« 初恋(映画) | トップページ | ゲド戦記(映画) »

2006年7月31日 (月)

週刊少年ジャンプ35号感想

■NARUTO-ナルト-
うーむ、便利だ影分身。
テスト勉強にもってこいな感じだけど、一度に物事を覚えすぎてもナルトなら脳がパンクするかも知れず。

■ONE PIECE
>標的海賊“麦わらのルフィ”とその一味 約60名
当然ながら、ガレーラやフランキー一味の連中も一味扱いされちゃってるのですね。
この場を乗り切れたとして、ルフィ達はともかく、ガレーラ&フランキー一味がどう身を降るのか心配です。

ルッチから目を離さないというルフィ。ここぞと言う所で見せてくれるルフィのボスとしての貫禄は惚れ惚れします。
しかし、ナミ達はどうやって助かるんでしょう;
今回意味ありげに語っていたそげキングの“カブト”が事態打開の鍵に、なったりしないかなあ(^^;;

“ギア3”はどうやらギア2とは方法自体が違う様子。
骨に空気を入れて膨らませてるんですかね。それで反動で身体が縮んでしまうというのが、分かるような分からないような(^^;;;
“巨人の銃”でルッチを海にたたき落とせたでしょうか?
まだ決着という雰囲気では無い気もしますが。

■BLEACH
うーむ、井上が何故にみすみす破面の言うことを聞くのかが分からん。

■家庭教師ヒットマンREBORN!
校舎の原型の留めなさがひでえ;
雨というか滝というか。

■To LOVEる−とらぶる−
ここまでの展開だといっそ清々しい。

■銀魂
キャアアアアア!!
九ちゃんーーーー!

勢いのある流れが素晴らしかったです。

■OVER TIME
身体が変わってもきっちり剛球は投げれるのですな。
ますます主人公(太郎)の存在意義がないですが、これからどう扱うんでしょう。
自分を“神”などと、どこかのデスノートの持ち主みたいな事を言ってる烏丸くんですが、ただの自信家なのか、何か秘密でもあるのかどっちなんでしょう(前者っぽい)

■アイシールド21
ええええええええええええええええええええええ?!
終わりなのか? 本当にこれで
どうなるんだ次回;;;

他にも読みながら思ったことはあったけど、最後に吹き飛んでしまいましたわ;

■みえるひと
仲いいな>コクテンとひめのん
澪の「計画」が何かは分かりませんが、情報の小出しの仕方がいい感じかと。

■D.Gray-man
アレン復活。だけど、どういう状態になってるのか今回だけではまだよく分かりません。右腕もおかしくなってるし、もしかして全身イノセンス化しちゃってるのか?

アレンはともかく、分解されかかってるバクとフォーさんは直るんですかね?

■魔人探偵脳噛ネウロ
ネウロ VS HAL
なかなかに圧巻でした。
これでネウロが完全に敗北したとは思えませんが、電脳世界ではやはりHALが圧倒的に有利なのでしょうか。
「1の世界」たる現実でなら、HALの本体であるスパコンの位置さえ特定できれば、いかに「兵隊」でHALが守りを固めたとしてもHALの敗北は必至なのでしょうが。
もしそれで現実世界でネウロ達がHALに勝っても、電脳世界で負けっぱなしで終わるのも“らしくない”気もします。
さて、どうなるのか。

ヤコはちゃんとネウロの顔にラクガキ出来たのかに注目です。
「肉」はあたり前すぎるらしいですよ?>Cエム×ゼロ

■ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
“今井さん不死鳥伝説”は、たしかに説得力があるかも知れず。
最初の登場時も、最後まで生き残るかどうかヒヤヒヤしましたから。
しかし、今回はさすがにヤバそうですよ。頑張ってくれ今井さん。
ペイジさんのピンチは、…どうでもいいですが(おぃ)

■エム×ゼロ
支部長の掘り下げ話。
意味ありげなキャラで面白そうですがどうなるのか。あまり長々やる話ではないと思うので次回でまとめて欲しいですが。

片目先輩は、左目は髪で隠れてるだけなんですかね。381ページの横顔を見ると。

■太臓もて王サーガ
弱ってるあいすも珍しい。
結局泳げるようになったんでしょうか。

■謎の村雨くん
あれだけ撃ち込んでおいて「あっしまった 生け捕りだった」と言われてもなあ(^^;

■ピューと吹く!ジャガー
カラーのありがたみ全然ねー(笑)

|

« 初恋(映画) | トップページ | ゲド戦記(映画) »

コメント

うーむ、井上が何故にみすみす破面の言うことを聞くのかが分からん。


いや、わかるだろ、あんなこといわれたらw
ちゃんと読みもしないくせに適当なこと書くな。

投稿: wft | 2006年7月31日 (月) 11時20分

qqさん、お久しぶりです。

ウルキオラが井上に3週前に「俺と来い〜「はい」以外を喋れば殺す〜『お前の仲間を』だ」に対して、
先週までの戦いでは、一護の危機には平子が駆けつけ、日番谷は劣勢をはね除け、浦原さんも余裕のある戦いぶりを見せ、と
あまり危機感が無い状況の中で、井上がむざむざウルキオラの脅迫を受け入れたのが不思議だったんですが、見解の相違ですかね。
まあ、ウルキオラが自分に都合の悪い場面をカットして井上に映像を見せていた可能性はあるし、お供の死神2人も(「お前の仲間」に入るかどうかはさておき)ほぼ人質状態だったとも考えられますが。
実際問題独力じゃ逃げられなかったでしょうし。

それとも今週号の井上の行動に対してだけの話をされてるんでしょうか?
だとするとこちらの言葉足らずで申し訳ありません。

どちらにせよ、うちの感想は今後も適当でいいかげんなスタンスで行きますので、もう読まれない方がqqさんの精神衛生上いいと思いますよ。

投稿: でんでん | 2006年7月31日 (月) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/2873404

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ35号感想:

« 初恋(映画) | トップページ | ゲド戦記(映画) »