2019年12月 9日 (月)

週刊少年ジャンプ2号感想

■AGRAVITY BOYS
新連載。
いきなり人類滅亡! 生き残った最期の4人!
…な割には凄く軽いな!(笑)
面白かったです。

4人のうち1人だけが女子になる、ということなら、まあクリスしか無いよなあと思いました(笑)
てか、作中でも言われてるけど高次元の存在さんは4人を弄んで面白がってるとしか思えないですな。愉悦ですよ。
せめて薬を2つよこして女子を2人にすれば…って、それじゃ面白くないから仕方ないな!(ヒドイ)

Dr.STONEの宇宙飛行士は4人・カップル2組でよくあそこまで子孫が継続したものではあります。

■鬼滅の刃
ワンピに続いて過去編開始。
縁壱さんも家族を鬼に殺されていたのね。鬼殺隊に入る人の過去は大体悲しいなあ…。そして縁壱さんが初めて出会った剣士=煉獄さんのご先祖でしたか。

ラストは期待した通り、縁壱さんVS昔の無惨様の対決で、次回は泣いて逃げる無惨様が見られそうでワクワクです。
その場に珠代さんも同行してる辺りがどんなドラマがあったのか気になりますよ。この対決がきっかけで珠代さんは無惨様の支配を逃れるとか?

■アクタージュ
夜凪を前にいちごちゃんも武光も本気になっていい感じ、だけどこのままだとオチに繋がらないと、どうするつもりなのやら花子さん。
そもそも、夜凪のこのテンションをあの禁じ手で引き出せるのも初日だけだと思いますが(何日もある…んですよね?、たしか)先のことはどう考えてるんだ花子さん。

■Dr.STONE
海に落ちたかと思った石化装置は無事に陽がゲットして(陽凄いな)(落ちてきたのをキャッチしたのか浮いてたのを拾ったのか分からんけど)(水には浮くんですかね)、
慣れない槍で苦戦していた氷月は千空達の作った管槍をゲットして無事にモズを撃破して(滑りの悪くなった鍵には鉛筆の粉をかけろってネットで載ってて実際効きました)、
これで万事解決かと思ったら、船上から降ってきたアプサラス…もといイバラのせいで大ピンチですよ。こんな展開誰にも想定出来ないだろうし、どうすんだコレ;

イバラが発したコマンドが陽だけを石化する効果範囲でならまだしも、自爆覚悟で島ごと範囲に含まれちゃってたら積みますね。まあ、イバラが自爆を選ぶ気はしないので前者かと思いますが。
石化装置を水中に沈めたら大丈夫…ってことは無いかなあ。陽のところに助っ人が来るのも期待出来ないし(誰もこの状況を認識してなさそう)、陽自身に頑張ってほしいところですけどどうなるやら。

■チェンソーマン
よい怪獣…もといパニックムービーでした。
ジョーズ…もといビームくんはまだ生きてますかね。かろうじて呻いてるけど。(嬉しそうに)

■約束のネバーランド
ノーマン達が頑張りすぎたおかげでピーター・ラートリーが切れてしまって大ピンチと。敵を追い詰めすぎるとよくないというのがよく分かりました。

■ミタマセキュ霊ティ
ムササビクソ野郎…もとソウヤさん相手に感情的になってるハゼレナが結構生き生きして見えました。
背後霊の中のお医者様は笑いました。風邪患者にバンドエイドを貼るだけなのが本当にヤブ過ぎる(笑)

■Dr.STONE reboot:百夜
こういうのは弱いなあ…。
百夜の最後は切ないものでした。
それにしても42年経っても存在し続けているとは凄いですなレイ。流石に千空が復活した「現代」までもは保たない…と思うのだけど、案外生き延びたりするんでしょうか。

| | コメント (2)

2019年12月 8日 (日)

今週のアニメ感想・月~日分(12/2~8分)

