« 男たちの大和 YAMATO(映画:佐藤純彌監督) | トップページ | 機動戦士ZガンダムIII 星の鼓動は愛(映画:富野由悠季監督) »

2006年3月 6日 (月)

週刊少年ジャンプ14号感想

■家庭教師ヒットマンREBORN!
「僕たちは…ファミリー!」と表紙で言われても、
マフィアのファミリーという事の意味を理解してるのは極寺くらいなんじゃなかろうか?;(極寺にしてもどーだろ)
まかり間違っても善意の集団では無いということは消化しておくべきだと思うんですけどねー。
ギャグ展開ならともかく、シリアス展開になってくると気になります。
(JOJO第5部なんかは、あえてギャングの世界に入る動機付けを描いてくれてたので素直に読めたのですが)

それは置いといて本編は修行編。
ディーノはちゃんと部下の人が近くにいるんですな。描いてくれて良かったです。
久々にハルが出ると和むなあ。

■BLEACH
セーラーメガネ(リサ)さん。エロ本なんかい!?
冗談で「エロ本」と言っただけかとも思いきや、確かに本の中身もエロ本ぽい。
何をジャマするなと言うのか?(笑)
ツンエロ委員長ですか?

すぐに人をハゲ呼ばわりするひよ里ですが、髪の毛ではなくツラですか。納得(出来るか(笑))

仮面の軍勢が「破面」や「崩玉」のことを知っていることを驚く一護。
って、何を今更(^^;;;
同じタイミングで出てきた「仮面の軍勢」と「破面」に何の関係も無いと本気で思っていたのか!?(^^;;;
一護にはさっさと修行を終えて、早く「詳しい話」を進めて欲しいところ。

■NARUTO-ナルト-
きっちり裏切ったサイと、それを読んでいたヤマト。
果たしてどちらが相手の上を行っているのか、月とニアの決着が楽しみです(違)
ところでサクラへの「君はホントは…」の後は何なのですか?、気になります。
誉め言葉に繋がりそうな流れっぽくはありますが〜。

■ONE PIECE
「2対2の雰囲気でほぼあいつ(ゾロ)に倒して貰おう」って、
確かにそういう展開を予想したけど自分で言われるとは(笑)
しかしカクの人獣型。かっこわるいと言うかきしょいと言うか面白いと言うか!!
あのゾロが戦いのなかで動揺するとは珍しいですな(笑)

キリンは「ウシウシの実」なんですね。
確かにキリンは「ウシ目キリン科」なんですけど、感覚的にはウシと言われてもやっぱりしっくり来ないですねえ(^^;
だもので「キリキリの実」とかになるかとも思ったんですけど。

そして戦いは意外な方向へ。手錠プレイでぐだぐだだー!(^^;;;
なんだか全然予想できない展開になっております(笑)
とりあえず、手錠をハメちゃった2人は能力者じゃなくて良かったかと。

サンジはやっぱり女の色香にやられている様子。だよなあサンジだし。カリファって色香攻撃得意そうだし。あーあ(苦笑)

■アイシールド21
いよいよ謎につつまれた阿含のポジションとプレイスタイル判明。
普通にレシーバーですか。投手ポジションかと思ったのでちょっと拍子抜け。
と思ったら、どうやら更に奥がある様子。
ドラゴンフライってのは検索すると投手を複数置くフォーメーションらしいので、阿含が投手もやるのでしょうね。
結局阿含の天才性というのは、走りもキャッチも投げも防御も一人でこなせてしまうあたりにあるのでしょうか?
正直今回だけを見ていると天才と言うより「単なる暴力野郎」にしか見えなかったりしましたし、チョップの破壊力も相手を骨折させる進ほどでは無さそうに思えましたが、真価はこれからなんでしょうね。

ヒル魔の「血」って、最初頭からダラダラ流れてるのかトーンが血なのかと思いましたが、よく見るとあれはただの影ですね(^^;
血は口から流してる方か。

■魔人探偵脳噛ネウロ
焼きラーメンって焼きそばとは違うのか?
と思って検索したら、ちゃんとあるんですねえ。知らなかった。
どら焼きを食べちゃうの■太くんの邪悪さに痺れました。
今回ヤコが“引っかかった”最期の自分像が未完成か否かという件。
以外に大事なことなんでしょうね。
これもヤコの真実を見抜く才能なのでしょうか。

■ツギハギ漂流作家
アレですね。サザエさんのオープニングで果物とかを割って出てきて踊るやつ。
ナマモノでやられるとエグイですが。
第1話以降、この漫画ってどこかしらエグイ描写が多いですのー。

■ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
トーマスの変態ぷりが炸裂。このエロ教師め。
ところでどうしても頭に「機関車」とつけて呼びたくなるので勘弁してください。
次回はエビスが愛の力(おぃ)で五嶺を戻すのか?

