人、もとい地底人対宇宙人の運命の戦いが人類そっちのけで開幕。
最後はゼロツーとヒロで愛が勝ったようですが、他の人類はパラサイトと博士以外は全部強制解脱で身体を捨てさせられたってことでいいんですかね。
大人で残ってたハチは元パラサイトだし、博士は叫竜の姫の細胞のおかげで普通の人類とはカウントされなかったとかでしょーか。

イチゴや仲間達が「ここは任せて先に行け」展開で見せ場があってよかったかと。
パパの指示が無いと何も出来ないナインズ達は偉そうにしてるだけのアホだったのだなあ。

宇宙人は一応撤退させたけど、またすぐに本隊が襲ってくるんですかね。あと3話もあるみたいだけどどう決着するのやら。
展開的には次回でいきなり数年経っててもおかしくなさそうだけど、それだとパラサイト達が死んじゃいそうなのね。博士も死んだみたいでメンテナンス出来る人もいなさそうだし。

■ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン 10話
自業自得の外道行為で恨まれて頭を駆逐されちゃったお姫様が魔王として復活するの巻。
これほど助けがいが無いお姫様も珍しい(笑)、レンの「神様、ピトさんを守ってください、私が殺すまで」がヒドいセリフで笑えます。

ビームサーベル、もといライトセーバー、もといフォトンソード登場は燃えますね。キリ子ちゃんのシルエットが懐かしかったです。シノンの名前も出てましたしニヤリですよ。
あと、エムさんサイドでは、お姫様を守るエムに協力して奮闘する顔も分からない覆面が格好良かったですよ。

レンの事情を知って即座に協力してくれるボス達が有り難くて格好良さ過ぎます。ホントええ子たちやで( ノД`)
空気を読まずにさくっと事情を伝えるフカ次郎もGJですよ。
アマゾネス軍団VSエム戦は燃えました。無敵の楯同士の対決が熱いですよ。ソフィがええ子やで( ノД`)

ロクな描写もなく全滅してる全日本マシンガンラバーズが泣かせます。次ガンバレ( ノД`)

■仮面ライダービルド 40話
マジ強えマジ最強と戦兎さんが最終フォームにパワーアップしたけど、エボルサイドはまだまだ余裕な感じですね。
内海もはっちゃけて悪役してますが、最後にはなんのかんの言っても改心するんじゃないかと思ってたけど、ちょっと自信が無くなってきました(^^;

今回も細々色々ありましたが、カズミンが「倒されたら消滅」する身体になっちゃったのが心配ですよ。
ジーニアスならネビュラガスを中和出来ると言うのに治すのを断っちゃうし、「みーたんにかっこつけるチャンス」と言ってるのが死亡フラグとしか思えません。戦兎がいない場所でやられたらアウトだろうしなあ。
これまでグリスとしか呼んでもらえなかったみーたんに最後に名前を呼ばれて消滅エンドとか有りそうで嫌~ん;

幻徳こと幻さんはここに来て壮絶にキャラ崩壊。本当に馬鹿息子になってしまったと言うか、一体何があったあんた?(笑)
あの中二病的に黒で格好つけてた幻徳さんはどこに行ってしまったんですか( ノД`)
大怪我を紗羽さんに治療されてた辺りでは、1話のホテル発言を乗り越えて良いフラグが立ってるかと思ったけど気のせいで終わりそうですよ。

戦兎は葛城と一体化したのかと思っていたけど、葛城としての記憶は高校生頃までで悪魔の科学者時代の意識は分離しているようで。
何かあったら葛城の意識が霊のように出てきて相談出来る辺りは便利なんだか不便なんだか分かりませんな。とりあえず今後は2人で1人の仮面ライダーとして頑張ってほしいところです。

葛城父は死んだはずと思っていたら、ここで生存情報が出るとはびっくりでした。以前に船で密航させてくれた人も話に関わるのかと思ったけど、こちらは単に父の情報をくれただけで終わりそうですかね。

三羽烏のロストボトルで女性がロストスマッシュに改造されてる辺りでは、葛城母が狙われたのかと思ったけど、北斗の元首相の方でしたか。
倒されて消滅退場かと思ったけど、生き延びて、ガスが抜けて反省してくれてよかったですよ。他の首相も生き延びられればよかったんですけどねえ(^^;

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (3)

2018年6月16日 (土)

