2019年4月22日 (月)

今週のアニメ感想・土~日分(4/20~21分)

旅行に行っていたのでちょっと短めかも知れず。

■ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 27話
ドッピオVSリゾット戦決着。
こういう主人公サイド以外のキャラ同士の対決はどう話が転ぶか予想がつかなくていいですよね。
いやまあ、ラスボスがボスなのは間違い無いのだからボス側が勝つのは規定事項なんですけど、割と最後までドッピオが(成長型主人公のように)頑張って成長して戦うのが面白いですよ。
でも、視聴者・読者的にはどちらかと言うと仲間の仇討ちの意思があるリゾットを応援したくなっちゃうんですけども(笑)

しかしまあ、正体が露見する可能性を恐れてか、ドッピオに戦いも痛い思いも押し付けてるボスの小物臭が強いなと。
ボス本人が戦っていたらもっと早く決着していたかな…とも思いますけど実際どうですかね。リゾットの能力はボスにしてみてもかなり初見殺しで恐ろしい能力だし、ボスだったとしてもやはり苦戦はしたでしょうか。
明確にボスが相手だったら、リゾットも更に慎重だっただろうし、殺意全開で戦っただろうしなあ。ドッピオ達にとってはエアロスミスがいてくれて本当に幸運だったのだなと。
ところでボスってこうしてみるとあまり無敵感は無い気がします。今回の戦いも下手したら死んでたしなあ。

ジョジョで何度こういうことを言ったやらと思いますけど、長い10秒でしたよ(笑)
10秒=数分レベルの長さですから、そりゃあ数秒でも時間を止めたり飛ばしたり出来る時間型ラスボススタンドは強いよなと。
とりあえず、ドッピオはボスと話してる間スキだらけなので、リゾットはとっとと倒せばいいのにとか思ってしまいます。リゾットとしてはドッピオはボスに繋がる手掛かりだし、初手から殺す選択は無かったんでしょうけど。

リゾットの能力はあらためてアニメで見てもホントに痛々しいですなあ。いきなり皮膚の下に刃物が出来るのも恐ろしいし血が黄色になるのも恐ろしい。
リゾットの…と言うか暗殺チームのアニオリ回想は短かったけどちょっとほっこりしました。

EDにメタリカが追加されましたが、あの小さいスタンドをどう表現するかと思ったら普通にでかく描かれていた(笑)

次回はいよいよ「今にも落ちてきそうな空の下で」ですか…、覚悟せねば。

■新幹線変形ロボ シンカリオン 66話
久々のアキタメイン回。…いやまあ1/2~1/3くらいフタバさん回だった気がしないでもないけど、ともあれ次回はツラヌキ回みたいだし、しばらくはまたレギュラーメイン回の持ち回りですかね。
まさか本作で「なんちゅうもんを食わせてくれたんや…」を見られるとは思わなかった…けど、今までもあれこれパロはやってるし意外ということは無いか(笑)
フタバさんの元(?)婚約者のパパさんは少々突っ走り過ぎで少々痛かったですが、とりあえずフタバさん引き抜きは無理じゃないですかね。

■鬼滅の刃 3話
修行編1話で終了。
早かった気がしたけど確認してみると原作でも修行は2話分だけでしたか。
2年の修行というのは長く感じるけど一般人が鬼と戦えるようになるにはそれくらい必要…と言うかそれでも足りないですよね。
ともあれ、鬼滅は割と月日をスイスイ飛ばすなあとあらためて思いました。原作でも大きの戦いの後は療養とかで結構飛ぶしなあ。

錆兎との修行は静かな結末が寂しさと美しさがあってなんとも印象深いなあと。

■仮面ライダージオウ 32話
アギト編後編。
ライダーとして、元記憶喪失者として、ソウゴ達にもツクヨミにも頼もしいいい先輩だったなあ、翔一さん。
ツクヨミに言った「きみの美味しそうな顔が見たくて料理を作ってくれる人がいるじゃない」な仲間は、ソウゴやゲイツではなく「=おじさん」だよなとは思いましたが。
翔一さんに料理を褒められて喜ぶおじさんにはほっこりしました。

