2024年6月21日 (金)

今週のアニメ・サンデー等感想・月~金分(6/17~21分)

・鬼滅の刃 柱稽古編
岩柱・悲鳴嶼さんの修行開始の巻。
滝行と丸太3本と岩運びと、シンプルな内容ですが、シンプルなだけにキツイですな。そして人に教えるのが下手で不器用だよ悲鳴嶼さん( ノД`)
「川につけなさい」(冬の)がヒドいよ悲鳴嶼さん( ノД`)
前回兄と揉めた玄弥でしたが、今回は落ち着いて、実に親切でありがたかったです。初登場の時はあんなに狂犬だったのに、すっかり良い子になって!( ノД`)
修行を諦めて山を降りる隊士達が印象的でしたが、ここまで来られたのだからかなり出来る人達だろうにと思うと残念ではあります。
…いやまあ、皆が同じ順番で柱を回っているのかよく分からないですけども。(スタートは宇髄さんだとしても)
村田さんもなんのかんの言っても凄いですな。

・この素晴らしい世界に祝福を!3
最終回。
領主に20億を無理やり返してダクネスを奪い返して解決…のように見えて解決してないよなあと思っていたら、バニルが全部持っていきましたよ。
ここまで全部見通していたとは恐ろしい。そしてカズマ達にとってバニルが敵じゃなくてよかったですよ。
ダクネス父は死んじゃうのか…? と思ったらアクアが力付くで治し(解呪し)て吹きました。普段の駄女神っぷりに忘れそうになるけどアクアって超優秀なのよね。
ダクネスを取り戻すために20億を支払って再び貧乏生活か…と思ったら、領主の不正が発覚して金は戻ってくるそうで、まだ話の途中なのに裕福に終わるのがちょっと意外ではあります。
そしてバツネス落ちがヒデエ(笑)

・ゆるキャン△SEASON3
最終回。
花見キャンプの巻。桜と満月いいね。
カエル肉…、ビジュアルそのままは嫌だなあ;
おばあちゃんに騙されていた犬山家に吹きます。一族みな「うそやでー」過ぎる。
綾乃の出番もあってよかったかと。

・ポケットモンスター テラスタルデビュー
前回の話の続きでいきなりフリード博士逮捕、…なんてことになってないかと心配したけど大丈夫そうかね。
今回はパルデア四天王と交流戦の巻。
ドット&ナンジャモVSポピーに、ロイ&コルサVSハッサクと、前半も後半も見応えのある戦いでした。
勝っても自分の力は足りなかったと悔しがるドットに、負けても熱血なロイが対照的ではあります。2人ともがんばれ。
巨体のセグレイブのきょけんとつげきは、小さいホゲータがまともに食らったら絵面がヤバいですな。ホゲータが生き残れる気がしません(^^;
次回のリコ&カエデVSチリちゃんも楽しみですな。ところでアオキさんはあれで出番終了? アンと戦ったりしないですかね。

■無職転生 22話
迷宮の果てでヒュドラを撃破してゼニスを救出の巻…ですが、
パウロは死亡でルディも左手を失うとは。
うすぼんやりとしたレベルでのネタバレは把握していたので、そろそろパウロがヤバイっぽい程度には分かっていましたが、キツイですねえ…。
下半身を失ったパウロが最後に笑ったのは、息子の無事が確認出来たからか、ヒュドラを倒せた安堵からか…、少なくとも悲しみや怒りの表情では無かったのはせめてもの救いでしょうか。
しかし、そうやって助け出したゼニスも、息子が分からないどころか言葉も話せない状態とは…、ホント辛いなこれ;;;

ヒュドラとの戦いは本当に激闘でした。魔法も正面からは通じないは首を落としてもすぐ再生するわとズル過ぎる…;
あれが相手では、1人と左手の犠牲ならまだ被害が少ない方だったと思えるほどに。よく勝てたものですよ。

ヒュドラを前にした最初の戦いでパウロが切れまくっていましたが、
父があれだけ切れているとルディが冷静にもなるかなと。母と接点が薄かったとも言っていましたけども。
ともあれ、決戦前の作戦会議でのパウロとの会話がひとまず落ち着いた状態で話せたのはまだ救いでした。

ところでゼニスは何故ヒュドラの奥で結晶化なんて変に不自然な囚われのお姫様的状態になっていたんですかね。
人為的と言うか神為的と言うか、何者かの悪意を感じる。

タルハンドさんはドワーフのセンシ…いや、戦士かと思ったら魔法職だったのね。
そして魔法職じゃなく戦士職だったのかと以前驚いたエリナリーゼさんは魔法も使えるのね。

◆週刊少年サンデー 30号
・トニカワ
今の輝夜に司の血を飲ませれば何かが変わる(かも知れない)と。
月からの使者とのバトル展開は無理だろうし、それが作品の落とし所になるのですかね。