■ヴィンランド・サガ 20話
クヌートと王の対面が素晴らしい緊迫感でした。怖い親子喧嘩だわあー;
「地上に楽土を」と言いつつクヌートの行く道は修羅道だなあ。

クヌートがトルケルを従えて戻ってきた時のフローキの顔芸は吹きました。

■BEASTARS 9話
ルイ先輩はフォウ・ムラサメだったのか…。
ルイ先輩のハードな過去に、ルイ先輩リンチ未遂に、ハルさん誘拐に、反社会的組織なシシ組に、シシ組の犯罪を見逃す市長に、大人の世界に縛られて動けなくなるルイ先輩にと、
この世界の闇を凝縮したような話でした。ホントにギリギリで成立してるような世界だなあ。

レゴシの告白どころじゃない展開だと思ってたら最後は「ハルは俺がもらう」と来て、あっちもこっちも大変ですよ。

■ちはやふる3 4話
原田先生が実にいいなあ。

■Dr.STONE 23話
ゲンのマンガン電池の歌に笑います。

カセキへのものづくり友達発言はいいですね。
この頃はカセキの死亡フラグにも思えてちょっと不安でしたけど。

ついにケータイが完成しましたが(でかい)、あと数話?で決着まで行くかなあ。

■ハイスコアガールII 22話
大阪の街を遊び回るハルオと大野が楽しそうで微笑ましいけど、大野家の方針を思うと切ないですな。逆転はあるのやら。

大阪日本橋の蜂のオブジェは今はメイトやメロンの前でポケストップになってるやつですかね。(コレ
いつからあるんだろうアレ。
額縁の裏に御札はこええ…;

■ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 8話
8話になっても未だに「1人でやっちゃう癖」が治らないヒロトがメイから「それでええんか?」と言われるの巻。
メイも協調性があるとは言い難いですが、メイとヒロトは違うとも言われちゃいましたか。まあ、違うかなあ。ヒロトも割と揺らいではいるのですが。
ともあれ、1クールか2クールか知りませんが、そろそろヒロトも変わる時が近づいてるのだろうとは思います、多分。

水中戦で巨大ランスは、邪魔なだけですよねえやっぱり。
ウォドムの水中用モリは少し笑ってしまいましたが、ウォドムのデザインはあらためて見るとちょっと水泳部感が無くもないですね。

■ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 9話
眠たそうな面の女戦士VS熱血主人公的武闘家の巻。
決着が「これで勝ったと思うなよ~!」という感じでした。てかこの2人フラグ立ってないですか?

本妻アスナ降臨が神々し過ぎて楽しかったです。アリスとの対面が楽しみですな。

■仮面ライダーゼロワン 14話
宇宙兄弟に兄が仮面ライダー雷で1話でやられるの巻。
暗殺ちゃんと違ってスペアボディも無いだろうし、雷さんはこれでレッドカードで一発退場なんでしょうか。キーも赤いしな!
これは、残されてる仮面ライダー亡が出ても短期間の命で終わる可能性が高そうですよ。イズが亡になるのは勘弁な! 次回予告でイズの目が死んでるのが怖いんですけど!

宇宙野郎雷電さんは頼れるアニキでいいキャラだったのに即退場は残念ですよ。
本人がスパイだったわけでは無いけど、当人の自覚も無いままにスパイウェアを仕込まれていたと言うのが哀しいなあ。本人の自我も何も関係無いのがまた。
てか、これが明るみに出たら、こういうことが有り得るからヒューマギアは信用できないってことになりそうですよ。早いところワクチンソフトを開発しないと。

仮面ライダー雷の存在はどうも不破さんのパワーアップの噛ませのためだったようで、不破さんがアサルトウルフとして格好良くパワーアップしたのはいいけども、敵の力でのパワーアップで身体に負担が滅茶苦茶かかってそうで心配ですな。
アルトの方もシャイニングホッパーで身体の負担がでかそうだし、今回の中間フォームはどっちも大変ですな。…まあ数話もすれば負担の描写はされなくなるかもですが。

滅亡迅雷のキーを筋肉で無理矢理使う不破さんは相変わらず不破さんで笑いました。
ところで「ウルフと言ったら俺だろ」と不破さんは言うけど、不破さんはむしろゴリラが似合うよ。アサルトゴリラは出ないんですかね。