ツクヨミの時を止める力はやはり「タイムジャッカーと同じ力」のようで、そもそもタイムジャッカーは何故そんな力を持っているのかと思ったら、「時間を操る能力を与えられたのはスウォルツだけ」と来ましたか。
という事は、オーラとウールの力もスウォルツから分け与えられたわけですかね。かと言って、オーラやウールの態度を見ていると、別にスウォルツがリーダーとか上司とかみたいな立場って感じもしないのですけど。まだまだ謎な人達ですよ。
ともあれ、力や記憶がどうあれ自分は自分というまっとうな結論になって良かったかと。ソウゴの将来の魔王化については外的要因で洗脳されて…みたいな展開になっちゃう可能性もありますけど。

大量のアナザーアギトは実にゾンビ物でした。ゾンビにされた一般人達を容赦なく攻撃するライダー達がちょっとヒドい絵面にも見えますけど、アナザー化した人を倒しても「アナザー化が解ければダメージも残らない」仕様で良かったですよ。

六位一体のトリニティ✕2はウォズがノリノリで楽しそうでほっこりしました。
そして、ジオウの設定ではなかなかな見られなかったけど、やっぱり新旧ライダーが協力してト戦うのはいいですね。

次回は遂に響鬼か…と思ったら、響鬼がまさかの桐矢京介と来ましたか。思わず「そっちかー」と呟いてしまいましたよ。トドロキさん登場がかき消されてしまったじゃないですか。
電王編で桜井侑斗として出る可能性も考えていたので、その意味でも「そっちかー」でした。
響鬼の後半と桐矢京介のキャラは今思い返してもちょっと複雑な気持ちになりますけど、ともあれどう描いてくれるかに注目かと。

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (0)

2019年4月19日 (金)

今週のアニメ感想・木~金分(4/18~19分)

週末は旅行なので土日感想は遅れます。

■からくりサーカス 26話
マサル&コロンビーヌ対Oとリーゼ対ドクトル・ラーオ戦の巻。

Oの末路は超自業自得過ぎて同情の余地は無いけど、なかなか物悲しい哀れさがありました。
ルシールは婆さんになっても格好良かったのに、何故にここまで差が付いてしまったのやら。

リーゼの戦いは、これまでリーゼの描写を全然してこなかったのが惜しいなと。
ドクトル・ラーオの負けっぷりは悪くなかったですけどね。O達に比べればまだ潔い最期でした。

■さらざんまい 2話
妹かと思ったら弟だったでござる。
そして、離れ離れで会えなくなったから自撮りでつながりを求めてる…とかかと思ったら普通に同じ家の同じ部屋で暮らしてたとは。
それで何故必死に繋がりを求めるのか、現時点ではよく分からないなあ。
ところで弟はあの女装写真でよく騙されるなあ。

「弟のために女装して自撮り」までなら人に迷惑もかけてないし別にいいけど、人の家の猫を盗んで地域猫にするとか完全にアウト過ぎて感情移入とか完全に無理ですな;
これからどうなるのやら、この主人公。

ところで今回も秘密が漏洩したのは主人公なのね。他の2人の漏洩は今後あるんでしょーか。薬物造ったりしてそうなピッキング野郎も秘密が漏れたらえらいことになりそうだけど。
そしてメガネはホモですか。本当にまともなのがいないよ…( ノД`)

希望の皿は、なぜ皿…と思ったらかっぱ寿司だからですか。
女装男もピッキング野郎も皿を欲しがってるけど、「カッパ巻き一年分」の叶い方を見るに、よほど慎重に願わないとおかしな叶い方になっちゃいそうな代物ですよ。さすがに猿の手ほど酷いことにはならないだろうけど。

警官2人組とは敵対するんですかねえ。

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (0)

2019年4月17日 (水)

今週のアニメ感想・月~水分(4/15~17分)