・龍と苺
未来はパンチの効いた人多いな!
苺が順当に強すぎて、トップクラスと当たるまでは苦戦もしなさそうですよ。

・タタリ
頼れる仲間(?)が増えて、陣営的には最大勢力になっている…のか??(陰陽師も含めたら微妙だけど)
まあ、同盟にもグレーなのがいるし、楽勝で進むわけは無いんですけどね。
そもそもあのご無体なラスボス相手に今の同盟メンバー全員でかかっても勝てるのやらどうやら。

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (0)

2024年6月17日 (月)

週刊少年ジャンプ29号感想

■ONE PIECE
「“D”の名を持つ者達へ…」
「お前さん達の中にさん」
「めそ…」
(違)

いやあ実際「も…」は何なんですかね。
ともあれ、最後の最後の部分以外は大体伝えたいことは配信出来たようなのはよかったです。「も」が何なのかは分かりませんが。
ルフィ達もそろそろ脱出して今回の話も区切りが付きそうでしょうか。

■あかね噺
まいける兄さんに自分と同じタイプと感じていたアフロメガネさんが最後の最後に味方に回ってくれたりするかと思ったけど、そんなことにはならなさそうですな。

■アオのハコ
良い親子話でした。
それはそれとして、大喜両親が他の親と会ったりすると、先輩と付き合ってるバレが来るのかとドキドキしますな。
まあ問題は大喜両親より先輩父な気がするけど。

■ウィッチウォッチ
生徒会=「多頭飼いの猫ハウス」
あまりに的確な例えで吹きます。
フランが入ってしまったら11人になって1人押し出されるかもオチになりましたが、別に十傑集が11人いたっていいじゃないか。
四天王なのに五人いたっていいし、キュウレンジャーだって12人いますし。

モイちゃんは結局生徒会には入らないけど、モイちゃんやること色々あって忙しいから、ジキルが入ってくれる方がいいでしょうね。
でも、ジキルに加えてフランも生徒会に入るなら(未定)、ミハルも入ることになったりしそうですよ。

■超巡!超条先輩
先輩の良い所を思い浮かべる1ページがヒドい(笑)
たまに両さんみたいな人情話とか過去話とかいれて、いい所をひねり出さないと!

■逃げ上手の若君
記憶をなくしたのではなく、野心だけが爆発的に増えただけ。その方がかえって厄介ですな。
史実的に元には戻らないだろうしなあ。

■アンデッドアンラック
思ったよりシリアスな展開になってきた!

◆ルリドラゴン
よい学園青春物でした。電車遅延のところとかドキドキしますな。
ドラゴンでも特に力は強くなっていないのかわいい。

| | コメント (2)

2024年6月16日 (日)

今週のアニメ・特撮等感想・土~日分(6/15~16分)

・わんぷり
ニャミーさんがようやくちょっとやる気になって仲間入りの巻。まあ今後も揉めるかも知れないけどひとまずよかった。
ねこが学校に来るのはテンションが上がります。犬猫が登校とはヤバイ学校だぜ。
しかのこがしかせんべいを焼いてきて驚愕しました。

■シンカリオン チェンジ ザ ワールド 11話
姉が敵として登場して皆がボロボロの巻。
タイセイはメンタルボロボロで適正値も下がってビーナにまで当たるわ、リョータは「全部お前のせいだ」だわ、アカネは理詰めでタイセイを抉りまくるわで最悪ですな。
アカネは、元々嫌な奴として登場したけど、仲間になった後は頼もしい奴にもなってきたのだけど、やっぱり他人に厳しいと言うか他責思考が強すぎるなこいつ。仲間になった後も言動が無配慮な面はチラホラ出てたけど。
リョータも普段ならアカネの言動を嗜めそうなものだけど、いつもフォローしてくれるマイが怪我したことでタイセイに全責任を押し付けるマンになってるのがキツイですな。全部お前のせいだは無理筋だろうに。
「なぜ相談しなかった」と言うけど、タイセイも先生には相談してたんですけどねえ。大事な話をしようとするといつも邪魔が入るから仕方ない気もしますけど、まあタイセイの押しが弱すぎるのは実際問題か。
皆中学生で未熟なのは仕方ないけど、それぞれのダメなところが奇跡のコラボレーションで最悪の形で噛み合ってしまってお辛いですよ。
姉が敵なのは今後も長く引っ張るだろうけど、とりあえずチーム内の揉め事は次回で解決するといいですけどねえ。マイの怪我も軽ければいいですが…。

