« 今月のスティール・ボール・ラン | トップページ | 週刊少年サンデー47号感想 »

2006年10月23日 (月)

週刊少年ジャンプ47号感想

■ONE PIECE
戦いも終わってエピローグ。
先週までで残っていた当面の課題・伏線としては、
 1.メリー無き後の新しい船の調達
 2.ゾロの新しい刀の調達
 3.船大工の仲間入り問題
 4.ウソップの仲間への復帰問題
 5.フランキーに使われた2億ベリーの使い道の謎
 6.世界政府相手に戦ってしまったガレーラ・フランキー一家の今後の処遇

と言ったものがありましたが、
今回で1と5は一気に解決したようです。
フランキーの夢が「夢の船を造り上げる事」だというのは、過去編を読んだ後では頷ける話で、ルフィ達の新しい船としても相応しいものでしょう。

ただ、フランキーは自分だけで造るつもりなんですかね?
フランキー一家は解体はともかく造船のスキルはなさそうですし、やはりガレーラと協力してという展開がしっくり来そうな気はします。
ところで「砲弾がふり注いでも立ち続ける木」って、人が加工出来るんでしょうか?(^^;

3の船大工問題。新しい仲間い相応しそうなキャラとしてはもうフランキーしかいないと思うんですが(パウリーは既に小者感が出てますし;)、
フランキーがルフィ達の仲間として旅に出る理由も無さそうなんですね。
旅に出る理由としては、フランキーもお尋ね者になるだろうし、「宝樹アダムを見たい」とかあるかも知れませんが、『フランキーが一家と離れる理由』は無さそうな気も。
フランキーがお尋ね者として旅に出るとか言ったら、一家も喜んで付いてきそうですしねえ。
一家ごと仲間入りの可能性は、どーだろ;

3に連動して、6の『世界政府相手に戦ってしまったガレーラ・フランキー一家』が今後ウォーターセブンで普通に過ごせるかどうかも疑問なんですが、そのへんはどう考えてるんでしょうねえ。正体がバレてないとも思ってないだろうし、『俺達は死んだことにする』計画も既に破綻してますし(^^;

4のウソップ問題については、何かケリをつけるエピソードが入って仲間に戻ると思いますが、もうちょっと引っ張るでしょうか。

さて、海軍も遂に動き出したかと思ったら、“ガープ中将”が登場しました。
名前も顔も覚えがあるけど誰だっけ?、と思ったら、表紙連載の『コビメッポ奮闘日記』でコビーとヘルメッポを引き取ってくれた人ですな。
と言うことは、今回顔の下半分だけ出た『2人共』で『モンキー・D・ルフィに会わせたい男達』も彼らなわけだ。これは燃えます。
しかしそのガープ中将がゴールド・ロジャーを追い込んだ人で、更にはルフィのじいさんだとは!?
ただルフィ達を捕まえに来たわけでも無さそうですが、どういうつもりなんでしょう。
ゴムのルフィを殴れるってのは、言葉通りに「愛ある拳」だから仕方ないのか、はたまた何らかの能力だったりするんでしょうか。

■家庭教師ヒットマンREBORN!
次の敵の人はロボットでしたか。指なんかジオングですよ。出るのが実弾ならむしろグフか、或いは004か?
ところでぶっちゃけ、ヒバリの勝負やツナの特訓よりも、置き去りにされたクロームがどこで寝たのか、今後どうするのかとかの方が気になります。

■BLEACH
織姫はもう身も心も藍染様のものだそうです。あの服には洗脳効果でもあるんでしょうか?
どうでもいいけどあの服は似合ってないと思う。
ルキア・石田・チャドが十刃と渡り合えるのか心配です。

■銀魂
カーテンの上のシャーってなる奴って、カーテンとカーテンレールを繋ぐ“コマ”の部分の事でしょうか?
何て言うんだろうなアレ。
ゴスロリ衣装とは言わなくても九ちゃんには普通に可愛い服でいいと思います。
まったく東城さんは若が好きなのかゴスロリが好きなのか?
しかし、歩はとっちゃったら綾になるのかー!?(笑)

近藤さんはいっそさっちゃんとストーカー同士でつき合ってみたらいいと思いました。

■NARUTO-ナルト-
助かるのかと思いきや、アスマ死亡。
アスマ班の残り2人には何も言わなくていいのだろうかと思いました。

■アイシールド21
バリスタの正体は「進が攻撃もする」でしたか。守備重視から攻撃も重視するということで、確かに巨大な武器である『バリスタ』と言うなら攻撃型をイメージさせる名前だったかも知れません。
王城と泥門はセナと進、モン太と桜庭、ヒル魔と高見、栗田と大田原というように、能力的にもキャラクター的にも対になるライバル対決が多いですので、試合展開が楽しみです。

クイズ大会は、桜庭がこんなことで怪我したりしないか心配です(笑)
ギャグパートでのダメージは問題ないと思いますがー(^^;
来週には舞台が変わってしまうかも知れませんが、それだと大田原と桜庭のメイド姿は公表されないままなのか??、そっちもどーせなら描くべきなのでちゃんと描かれるか心配です(笑)

虎吉の足はなかなか治らないですね。春大会時点で「リハビリに1年かかるか2年かかるか」と言われていた訳ですが、この試合を切っ掛けに治る…なんてことはさすがに無いですかねえ。

■D.Gray-man
ノアより神田の方がよっぽど不死身ですな。

■P2!−Let’s Play Pingpong!−
とりあえずアキラの方が十悟より器がでかそうなのはよく分かります。
試合になるとやっぱり乙女ちゃんが空気になるなあ。今後の事を考えれば試合中の乙女ちゃんの相方の解説役が必要だろうなあ。(部長あたりか?)

