« グッドナイト&グッドラック(映画) | トップページ | かもめ食堂(映画) »

2006年6月 5日 (月)

週刊少年ジャンプ27号感想

■家庭教師ヒットマンREBORN!
ルールに反してもピンチの仲間を見捨てなかったツナに、それを認めるリボーン。
少年漫画の基本ですが、やはりこういう展開はいいですね。
ツナも最初の頃は本当にダメダメなだけの軟弱者だったけど成長したのだなあ。

で、ツナも失格になってしまいましたが、リボーンもツナの特訓は続けるのですね。
ルール的に試合をどうするかは分からないけど、まあツナとXANXUSが戦わないままで終わるわけもないですし。

9代目がXANXUSを後継者と発表したのにはやはり裏があるようです。XANXUS自身が9代目をどーにかした様子。試合を取り仕切ってる女達も完全にXANXUSの手下のようですし。

「相変わらずだな沢田綱吉」と言ってるシルエットの人は霧のリングの人でしょうか?
ランチアあたりかと思うけどどーなんだろ。

■NARUTO-ナルト-
サスケはいずれ大蛇丸に身体を乗っ取られることをどう思ってるのかと思ってましたが、自分が消えても復讐だけ出来ればいいという事でしたか。納得しました。
しかし、「ナルトが子供」だと言うのはそのとーりですが、そんなサスケの考え方が大人だとは思わないですけどね。

で、サスケが元の仲間に戻ってくるとはもう到底思えません。
ナルトもそろそろ覚悟を決めるべきとも思いますが、この漫画的には簡単に諦める展開は無いかなあ。
こんな「ナルトとサスケのつながりの実状」を見たサイがどう判断するかが興味深かったりします。

■ONE OIECE
表紙連載、こんなところで最終回ですか。まあ「ミスG・Wの話」としてはもう完結でもいいでしょうけど、「0、1、2、3」の四人が今後どうなるかは気になるので別シリーズでも続けて欲しいです。

で、本編はバクくんならぬゾウくんをパートナーにしたスパンダムの「開け、夢の扉!」からスタート。
こんなに歪みきったクロミ様はいやです。(クロミ様も歪んでるって)
ロビンも能力を封じられていなければスパンダムなんか問題にもならないでしょうに(ノД`)

ナミは状況を読んで今後の行動指針を考えていた様子。麦わら一味の頭脳をナミとロビンだけで受け持っていただけあって頼りになります。(フランキーが今後仲間入りしたら、案外フランキーも頭脳面で頼りになりそうですが)
しかし、もう来た道には戻らずに前に行くのみということは、縛られてるガレーラやフランキー一味の連中が心配ではありますが大丈夫やら(^^;

で、ゾロ達はキリン&オオカミと戦闘開始。
キリンの能力を生かしたカクの戦い方がなかなかすご…、いや、
キリン普通鼻で戦わないって(笑)、
「能力をものにしてるな」って、キリンの能力関係ないって(笑)

そげキングの方は大ピンチですが、ここで復活したサンジ登場ですか。
このままサンジと狼でナンバー3対決になっちゃうんでしょうか。
サンジがやっと活躍してくれるのはいいですが、そげキングにもいいところを見せて欲しかったけどなあ。

■アイシールド21
モン太の作戦なんてやっぱりあんなもんかー!(笑)
間違っちゃいないようですが(^^;
次回はいよいよモン太VS一休の大詰めでしょうか。どんな展開を見せてくれるか楽しみです。

雪さんの活躍はやはり嬉しいですね。瀧、雪光、モン太の特徴の差の説明は分かり易かったです。

■BLEACH
腕を切られた破面の人、もしかしてホッチキスで治療してたんですか?(笑)
グリムジョーは十刃からクビになっちゃったんですかね。カワイソー

仮面の軍勢の人達はなんというか本当にアットホームですね。「ホームドラマ」ってやつを見せてもらってる気分です(笑)
どうどうとエロを隠そうともしないツンエロ委員長が素敵です。