敵シンカリオンはブラック、ダークと来て今度はファントムですか。色々考えるなあ。結構グリーンの部分が多くて明るめな気もします。

■爆上戦隊ブンブンジャー 16話
ビッグバングランプリって宇宙空間でのレースかと思ってたけど、宇宙で道路をタイヤで走るんですかね?
宇宙でタイヤいるのかなあ…?、と思いつつ、タイヤが主題(?)な本作でタイヤが不要だったらビックリなので、きっと宇宙をタイヤで走るのでしょう。

新登場のブンバイオレットは「宇宙一の始末屋」らしいですが、カオスな方に転がしたい性分のようで、…始末って言ってるけどマッチポンプ野郎なのでは?(^^;
今回もハシリヤンに荷物(剣)を運んで自分で介入して争いを広げてと、かなりの放火魔感がありますよ。今後仲間になったとしても厄介そうな奴だなあ(^^;
そして、使っているアイテムはブンブンがかつてぶん投げたアイテムらしいですけども、つまりパクリ野郎なんでしょうか(^^; まあ、ツーカイザーもゴーカイジャーのパクリだったからいいか(いいのか?)
ところでブンバイオレットの相棒のビュンディーはブンブンのライバルだったようで、人間(?)関係の因縁的にはむしろバイオレット本人よりビュンディーが気になりますよ。

キャノンボーグさんがまだブンブンジャー側の前に顔を出していなかったことにちょっと驚きました。なるほど前回も背面からこっそり改造で介入しただけで姿は見せていなかったのか。
ブンブラックとキャノンボーグの間に仇的なフラグが立つかと思ったけどそんなことは無かったか。

ところで今回の剣の敵の人はガブリアス感が無くもなかった気がします。

ブンブンジャーの背中のタイヤは高所から落ちてもクッションになってくれて便利だなあ。

■響け!ユーフォニアム3 11話
みぞれ目線ヒデぇ(笑)

全国代表進出が決まったけど久美子の進路は9月でも決まらなかったり、麗奈とハグしたり、黒江さんにまた辞退宣言されたり、みぞれ先輩の音大のコンサートに行ったりの巻。

麗奈とはまだギクシャクしていましたが、麗奈がようやく謝ってくれて、大好きのハグで収まってよかったですよ。
それでいて、久美子が音大に行かないなら、音楽の繋がりが無くなれば自然に疎遠になっていくのが嫌だから、ここですっぱりおしまいにするとか。0か1かと言うかサムライと言うか。
…麗奈、めんどくさい女だよなあホント(^^; いや、そういうところ可愛いですけどね。ともあれ、ちゃんと抱き合えてよかったです。

一方黒江さんは、またまた辞退とか言ってきましたよ…;(何度目だ…)
本気で辞退するつもりなら久美子じゃなく先生に言えよと思っていましたが、奏がそのままズバリ言ってくれてスッキリしました。
当人に悪意は無いはずなのですが、あれを言われた方がどう思うかとか全然考えてないんですよね。実際アレは久美子を侮辱している。自分の都合でしか無いし。
まあ、黒江さんもかわいそうな立場だし、いい子ではあるはずなのだけど、舞台装置のサークルクラッシャーとして以外のいい面が描かれていないので好感は持てないままなのね…。
6末に出る短編集でフォローされそうではありますが。

久美子と姉のやり取りはホッコリしました。支えてくれていてありがたい。

9月になっても進路がまだ決まっていないのはヤバいですね。でもまあ今考えられないのも仕方ない。
久美子が音大に来るかどうかに対しての、みぞれ先輩の「想像出来ない」は、言葉通りに受け取っていいのかどうか、言葉が足りないよなあとは思いました。
とりあえず、エンドカードみたいに完全にアウトオブ眼中で興味が無いってわけでも無いと思うのですが。
このあたりが原作でどう書かれていたか忘れているのでまた読み返さねば。
コンサートでのなかよし川先輩コンビはホッコリしました。結構出番あるなあ。

毎年メンバーが変わる学生の楽団は確かに不思議な感じはしますね。吹奏楽に限らず大会のある部活ってそういうものなんでしょうけど。(自分は美術部で完全個人プレイだったのでそういうのは無かったですが)
先生の亡くなった奥さんの、石じゃなくて人を積んでいるという言葉はよかったです。

全12話と勘違いしていたけど、全13話であと2話あるのね。これまでカットされてきた演奏描写もラストではキッチリあると思うので期待です。

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (0)

