« 小畑健氏逮捕 | トップページ | X-MEN:ファイナル ディシジョン(映画) »

2006年9月11日 (月)

週刊少年ジャンプ41号感想

カラーページで普通に映画デスノートの宣伝をしてますけど、大丈夫ですかねえ。
(詳しくは先日の記事で

■ONE PIECE
海軍の目も節穴では無かったようで、護送船を確保していたルフィ以外の面々も目を付けられました。
精鋭200名といっても「中佐」「大佐」を合わせてなので、「スモーカー大佐クラス」の強者が200人いる訳ではないでしょうが、それでも船にそびえ立つ精鋭達の姿は下手に「軍艦十隻」の絵よりも圧倒感があります。
大砲より人間の方が手強そうに思えてしまうあたりがとても少年漫画(笑)

実際相当に強敵なようで、フランキーのパンチが効かないだけならまだしも、
「ゾロが刀を壊される」というのはかなりのインパクトがありました。
しかも、「ローグタウンで武器屋のいっぽんマツさんが託してくれた“店の家宝”の良業物“雪走”」という印象の強かった刀があれほどアッサリと壊されるとは、
個人的にはセリフだけで説明された(今一信憑性も疑わしい)「パウリー達やフランキー一家の全滅」よりも、何気ない一コマで壊されたゾロの刀の方が、状況の絶望性を強く感じさせてくれました。グッジョブ。

ルフィもルッチの大技を食らってピンチですが、
そんな中でついに素顔をさらしたウソップが!!!
次回はウソップとルフィの熱い再会劇を見せてくれるのではとかなり期待。
これが勝負の鍵だ!(ったらいいなあ)

■NARUTO-ナルト-
アスマとシカマル以外の2人がまずヤバそうです。

■家庭教師ヒットマンREBORN!
「なりそこない」とやらが存在したり、マーモンが怪しかったり。
最初は単なるギャグ設定だった「赤ん坊なのにプロフェッショナル」な「アルコバレーノ」の設定も、そろそろ詳しい説明がされるんでしょうか。(納得のいく説明がされるかは疑問ですが;)

山本の右目が大丈夫かは気になります。
ところでスクアーロって本当に死んだんですか?
冒頭のマフィアの人達といい、「人が死ぬ」漫画になったんですかね。

■銀魂
うう、ギャグで落とす可能性もあるかと思っていたけど、最後までシリアスで押し切られた。普段がギャグだけに効きます。くう;
(これで次回助かってたりってのは無いですよね? 多分)

しかし、刀で車真っ二つは凄いな。

■BLEACH
「地下だから窓がない」
本当にそうなのか、虚園に人間界での常識が通じるのか分かりませんが、
確かに先週言っていたように、案外普通の世界っぽいですな。

「相性ってのは重要だね」と格好良く語る石田ですが、よく見ると、敵をぶっ飛ばしたチャドと違って石田はまだ何もしていないあたり、
ちょっぴりマヌケで石田らしいと思いました。

■こち亀コラボ漫画・両津VS首領パッチ!! 〜Jギャグオールスターズ葛飾大騒動〜
ほぼ裏メインをはってる首領パッチや、美味しいところをかっさらうジャガー勢に対して、今一おとなしい太臓が物足りないなあ。
ペンギンは更に印象が薄くて可哀想なんだけど(^^;

「ギャグオールスターズ」に出てない「リボーン」は、すっかりバトル漫画になったんだなと実感。
そして、「斬」が出てないのに違和感。ギャグ漫画じゃないの?アレ

■こちら葛飾区亀有公園前派出所
あと4年なら修理もありだと思うが。>デジタルテレビ
4年のうちにもっと値段も下がるだろうし。(と思ってまだ買ってません)

■エム×ゼロ
久々にヒロインが出たのに今一影が薄いのが勿体ない;

■太臓もて王サーガ
ナランチャーーーー!!!

この場合誰が一番嫌な位置かと悩んでしまいました>数珠つなぎタワー

もうひとりの太臓が木嶋とした召還契約は、本物の太臓にも引き継がれないんですかね。わくわく

■To LOVEる−とらぶる−
エロ感想は余所に任せます。
>宇宙で一番頼りになる人
他にロクな男キャラが出てないだけという気もしますけど(笑)

■アイシールド21
今度こそ、本当に試合終了。
良かった、「時計係、時間戻して」とか言われなくて(無いって)
長く熱い戦いでした。

栗田の胴上げは嬉しいイベントでした。
あの巨体も9人いればなんとか持ち上がるんだなあ、と思ったけど、公式データブックによると栗田は体重145キロらしいので、それならどうにかなりそうです。

大富豪になったどぶろく先生は、つまらないことでまた金を失うと思います(^^;

落ち込む阿含は印象的。「春大会でぶっ潰してやる」なのは良かったです。
恨んでプライベートで狙ったりしないだろうなと、ちょっと心配でしたよ(^^;
このあたりはちゃんとスポーツマンなんですな。

ところで、阿含は「春大会でぶっ潰す」と言ってますが、
実際の所、ヒル魔・栗田・ムサシ(と雪光)が引退した春大会では、泥門は神龍寺と当たる関東大会に進出出来る可能性は極めて低いのではないかと(^^;
特にヒル魔の抜ける穴はデカすぎます。今の1年生でチームの司令塔になれる人材っていないからなあ。(とりあえず一番頭が良さそうなのは十文字か?)

