« ジャケット(映画) | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード(映画) »

2006年6月12日 (月)

週刊少年ジャンプ28号感想

■NARUTO-ナルト-
サスケ奪還(失敗)篇終了。
サイ主観として今回だけを取り出せば綺麗に収まったように見えますが、
エピソード中でのサイの扱いが中途半端で、サイで話を締めくくるのが適切なのかちょっと迷ってしまう。
最後の2ページは構図に凝る岸本氏らしく決まっていたと思いますが。

■BLEACH
ルキアと織姫はソウルソサエティに行ってるのですか。
みんな学校休みまくってるのね。留年は確定ですな(笑)
「生きる時間は違っても友達ってのはいいものさ」の下りはちょっとホロリ。
時間に裂かれることが前提のシチュエーションは無条件に弱いです。
しかし「今月のセイ霊廷通信(字が出ない)」に「通販目録」って、なんかヤケに楽しうだなソウルソサエティ。

で、十刃が襲ってきましたが、パワーアップ一護の当て馬キャラになるか、ライバルキャラになるかの分かれ目が見所のグリムジョーさんが楽しみです。

■ONE OIECE
パウリーは縛られたフリをしていたのですか。
名もない雑魚キャラに捕まるほど弱かったのかと涙していましたが、見直しました。ごめん。

で、鼻キング、もといそげップ、もとい鼻ップ、もといウソップは、戦闘での見せ場は完全に無いまま終わってしまいそうですが、
まだウソップにはロビンを助けるための大きな役割がありそう。
いったい何をやらかしてくれるのかは全然予想出来ませんが、とにかく期待です。

■銀魂
九兵衛真性レズ告白! ガール・ミーツ・ガール!
てっきり家の事情だなんだと複雑な事情があるのかと思ってましたが(いや、家の事情も確かにあるんだけど)、
ここまでストレートに「女だけど好きだから結婚したい」だとは思わなかったです。ちょっと斬新でした。

■家庭教師ヒットマンREBORN!
ツナ母はマフィアのことも何もしらないのね。
万一ツナが京子ちゃんと結婚したら、同じように相手に秘密にし続ける状況になっちゃうんですかね。(ハルだったらマフィアのこともバレてるけど)

■アイシールド21
たっぷり1話をかけてモン太VS一休のキャッチ対決。
文字通りボールの奪い合いで迫力でした。

ところで実況の「先にボールに触れたのは 〜 細川一休ム!!」て、
よくそこまで見えてるなあ(^^;

■To LOVEる−とらぶる−
本格的にエロ漫画になってきましたな。

■ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
操作系能力者恐るべし。
ロージーに今井さんにムヒョまでが操られて本気でピンチです。(これでムヒョが「操られてる芝居」とかだったら凄いけど)
こういう場合は一見役立たずの意外なキャラが活躍したりするものですが、梅吉が活躍 …するのかなあ?

■謎の村雨くん
つまらないわけではないけど、正直展開を引っ張りすぎかと。
まあ、今回の話は実際には数秒間しかたってないのかも知れないですが。

次回、青葉さんの扱いをどうおさめるかがこの漫画の分かれ目かも知れず。
話に広がりを出せる方向であればいいですが。

■みえるひと
予定より戦闘が早まるのはどこの世界(漫画)も同じですな。

■魔人探偵脳噛ネウロ
放火魔の事件はあっと言う間に解決、ですが、
何故そんな犯罪を犯してしまったかは犯人も自覚が無い様子。
もしかしてこれに春川教授のコンピューター内の人格が絡んでいたりするのかも知れず?

そんな中で刑事らしくない刑事の人登場。
前回「笛吹さん話したい事がある」とあったのはこの人ですか。
ここで「コンピューター内の人格」が絡んでくるようですが、最後のハシラからするとかなり大規模な事態になるのでしょうか。

■D.Gray-man
日本人口の9割がアクマって、すごい世界観ですな。
ところで、生き残った船員3人がとてもヤバイです。絶対死にそう。

甘党の人、以前に出ていたのかも知れませんが全然覚えていません(^^;

■エム×ゼロ
あれで「伊勢バカ」くらいですむもんかい?>ゴールドフィンガー
ちと不愉快。

■テニスの王子様
意外と大したことがなかったなあ>才気煥発の極み
で、最後の扉を開けるのは主人公とライバル(候補)の2人ってわけですね。

■太臓もて王サーガ
真面目ボケな吉下さんは良いキャラですな。
キラ嶋、もとい木嶋の壊れっぷりがナイス。

■べしゃり暮らし
前向きに親父の頑なな心を解かそうとする上妻が好感。
文化祭に事態を色々収束させて盛り上げてくれそうです。

名前を忘れましたが、(自称)辻本に裏切られた彼は、上妻達のネタをパクって先にやろうとでも考えてるんでしょうか。

文化祭の門のハミィが!(笑)

■ツギハギ漂流作家
フリーザというかキメラアントの王というか。

■ピューと吹く!ジャガー
象が一番イヤかと思ったけど、後半4ページ全部イヤか。

|

« ジャケット(映画) | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード(映画) »

コメント

>D-グレ
甘党の人は、伯爵が最初にノアを呼び寄せたとき、ゆで卵が「甘くない」といってメイドアクマをボコボコにしてた人ですねw

投稿: みちゅじゅ | 2006年6月12日 (月) 13時20分

言われてみれば何となく思い出したような気も。
しかし、先週のブリーチといい、下っ端はつらいと言うことですね(^^;

投稿: でんでん | 2006年6月12日 (月) 19時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/2182340

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ28号感想:

« ジャケット(映画) | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード(映画) »