崩玉の覚醒予定の12月ってのはやっぱり早まるようで。

■銀魂
前回便所で玉砕した2人に比べてなんて大人な2人。大人って汚い(文字通り)
竹林で猿のように三次元的に動き回るじーさまはやはり強敵の様子。つーか実にヨーダです。

で、ネット上のあちこちで予想されてましたが、九兵衛はほんとに女だったらしいです。
正直あまりに皆が「女だ女だ」と言ってるので、かえって違うのではないかと思ってましたよ(^^;

■メゾン・ド・ペンギン
また読者頼み企画ですか。大丈夫かいな。

■エム×ゼロ
シチュエーションエロ漫画だなあ(笑)

登場した新キャラは、最初一瞬「努力型不幸キャラ」かと思いましたが、どうやら素でゲスで嫌な奴の様子。ちっ
せいぜい痛い目を見ていただきたい。

ヒロインが既に陥落してますな。早

■こちら葛飾区亀有公園前派出所
東京に行ったときに前を歩いたことくらいしか無いですが、交通博物館って無くなってたんですか。(しかも去年)
一度行っておけば良かったなあ。

■To LOVEる−とらぶる−
タンコブは出来るわ犬には噛まれるわのザスティン様の活躍が楽しみになってきました。
テニスの人はやっぱり宇宙人か。

■D.Gray-man
連載再開。休載の理由は明かされてなかった気がしましたが(たしか)、首を痛めていたんでしょうか。落ち着いたなら良いのですが。

リナリー達一行はようやく日本に着くようですが、
船のみなさんはどうやら完全に全滅だった様子。…これは、キツイなあ…

ミランダのイノセンスの能力を解くことでエクソシスト達が受けたダメージも戻ったようですが、
ラビやブックマンのじーさまは生きてるようですね。
じーさまは死にそうなダメージだった気もしましたがよく無事で(^^;

■ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
いやー、ストーカーって本当に怖いですねえ。
ロージーに近づく今井さんへの牽制といい、実に恐ろしい。
しかしロージーも「ペン」くらい身につけておけよ。ポケットにでも入れておけば誰にも怪しまれもしないだろうに。

■謎の村雨くん
あら、青葉さんに正体バレはしてないんですか?
ちょっとがっくし(まだ次回がどうなるか分かりませんが)

村雨には監視役がいたのですね。それで親父にも外での行動がバレてた訳か。
で、(もしかしたら仲間キャラになるのかと思った)壬生さんはあっさり監視役の人に記憶を奪われた様子。
って、こいつも記憶を奪う手段は「殴るだけ」なのかー!?
殴るだけで特定の記憶を削除出来るって、どんな特別な殴り方なんですか(^^;
もう、そういう特殊能力だと思うしかないのか(笑)

■魔人探偵脳噛ネウロ
ネウロにいじられる吾代さんが可愛いですね(笑)
前回のヒキから始まった放火魔編は、あっさり一話で犯人特定。早っ!
3人のうち(?)誰が犯人かは予想するのも無駄なので止めときますが、
この話が教授に繋がったりするのでしょうか?
どう繋がるやらさっぱり検討がつきませんが、期待。

笛吹さんに会いに行くという「例の彼」、こっちも全然誰か予想が出来ません。むーん

■太臓もて王サーガ
悠に「バニーちゃんって呼ばないと宏海は動かん」と言われてあっさりそう呼ぶあいす。
分かって言ってるとしか思えません(笑)
ラフ画はこちらもがっかりでした。

■みえるひと
澪さんの結界で2日ほど時間が出来て様子。電話なりで助っ人を呼ぶってのは出来ないんでしょうか?

学校にいけないひめのんが哀れです(笑)

■ピューと吹く!ジャガー
(工場に)着くまでに気づけよピヨ彦(^^;

|

« グッドナイト&グッドラック(映画) | トップページ | かもめ食堂(映画) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/2078773

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ27号感想:

« グッドナイト&グッドラック(映画) | トップページ | かもめ食堂(映画) »