« クラッシュ(映画:ポール・ハギス監督) | トップページ | ドラえもん のび太の恐竜2006(映画・渡辺歩監督) »

2006年3月13日 (月)

週刊少年ジャンプ15号感想

■BLEACH
丸くてでかいおっさんの「エ〜〜〜」はそれなりに可愛い気もします。
一護が「内なる世界」で白一護と対決している間も、身体は勝手に虚化して暴走する様子。
仮面の軍勢の皆さんはそれを抑えないといけない訳ですね。大変だ。
ツンエロ委員長リサさんの活躍は嬉しいですが、一人で仮面一護を相手にしなくても戦える面子みんなでかかればと思うのですが、何か理由があるんでしょうか。

■アイシールド21
QB2人で変幻自在の攻撃を見せる神龍寺。
圧倒的強者としての描写が確かに凄いです、これは。
雪光がどう反撃のきっかけになるのかは、本当に読めないなあ(^^;
ところで、既にあちこちで言われてますが、「ドラゴンフライ」は本来トンボの意味なんですね。
まあ、阿含のバックにトンボを描かれるより竜の方が格好いいか(笑)

ところで、(いつものパターンだから今更だけど)ドラゴンフライの事を分かってるなら皆に説明しとこうよヒル魔(^^;
知っていれば皆が「罠」にはまる確率も減るだろうに。
ヒル魔がいなくなる来年以降がとても心配です>泥門

■ONE PIECE
毎週状況が変わり続ける戦闘描写が目が離せなくて面白いですが、
1週読み逃したら訳分からないでしょうね、コレ(笑)

やはりサンジには女は傷つけられないかー、まあしかし、バカも極めれば確かに格好いいです。サンジが嫌々女を殴る展開にはならなくて良かったかも。
カリファの能力、サンジをガラス人形っぽく変えてしまうとは、どういう能力なのやら。
どうも動物系では無さそうですね。CP9動物園計画は挫折ですか、残念(笑)
他者に影響を与えると言う意味では「ドルドル」や「ノロノロ」に近いと言えるのか?

クマドリに勝てはしなくても、しっかり鍵を奪ってるナミはさすが。

溺れかけてるルフィは、案外この地に乗り込んでから一番のピンチだったかも知れません(^^;
しかし「縮む」ギア3って、一体何が起きているのやら(^^;

■NARUTO-ナルト-
>ダンゾウは今の木の葉を潰す気かも知れない。
と、(まだタイミング的に早そうな)この時点で言われてしまうと、かえって違う事情があるのではと思えてきたりします。
漫画を文法で読んでしまっている自分がちょっと嫌(^^;

■テニスの王子様
さすがに照明は撤去しましたか。
そのままで続けることもこの漫画なら有るかもと思いましたが(^^;
それにしてもダブルノックダウンとは、
これはボクシング漫画だったのですか?
リンかけ最終回ですか?(笑)

■魔人探偵脳噛ネウロ
“戦いとなればお呼びでない”弥子。確かに彼女の本分はそこにはないでしょうね。
そして弥子の目は確かに、既に事件の重要な鍵を見抜いている様子。
それがどういう事なのかはまだ分からないですが(^^;

「肉親が死ぬって事がどれだけショックかわかんねーだろうな」と言われた弥子。
実は父を殺された弥子はすごくソレが分かる立場なんですけどね。
そういった意味での「不満気な顔」なのかと一瞬思いましたが、実際は「家族」達の反応を冷静に観察していたようで、名実共にただのお飾りではない「探偵」としての成長を感じます。

「最期の自分像」が家族達の誰かへのメッセージでは、とのことですが、誰なんでしょう。
今生き残っている4人の内だと、死んだ奥さんの兄弟達…よりは「娘」の方が死んだ芸術家がメッセージを送る相手候補として可能性が高そうな気もしますけど。この漫画は何が出て来るやら読めないから、何とも言えないなあ。

挙動が怪しい笹塚。まさかXが化けているのか?と思わせますが、こうあからさまだとミスリードな気もします。うーーむ。
少なくとも「前号のカボチャ」=笹塚では無いでしょうけど。(カボチャは前回の台詞からすると家族4人の内の誰かだろうしなあ)
単に笹塚さんの、Xへの恨みから来る不審な行動という可能性もあるか?

