« 週刊少年サンデー36・37号感想 | トップページ | からくりサーカス最終巻(43巻) »

2006年8月10日 (木)

ハチミツとクローバー(映画)

(高田雅博監督)

美大を舞台に、それぞれが一方通行の恋をする5人の学生達を描いた青春群像劇です。

原作は羽海野チカ氏による少女漫画で、アニメになる前から好きで思い入れがあった事もあり、
実写化には正直あまり期待出来してませんでしたが、
見てみると、映画として案外悪くなかったと思います。自分的には割と好感を持って見られました。

原作よりも現実的な美大生らしく、汚く、泥臭く、格好悪く、人間くさい方面に各要素が強調されていて、
キャラクターもストーリーも原作とはかなり違っていますが、2時間の一本の映画としてなかなか上手い具合に原作を材料に再構築してまとめていたかと思います。
(それでも妻には不満だったようですので、本当に原作の雰囲気を期待する人には不向きかも知れませんが)
終盤は冗長になった気もしますが、甘酸っぱく“痛い”青春映画としては良作だったかと。

以下は箇条書きで雑感など。

・才能ある者同士の通じ合う世界に入れない竹本の凡人っぷりが、原作以上に強調されていて非情に痛々しい(^^;
・真山のストーカーっぷりは実写で見るとホントにヤバいよこいつ、と思いました(笑)
・花本先生が「はぐ離れ」出来てるのが印象的(笑)
・はぐの“不思議ちゃんぽさ”は割といい感じで表現出来ていたと思います。実写でああいう雰囲気のキャラを再現するのはかなり難しいだろうと思ったいたので嬉しい誤算。
 ただ、その“浮世離れした雰囲気”を出すための演出方法がもっぱら「セリフを喋らせない」(喋っている部分を撮らない)方法に頼っているのが、ちょっと安易だった気もします。
・「ニャンざぶろう」は完璧でした(ローマイヤ先輩じゃないけど)、ノリの良い動きも素晴らしい(笑)
・出てくる美術作品が「凄い」のかどうか今一ピンと来ませんでした。漫画や映画などの作中で「凄い」とされるものを、観客にもちゃんと「凄いもの」として表現するのは難しいわけですが。

公式サイト

|

« 週刊少年サンデー36・37号感想 | トップページ | からくりサーカス最終巻(43巻) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/3003474

この記事へのトラックバック一覧です: ハチミツとクローバー(映画):

« 週刊少年サンデー36・37号感想 | トップページ | からくりサーカス最終巻(43巻) »