・鬼太郎
猫娘、意外と早い復活でした。小さくなってた時の事を明らかに覚えてるのがよい。
元号ネタはうまく絡めてきたなあと。

◆RIDER TIME 仮面ライダー龍騎
2・3話を見る。龍騎のTVシリーズ本編は未見だったので人間関係があまり分かってませんが、ベッドシーンはビックリでした。
本編最終回は時間が巻き戻って戦いは無かったことになって終わったという認識でしたが、平和を手に入れたはずなのに結局殺し合って死んでしまうのか…と悲しい気持ちになりましたが、
最後に城戸真司が「命をもらって」現実世界に出てきたあたり、もしかして「TVシリーズ最終回の後」の世界では無かったんですかね。
今回の真司がジオウ本編に出た真司と同じ存在なのかもよく分からないけど、ソウゴと面識があるやりとりだったし、一応同一人物なんでしょーか。
まあ、昨今のライダーなんて作品ごとに設定が重なったり違ったりするのであまり考えない方がいいかもですが。
ともあれ、脚本家が変わるとソウゴ達が出ていてもホントに作風が変わるなあと。
龍騎アーマーがディケイドアーマー版で済まされたのは残念でした。

■ピアノの森 23・24話
連続放送で最終回。
コンクール以後の辺りはかなり端折った感もありましたけど、カイと阿字野の連弾で締めるラストが素晴らしかったかと。

最初は捻くれた感じだった雨宮、パン・ウェイ、レフ達が最後は皆吹っ切れた表情になってるのがいいですね。
特に、いつのまにかカイに対するわだかまりもすっかり解けているパン・ウェイの変わりっぷりは印象が強かったです。
レフの姉も最後には回復していたようで良かったですねえ。

コンクールの審査はまたドロドロしそう…とか思ったら、最後はちゃんと公正な審査が行われて、メガネ審査員さんももう音楽に嘘は付かないとすっかり浄化されたようで本当に良かったかと。
気持ちのいい作品でした。

■どろろ 14話
鯖目の巻。確かに魚っぽい目をしている。…と思って原作をちょっと読み返してみたら原作でも「死んだ魚の目みたいだ」と言われてますね。
大変にどうでもいいのですが、サバと言われるとつい「ゴーバスターズ」と脳内で続けてしまって困ります。

鯖目やモスラ(違)の本格的な話は次回だろうとして、どろろ父の隠し財宝についての話が印象的でした。後半戦に入っていよいよどろろ自身を掘り下げてきた感じです。
「鬼神を倒しきった後」に百鬼丸やどろろがどうするのか、はぶっちゃけ原作でも描かれていませんが(倒しきってないから)、鬼神が12体設定なアニメでは「その後」が見られるのだろうかと期待です。

ところで、どろろ達に状況説明をしてくれる琵琶丸はありがたいですが、本人も(人や化物の炎は感じられても)どろろの背中の地図なんかは見えないと思うのですが、よく把握出来るものですよ。
とりあえず、お金は大事ですねえ。

赤ん坊妖怪に絡まれて助けを求めてるどろろをガン無視する百鬼丸がヒドいですな(笑)、まあ害が無いからってことだろうけど。
布団を引っ付けるどろろはかわいかったかと。

■キャロル&チューズデイ 1話
新番組。
予備知識無しで見ながら、近未来の火星だったり音楽だったりで何となくビバップ味を感じるとか思っていたら、総監督が渡辺信一郎さんじゃないですか。ビバップ味も何も本人ですよ。
全体的な話も見やすく、感情移入も出来て、随所の小ネタも楽しいと、とても満足感と期待が持てる1話でした。今後も素直に楽しみです。

主人公の凸凹コンビが未熟さも含めて微笑ましくて爽やかで不安定で、それでいてたくましくていいですね。素直に見守りたいところです。
ラストで寝ていたおっさんと組んでAIメインな音楽業界に切り込んでいくんですかね。