「サボってた天才の阿含とは違う」「努力する天才が」
という訳で次はいよいよ作品を通してのライバルとも言える進&王城が相手。(まさか王城が1回戦で負けなんてサプライズは無いでしょう)
大会のトーナメントが決まる前は、決勝が王城か神龍寺のどちらかかと思っていましたが、神龍寺の次に王城戦ということで、作品的には「努力する天才」を真のライバルとして扱ったということでしょうか。

しかし、決勝は神龍寺でも王城でもないのですな。
準決勝で王城に敗れるという展開もありえますが、もし勝ち抜いたなら、最後の相手は西武… ではなく、ダークホースの白秋になるのでしょうか。(西武は強さの格が、王城、神龍寺に勝ると思い難い気がします。一度負けた相手にリベンジという展開もありとは思いますけど)

もしも白秋が関東大会最後の相手になるなら、それだけの強敵感を見せつけて欲しいところなので、次回も注目です。

■ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
トロイのベルとは、全執行人が肉体を使者に捧げて巨大な力を得られるようになるけど、命の危険も増すということですか。
元気玉ではなかったんですね。
「戦いが激しくなる」というのも納得ですが、しかし、今名前が出ているキャラ以外の執行人も戦いに参加したりするんですかね?

久々登場の双子は印象的でしt。
しかし、「最強の魔法律家」ってのは、ペイジのことなのですか?
最強だったのか!?

■OVER TIME
鷹見は波音の事を覚えてるんですね。
制服を丸めたグラブでは手が痛そうだなあ;

■魔人探偵脳噛ネウロ
ネウロの緊縛プレイがヤバイ!
えろいなあ(笑)

で、ヒグチさんはまさかの中ボス化。確かに危うい雰囲気は漂わせていましたが、こう来ましたかー。

シャツをズボンに入れるというか、ズボンがシャツと化している着こなしが超オシャレだ!

■D.Gray-man
結局さらわれるのかーーー!?
その手の展開はちょっと飽きてるんですが;

■斬
強者だったんですか?>月島さん

■謎の村雨くん
イチロー・バルトの扱いが泣けます;
ちょっとは活躍させてあげてもいいのに、余裕がないのか?

■みえるひと
ヒーローの分身は殴ると消えてしまうのか!?
次回は偽物の「女の子にモテるヒーロー」が登場しますね?(しません)

飛べると思えば空は飛べる、マトリックスなガクが今回は格好良かったです。
ガクはいいキャラになったなあ。最初はウザい変態としか思ってなかったんだけど(おぃ)

■ピューと吹く!ジャガー
1ページだけジャガーさんの髪トーンが無いのが、なんというか製作状況をリアルに感じました。
今週はコラボもありましたしね。

|

« 小畑健氏逮捕 | トップページ | X-MEN:ファイナル ディシジョン(映画) »

コメント

春大会まではヒル魔たちも大丈夫ですよ。ただ一番大きな競技場でおこなわれるクリスマス・ボール行きを賭けた秋から冬にかけての大会は、今回で最後となります。

投稿: path | 2006年9月11日 (月) 15時04分

たしかアメリカ編でのどぶろく先生との会話で「泥門の部活は2年まで」というようなセリフがあったので今回が2年生最後の大会と思っていましたが、勘違いしてますでしょうか^^:?
(巨深との会話でもそんな話があったような)

現在外部ですので、夜帰宅したら確認させていただきます。

投稿: でんでん | 2006年9月11日 (月) 16時31分

9巻確認しました。
76話のヒル魔のセリフにて「泥門の部活は2年の秋大会で終わりだ」とのことです。
随分早い引退だと思いますけどねえ(^^;

投稿: でんでん | 2006年9月11日 (月) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/3396818

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ41号感想:

» バカ漫画レビュー『斬』七太刀「嵐の前の静けさ」 [Moon of Samurai]
 ジャンプでの掲載順位がそろそろあるべき位置に落ち着きつつある『斬』のレビューの開始です。え? 本当ならもっと下のはず? やだなぁ、厳密にやったら連載そのものが打ち切られる本誌からハミ出て別冊で出版しなくちゃ... [続きを読む]

受信: 2006年9月11日 (月) 18時04分

» NARUTO [気になる言葉]
『NARUTO-ナルト-』は、1999年から「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載されている岸本斉史の少年漫画作品。およびそれに基づいたアニメ作品。忍者の頭目を目指す少年を中心に描く忍者アクションコミックです。 [続きを読む]

受信: 2006年9月12日 (火) 21時20分

» 週刊少年ジャンプ【No.41】 [ゲ〜ムやマンガのきゃらと〜く]
おはようございます、管理人のやまだです。 今回は週刊少年ジャンプ41号の感想をお送りします。 ネタバレしていますのでご注意を。 脳内ゲストは桂木弥子さんです。  桂木 弥子(かつらぎやこ)   (画像... [続きを読む]

受信: 2006年9月13日 (水) 00時02分

« 小畑健氏逮捕 | トップページ | X-MEN:ファイナル ディシジョン(映画) »