« 週刊少年サンデー32号感想 | トップページ | 扇風機大破 »

2006年7月15日 (土)

週刊少年ジャンプ33号感想

■OVER TIME
新連載。
個性の強そうなキャラクターに高そうな描写力でなかなか面白くなりそうです。
表紙からして、目つきのおかしい兄ちゃん(鷹見)が死んで主人公に取り憑く展開にでもなりそうと思えましたので、いつ死ぬのかと正直ちょっと心臓に悪かったですが;;

鷹見に取り憑かれるか導かれるかして主人公が高校で野球の夢とやる気に目覚めていく展開になるのでしょうが、
今回登場した主役2人以外のキャラも今後の話に絡んできそうで楽しみです。
煙草を吸ってた不良後輩キャラも結構いいキャラになりそうですが、後輩なのなら高校で主人公と野球をやったりするには1年後なんでしょうか?
もしそうなら、先の長い伏線なのですが(^^;

■ONE OIECE
誰かロビンを助けてくれーーー! …との気分が最高に高まったところで
ポガバ!!!

なるほど、ここでウソップですか!
司法塔のてっぺんにそびえ立ち、寸分狂わず海軍を狙撃するそげキング。素晴らしく格好いい。
銃弾が届かない距離をパチンコで届かせるってのも凄いですな(^^;
どうやって届けるのかのと思っていた「ゾロとサンジが得た鍵」も無事に届けてと、
まさに「狙撃手」のウソップしか出来ない最高の見せ場でした。
何も皆が皆タイマンの超人バトルで勝てなくても、そのキャラクターならではの活躍を見せてくれれば良いのですね。大満足でした。

ところでロビンはスパンダム=スパンダインの息子とは気付いてなかったんですね。
過去篇を読み返してみたら、スパンダインも別にロビンに名乗ってはいなそうだったし、分からなくても当然か。

■BLEACH
浦原まで本当にヘタレだったらどうしようかと思いました。
しかし、浦原といいい日番谷といい、まだ決着は見せてくれないのでいいかげんカタルシスが足りないなあ。
パワーアップしたかに見せかけて速攻でやられるルキアが、やっぱりルキアだったと思いました。

■NARUTO-ナルト-
「影分身の経験は本体に蓄積される」
これを理解出来ないナルトの馬鹿さは正直ありえない、幼稚園児以下のレベルかと。
ナルトに感情移入出来ないのはこの辺りも一因なのかなあ。

ところで水見式ですか。
ハンターいつ帰ってくるんでしょう。

■アイシールド21
あまり詳しくは無いですが、アメフトの時間の使い方の大事さを見せる展開の様子。こういう展開こそヒル魔の真骨頂になるんでしょうね。
今回「13秒」使って「10ヤード」進んだということですか。なかなかにジリジリと焦らされる展開になりそうです。
漫画的には盛り上げ方が難しそうな展開に見えますが、稲垣氏&村田氏の手腕に期待です。

■太臓もて王サーガ
使い魔のツッコミの適格さは宏海以上ですな。

■家庭教師ヒットマンREBORN!
学校は色黒の人達が直すんですかい。
既に学校を壊すこと自体が目的なんじゃないかと思ってました(^^;

■To LOVEる−とらぶる−
今回はネタ仕込みの回。単なる水着盗撮魔のような気もしますけど;

■D.Gray-man
アレンの壊れっぷりが、しばらくぶりにこの漫画の“黒さ”を見た気がしました。

■魔人探偵脳噛ネウロ
大学に行ったらいきなり階段で実力行使。HALの手下の人も決断早いなあ。
既に死んでいる春川は勿論、HALにも直接は会えなかったとは言え、随分早い段階でほとんど犯人が特定出来てしまいましたが、これからどうなるんでしょう。
それでも“実体”自体を掴む事が難しいHALを追うのに苦労する展開になるのか?

人間階段はなかなかのインパクトでした。あれを素直に登る弥子の図太さが素敵(笑)

“弥子が感じた違和感”は、犯人が「春川」ではなく「HAL」であることにネウロ達が気付く足がかりになるんでしょうか?

■エム×ゼロ
生徒会の登場は話が広がりそうでいいかと思いますが、
しかし、「今まで通りゴールドプレートに偽装する必要」はあるんでしょうか?
>カードを無くしたけど本人の責任ではないので退学は免除
>新しいプレートはすぐには作れないので仮のM0プレートを持つことを皆に公表
とすれば、無理に周囲を誤魔化し続ける必要も当面は無くなるんじゃないかと思ったんだけど。
(周囲的にも魔法も使えない事になるから話が作りにくいのかも知れないけど)

とりあえず、M0プレートにはまだ秘密があるのですな。

■銀魂
会議>レンタルビデオの流れから免許取得の展開になろうとは、
予想のつかない流れが実に綺麗で素晴らしい。
さらに松子さんとお父さんの話に繋がる美しさ。
なんか、感動しそうになったじゃないですか!(笑)

■ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
「動く剣とはひきょうだぞ」もなにも、
剣術の試合ならともかく、魔法めいた“何でもありバトル”で卑怯も何もないですな。
相手の剣に毒が塗られてないだけマシだと思います。

今井さんがヒロインめいていて良かったかと。

■謎の村雨くん
組織ごとブッ潰すと言ってますが、死人を出す漫画にも見えませんが、また「殴って記憶をジエノサーイド」なんでしょうか。
クナイからすれば、組織に連絡をされてる可能性を考えればそれこそ「組織全員」をジエノサーイドしなければならないんでしょうけど、
いいかげん設定に無理が目立つなあ;;

■みえるひと
少々バトル展開として定型にハマりすぎでそれ以上の物が足りないように思えましたが、最後のページの丸く膨らんで爆発するミズチの絵は印象的でした。

■ピューと吹く!ジャガー
定期的にありますな>2人でだらだらするだけの話。
しかし、あっついですねえ;;

|

« 週刊少年サンデー32号感想 | トップページ | 扇風機大破 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/2660829

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ33号感想:

« 週刊少年サンデー32号感想 | トップページ | 扇風機大破 »