« 日本沈没(映画) | トップページ | カーズ(映画) »

2006年7月19日 (水)

週刊少年サンデー33号感想

■MAJOR
なんだか唐突に茂野家の弟話。
いきなりだなあと思いましたが、8回まで吾郎の出番自体が無かったので仕方ないのか。
弟は第一次反抗期あたりでしょうか。
すねる心境も分からないでもない…というよりは定番展開ですが、
1話であっさり解決しちゃったみたいですね。

大体、有能な人の息子だから有能に違いないと決め付ける方がおかしいのですよ。
『バトル■ワイヤル2』とかを見れば分かるじゃないですか(笑)
とりあえず、『ゲド戦記』がどんな出来かが気になる今日この頃です。

■金色のガッシュ!!
清麻&ガッシュ絶好調。新呪文連発で強い強い。
これだけブランクを置いての復活だと、その強力すぎるパワーアップにもなんだか納得力があるような気にもなってしまいます。
大事なものは「魔物自身の強さ」なのか「パートナーの心の強さ」なのかとか、ちょっと疑問に思ったりもしますけど。

前回出した手の呪文ではガッシュは気絶しないとのこと。口から出す呪文では気絶するけど、そうでない呪文は気絶しないって事でしょうか。
しかし、この「戦いの中で気絶してしまう」設定って、今まで深く突っ込まれてなかったけど、実際は相当不利になりそうなものですよね。
ゼオンは雷を手から出すので気絶はしないと言うことで、
呪文のパワー自体はもしかしたらゼオンに匹敵する位パワーアップしているかも知れませんが、この気絶設定で差がつくかも知れません。

ところで、退場際のギリギリになって、最後のセリフが
「だって恥ずかしいんだもん…」
何ですか、このジェデュン萌え展開(笑)
つーか、もしかしてメスなのですか?
パートナーのヤンコさん…もといルンさんは、言葉も通じない相手の為に、何故に世界を滅ぼす事の協力までしてしまったのやら、とても気になりますが、
その辺が描かれる事は無いでしょうね。

■史上最強の弟子ケンイチ
DオブDは5対5のチーム戦だった!
新白連合とケンイチ達でチームを組むのかと思ったら、新白と梁山泊は別枠扱いなのでしょうか?
それはさておき、新白の先鋒にいきなり水沼くん登場
…えーと、誰だっけ?(^^;、と思ってしまいましたが、雑魚と思われたキャラが頑張ってくれる展開は面白そうなので期待したいところ。

■結界師
時音姉さんと同様に、今一この展開のノリに入り込めません(^^;
結界術が物理的側面が強いとの話ですが、実体の無いはずの幽霊相手にも通用してたはずなので、ちょっと「通じない理由」がピンと来ないなあ。

■GOLDEN★AGE
やっと活動を始めた部活チームの前に、唯を知るユース選手のちょっかいが入るのだった。
で、ケンイチに続いて(笑)5対5ですか。
ならば、唯・トラ・ナリア・蓮葉・近江の5人なんでしょうね。
しかしそれだと、せっかくやる気になったヤンキー達や部員の出番が全然無くなりそうで、ちょっと勿体ない気もしますが、さて?

■RANGEMAN
ブルーの人が錬児の参入を拒んだのは、自分の都合だった。事情が事情だが、うーむ;
ブルーの人はともかく博士の好感度が下がりまくりです。

とりあえず、何と戦ってるかくらいそろそろ明かして欲しいなあ。

■最強!都立あおい坂高校野球部
伸之助の事態を悪化させる能力の高さにイラっと来る今回でした。
教頭の態度も随分好意的になっていたのだけど、その辺りはチームに伝わって無かったでしたっけ?

■ハヤテのごとく!
不幸体質がすっかり身についてる西沢さんが哀れで可愛いです(笑)
アーたんはそのうち登場するんでしょうね。

■ブリザードアクセル
鈴木先生の描写力の高さが光る試合でありました。
ところで、回想シーンを見るまですっかり忘れてましたが、獅門コーチの姿が全然出てないですな。
コーチが試合を見てどう思ってるかをもっと見せて欲しいかなあ。

■焼きたて!!ジャぱん
黒やんリアクションの数々、まとめて見せられると確かに悪夢のようだ(笑)

■クロスゲーム
幕間の息抜き的な話に見せかけていい話でした。
ベタなオチもいい感じです。

■絶対可憐チルドレン
やっぱり貧乳メガネなのか(笑)、未来版葵は上半身が描かれてる絵が少なくてはっきりしないけど。
不二子ちゃんが年齢の差を気にしないのは、自分がアレだからなんですな。
皆本が超能力に耐性があるってのは、やっぱりいつも張り付けにされたり心を読まれたりするうちに免疫が出来てるってことなんですかね。

■武心BUSHIN
>見苦しい戦いが続いています!!
>こういう選手には反則一本負けで教育が必要です!!
って、観客が言うならともかくこんな実況って有り得るんですかね?
これまでの2試合を見てればこんなセリフが出るわけもないんですが。

■聖結晶アルバトロス
アイビスは治癒力を攻撃に使うべきですな。
しかし、おそらくアイビスを庇ったゴミ子を治癒する展開になると思うので、その中でまともな治癒力にも目覚めていくのかも知れません(?)
その前にゴミ子の正体バラしが必要な気もしますが。

■ハルノクニ
寝るのか>猫
まあコンピューターにもスリープ状態はあるし(?)

|

« 日本沈没(映画) | トップページ | カーズ(映画) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/2724164

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー33号感想:

» http://ombramaifu.qp.land.to/?e=459 [ひなたのゆめ]
1.アーたんのおかげで西沢さんはやっぱり目立ちません。 (ハヤテのごとく) 2.「ヤンコヤンコ」以外は恥ずかしくて・・・ (金色のガッシュベル) 3.武田一基顔変わりすぎだと思い [続きを読む]

受信: 2006年7月20日 (木) 22時41分

« 日本沈没(映画) | トップページ | カーズ(映画) »