« 涼宮ハルヒの憂鬱 最終回(アニメ) | トップページ | 週刊少年ジャンプ32号感想 »

2006年7月 5日 (水)

週刊少年サンデー31号感想

■史上最強の弟子ケンイチ
しんぱ〜〜〜〜く!!!
船を撃沈されたからといって誰かが死ぬとは一欠片も思ってませんでしたが、
見事な復活&乱入劇!
格好いい!、格好いいよ宇宙人!
なんだか新白の乱入でぐっと楽しくなってきました。
笑う鋼拳さんも“真のエンターテイナー”だったらあれくらいの乱入はショーに取り込んで盛り上げる位の度量を見せて欲しいところですが、さて。
アニメも期待です。

■金色のガッシュ!!
長く長く引っ張って遂に清麻復活!
シャツをマントのごとくひるがえし、ザケル一発でロデュウに大打撃を与え、期待通りの大復活です。
モモンの帰還も前向きで良かったですよ。

しかし、最後3ページ!!!
なんですかあの清麻怒りの顔は!
熱く興奮すればいいのか笑えばいいのかすごく迷うじゃないですか!(爆笑)
普通に真剣な表情で怒ればいいだろうに、面白いんだか台無しなんだか分かりません!
はっ、ギャグに見せかけてアレは清麻=魔物化の表現だったり!?(だから魔物しか察知出来ないモモンに清麻が分かったのか!?)
次回もあの顔のままだったらどうしようと思います(笑)

■MAJOR
寿君と堂島さんのキャッチャー同士のツーカーぶりがいい感じ。
妹も登場して面白くなってきました。

■ハヤテのごとく!
社交界の様子もどうせなら描写して欲しかったなあ。描こうにも作者にもよく分からないのだろうか(^^;
桂先生に当てられて、自分も“彼氏”に縁が無いと気付くマリアさん。
17才だから焦る必要はなさそうなものだけど、今の状態だと出会いも無いのだろうなあ(^^;
(SPの皆さんとかくらいなのか)

■GOLDEN★AGE
まんまと唯くんの計略(笑)にのせられて、サッカーの楽しさを反芻する不良中学生達が!
なんて素直で可愛い不良だおまえら(笑)
不良というより単なるやんちゃ坊主です。微笑ましいなあ。
この作品の明るいポジティブさって好きですねえ。

■結界師
こうして、地下に縛り付けられていたバケモノは「獣の釘」を抜かれて自由の身になったのでした。
「おまえは…鎖上を喰うんだろォ!邪煉ン!」
「もう…喰ったさ。ハラァ…いっぱいだ。」(悪い意味で)

という訳でちょっとデジャブだった今回。
邪煉は地下にずっと閉じこめられていて、なんで滅せられなかったんでしょうね。
それだけ強すぎると言うことなのか、他に理由があるのか。
その辺りは次回くらいに分かるのでしょうか。

■RANGEMAN
記憶を無くして呆然と座る背後の壁の「祝V初デート!」の文字が実に痛々しい。
そして、ヒーロースーツを脱ごうとして腹を切ってしまうあたりの生々しさも、物理的に痛々しい(^^;
ラストの「じょ〜」といい、いつも以上に痛さ連発の回でした(^^;

戦ったら恋の記憶ばかりか戦った記憶までぶっとぶんですかね?
単に今回は「戦ったという自覚が無かっただけ」かも知れないけど。
なかなか話を広げるのが難しそうな設定に思えるんけど、どーなんでしょ。
次回は説明の回か?

■MAR
連載開始時にはもうこのサンデー感想を始めていましたが、この作品の感想は確実な記憶としては1回しか書いた覚えがありません。
最後くらいは何か書こうかと思いましたが、…内容が無さすぎて何も思いつきませんでした。
自分は完璧にこの作品のターゲット外なのであまりどうこう言う気もないのですけどね。
子供の頃にこの作品を読んでいたら、果たして面白いと思ったのかなあ???
(子供の頃に本当に面白いと思った漫画は今見ても面白いんだけどさ)

えーと、終わりかと思ったら、新シリーズやるんですか?