今週のアニメ感想・水~土分(6/13~16分)

■ゴールデンカムイ 10話
のっぺら坊はアイムユアファーザーだったのか。まあアシリパ父の友人・キロランケの言うことが正しいのかどうかはまだ分かりませんけど。
とりあえず、キロランケを怪しむ杉元はすぐにでも戦闘態勢に移りそうでなかなか剣呑でした。

それにしても、ヒグマや白石をも食う巨大イトウのデカさが凄かったです。魚だしイトウくんというよりタンノくんですな(違)

前半の谷垣VS尾形&二階堂は、でたらめな生命力の杉元に比べて割と常人な谷垣なので、見ていてなかなか緊張感がありました。
谷垣のヒグマトラップはなかなか恐ろしかったです。二海堂はよくあれで生きていましたよ。クマと鶴見に両耳を持っていかれるあたりが壮絶ですけど(^^;
「勃起!」をリスペクトしている谷垣には笑いました。アイヌの生活にもすぐ馴染んでたり、谷垣は割と染まりやすい人だなあ。

次回は「殺人ホテルだよ全員集合!!」て、なんてタイトルだ(笑)

■シュタインズ・ゲート ゼロ 10話
比屋定さんが紅莉栖の遺産のノートPCを持っていると判明。それは狙われますわ。
ラボが襲撃された時に狙われたのはかがりかと思ってたけど、比屋定さんの方も狙われてたわけですかね。(アマデウスも落ちてたし)

ところで現在の世界線って「オカリンが紅莉栖を刺してしまった」状態からの続きということになるんですかね。だとするとラジ館訪問はオカリンには本っ当にトラウマ現場過ぎだなあ…;
今回ラストの流れからしてそろそろ比屋定さんにも事情を説明することになるんでしょうか。
シュタインズ・ゲート世界線の紅莉栖は自身の体験による夢(リーディング・シュタイナー)のおかげもあって信じてくれたけど、他の人には普通は証拠が無いと信じてもらえ無さそうだし、言い辛い部分もありそうですが。
自分が紅莉栖を殺したと告白する展開が来そうで怖いですよ。

お掃除軍曹の綯はおもしろかわいかったですが、「お掃除となるとちょっぴり性格が変わるのです」は、性格が変わるのはお掃除だけじゃないよなあ…と思いました。綯、おそろしい子だし。

アマデウス紅莉栖との「ぬるぽ」なやり取りは懐かしくて癒やされました。

■ひそねとまそたん 10話
甘粕、Dパイやめるってよ!

名緒さんの献身にウルッと来たところで、清々しい顔で出した結論が「そっちかよ!」と吹いてしまいました。さすが予想の付かない女、ひそね。
星野が割とシンプル(過ぎる)な思考回路なのに対して、やっぱりひそねの思考回路は独特ですよ。
まあ、OTFに全てを捧げて自分を犠牲にせよという話にイマイチしっくりこないのは分かるのですが(^^;
いやー、ここからどうするのやら。これで本当にひそねが最後までまそたんに乗らずに引退したまま完結したら物凄いですが。

それにしても名緒さんは、最初は小学生的イジメキャラだったのに、面倒見のいい、いい人になりましたよ。本当に「セクシージャガー」呼びされちゃってるのは笑いましたが。
ところで、「恋をしたらOTFに乗れない」と言うなら名緒さんも幾嶋に恋をしているはずなんですけど、飛び方がヨタヨタしてるとは言えまそたんに乗れてる辺りはどういうことですかね。そこに解決のヒントがあるんでしょうか。

星野の方はまた飛べるようになりましたけど、あの解決の“させられ方”がやるせないですねえ。わざと傷付けて降らせるとかヒドい話ですよ。
星野のために汚れ役を引き受けた財投は格好良かったですけど、せつねえ…。

巫女のクサビメ(楔女?)には棗が選ばれたんでしょうけど、不穏過ぎますねえ、小此木泣いてるし。やっぱり人身御供なんでしょうか。
小さい頃から運命を決められていた辺り、過去話の描写は微笑ましくもあったけど、モヤモヤとはします。
予告の絵的にはジョアおばあさんと昔の巫女の関係とかも次には語られるんですかね。