近未来チックな数々のアイテムがなかなか楽しかったです。自分で動いてくれるトランクは便利ですけど、それなら盗難防止とかGPS機能も付けておけよとは思ったり。GPSは切ってると言ってたけど。
つついて起こしてくれるペット兼目覚まし時計は欲しいような痛そうなような。
ところでこの未来でまだ「ぐぐった」とか「インスタ」とか健在なのね。

「GPSが切られてる」と話してたのは兄なんですかね。

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (2)

2019年4月15日 (月)

週刊少年ジャンプ20号感想

■約束のネバーランド
エマとレイはあっち側の世界に出立。これから何が起こるのか分からなさ過ぎて何とも言えないなあ。
レウウィス達の名前が出たのはちょっと懐かしかったです。

■鬼滅の刃
猗窩座の過去。元々は「守る」「助ける」ために力が欲しかったのにそこから堕ちちゃったのか。皮肉だなあ。
炭治郎に続いて義勇さんも失神寸前のようですが、この場を生き延びたとしてラスボス戦までに疲労回復出来るんですかね。これまでも大きい戦いの後はかなり長期間の療養が必要だったのに(^^;

■Dr.STONE
何故少しずつでも復活液を作らないのか?、はずっと疑問に思っていましたけど、「ちょっとずつしか助けられないので揉めるに決まっているから」ですか。なるほど納得。
そして事態を打開するお宝が“宝箱”ソユーズに眠っていて、村人の中に“宝島”から来た人間が混じっていたとは、実に綺麗に決まった流れでビックリですよ。
3巻の村人リストを見返してみると、確かに名前の無い人物・ソユーズさんがいましたね。その頃から決まってたんですねえ。
てか、運良くソユーズさんがパワーチームとして乗船していて本当に良かったなあと。

ルリからの百物語は、千空やゲンだけでなくもっと頭脳チーム全体で聞いても良かったんじゃ、とも思いました。

■ONE PIECE
えらくテンションが高い小紫がちょっと意外なキャラでした。20年ぶりの兄達の生存を知ってテンションが上がるのも当然だけど、案外こっちの性格の方が素なんですかね。
兄と一緒に時を超えなかったのは「血が途絶えないように」と言うのはまあ分かる話ですが、実際酷ですねえ。

そしてルフィも新技会得が近そうでいい感じかなと。

■アクタージュ
学校編終了、ですかね。いい感じの締めだったかと。停学3日くらいで済んだなら良かったんじゃないかなと、多分。
「フツーにがんばりたかっただけかも」と言うひなが報われたのが良かったですよ。そして「がんばれない奴」と自嘲する花井もちゃんとがんばってくれたという夜凪の言葉がなんだか救われます。
怒られシーンでは口バッテン(ミッフィー)になってる夜凪がかわいかったかと。

| | コメント (2)

2019年4月14日 (日)

今週のアニメ感想・日分(4/14分)

■鬼滅の刃 2話
炭治郎が鱗滝さんに認められるまでの巻。
この辺りはやや記憶が曖昧でしたが、まだ修行もしていないのに鬼相手に割と渡り合っていたり、匂いで罠を感知したりする炭治郎が凄いなと。まあ鱗滝さんにはダメ出しされていますけど。
ところであの山の罠、普通の人だったら死にますね(^^;
炭治郎に期待する義勇さんの手紙も感慨深いものがありますが、今にして思えば水柱を受け継ぐことを望んでたんですねえ。

展開自体はシリアスなんですけど、この辺り時点で炭治郎の言動に結構おかしみがあって楽しいですよ。穴の空いたかごの代金を無理やり払う辺りとかいい感じの堅物っぷりです。
予告がギャグで笑いました。

■仮面ライダージオウ 31話
アギト編開始。
前回も書いたけどアギトは未視聴で知識はちょっぴりです。ディケイドは見たけどあまり参考にはなるまい。

ジオウでのアナザーアギトがアギトでのアナザーアギトベース(歯とか文字とか違いあり)で、どういう扱いになるのやらと思っていましたが、
割と普通にジオウでのアナザーライダーとして登場…、かと思いきや、増殖したりG3を最優先で襲ったりと割と違っているようで。
最後に腹を光らせて格好良く登場したアギト主人公・翔一さんが次回で何を言うかに注目かなと。