■DEATH NOTE
メロ、少年誌の壁に破れる!
これが青年誌なら毛布など無しで身体検査しただろうに、合掌。

…つーか、普通メロの状況なら高田の身体検査くらいするんじゃないですか?
少年誌云々は冗談としても、直接描写しなけりゃいーのだし。
高田がキラの代理をしていたりノートの一部を隠し持ってたりする可能性や、
自分の本名が2代目L(=月=キラ)から高田に流れてる可能性をメロが全く想定してないとは思い難いのですが、
それなのに堂々と高田に素顔を見せるわ、下着の検査もしないわ、目隠しも拘束もしないわ、
以前の粧裕誘拐時に細やかな段取りと非情さを見せたメロと同じ人物とは思えません。
今の状況で高田を誘拐したのも、深い考えがあったと言うよりニアへの対抗心に見えますし、
先週はかなり期待させてくれたのにこの体たらく。落ちたなあメロ…

第2部ラストは何のかんの言ってもニアとメロがLの後継者として(期せずしての形だとしても)協力して月を追い詰めてくれるのではないかと期待していたのですが、
単に状況を引っかき回しただけでメロ退場という形になってしまったようで、本気でがっかりです。
体よく(作品的に)人材整理されてしまったようにも思えて萎えるなあ。
次回以降に「メロの行動が何らかの意味があった」事が明らかになってくれたりすると嬉しいですが、可能性は薄いかなあ。

せっかく前回でワイミーズハウス出身と分かったマットも速攻死亡。哀れ。
(てーか考えが甘すぎると思いますが)
紅白で高田様にヤジを飛ばした人も殺られちゃったんですかねー。コワー

ところで、高田はノートはともかく携帯はどこに隠してたんでしょう?
どうやって火を起こしたかも不思議。外から施錠されたトラックからは出れなそうに思えますし(あの手の車の構造はあまり知りませんけど)。
バイクでどーにかして着火させたとか?
ラストから6ページ前でトラックの割れた窓の下に転がっているものは何でしょう? 銃なのか工具なのか?
何故窓が割れているかも不明。

高田が使っている携帯が以前にメロが使っていた携帯と同じ形ですので、
高田がメロを殺した後で窓を割って、「メロが隠し持っていた携帯」で、月に電話したということでしょうか?
セリフからは「高田が隠し持っていた」というように聞こえるけどセリフのミスということでしょうか。

月を車の後部座席で自由にさせてしまう相沢。あのなあ…;
メロといい相沢と言い、今回は株を落としすぎです。見張る決意をしたんじゃなかったのか?
せめてバックミラーくらい見ておいてください。有り得ない…;

高田もあっさり処分してしまった月。ニアとの対決に必要な手は既に打ってしまったという事なんでしょうね。
魅上への指示が出せなくなりますが、それももう月的には問題にならないのでしょう。
今回のことは月にはほとんどダメージが無かったのか、何らかの意味を持ってくるのか、
予想を超える展開を期待したいのだけど、正直今回の展開を見てしまうと心配になってきました。うーん

■テニスの王子様
いきなり落ちる照明(電気のブレーカーが、とかじゃなくて物理的に)
有り得ねーーー。今まででも十分有り得ない展開をしてましたけど(^^;
普通なら試合中断だと思うんですけど続行なんですか?
今のこの漫画なら、いきなり異世界に飛ばされて馬人間に襲われても驚きません。

■べしゃり暮らし
何を言うのかと注目していた圭右のセリフ。
甘くて青いセリフかも知れませんが、シンプルに真理をついたいいセリフでした。
こう真っ直ぐに言われると流石に揺さぶられてしまうでしょうね。
まあ、その後「前セツ」がどうのと言ってる圭右の相変わらずの空気の読めなさは、ご愛敬という気分にもなってきました。

■太臓もて王サーガ
杉音卒業ですか。次から玲夜の扱いがどうなるのか期待です。
連載開始当初から某100%を意識(つーかネタに)してきたこの漫画ですが、
モロにキャラを出してくるとは意表を突かれました。

■みえるひと
合体技炸裂。
単なる高エネルギー球かと思いきや気円斬とは、ナッパもびっくりです。
素直にバトルが見応えがありました。

■タカヤ−夜明けの炎刃王−
有り得ねーーーー。と、先週は思ったけど、
一週間過ぎるとインパクトも去って普通〜に馴染んでしまった気も。
次はタカヤが魔法だか念能力だかを修行し始めるんでしょうねえ。
「有無」さんこのパロがあまりに的確で超素敵でした(笑)

■ピューと吹く!ジャガー
今回のピヨ彦の表情にことごとく同調(^^;

|

« 男たちの大和 YAMATO(映画:佐藤純彌監督) | トップページ | 機動戦士ZガンダムIII 星の鼓動は愛(映画:富野由悠季監督) »

コメント

ブリーチで「同じタイミング」って書いてましたが、
全然同じタイミングじゃないっすよ。
グランドフィッシャーの相手したのは親父だし。
平子が出てきたころはアランカルのアの字も
一護は知らなかったです。
もうちょっと読んでから発言しましょうよ。

投稿: qq | 2006年3月 6日 (月) 10時52分

人間界に戻って以後に似たような時期に出てきたという意味で書きましたので、「全く同時に一護の前に登場した」という意図ではありませんでしたが、言葉は足りなかったかも知れません。
申し訳ありません。
(一護が「破面」と「仮面の軍勢」とを知るのに何日間開いていたかは申し訳ないですが覚えていません)
(平子が最初に登場したのは1話の表紙だと言われてしまうと困りますが(^^;)

投稿: でんでん | 2006年3月 6日 (月) 13時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/932277

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ14号感想:

« 男たちの大和 YAMATO(映画:佐藤純彌監督) | トップページ | 機動戦士ZガンダムIII 星の鼓動は愛(映画:富野由悠季監督) »