« 週刊少年サンデー39号感想と夏休みの友 | トップページ | 北海道旅行 »

2006年9月 4日 (月)

週刊少年ジャンプ40号感想

■アイシールド21
遂に決着。ここまで来たら勝つに違いないと思ってはいましたがドキドキ出来ました。
最後には神龍寺に因縁のある栗田の活躍も見せてくれて満足です。

ところでカラー表紙。水面から足だけが出ている兄が(笑)

■ONE PIECE
いよいよ決着に近づいているようで、ルフィとルッチのガチンコ勝負の緊張感が素晴らしい。

ガレーラやフランキー一家が全滅ということですが、これまでのアラバスタや空島での人の死ななさっぷりを思うとちょっと信じられません。
「こんなに簡単に人って死んでいいの?」
「地図の上からは人は見えない」
のセリフは若い読者に大事なことを伝えるセリフだと思うんですが、
これでまた「皆生きてました」となるとこのセリフも軽くなっちゃうよなあ…

■NARUTO-ナルト-
ヤマト…つくづく不憫な人…

■BLEACH
一護親父と石田親父は知り合いでしたか。2人のやり取りを見ていると、かつての親父達も今の一護と石田に近い関係だったのではと思えてきます。
今の一護は死神とは関係ないとの石田の屁理屈は予想してましたが、石田親父も何のかんのと言って甘いようで。似たもの親子なんですかね。

■D.Gray-man
リナリーのイノセンスがハートくさいと千年公にバレてピンチっぽい。
ここでリナリーがさらわれてしまったら、お姫様誘拐展開がブリーチと重なって萎える所でしたが、どうやら主人公が間に合ったようです。

神田達の上司の元帥の人がイノセンス発動。
「この世の美しさを知りなさい」とか言ってるけど、あまり美しく見えないなあ(^^;
どでかい巨人ってのは、こういう(あまり軽々しく力を使えない)偉い立場の人の決め技として有効な設定なのだろうなと、
大戦士長・坂口照星さんのバスターバロンを脳裏に浮かべて思ったのでした。

■メゾン・ド・ペンギン
いつのまにかバカップルをちょっと応援している自分に気付いてしまう;

■家庭教師ヒットマンREBORN!
自分の姿を水に映して敵を騙す山本オリジナルの技「うつし雨」
水がなければ意味がないんですかね。

ザンザスとスクアーロの意味深げな過去描写ですが、今回の時点では単にザンザスの最低さを示しただけに見えますが、どーなんでしょ。
一部のお姉さんが喜びそうな描写かと思いました(・e・)

■斬
なんかラッキーマンみたいなバトルですな。

しかし
「か…かか、勘違いしないでよね!
勝ったあなたが友達が欲しいっていうからプライドを曲げてでも仕方なく
と…ととと
友達になったげるって言ってるんだからね!」

なんですかこのツンデレ忍者;

■太臓もて王サーガ
はみだしてるパンツの試着がいやーん(笑)

■銀魂
いい話です。
ところで、
「もし俺が 道 踏み外した時は 今度はお前が俺を殴ってくれ」
脱糞ストーカー近藤さんはすでにいろいろ踏み外してる気もするけどな(笑)

ジャスタウェイ型手榴弾がイカス

■こちら葛飾区亀有公園前派出所
鉄男さん再登場。
前の登場話の時はいい話だったのに、
両さんに深く関わるとロクでもない目に合う見本ですな。

■魔人探偵脳噛ネウロ
HALの第二の刺客の江崎さん。ネウロの指先ひとつでダウンさ♪
刺殺願望の人なのに、レーザーが出てきた時はちょっとだけガッカリしましたが、ちゃんとナイフをくわえてくれたのは良かったです。何の役にも立たなかったけど(笑)
しかし、前回の銃殺部隊の人達は腹部に一発撃ち返されただけで死んではいないと思うけど(多分)、
今回の江崎さんの「外の仲間」の人たちは、死んでますよね絶対。ひえー;

警察のヒグチさんは実は犯罪者引き抜きな人だったらしいと判明。
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンというか、ザ・コアな人だったのですな。
これが春川教授の考えが分かるかのような発言の根拠なのですな。

■To LOVEる−とらぶる−
物事ってのは隠すから拗れるのだなあ。

■ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
梅吉の正体はでかいネズミ(?)だった。へえー
しかしこいつ(と七面犬)を送ってどう役に立つのだろうと不安も感じさせてくれます(^^;

追い詰められたペイジさんはなんだか50年封印してたっぽい力を発動。
どういう力かはよく分かりませんが、「トロイ」と言う名称や、ムヒョや毒島さんの書にまで影響が出ていることからすれば、
他の魔法律家の書に秘密裏に仕込んでいた仕掛けで、他の魔法律家の力を元気玉のように無理矢理集める力とかでしょうか。
もしそうなら、戦ってる最中の魔法律家がいたら迷惑を被りそうな(^^;(今のムヒョや毒島さん達も)

■みえるひと
ヒーローの分身くすぐり攻撃。なんて凄いヒーロー像だ。もっとやれ(おぃ)
仲間頼りなのは、ヒーロースタイルとして正しいかどうかはともかく、そういう人は多いと思います(笑)
ここに来て新しい仲間キャラがどんどん増えるのは頼もしくて良いかと。

悪魔の角つきメーテル・キヨイ登場。
英語混じりでしゃべる意外と変なキャラですが、
羊さんや家畜に恨みを晴らすと言われたら、そりゃあ人間の理屈では対抗出来ないですわな。

■エム×ゼロ
割と綺麗にオチも付きましたが、そういえばヒロインが随分出てないな。
腹黒ではなかった支部長ですが、見通しの甘さは十分困った人だなあ。

■謎の村雨くん
もうちょっと続きそうな様子。

■ピューと吹く!ジャガー
言われてみればちょっと色が濃い気もします。

|

« 週刊少年サンデー39号感想と夏休みの友 | トップページ | 北海道旅行 »

コメント

>どでかい巨人ってのは、こういう(あまり軽々しく力を使えない)偉い立場の人の決め技
…ハルヒ?

投稿: くらげ兄くん | 2006年9月 4日 (月) 19時00分

あまりハルヒは思わなかったですが、絵ヅラ的には分からないでもないです。

投稿: でんでん | 2006年9月 4日 (月) 19時18分

>ヒーローの分身くすぐり攻撃。なんて凄いヒーロー像だ。もっとやれ(おぃ)

同意です。もっとやって欲しいですね(ぉ

投稿: やまだ | 2006年9月 5日 (火) 01時01分

今後の活躍(コクテン込みで)も期待です。

投稿: でんでん | 2006年9月 5日 (火) 12時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/3314505

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ40号感想:

» バカ漫画レビュー『斬』六太刀「勝ち? 負け?」 [Moon of Samurai]
 ――前回、絶体絶命のピンチを迎えた斬。彼はどうやって貫木の攻撃に対処するのでしょうか。  ――本日はアシスタントとして生まれついてのギャンブラー、ダービーさんにお越しいただきました。 「一応の礼儀と... [続きを読む]

受信: 2006年9月 4日 (月) 16時58分

» 週刊少年ジャンプ【No.40】 [ゲ〜ムやマンガのきゃらと〜く]
おはようございます、管理人のやまだです。 今回は週刊少年ジャンプ40号のやまだ感想です。 ネタバレしていますのでご注意を。 脳内ゲストは小早川瀬那さんです。  小早川 瀬那(こばやかわせな) (画像中央)... [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火) 00時07分

« 週刊少年サンデー39号感想と夏休みの友 | トップページ | 北海道旅行 »