■焼きたて!!ジャぱん
焼きたて25とかは既にどこかに吹っ飛んでるけど、
漫画のクライマックス的には正しい展開にも見えます。
(クライマックスなのか分からないけど)

■ブリザードアクセル
パースの効いた演技が迫力であります。
次回の「怪我の秘密」に注目。

■絶対可憐チルドレン
皆本遂にマジ切れ。
それだけ本気で心配したからこそ怒りも大きいのでしょうが、本当に珍しいくらいの怒りっぷりです。
チルドレン達の泣きっぷりに、彼女らが本当にまだまだ子供だというのも分かりましたが、
皆本の堅物さもよく分かりました。

で、不二子さん。
「絶対その気にさせちゃうんだから」と言うので、さすがに真面目に説得するのかと思いきや、
洗脳かよ!おい!!(笑)
危なさではこの人も兵部と変わりませんな、ホント。
しかし「チルドレンとデキちゃえばいいのよv」って、
年齢の問題もさておき、えーと、3人いるんですけど、そのあたりはどーするつもりで?
1人と出来たら他の2人が離れそうな気もしますけど(^^;

ところで、「あの三人は兵部に取られちゃった」ということで、
やっぱり予知では三人とも敵になってるんですかね。
(最初に予知が出たときも、葵は電話越しに出てたけど)

■武心BUSHIN
えろい。
「頭がまっ白でもう…何も…」とか、とにかくえろい。

いや、熱い展開ですよ?ホント(^^;

■最強!都立あおい坂高校野球部
“例の球”は腕の負担も大きい様子。やはり必殺技には制限がかかるものなのね。
今回はラブ方面も話が少し動いてくれました。もっとやれ(笑)
メガネ男子さんはピンチだなあ(笑)

■ハルノクニ
ようやくマスコミの人のドラマも動きだして面白くなってくれるのではと期待。
ホテルに連れ込まれて騒ぐリポーターさんが可愛かったです。

■聖結晶アルバトロス
ユウキ達修行開始。
五角形に光る海というのはなかなかいいビジュアルでした。
姫さまの素石はダイヤモンドなのですな。
そりゃあ、ゴミ子やユウキでは補充も簡単に出来るわけも無いなあ(^^;
貧乏設定が効いてる気もしました。
(読み切り版でもダイヤモンドでしたっけ?、違った気もするけど思い出せません。ま、いーか)

ダイヤモンドは元素記号Cで、随分元素周期表の前の方にいるわけですが、
「炭素」とは別扱いにしてるんでしょうかね。
バックステージでも「分かってやってる」とのことですし。
姫様であればあえて通常の元素表とは別枠にしてるということは十分有り得ますし。
一番偉い人=ダイヤモンドと言うのもイメージ的に分かりやすくていいと思います。
姫様がラジウムだマイトネリウムだのと言われても困りますし(^^;

ところで先週破れたはずの制服の背中は何故か直ってますな。ちっ(おぃ)

■ネコなび
今まで全然この漫画に触れなかったですが、
実際、ひどすぎると思いますよ。

|

« 涼宮ハルヒの憂鬱 最終回(アニメ) | トップページ | 週刊少年ジャンプ32号感想 »

コメント

>アルバトロス
読み切り版はルビーでした

投稿: あずみ | 2006年7月 6日 (木) 01時12分

ルビーでしたか。ありがとうございます。
ルビーかサファイヤだったかなと思ったのですがどうにも記憶が曖昧でした(^^;

投稿: でんでん | 2006年7月 6日 (木) 08時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/2515083

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー31号感想:

« 涼宮ハルヒの憂鬱 最終回(アニメ) | トップページ | 週刊少年ジャンプ32号感想 »