« ブレイブ ストーリー(映画) | トップページ | ディセント(映画) »

2006年8月 7日 (月)

週刊少年ジャンプ36・37号感想

男女別でダブル表紙。
ヒロイン版表紙の方にネウロのヤコが見あたらないと思ってよく見たら…
こうくるか!携帯 (笑)

■ONE PIECE
ルッチが「背中に5つの傷がある男」だったとは。
世紀末暗殺者伝説です。

ルフィVSルッチの戦いの続き、
ルッチが海に落ちて終わり…、とはなりませんでした。
しかし、ルッチをして「意識が飛びそうだ」と言わせるように、ギア3による攻撃は確実に効いているようです。
強力なギア3ですが破壊力が増す分スピードは落ちるそうで、ちゃんと弱点がある所はいいですね。(通常の状態やギア2にもそれぞれのメリットがあるということで)
前にギア3を使ったときは全身が縮んでましたが、時間制限がある訳では無いんですかね。単に「ギア3を使うことを止めたら」反動で縮むとか?

海水が迫る地下通路の面々は、今回の時点では為すすべがない様子。
どうやって助かるんだろう(助かると決めつけてます)

■BLEACH
総隊長、井上を反逆呼ばわり。厳しいなあ。
ルキアが以前ソウルソサエティに連れ戻された時も半ば「ルキアが自ら戻る事に同意する」ような形になったのだし(たしか)、色んなパターンが想定出来そうなものなのですが。
まあ、わざと最悪の事態を想定して厳しい言い方をしてるのかも知れませんけどね。

ところで松本さん達は井上が残したノートは見てないんでしょうか。
見てたら「殺害された」とは考えなさそうだけど。
あのノートが「別れをつげていいのは1人だけ」に反するかもと思って井上が処分した… ようにも見えなかったしなあ。

井上と同種の回帰能力を持つハッチが直せなかった一護の傷も井上は治せた様子。
井上とハッチは能力は近くても霊圧の種類は違うってことでしょうか。

■アイシールド21
終わって…     なかった!
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ!!!

先日出たばかりの単行本を読んでいて、こうも色々な伏線を残したままで泥門が負ける展開があり得るだろうか?、と思ったり、
もし「負け」を覆すとしたら(理屈づめ過ぎず読者に無理を感じさせない為に)どんな展開が有り得るのかと考えたり、考察サイトさんを見て悶々としたりと、実に待ち遠しい一週間でしたが、

実に実に、熱い形で、文字通り“最後のチャンスを掴んだ”姿を見せてくれました。
モン太最高!! 審判の人もグッジョブ!!!
モン太が握っていた手を開いた瞬間のカタルシスが素晴らしい。
『漫画として“絵”で盛り上げる手腕』の上手いこと上手いこと。

ここまで来れば負ける展開はありえないと思いますが、
“観客を使うプレイ”の意味はさっぱり分かりません。
どんなサプライズを見せてくれるのか、素直に大期待です。

■家庭教師ヒットマンREBORN!
生まれついての殺し屋って、
いいのかそれで、少年誌的に(^^;

■ジャンプキャラス〜パ〜サマ〜バケ〜ション
ブリーチ:ルキアの美的センスは義兄譲りか!(笑)
アイシル:一瞬可愛い犬と思ってしまったじゃないか!
リボーン:確かに、「変なオカマ」としてしか覚えてなかったっす
Dグレ:指つっこんでるし
・ネウロ:回想されるたびにひどい人になっていく(笑)

■NARUTO-ナルト-
暁お笑い軍団計画進行中。
それはそうと、最近死亡フラグが立ちまくってたアスマ先生がいよいよヤバイ?

■銀魂
将軍登場。まさかこんなエピソードで出てくるとは(笑)
最初、お妙さんか九ちゃんあたりが将軍に惚れられる話になるのかと思いましたが、それどころじゃなかったです(笑)

■To LOVEる−とらぶる−
ララが宇宙人だとバレても何の問題もない気がする。

■魔人探偵脳噛ネウロ
ネウロ電脳世界から帰還。
下手したらしばらく意識不明になるんじゃないかと思ってましたが、案外あっさり帰ってきました。
しかし、“あの”ネウロが「この謎は喰えない」などと弱音を漏らすとはかなり意外で不安です。
その後のヤコへの反撃を見ると安心しましたが(笑)

ヒグチさんに、吾代にと、皆が関わる話になりそうですな。
各方面の話がどう絡み合ってくれるのか期待です。

■D.Gray-man
アレンのイノセンスパワーアップ、というか真の姿が完成とのこと。
変なマントが付いたり右腕まで変形したりと、「一体何がどうなってるんだー?」と言う状態でしたが、発動を解けば普通の状態には戻るんですね。
ずっとマントマンだったらどうしようと思いました(笑)
分解されかけてたバクとフィーも(どうやってかはよく分かりませんが)助かったようですが、
のんびりしているようですが「江戸」には急がなくていいんですかね。
江戸の皆は下手したら全滅してるんじゃなかろうか;;

■ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
いきなり学園話で何事かと思ったら、先週の予告にも「番外編」って描いてましたね。
夏らしい怪談で後味も良く、最近こういう短編的な依頼話がなかったので新鮮でした。
1話で完結する密度の高さが上手いです。

■太臓もて王サーガ
「餃子(チャオズ)がいる」
自分でもどこかで使いたくなる上手い言い回しです。使えそうな状況はかなり限定されそうですが。
矢射子はやっぱり「火星」なのだなあ。

■OVER TIME
憑依物だけじゃなくて、「一から部活作り物」も絡めるのか。

■エム×ゼロ
ドクロが使えようが使えまいが迷惑な人だ;>支部長

■みえるひと
どうやら普通の3対3のバトルでは終わらなそうな様子。
妙な“自称ヒーロー”も現れて、なかなか話が読めなくて面白いです。

■謎の村雨くん
手錠から無理矢理引き抜いてきたであろう楓の左手を徹底的に描かないところが嫌です;;

読み切りとジャガーを別として、これで実質3週連続で巻末ですかー。
全2巻コースかなあ。

■ピューと吹く!ジャガー
いやあ、夏らしい話だ(笑)

|

« ブレイブ ストーリー(映画) | トップページ | ディセント(映画) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/2964832

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ36・37号感想:

» D.GRAY-MAN [キーワードマーケティング実験室]
D.GRAY-MANに関連するブログを集めてみました.... [続きを読む]

受信: 2006年8月 8日 (火) 02時00分

« ブレイブ ストーリー(映画) | トップページ | ディセント(映画) »