« 天王寺動物園 | トップページ | 週刊少年ジャンプ23号感想 »

2006年5月 7日 (日)

ゆずてんとサンシャイン水族館

4〜6日にかけて東京に行ってました。
東京行きの主な目的は以下の3つ。
1. 須藤真澄さんの個展「ゆずてん」に行く。
2. サンシャイン水族館でミナミコアリクイの赤ちゃんを見る。
3. コミティアに行く。(一般)

とりあえず、1と2について書きます。

■1.『ゆずてん』のこと
4日に妻と行きました。
漫画家の須藤真澄さん(おさんぽ王国)の「ゆず」関連のイラストや漫画原画を展示した個展で、GWの5月3日から本日7日まで、東京の浅草橋で開かれました。
須藤先生の愛猫「ゆず」※が亡くなって、それを『悼んでくださった方に、心からの感謝を込めて、ちっとばかし楽しいことをやることにしました』との主旨です。
(※コミックスの「天国島より(河出書房新社)」「ゆず(秋田書店)」「ゆずとまま(竹書房)」「長い長いさんぽ(enterbrain)」等々参照、超お勧め。猫好きな方は必読)

当日12時半頃、浅草橋駅に到着
…したところで、「地図」をプリントアウトしてくるのを忘れていたことに気付く。おいおいおい^^;;;(会場名はメモしていましたが)
しかしそこで、携帯で「ゆずてん」の案内ページをアクセスすればいいことに気付いて解決。
いやー、昨年末に携帯を新型に変更しておいて本当に良かった(^^;
ビバ文明開化!(遅い)

そうして無事に開場の1時より前に到着しましたら、会場のビルの外に長い行列が。行列は街区の角を折れて真っ直ぐ続き、更に次の角を折れて続いておりました。
しかし「混んでいるらしい」との情報は得ていたのでこの程度は想定済みです。
何しろゴールデンウィークですし、混んでいるのはファンが多い印と思えば嬉しい気分にもなります。いやホント。
1時20分頃、会場内に入れました。


玄関ゆず


入口ゆず

さて、会場内ですが、正直狭い会場で、そこに凄い人数のファンが詰めかけている為、なかなか恐ろしい事態になっておりました。
先生もスタッフの方々も、これほど人が来るとは思われなかったんでしょうねえ(^^;

会場内の写真撮影やサイトでのレポートなどはOKとのことですので、以下に幾つか写真など。


ゆず弁当(立体)


ゆずプラモ(組みたいなあ)

展示のイラストは(当たり前ながら)ゆず関連の物が多く、涙腺がどうしてもゆるくなりました。
そしてやはりプロの原稿は美しく感動でした。「線」が違うのですねえ。
単行本用に「反転」の指示の書込があったりと興味深い所もあったりして、本誌とは閉じの向きが違ってたんでしょうか。
なお、「原稿」の写真はピンぼけてしまっていたので載せられません(笑)

並ぶ際に「サインを貰いたい人の列」と「グッズを買いたい人の列」に分けられまして、
自分はダメ元でもいいかと思ってサイン側に並びましたが、どうも手違いがあったようでサインの整理券をもらい損ねてしまいました。
グッズ購入もすぐに売り切れてしまって間に合いませんでしたが、まあ、その辺は最初からダメ元と思っていましたので当日の会場を楽しめれば良いかと。
と言いつつ、サインは無理でもせめてと思って、持っていっていた「天国島より」にゆずてんの記念スタンプをベタベタ押して帰ってきました。満足〜
先生は遠目で拝見致しましたが、自画像を見ていると確かに御本人とよく分かりました。あんなシンプルな自画像なのに。

須藤先生&スタッフの皆様は御苦労様でした〜〜!!

■2.サンシャイン水族館のこと
で、ゆずてんを見た後は「サンシャイン水族館」です。ビルのてっぺんにあるナイスな水族館です。
今までにも何度か来たことがありますが、今回のお目当ては先にも書きましたが「ミナミコアリクイ」の赤ちゃんです。
入口からすぐのところにいましたが、最初に行ったときは睡眠中で、写真のような謎の丸い物体でした。なんだか分かりません(笑)


アリクイだんご

そんなわけで先に中に。

イワシです。
何故に水族館でイワシを見ると「うまそう」との感想が出ますか?(笑)
以前マグロの回遊を他の水族館で見たときよりも、イワシのほうがダイレクトに「うまそう」の感想が出るのですね。
やっぱりマグロは姿焼きで食卓に上がりませんからねえ(笑)

他にも、「泳ぐカニコロッケ」バイカルアザラシやラッコや、「しぎゃー」クリオネなどなどを楽しみましたが、早い奴らや小さい奴らはうちのカメラでは上手く写らないのです。

で、スタート地点のアリクイの所に戻るも、まだダンゴ中。
仕方ないので屋外施設を見学。
ペンギンやマンボウ(斜めになって元気が無さそうで心配)の他は、
もっぱら馬とか豚とかアルマジロとかキツネ(?)とかが目立つんですが、
アリクイといい、本当にここは「水族館」ですか?(笑)

で、その後にアリクイのところに戻ると、ようやくダンゴがほぐれてました。
うむうむ。


あにあに野菜を食う姿が可愛いよアリクイ。
(アリばっかり食うわけじゃないんですねえ)

で、このアリクイ、水族館にいる為なのか、見事に体毛がスク水模様です。
いやーセクシー(笑)
満足しました。

ところで、自分たちが山手線で池袋に付いた後で事故で山手線が止まったようで、運が良かったと言うべきか。

今年のGWは幸い(最終日の今日以外は)雨にも降られず、旅(と言うほどの物でもないけど)を満喫することが出来ました。
あー、明日からは仕事だ。頑張らねば。

|

« 天王寺動物園 | トップページ | 週刊少年ジャンプ23号感想 »

コメント

「ゆずてん」暗い室内だったのに写真キレイに撮れてますねー。
サンシャインは最近小動物館みたいなのが出来たんですよね?行ってみたいなぁ。

投稿: 猫屋 | 2006年5月 8日 (月) 22時28分

写真は後からコントラストは補正しましたが思ったより綺麗に撮れて良かったです。
ピンボケになってしまったものも多いんですけどね(^^;
サンシャインは屋外に小動物の小屋が出来ていまして、写真にあるアルマジロはそこにいたものです。
時間のタイミングが悪くて中には入れなかったのですが、外からでもきっちり中が見通せますので助かりました。

投稿: でんでん | 2006年5月 8日 (月) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/1707833

この記事へのトラックバック一覧です: ゆずてんとサンシャイン水族館:

» ゆず [独り言]
”でんでん”さんのブログで紹介されていた「ゆずてん」の記事に触発され、2冊本を購 [続きを読む]

受信: 2006年5月10日 (水) 22時37分

» サンシャイン国際水族館の魚の値段 【水族館情報局】 [水族館情報局@東京都&神奈川周辺]
サンシャイン国際水族館の魚の値段トリビアの泉を見ていたら、サンシャイン水族館にいる全ての魚に値段をつけるといくらになるか?という企画をやっていました。築地の魚屋さん5人で決めたサンシャイン水族館の魚の値段がこれです。イワシ 250円 x 895ヨスジエフダイ 650円 x 115ホシエイ 10000円 x 5イヌザメ 1万200円バイカルアザラシ (食べられないということで) 0円などなど。サンシャイン水族館の魚の総�... [続きを読む]

受信: 2006年8月24日 (木) 07時12分

« 天王寺動物園 | トップページ | 週刊少年ジャンプ23号感想 »