バイクを使ったらいちいち衛星ゼアに補充してるのはちょっとビックリでした。なんて非効率的な。
オーズでも使った自動販売機はいちいち元に戻してたんですかね。

ギャグに耐えて「俺に必要なのは笑いじゃない」と強がる不破さんは悲しいですね(笑)
遠慮なく社長のギャグで笑えるようになる不破さんが早く見たいですよ。

新しい武器を持ってきたり落ちたキーを拾うイズの動きが素敵でした。次回ヤバそうだけど乗り切ってくれイズ。

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

Gのレコンギスタ I 行け!コア・ファイター(映画)

(富野由悠季監督)

Gレコ劇場版見てきました。まともに通して見たのはTV版放送時(2014-2015年)以来でしたが、90分程度とは思えない密度の激動展開で大変面白く見られました。
今回はTV版1~5話+αまでの内容でしたが、続けて見ると話の連続性がより実感出来るのがいいですね。独特でセンスオブワンダーな世界観にのめり込むことが出来たかと思います。

正直TV版の細かいところは忘れているので具体的にどこが違ったとかは言い難いですが、映画では「ベルリとアイーダの話」であることが強く強調されていたのが印象的でした。
ベルリ・アイーダ双方の感情と行動が理解しやすくなっていて良かったですよ。
TVの頃は、海賊側に与してしまうこの辺りのベルリの行動は、状況に流されすぎだなあと思ったりもしましたが、是非はさておき心情は納得しやすくなっていたかと思います。
そして愛する人を殺された怒りと恨みを堪えて、ベルリに礼を言わなければならないアイーダの葛藤も納得出来るように描かれていたかと。
実際ベルリがカーヒルのグリモアを撃たなければアイーダも死んでいてかも知れないわけで、ベルリにしてみれば理不尽さがあるのも確かですが、理屈と感情は違いますし、ベルリもアイーダも人間らしさを感じました。

ベルリとアイーダの話として、映画として一本の筋が通っていたので、クライマックスのコアファイターの辺りがちゃんと映画のクライマックスになっているのもいいですね。
TVだと各話ぶつ切りになってしまうので、その辺があまり実感出来ていなかったですが、映画で通して見ると、アイーダが葛藤を抑えてベルリのコアファイターのドッキングを助けることになるあたりはなかなかグッときます。
タイトルが「行け!コア・ファイター」に決まったと知った時には「なぜそのタイトル?」と思いましたけど、映画を見れば納得出来るものでした。

ところで、コアファイタードッキングの描写は、隙間に挟まってるハッパさんが楽しいですよ。あの人、怪我しなくてよかったですねえ。
ドッキング時のコアファイターとG-セルフ本体のハッチの間の隙間が結構余裕があるというのは、キャピタルからメガ・ファウナに向かう場面での新規カットでも描写されていて興味深かったかと。ああいう何気ないカットがいいなあ。
それにしてもG-セルフのコクピットは広いですね。人間4人が乗れるのが凄いですよ。
コクピットのトイレ描写は久々に見ても新鮮に感じました。しかし、女子3人に囲まれてのトイレシーンはホント狂気ですな(笑)

マスクの人が一体誰なのか謎ですが、前半のいい先輩っぷりを久々に見ると、この人本当に鬱屈してるなあと思えました。

OP・EDがTV版と同じだったのは意外でしたが、どちらも好きな曲なので嬉しかったですよ。EDは画面が途中から黒バックになるのはちょっと残念でしたが。

2作目は2月だそうで、予想以上に早くて嬉しい驚きでした。このペースだと案外来年一杯で完結(5作目)までいったりしますかね。
ともあれ早いペースで見られるなら楽しみです。

ところでG-セルフのMGは出ないんですかね。欲しいんですけどねえ。

公式サイト

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

週刊少年ジャンプ1号感想

■鬼滅の刃
禰豆子が走り出して村田さんが炭治郎を運んで、炭治郎復活の下準備は整った様子。やっぱり禰豆子が毒を何とかして炭治郎がパワーアップして復活する流れですかね。
ここに来て村田さんにも役割があってよかったですよ。頑張って無惨様から禰豆子が見えない位置まで運んでください。
ところで禰豆子は現お館様と同じところにいたのね。