アナザーアギトが増殖する様はまさにゾンビで恐ろしいですな。
たくさん湧いてるアナザーアギトゾンビ相手に、ソウゴがトリニティ合体を選んだのはちょっと逆じゃねとは思いました。あの場合3人のままで手数優先の方がいいんじゃなかろうかとか。
まあ、今はトリニティの登場補正が効いてる時期だからトリニティが正解なんでしょうけど!
トリニティになってのウォズのカマシスギ名乗りには吹きました。身体の主導権の奪い合いが外からだと1人芝居にしか見えなくて危ない人ですよ(笑)
今回はギャラリーも多かったし、周囲がポカーンとしている空気でおかしかったです。

アナザーアギトは「2019」誕生でアギトの歴史はこれまで消えていなかったようで、この世界は普通に警察にG3とかもいたことになってるんですね。…W(アクセル)とかドライブとかとの兼ね合いとかどういうことになるのやら(^^;
てか、アナザーアギトが誕生した後ならアギトもG3も歴史から消えそうなものなんですが、次回予告でも一緒にトリニティキックしてるし、はて?

今回はツクヨミの謎にも大きく踏み込んだ回でした。記憶喪失にして、時を止める力があるとか、むしろタイムジャッカー寄りなのか?という感じですが、そもそもタイムジャッカーが時を止めたりしてるのはどうやってやってるんですかね。
タイムジャッカーそれぞれの個人の能力なのか、なにかアイテムでも使ってるのか、そう言えばこれまで説明が無かったような。ふーむ。

ツクヨミとスウォルツの間にも因縁がありそうですが、とりあえずスウォルツさんは砂糖入れ過ぎが印象的でした。
あと、ジオウ補完計画を見てしまったので、スウォルツさんがお笑いキャラに見えて困ります。

「普通の高校生」の肩書が無くなったソウゴは冒頭トークでどういう扱いになるかと思ったら、今回は普通に「祝え卒業を」ですか(笑)
今後どうなっていくのか注目です。

◆RIDER TIME 仮面ライダーシノビ
ジオウのスピンオフ作品。全3話を一気見しました。
ジオウに登場したシノビはもうちょっと堅物そうに見えたけど、シノビ本編だと全編えらくアホでコミカルでシスコンで笑えました。さすが忍びなれどもパーリナイ。
敵役もアホだし、みんな私利私欲で動いてるのがヒドい(笑)
2号ライダーポジな仮面ライダーハッタリからして自分の恋心最優先で動いているのが憎めなくて笑えます。最初の行動理由が「社内恋愛禁止だから」て、なんだそれ(笑)
2話の覆面剥ぎデスマッチも笑いました。

国民みな忍者な世界観がなかなか凄いですね。
色々謎も残ってるしエンディングで未登場の忍者ライダーが出てるし、1年やれとまでは言わないけど、また続編やってくれないですかねえ。
クイズやキカイのスピンオフもやってみて欲しいところです。

◆シノビを見るために東映特撮ファンクラブに登録したので、今更ながらジオウ補完計画を見ましたが、ツッコミどころに自ら切り込んでいくスタイルが素敵でした。
16.5話で終わってしまっているのが残念ですよ。

◆RIDER TIME 仮面ライダー龍騎
こちらはYouTube公開版で1話のみ視聴。続きはまた後日に見るかなと。
ジオウのスピンオフ扱いだけど、バンバン人は死ぬし、かなり作風はハードですな。
龍騎は未見だったので正直キャラや人間関係が把握し切れていないのが残念です(^^;
ベントの音声が昨今の賑やかすぎるアイテム音声に慣れた後だと大分普通のテンションだなあと。…と言うか、昨今の音声が五月蝿すぎるんですけどね(^^;
ジオウ本編では出なかったアナザー龍騎はこっちで出してきたのね。

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (2)

«今週のアニメ感想・水~土分(4/10~13分)