2024年6月14日 (金)

今週のアニメ・サンデー等感想・月~金分(6/10~14分)

・鬼滅の刃 柱稽古編
前回までと打って変わっての高速展開で恋蛇風を突破して岩に到着。早っ!…と言うよりこれが本来のペースなんですけどね。
蛇風はすっ飛ばしたとは言え柱稽古編1話からアニオリ活躍シーンを増やしていたし、これはこれでバランスを取っているんでしょう。多分。
「あーん」してくれる甘露寺さんは蛇さんが見ていたら怖いと思いましたが、その後すぐに「とてつもなく炭治郎を嫌っている」伊黒さんが出てきてホッコリしました。てか、炭治郎は嫌われている理由に気付け(笑)
伊黒さんの地獄の太刀筋矯正は、実際有用な訓練ではあったと思いました。訓練を受けている炭治郎以外の、縛られてる隊士達には何の修行にもなってない気がしますけど!(度胸付けにはなるか?)
風の不死川兄は本当に狂犬ですな。あれでも弟を心配してはいるのだけど、まるで伝わっていない(^^;

・この素晴らしい世界に祝福を!3
ダクネス結婚…からの卒業の巻。
よいラストシーンでした。次回で決着するんですかね。
それにしてもバニル便利だなあ。

・ゆるキャン△SEASON3
イヌ子のゆるチャリの巻。
自転車で時速41.5キロはこわいな。
坊さんの戦いのビジュアルに笑います。歴史って結構血なまぐさかったりするよね。

・ポケットモンスター テラスタルデビュー
ドット「もう疲れちゃって 全然動けなくてェ…」(違)
珍しくフリードメインの話でしたが、…大丈夫? フリード犯人と間違われて指名手配されたりしない? 地下に行く時に後輩くんに一緒に付いてきてもらっておくべきでした。
アメジオは暫定ラスボスの孫なのね。前にテラパゴスがアメジオに反応していた感じだったのもその繋がりなのか?

■無職転生 21話
いきなり吸うなルディ(笑)
いきなり吐くなルディ(笑)
…まあ後者はトラウマを刺激されてしまったようなので仕方ないのか?

「神の気配」(ルディすげえ)で無事にロキシー師匠と再会したわけですが、ロキシーは1ヶ月もよく生き延びられたものですよ。食料はどうしたんですかね。魔物をダンジョンで飯にしたんですかね。

ギースの「ロキシーは早めに迷宮に入り直した方がいい」は、宇宙兄弟のヒビトのやつね。

ロキシーはちっちゃい子供から格好いい白馬の王子様(違)に育ったルーデウスをめっちゃ意識していますが、ルーデウスが結婚していることは早めに伝わった方がいいですねえ。
パウロが死亡フラグ…もとい言おうとしたのもそれだったんでしょうけども。
パウロは「強くなりました?」と言われてにやけるところがよかったですな。やっぱり凄く死亡フラグが高まってる感じはしますが。

ラストの隠し階段発見はルーデウスのお手柄でしたが、上の魔法陣を使ってたらえらいことになってたんですかね。

■終末トレインどこへいく? 11話
池袋到着! 葉香と再会! ゴーヤ糸電話! ゾンビ達と再会! 7Gボタンオフ!
と、展開が早いですな。凄く話が進みました。
まあ、7Gボタンを押したけど世界も葉香も元には戻らずに次回に続くですが、ボタンを押してもダメならどうすればいいんですかね。葉香を押すのか?
実際、後は7Gボタンと混ざってる葉香をどうにかするしか無いのでしょうけど、精神的に刺激して記憶を取り戻させるとかですかねえ。

電車が脱線して、これじゃもう戻れないんじゃと思ったらあっさり自力で戻るとは、簡単に直るものなのだろうか(^^;
ゴーヤでモールス信号が電話になったのは便利ですね。やっぱり話せる方が話が早いですよ。
善治郎さんは今日はもうボボボに戻ってしまったけど、マコト先生とはまだ通話出来る…んじゃないかと思うので、次回も相談出来るんじゃないかなあと、多分。
ゾンビ達の再登場は最終回前にキャラが集まってくる感がありました。黒木女王頼もしいわあ。
ポチさんVSポチの人が見たかったけど、「あなたとは戦えない」なら仕方ない。ポチの人、味方になってくれないですかねえ。

ところで、12話は6月24日まで延期だそうで。最初からギリギリっぽかったけど、やはりそうなったか…(^^; まあ1週延びるだけなら(ガルパン最終回延期を思えば)全然かわいいものか。
公式ポスト