■エム×ゼロ
化け物が九澄Bなのは分かりましたが、伊勢Bと合体してるのには気付きませんでした。背の高さを考えれば分かりそうだったのに(^^;
この試験はSDキャラも可愛くて展開も素直に面白かったですよ。

■魔人探偵脳噛ネウロ
「車の事で何か忘れているような」は最後まで忘れたままになると思いました。哀れ吾代さん(笑)
ネウロ達が山から降りる間にやっぱりHALは準備を整えてしまいました。いよいよ原子力空母に乗り込むしかないのか?
…などと思っていたら、TV画面を前に実にさりげなくネウロが『ビチャ』とかなってしまいました。うわあ、このさりげなさが実に恐ろしい。
戦闘機か何かから狙い撃ちでもされたんでしょうか?

新しい総理大臣も早速受難の様子。この世界での総理はエピソード毎に変わり続けて皆がえらい目にあう運命が待っていそうな気がします(笑)

人間相手ならともかく、HALを相手にヤコにどんな役割が残っているのだろうと思っていましたが、パスワードの解除ですか。
人間春川の心を見通さねばならないのでしょうが、なかなか大変そうな;

■BABY DEVIL エピルくん
読切。
永崎くんの頭の方が希少生物だと思いました。

■HAND’S
「あのガキを殺して何の意味がある」
全くだ。こちらが思って事をちゃんと作中の人物が言ってくれて良かったです。
もういいかげんちゃんとハンド漫画になって欲しいですが、
組長の存在感からしてずっとヤクザは付いて回るんでしょうか。いらんけどなあ。

■ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
「作戦その2」全く通用せず。
「もったいぶってるヒマは無ェ」ということは次は「作戦その3」なのでしょうか。
最後には「肉体」も使っちゃいそうですが。

■To LOVEる−とらぶる−
ステレオタイプな沙姫さまはどうでもいいですが、
レン実は女疑惑の行方が気になります。アニマルレンに期待。

■太臓もて王サーガ
いつにも増してひどい展開だ(笑)

■OVER TIME
やっと主人公の存在意義に触れてくれる様子。
手遅れじゃなければいいですが。

■斬
敵3人(+キノコ)に対して味方の頭数が足りないと思いましたが、敵がそのまま味方化ですか。なるほど。

■ピューと吹く!ジャガー
えー、ジゴとは尻とか内臓らしいです。どちらの意味でも当てはまりそうな;
リバテープは救急絆創膏らしいですが、
「尻が出そうになったらバンドエイドで防ぐ」のか
「内臓がでそうになったらバンドエイドで防ぐ」のかどっちなんでしょう。

「以上 台風情報でした」に笑ってしまいました。
次号予告によるとジョン太夫話で続くみたいですが、本当に続くんですかねえ(^^;

|

« 今月のスティール・ボール・ラン | トップページ | 週刊少年サンデー47号感想 »

コメント

ガレーラ・フランキー一家についてですが
エニエスロビーで海軍は彼らを
「麦わら一味」として認識してますよ。
読み返せばわかるかと。

なので、彼らをガレーラカンパニーやフランキー一家には結びつけてはいません。
顔なじみのあるCP9が彼らを見ていれば話は別ですが
実はCP9とガレーラ・フランキー一家はエニエスロビーでまったく接触してないんですね、これが。

投稿: 通りすがり | 2006年10月23日 (月) 10時10分

会社なので(おぃ)読み返せないですが、確かに「麦わら一味」と呼称していたっけ。
CP9もガレーラとエニエスロビーで接触していないからこそ、ゾロへの「伝言」が生きましたね。
しかしそれでもガレーラ&フランキー一家の介入を気づけないほど海軍が無能なのかなあとも思いますが、… … … 無能かも知れないですねえ(^^;;;

どのみちこれから数週でハッキリすると思いますが、
少なくともルフィ一行以外ではフランキーと巨人2人の立場はヤバイでしょうね。
巨人達はいずれ旅立つとしても、フランキーがどうするのか、
フランキー一家の戦いへの参加がバレてないのなら、フランキーが一家と離れてルフィの仲間入りという展開もやりやすそうですね。

投稿: でんでん | 2006年10月23日 (月) 11時00分

>BLEACH
>どうでもいいけどあの服は似合ってないと思う。

激しく同意です。
口に出して突っ込みたくなりました。

>ジゴ

やまだも気になって調べてみたんですが、その過程で余計な知識を得てしまいました。
「格好つける」事を「シコる」と言うのだそうで・・・・
・・・・・でも流行ったら面白いかな。
「お前相変わらずシコってるな」という会話が街中で(ぉ

投稿: やまだ | 2006年10月24日 (火) 23時34分

シコの件は知らなかったですねえ。
シコを踏むとかとは関係は…ないですかねえ。

投稿: でんでん | 2006年10月25日 (水) 12時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/3925240

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ47号感想:

» 週刊少年ジャンプ【No.47】 [ゲ〜ムやマンガのきゃらと〜く]
おはようございます、管理人のやまだです。 今回は週刊少年ジャンプ47号のやまだ感想です。 ネタバレしていますのでご注意を。 脳内ゲストは坂田銀時さんと志村新八さんです。  坂田 銀時(さかたぎんとき... [続きを読む]

受信: 2006年10月24日 (火) 22時51分

« 今月のスティール・ボール・ラン | トップページ | 週刊少年サンデー47号感想 »