生き残ってる柱も集合出来たけど、3人毒を食らっちゃったしヤバいですよ。炭治郎より後だし禰豆子が間に合うとは思いますが。

村田さんがここにいるなら、他の同期組も近くにいるでしょうか。善逸はさすがに戦えないだろうけど。

■ONE PIECE
白ひげの船に乗ったおでんが次はロジャーの船に乗ることになるわけね。
どういった経緯でそうなるかはさっぱりですが期待です。

■Dr.STONE
頭首を石化していたイバラの犯行に気づいたキリサメが石化されちゃってどうしたものやら、と思ったらここで陽が活躍ですか。
石化武器は海に落ちちゃったけど、大樹が潜水でなんとかしてくれるでしょう、多分。
石化武器さえなんとか出来ればこれで大体解決でしょうか。

モズに本気を出されたけど、氷月なら大丈夫じゃないかと、多分。

石化兵器の効果範囲は音声入力なのね。そんな精密ハイテクっぽいものがよくここまで長持ちしたものですよ。動力が電池ってわけでもないだろうしオーバーテクノロジーとしか言えません。
あと、石化兵器はキリサメが子供の頃からあって、頭首の言い方からすると代々受け継がれてきたって感じなので、案外ホワイマンとこの島が完全に別案件なのかも知れません。

■アクタージュ
頑張れ武光くん。
そして王賀美さんが案外面倒見がいいなあ。

■チェンソーマン
チェンソーの使い方が斜め上過ぎる(笑)

■ミタマセキュ霊ティ
素晴らしい本格推理漫画でした!

■Dr.STONE reboot:百夜
もはや百夜が関係無いですが、再登場はあるんでしょうか。
8年とは凄いですな。どこまで行くのやら。

| | コメント (3)

2019年12月 1日 (日)

今週のアニメ感想・月~日分(11/25~12/1分)

ダイバーズは特別番組。

■ポケットモンスター 2話
新シリーズ。変化球的なサン&ムーンも好きだったけど、正統派っぽい今シリーズもいい感じかなと。
今回はタイトルもシンプルだし、初期シリーズから振り返ってポケモンの魅力を深めて描写していく方針ですかね。ルギア との描写は新鮮味を感じてよかったです。
それでいて、机にロイヤルマスク人形やトロフィーがあったりして、サン&ムーンやこれまでの旅も無かったことにはなっていないようで良かったかと。
でも、気になるリーリエパパの行方とかは描かれる機会は無さそうですかね。

■ヴィンランド・サガ 19話
トールズの思い出話を話すトルケルが意外な面を見せ、クヌート殿下が眼を見張る成長を見せ、その姿を見たアシェラッドは自分がラグナルを殺したことを明かしつつ殿下に忠誠を誓い…と、各人がそれぞれに大きなターニングポイントを迎えていて、実に面白かったですよ。

トルケルが最初に出た時はこんな役回りになるとは思わなかったなあと思い出しました。粗野な戦闘バカに見えて、意外な深みがあるのねこの人。
まあ、昔のトルケルが仮にトールズについて行っていたとしてもドールズの言う「本当の戦士」に辿り着いていたかどうかは謎ですが。

トルケルがクヌートの目にトールズの目に近いものを見出すところは見どころでしたよ。トールズの息子を差し置いて(苦笑)
この事態の激変に、トルフィンだけがついていけていないのはちょっと笑ってしまいました。
この時点のトルフィンは本当に恨みで目が曇りまくってるからなあ。トルフィンが名実ともに主人公になるのは、もうちょっと先ですね。アニメを見てから先日出た原作最新刊を読むと、別人っぷりが凄くて凄い新鮮さを感じました。

アシェラッドがラグナルを殺したという告白を聞いた時のクヌートは凄い顔をしていましたが、そこで飲み込めるのが凄いですよ。トルケルパンチに揺らがなかったのと同様に、ここもクヌートが王の資質を見せたシーンでした。

