« ゆれる(映画) | トップページ | 週刊少年ジャンプ39号感想 »

2006年8月23日 (水)

週刊少年サンデー38号感想

■クロスゲーム
何かと思ったらラフの映画の宣伝かい(笑)
飛び込みはさすがにしないのですね。
どうせなら飛び込み台から「いっけーーーーー!」と叫んで飛び出して欲しかった。(それでは時かけの宣伝です)

■金色のガッシュ!!
父曰く、私情より才能とのこと。
キャンチョメやモモンにも何か評価するところがあったんでしょうか。うーむ。

ゼオンとまともに渡り合う清麿が実に格好いいです。
「答えを出す者」ですか。
清麿が初めて使う術の事を知っているかのように使えたのも、この新しい能力のおかげなんでしょうか。
ついでに、般若や悪魔に変身する能力もこの力によるのでしょうか?(無いって)

■MAJOR
つい先日野球を掘り出しかけた寿也と一緒じゃないか、と作中でも指摘が入ってくれました。読者の気持ちを代弁してくれてありがたかったです。
しかし、吾郎もそのあたりは分かっていて、分かっていながらもどうしようもない様子。
確かに人生の目標が喪失したとさえ言える状況ですし、寿也の場合と違って「野球を頑張れば解決する」訳でもないですしねえ。
正直自分は、高校編あたり以降の吾郎の手前勝手すぎる性格は好きではないですが、今回の件ではさすがに同情を感じました。

一方でギブソンはやる気満々ですが、どーなるんだろ。このシリーズでの対決はさすがに無いかと思っていたのですが、今シリーズで対決が実現しちゃう可能性もあるのか?

■ワイルドライフ
やっぱり普通に手作り出来るのね>エリザベスカラー
うちでは動物は飼えないのでエリザベスカラーの実物がどうなってるかよく知りませんが、
強度の問題というより、クチバシで咬めないように角度をつければいいのではないかと思いましたがどうなんでしょう。
あと、作中の品だと、フチの首に当たる部分が痛そうな気が(^^;
角くらい落としてやれよ。

■ダレン・シャン
バンパイヤの人が意外と良識派のようで新鮮。かと思いきや最後にはハードな要求を言い出したりして、キャラも先の展開もなかなか読めなくてなかなか面白いです。
盗みをしてしまったり悪いと思いつつ謝れなかったりする弱さが昨今のサンデー漫画の主人公としては珍しい気も。良くも悪くも人間的に見えます。

■犬夜叉
りんの命と引き替えに命の大切さに目覚める殺生丸。これでテルーにも嫌われずに(略)
見応えのあるエピソードでした。(りんが万一でも生き返ってしまったら台無しだけど)

■結界師
結局ギャグだけのエピソードとして完結しましたな。面白かったですが(笑)
その反面でHENTAI扱いされる殿はやはり切なかったです。
良守もあの流れでは烏森の話も出来ないわなあ(^^;
若く生まれ変わった殿がクラスメートとして再登場する日が楽しみです(笑)

良守がもらった烏と話せる羽。式神が使える良守にはあまり意味が無いんじゃないかとも思ったけど、
捜し物だとかには意外と役に立つかも知れず?

■史上最強の弟子ケンイチ
なんと逆鬼師匠にフィアンセが!?
試合の内容よりこちらが気になります。

■GOLDEN★AGE
スポーツ店の親父もたらしこむ唯の魅力がさすがだ。
ところで小波ちゃんは、唯とのフラグ立てに失敗しまくってる一方で近江とのフラグが順調に立ってる気がします(笑)

■焼きたて!!ジャぱん
河内の扱いが心底ひでえ。結局対決は無しですか。
ダルマがずっと戻らないのはリアクションへの伏線だと信じていたのに;;;

■最強!都立あおい坂高校野球部
先輩達の頑張りでだんだんと応援する生徒達もいいムードに。
凡人が頑張る姿はやはりいいですな。
これで教頭が本格的に体面を捨てて応援を始めてくれれば、伸之助との和解も有りか?