■ダンジョン飯 24話
最終回。
センシの過去話をした上でライオスとファリンのバックボーンの話をして、仲間の絆を深まりを示し、
ファリンを助ける意思をあらためて固めた上で、ファリンを竜から解き放つ具体的な方法を定めて、
カブルー達はカナリア隊と共に迷宮を目指し初めてと、存外「話の区切り」にふさわしい話になっていました。
今回とかほぼ原作通りなのですが、つくづくよく出来た作品ですよ。

ファリンを助ける方法にしても、「生き物を自分のものにするために食べる」「今までずっとやってきたこと」「ただひたすらに食は生の特権であった」で、
最初からここまで、全く作品のテーマからブレないのが素晴らしいですね。
ダンジョン飯 ああ ダンジョン飯

ドラゴンに食われて失った血肉をドラゴンの血肉で補ったことで、ファリンは大量の竜の魂に飲み込まれてしまったわけですかね。
そこから竜の部分をできる限り食って削ぎ落とした上で蘇生すれば、ファリンを人に戻せる…という理屈は確かになるほどではあります。

大量の竜の肉を食べるための援軍として、オークや黄金城の住人達はともかく、ナマリやシュローへの「情に訴えればいける」や、「カブルーも魔物食に興味ありそう」は吹きます。
特に後者は大誤解なのが実にヒドい(笑) 都合のいいこと言ってますよねえ(^^;
ともあれ、ここでこれまで出会った人達がたくさん出てくる辺りも区切り感があってよかったです。

ラストで出たカナリア隊の面々のアップは、原作以上に凄く怖い感じで描かれていてインパクトがありました。敵みたいな描写でしたけど、悪い人とかではないんですよ。囚人部隊だけど!

ファリンを思って泣くマルシルを不器用に慰めようとするイヅツミもよかったですねえ。

前半のチェンジリング後編は、青髭チルチャックで始まるところが吹きます。いやー、元に戻ってよかった!
チルチャックの言う「このキノコは都合がよすぎる」と言うのは確かにそうですね。短命種が長命種の身体を当てれば大当たりですからねえ。
解決方法も「身体を洗い流せば戻る」で分かってみれば簡単でしたけど、…前回の話で出た身体が変わってしまった子供って果たして元に戻れたんですかねえ…(望み薄そう)

ガーゴイル戦はマルシルが振り回されまくりで笑いました。かわいそー。
ガーゴイルへの対抗策が「皆で輪を作ってくぐらせる」のが面白いですよ。そして、戦いの決着でもまたマルシルが振り回されてるのが笑います。飛んで頑張ったマルシル!
ここで皆で手を繋いで輪になる姿は、OPにも通じてるように思えていいですね。
しかし、真実の口に小便小僧ってこの世界でもあるのかよ(笑)
真実の口でダンプリングをチェンジリングするのに吹きます。

最初からここまで素晴らしいアニメ化でした。
原作が全97話のうち今回ラストが52話なので、残りも2クールは必要と思いますが、2期も制作決定と発表されてよかったですよ。時期はまだ分からないけど、待ち遠しいですねえ。

◆週刊少年サンデー 29号
・MAJOR2
としくん、ちゃんと色々考えていたのだなあ。
もうちょっと説明してやれよ、とは思うけど。

・龍と苺
道化師と書いてジョーカー。あらためて見ても未来の名前は凄いな。

・トニカワ
ゆっくりを上映したわけでは無いのか。
地球が重要では無かった…のに不死サーバを残しているのは何故なのやら。
ラストは宇宙人とバトル…なんてことにはならないのだろうなあ。

・タタリ
死んでから魅力的な描写が盛られていくなあセツナさん。(なんか乗っ取りで復活とかありそうだけど)

・時間割の外
一枚上手感なお嬢様いいやね。

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (2)

2024年6月10日 (月)

週刊少年ジャンプ28号感想

■ウィッチウォッチ
まさかあの前作主人公が登場するとは!
……厨二病的なやつじゃなくて本当にモイちゃんの親とも繋がりがあるようで、今後活躍したりするんですかね。
卒業からの新学期やら「残り火」やら微妙にヒロアカと繋がった感があるような気もしました。

■超巡!超条先輩
これがゲームセンター荒らしか…。
何も分からなくて話についていけないポンちゃんに笑いました。

■アンデッドアンラック
力押しな解決が素敵だ。

■キルアオ
サイコロステーキにならなくてよかった…。

■逃げ上手の若君
ヨダレをあれだけ集めるとは恐ろしい。

| | コメント (2)

«今週のアニメ・特撮等感想・土~日分(6/8~9分)