■BEASTARS 8話
レゴシのメンタルがだんだんヤバくなってる感。
暗闇の中で探しに行ったハルさんから「ルイ」呼びされた後の一見穏やかそうな笑顔が怖いね!
こんな状態でジュノを含めた三角関係…じゃない、ルイも含めて四角関係になりそうな辺りが凄く不穏だなあ。

ハルさんを送っていくレゴシは正しく送り狼でした。
とりあえずお縄にならなくて良かったですな。あれで捕まってたら洒落にならなかったかも知れないし。
前にハルさんを食いかけたことを話す日は来るのやら。

■ちはやふる3 3話
先生の「綾瀬はクイーンになれる子でしょうか」が有り難いですな。

次は元クイーン戦ですか。ぶっちゃけ原作での展開を忘れているので楽しみです。

■Dr.STONE 22話
マグマのデレ回だったのに、最後に美味しいところをもっていくメンタリストと来たら…。出会う前から惚れ込んでいたとかホント美味しすぎる。
ゲンが悪い顔をすると大概逆フラグですな。いいキャラだよゲン。

あの落とし穴落下はアニメであらためて見ると、落ちた時点でよく怪我しなかったものです。
そしてマグマの水中からの千空投げが凄い。

■ハイスコアガールII 21話
大野への思いをようやく自覚したっぽいハルオが大阪で大野との決着に挑む。
…ことになったかと思ったら、大野はロス移住で親に決められた相手と結婚とは、いつの時代だ大野家。…まあ20年以上前ではありますが。
大阪決着自体は次回にでも付くかもですが、どうなることやら。

ハルオを心中で導くガイル先生は素敵でした。
ハルオの色恋をハルオの部屋で面白かったる人達がヒドくて笑ったけど、ラストを考えるとやるせないなあ。

■ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 8話
空間暗黒力のために生贄3000人。えぐいわー。
そこまでやってエルドリエに阻止されて、怒りのアリスに焼き尽くされる辺りが敵が哀れになってきます。
イケメンオークさんは皇帝反逆フラグ立ってるかと思ったけど、「人め」とか言ってるし恨みの対象はあくまでこっち側でしょーか。

■仮面ライダーゼロワン 13話
さらばワズ。2話限りで消えるのが惜しいいいキャラでしたよ。間際のイズのお兄様呼びも良かったです。
ところでデータを受け渡して新型を完成させるあたりはGガンを思い出しますね。そもそもライジング→シャイニングの時点でGガン感だし(笑)

イズが今回で消えなかったのは良かったですが、ゼロワン計画に関わるヒューマギアはバックアップが無いとか、ばっちりイズも将来の不安要素が残ってますね。
OPからして赤目イズがいるし、滅亡迅雷に狙われるのは確定事項だろうしなあ。

暗殺ちゃんはこれで出番終了ですかね、オールアップらしいし。いいキャラだったよ暗殺ちゃん。
ところで暗殺ちゃんのキーは滅に奪われちゃったけど、会社の無実は証明出来るんですかね。イズの映像記録とかはあるだろうし説明は出来るだろうけども。

不破さんが順調にツンデレて「お友達」化しているのに対して唯阿さんはなんか苦しそうですな。3人変身はしたけど唯阿さんの“まだ仲間じゃない”感が高いですよ。
今回、ラストで滅の横槍が入らなかったらキーは唯阿さんが持っていってたんですかね。

怪我していても変身したらシステムがカバーしてくれるとの説明は、大怪我してすぐ戦ってた不破さんのフォローにもなっていたかなと。
ウイングマンのガーターもそんな機能だったなと思い出しました。

前回はシャイニングホッパーは暴走系かと思ったけど、不完全系だったんですね。反動がでかい欠点は、まあすぐに慣れるかなと。
シャイニングホッパーの戦い方はなかなか格好良かったです。シャイニングメガインパクトの文字演出が素敵。

500%を超えているとか、ザイアの人は%表現が好きですな。千空かお前は(笑)
サウザーとの戦いとか言ってたけど、この人が変身する時期ライダーですかね? それともラスボス候補?
ピラミッドでも作りそうな名前です。

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (2)

«週刊少年ジャンプ52号感想