■RANGEMAN
錬児、メガネスターの来訪を待たずに失恋。
しかし、そこでブルーの人に「恋すること」の本質を正されるとは、思ったよりも早い段階で深い部分に突っ込んできました。
この話の「戦いのたびに恋を忘れる」設定的に、「恋愛に対しての主人公の成長」というものが描き難いだろうと思っていましので、この辺りの話を深めてくれるなら嬉しい誤算です。
未だに物語の方向性が完全には見えてこない作品ですが、次回は意外と大事な回なのかも知れません(?)

■ハヤテのごとく!
ハヤテ女装少年化の危機。全然危機と思えないあたりが恐ろしい(笑)
しかし「一生女装が趣味の男の子になってしまう呪い」なら、歳をとっておっさんになって「男の子」じゃなくなったら呪いは解けるんでしょうか?
「一生」って言ってるから無理か?

ハヤテメイド服はヘッドレストがネコミミ調なあたりが凝っております。
ところで、ハヤテ女装の謎が明かされるシーンでナギが席を外しているのにはなにか意味があるんでしょうか。

■ブリザードアクセル
残されたわずかな期間の中で燃え上がる愛
…冗談じゃなくて本当にそんな展開になってきました。こうなればとことん盛り上げて欲しいところ。

■武心BUSHIN
相手の先を読んでうかつに動けない、剣豪のような戦いです。
実況の人の空気の読めなさは相変わらずですが、…だんだんこの実況が楽しくなってきました。

■ハルノクニ
回想シーンで故ハルがネコミミを出してるあたりが意味深です。

■絶対可憐チルドレン
葵が視界を奪われながらも戦えたのは「心眼」に目覚めたからだった!!(あながち間違いではない)
高レベルのテレポーター故に空間認識力に優れているという説明は面白かったです。下手すればしょっちゅう「石の中にいる」になっちゃうのだろうしなあ。(1巻で調子が狂ったときのように)
てっきり皆本やケンが何らかの形で手助けしているのかと思いましたが違ったようで、
皆本はアドバイスはしたのでしょうけど、ケンは本格的に役立たずだったと言うことでFAですか?(笑)

葵の「目隠し」はメアリーが外してくれましたが、京都の文化財のラクガキもメアリーなら剥がせるんでしょうか。だとしたらお役立ちだなあ。不二子ちゃんと違って(笑)

「礼なんかかまへん。」の葵は、葵祭りに相応しく実に可愛かったです。
金箔寺(仮名)の鳳凰を武器にするのはイカンけどな(笑)

浪費に走るお母さんが素敵だ。自分の嫁なら困るが(^^;
「あんたは若いコにデレデレしてはったらええんです!」は勿論ツッコミ所ですね?>不二子ちゃん

■聖結晶アルバトロス
なるほどー、そりゃ気体のモノバイルがいてもおかしくないですね。
液体の人もいるんでしょうか。

|

« ゆれる(映画) | トップページ | 週刊少年ジャンプ39号感想 »

コメント

初めまして、やまだと申します。

>全然危機と思えないあたりが恐ろしい(笑)

確かに、と思ったんですが・・・・

>歳をとっておっさんになって「男の子」じゃなくなったら呪いは解けるんでしょうか?

30になっても40になっても女装が趣味のままだとしたら・・・・と考えると恐ろしい呪いに思えてきました。

トラックバックを送らせて頂きました。

投稿: やまだ | 2006年8月23日 (水) 22時56分

はじめまして~
ハヤテなら30になっても40になっても人の親父になっても(笑)、美少女顔のままかも知れません。
いやー、恐ろしい。
スレンダーなメイド姿がいいと思ってしまいました;(スレンダーで当たり前)

投稿: でんでん | 2006年8月24日 (木) 00時12分

 こんにちは、トラックバックさせていただきます。

>液体の人もいるんでしょうか
 有力候補は水銀のモノバイルですね。液体モンスターといえば服を溶解する能力を期待してしまいます。
 そういう敵がでてくるまで連載が良いのですが…。