■銀魂
三歩歩く間もなく忘れる桂のトリ頭っぷりが凄すぎる(笑)

■家庭教師ヒットマンREBORN!
シャマルと極寺って昔からの知り合いだったのですか!?
(以前説明があったのかも知れませんが覚えていません。すみません)
髪型も実はお揃いだったとは。
ところで「唯一の中距離支援」って、マフィアだと銃を持った敵とかも普通にいそうなんですけど大丈夫なのやら(^^;

ネット上では、明らかになっていない仲間2人のうち1人は大人ランボではという説も見かけますがどーなんでしょう。夜に寝てる親父を見てるランボにはそんな片鱗は感じないのだけど、うーむ。

バジルも、自分の特訓をせずにツナのスパーリング相手をやってるってことは、仲間候補では無いのか?、うーむ。

バジルは死ぬ気弾で撃たれなくても“死ぬ気”になれるんですね。薬か?

■メゾン・ド・ペンギン
とりあえず、自分の携帯では読めなかったです>バーコード

■ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
え、エビスーーーーーーーー!!!
次号を見ないと多くは語りにくいですが、このまま死んでしまうのでしょうか。
結構好きなキャラなのだけど、ううう。
五嶺との邂逅は泣かせます。

■太臓もて王サーガ
オルテガが一番女の子の名前っぽくし難いと思いますが、上手いなあ。
イスを踏み台にするのはいいけど、靴のままで上がるなとは思います(笑)
ところで、女に夢中になる悠ってのが想像出来ません。

■DEATH NOTE
メロの件はニアに特に動揺を与えていない様子?
メロ哀れ。
「問題は解決しました」ってのはどういう意味なのか。メロの行動も月を追い詰める何らかの功績になったというのではれば、少しは救われるかも知れませんが、どーなんでしょう。

己の策にそれぞれ確信を強める月とニアですが、2人が何を考えているかはさっぱり分かりません。
驚くような展開を(出来れば分かり易く)見せて欲しいところ。

高田の死は、魅上に「神(月)への不信感」を芽生えさせても不思議はない気もするのですが、果たして魅上はどう動くのか。

そしていよいよ対決。
ここで「Lの面」を出してくるとは、にくい演出ではあります。
ところでニアは面を被りっぱなしのつもりなのか?
えーと、対面の条件に「顔を隠さない」ってのは無かったんでしたっけ?
古いジャンプを捨ててしまって確認しきれないですよ;

■蟲人間INSECTOR
読み切り。
絵は嫌いじゃないけど、話は予想通りの定型型の域は出ていないかと。
まだまだ荒削りのようなので今後に期待したいですが。
ところで「友達第一号」は回想シーンのショートの女の子じゃないのか?、と言うと、ラストシーンが台無しでしょうか;

クラスの連中、転校生が「不良」でなければ「パシリ」なんですか?
上か下かのニ択しか無いんかい。
(まあ「パシリでも何でもやる」と言っちゃう主人公も悪いんだけど)

■ツギハギ漂流作家
えーと、「かみさんの眠りを妨げない」ために20人の作家を殺してきたってことでいーんでしょうか?
(ところで先々週では遺体「20体」と言ってたけど今回のドクロマークは23ある不思議(苦笑))
じーさんが「今後は作家を殺さない」と約束したわけでもないのだから、後から来る人の安全の為には、主人公は事実を公表するべきなんじゃないですか?
いい話っぽくまとめられてもなー。

森の中で煙草をポイ捨てすんじゃねーとか、他にもツッコミ所が多すぎてどーしたものやら。

■みえるひと
象さんまっぷたつ。
これで「マンモーの肉」が取れますか?(おぃ)
しかし、倒されてただ消えていくアニマ達の姿は哀れではあります。

そろそろ姫乃の秘密が分かるのか?

■タカヤ−夜明けの炎刃王−
衝撃の展開も、明けてしまえばすっかり「ごく平凡なファンタジー漫画」になってしまったなあ。
そろそろ終わりも近そうか?

■ピューと吹く!ジャガー
今年は親父を経由せずにサヤカちゃんからもらえたんでしょーか?
どっちみち、この漫画では描写を描かれない方が普通に幸せに過ごせますよね(笑)

|

« クラッシュ(映画:ポール・ハギス監督) | トップページ | ドラえもん のび太の恐竜2006(映画・渡辺歩監督) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/1017109

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ15号感想:

« クラッシュ(映画:ポール・ハギス監督) | トップページ | ドラえもん のび太の恐竜2006(映画・渡辺歩監督) »