■ヒナまつり 11話
前半は新田が極道スペシャルなドキュメンタリーを捏造される話。
昨日も切り取り捏造取材の話をネットで見たばかりだったので見ていて目が糸目になりますよ。こういうのがフィクション内だけの出来事ならいいんですけどねえ;
ヤクザ界で一番イケイケで本物の武闘派の昭和ヤクザで血と暴力と金に飢えた男で平成の怪物な新田さんには笑いました。現組長達も完全に分かっていて新田をイジってるのがヒドい(笑)
ところで、(エセ)ジャーナリストは女子中学生にしか見えないバーテンダーに反応すべきだと思いました。

後半はアンズとヒナがチェンジされる話。アンズ(父親の理想郷)の癒やし力が圧倒的過ぎてヒナ(現実)との落差が本当にヒドい(笑)
あれでは「貴様の良い子ちゃんの皮を剥いでやる」とか言ってた新田も浄化されるわけですよ。まあヒナも可愛いところはあると思いますが。
そしてそこからのヒナ雪山遭難とは、新田の冷静な「なるほど」がまたヒドい(笑)
遭難の顛末は次回で描かれるわけですね。全く心配いらないんだろうけど。

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (2)

2018年6月12日 (火)

今週のアニメ感想・月~火分(6/11~12分)

ゴールデンカムイはまだ見られていないので後日ー。

■ピアノの森 10話
ショパンコンクールでいろんな新キャラが登場の巻。
第一次予選で1人40~45分で80名とは長丁場ですねえ。出てきた新キャラは皆優秀そうでクセもあって面白そうですが、とりあえずマスゴミは屑だなあと思いました;

雨宮は性格の悪そうなパン・ウェイが「阿字野のピアノ」を弾くことが気に入らないようですが、性格の良し悪しと演奏はやっぱり関係無いと思うなあ。それで結局のところ、パン・ウェイは阿字野先生を知ってるわけですね。なかなか複雑そうな人ですよ。
アダムスキは結構いい人っぽいですね。

■ガンダムビルドダイバーズ 11話
アヤメさんの正体と過去が明らかに。
昔の仲間の絆のガンプラを取り戻すためにシバに協力していたと言うことだけど、絆ガンプラを取り戻せたとしても仲間との絆が戻るのは難しいんじゃないかなあ。そもそも元仲間達は今でもゲーム内にいるのだろうか?
シバへの協力にしても、具体的なな年月は不明なものの、いくつものチームに潜り込んだと言うからにはそれなりに長期間スパイをやらされてるみたいだけど、どれだけ働いても見返りはもらえなかったわけで、よく従い続けたものだと思いました。
今エグゼイドの再放送をやってますけど、まともに見返りを与えないまま飛彩先生をこき使う檀正宗みたいですよ。
作中でも言ってるけど、一度悪事に加担してしまったら抜けたくても抜けられないんですかねえ。イマイチ納得感が無かったですが。
ところでSDばかり集まったフォースって、これがSDガンダムフォースか。なるほど。

次は黒幕のシバの理由が明かされるかも知れないけど、「この欺瞞と嘘に満ちた世界をぶっ壊す」とか言ってるけど、こちらもしょーもない逆恨みなんだろうとしか思えなくて困ります。
今分かってる情報からすると「昔(コーイチさんと一緒に)やってたゲームがGBNのせいで廃れたから」の逆恨みでしか無さそうなんだけど、本当にそれだけが理由でここまで大掛かりな事をやっているのなら見上げたアホだなあと思ってしまいます。
その労力と才能をもうちょっとマトモに活かせや。
シバがあのSDフォースに協力したのもフォースを潰すために近づいたんですかね。なんて暇人な。

零丸のリアルモードへの合体変身はなかなか面白かったです。SDの頭がそのまんま背中に付いてるあたりがこれまたエグゼイドっぽいですけど。
零丸VS量産型キュベレイの戦いの決め手が「忍闘-道」からのNT-Dだったのはニヤリとしました。キュベレイに取り付いてダルマにされた百式にもNT-Dがあればよかったんですけどねえ(^^;(無茶言うな)
あの量産型キュベレイの乗り手はNT-Dのサイコミュ・ジャックすら知らなかったわけですね。なるほど愛が無い。

ところでSDであることの有利さ不利さってのは結局なんなんでしょうね。SDはあまり詳しくないけど可動範囲が狭いとか手が短いとかは分かりやすく不利そうだけど、有利な点は何なんですかね。頑丈さとか?

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (0)

«週刊少年ジャンプ28号感想