>エリザベスカラー
 あの場合はくちばしから逃げつつ胸をつつかないようにするのは難しいと思います。たんなる子供の工作で1週間使ったこと自体が問題でしたけど…。

投稿: こいん | 2006年8月24日 (木) 14時49分

>こいんさん
こんにちわ、(多分)初めまして。書き込みありがとうございます。
トラックバックは届いていないようなのですが、ココログの不具合かも知れません。
申し訳ありませんが、もしよろしければ再度試していただければありがたいです。

>液体
アルバトロスは、今回モノバイルも(人間と同様なのかは分かりませんが)普通に呼吸するのだなあと、妙なところで感慨を受けてしまいました。モノバイルの種類にもよるかも知れませんが。
(現在出先でサンデーが手元に無いのでこのあたりがどう説明されていたかハッキリしないのですが)

液体や気体がありならモノバイルのバリエーション・戦いの見せ方にも幅が出ますよね。
本当にそこまで続いてくれればいいですが;

>エリザベスカラー
もうちょっとカラーのフチがクチバシが届かない位置くらいまで長ければ、カラーをくわえて壊すことも出来ないのではと素人考えで思いましたが、下手にカラーを大きくするとエサを食べるにも不自由するかも知れませんね(^^;
>たんなる子供の工作で1週間
随分前から「何の漫画だか分からない」事が多々ある作品でしたから、一応は動物の治療に関係がある話だったと考えれば、まだ比較的マシだったのかも知れません。
全然褒めてないですが;

投稿: でんでん | 2006年8月24日 (木) 18時10分

はじめまして。いつも楽しく読ませてもらってます。

実は絶対可憐ブロギングで引っかかったブログのひとつに、でんでんさんの書かれたこのサンデーの感想がほぼ丸ごとコピーされています。
http://blogs.yahoo.co.jp/rui_rui1984/341229.html
試しにテキストを比較したところ、改行と顔文字以外は全く同じでした。
でんでんさんも確認して、すぐに止めさせるよう言ってやってください。

投稿: 越後屋 | 2006年8月24日 (木) 21時36分

>越後屋さん
御指摘ありがとうございました~
実は他の方からもメールをいただいたりして確認しておりました。
うちの今週のサンデー・ジャンプ感想と、映画「ハチクロ」「ブレイブ・ストーリー」「ユナイテッド93」の5本分がまるっとコピペされてましたね。
こちらがアップ後に文章を修正したような部分は反映されていないのが、ちょっと笑ってしまいました。

対処を考えていましたが、私が動く前に、向こうのコメントに2件ほどどなたかのコピペの指摘コメントが入っていまして、
そのすぐ後に記事5本ごと丸ごと削除されておりました。(コメント毎)

投稿: でんでん | 2006年8月24日 (木) 22時22分

と、今見るとブログまるごと消失しております。
早っ!!!(笑)

投稿: でんでん | 2006年8月24日 (木) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/3182125

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー38号感想:

» 週刊少年サンデー【No.38】 [ゲ〜ムやマンガのきゃらと〜く]
おはようございます、管理人のやまだです。 今回は週刊少年サンデー38号のやまだ感想です。 ネタバレしていますのでご注意を。 <今回取り上げる作品> ■ハヤテのごとく! 第92話「ヒナ祭りの頃に〜鬼隠し編〜」... [続きを読む]

受信: 2006年8月23日 (水) 22時52分

» 『MAJOR〜メジャー〜』【漫画と本とマンガの館】 [漫画と本とマンガの館]
こんにちは★ちょっとおじゃましますペコリ(o_ _)o))お盆中に深夜放送していたアニメではまりました・・・ダメな大人です・・・。詳しくはMYブログまで! [続きを読む]

受信: 2006年8月29日 (火) 14時57分

« ゆれる(映画) | トップページ | 週刊少年ジャンプ39号感想 »