« 週刊少年サンデー48号感想 | トップページ | DEATH NOTE -デスノート- the Last name(映画) »

2006年11月 6日 (月)

週刊少年ジャンプ49号感想

デスノート映画後編見ました。感想は明日ム。

■家庭教師ヒットマンREBORN!
どっこい生きてたモスカのおかげで火の七日間状態に。ほとんど巨神兵です。
ぶっちゃけヒバリのポカという気がしますが、ツナが到着しちゃった以上、もうヒバリの出番は終わりでしょうか?
「世話の焼ける女」髑髏のダメ子ぷりがいいと思いました。

■ONE PIECE
この世界は月世界人がいるのか!?
まあ、今更驚くことでもないかも知れない(笑)

本編は先週に引き続き色々な新事実が分かったり伏線を回収したり。
まだ次のルフィ達の冒険がどうなるのかは読めませんが、色々と下ごしらえをしている様子。
海軍は結構手軽にグランドラインの内外を行き来してる印象がありましたが、「軍艦がカームベルトを抜けられる理由」はやっぱりちゃんと設定があったんですね。てっきり巨大な橋なり人工海路なりでも作ってるのかと思ってました。
科学者の“Dr.ベガパンク”はそのうち本人も出てきそうです。前線に出てきてルフィ達と出会ったりはしないかも知れませんが。

青キジの真意も語られました。何のかんの言ってもやはり青キジもロビンの事を気にかけていたが故の行動だったわけですか。渋い。
青キジさガープを見ていると海軍も一つの意志だけで固まった集団では無いというか、海軍の偉いさんの考えも人それぞれだとよく分かります。
コビーにも、自分の確固たる意志を持った海軍大将になっていただきたい。

「孫に愛されたい」ガープの身勝手っぷりが素敵(笑)

「私もやってみようかしら」なロビン。見たいような見たくないような(^^;

■BLEACH
ネル、足はやっ!

一護達の様子を覗き見する東仙ですが、えーと、目が見えないんですよねこの人。
戦いの場なら“霊気”だの“気配”だの“心眼”だの“超音波”(?)だので対応出来るとして、映像はどうやって“見て”るんでしょう。
「気配も映せる映像なのだ」と言われればそれまでですが。

一護の最初の相手は十刃落ちの人とのこと、まだまだ先の長い展開になりそうですね。

■魔人探偵脳噛ネウロ
HAL編も終盤に入ったようで、やっぱり出てきた早坂兄弟にアヤさん。
巨敵を前に皆の力を集結する展開が意外と(笑)、少年漫画的な熱い展開です。
爽やかさには欠ける気もしますが(笑)
アヤに懐いているというか、頼ってしまっている看守さんに笑いました。

それにしても可哀想な吾代さん(笑)
やっぱりネウロは何の保証もしてくれるわけがないですね。
ヤコも現在ただ働きなんですが、学生の間はいいけど、ヤコが学校を卒業してもネウロは探偵役をやらせるんでしょうねえ。
その場合、最低限の給料くらいは出してもらえるんでしょうか(^^;

早坂兄はやはりまだネウロに怒りがあるようで、青筋が立ってますけど。
今のネウロなら銃一発でもヤバイんじゃないかなあ(^^;
ネウロが吾代(→早坂兄弟)に頼んだ物は、空母に潜入するための道具なんでしょうね。
小型潜水艇とか?

■銀魂
嫌だよこんなCM(笑)

ドゥルルルル ドゥルルル
パッショーネのボスでも出てくるかと思いました。(あれは「とおるるるる」ですか?)

昔のドラクエはよくデータが消えましたねえ。何度やり直したことか。
最初に卵さんが認識した銀さんの言葉「最後まで見ててくれよ」が伏線かも知れないと思ったけど、どーだろ。

■To LOVEる−とらぶる−
文化祭って先週のアレで終わりでしたか。
基本的にイベントはあっさり流すなあ、この漫画。

■HAND’S
まだ刺さってたのか田中君。回想シーンでの顔とセリフが先週と違う気もするけど。
その後抜いてもらえたんでしょうか。
後半のモブシーンの中に田中君がいるのかどうかイマイチ判断が出来ません。

本編は、そういえばハンドは「空中戦」が大事だと前に言ってたなと思い出しました。

■アイシールド21
お風呂も濡れマスクといっしょ、寝るのも濡れマスクといっしょ。
いつも一緒で布団がグジュグジュに。
と言うか、寝てる間に窒息しそうですよ? こわム
果たして3日程度で効果が出るのかはやっぱり疑問ですが、なりふり構ってられないって事なんですねえ。

決戦を前に語り合うどぶろく先生とショーグン。こういうシーンはグッと来ます。
どちらも応援したくなる試合ですが、さて。

ちなみに、カラー画集は実にいいものでした。創作意欲が湧いてきます。

■ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
少々の工夫では全く敵わず。
逆にこれくらいで倒せてしまったら拍子抜けする訳ですが。
これ以上は打つ手が無さそうですが、どうするんでしょう。

■エム×ゼロ
順当に面白かったです。
出番の無かった影山くんは、うまくすればいい不幸キャラになると思いました。

■P2!−Let’s Play Pingpong!−
段々熱くなってきました。
しかし、頭を怪我したんだから一日くらいは大人しくした方がいいとは思う(^^;

■こちら葛飾区亀有公園前派出所
ギターネタは全く分かりませんが面白かったと思います。
エア感想やエア漫画更新は楽そうでいいですね。

■太臓もて王サーガ
兄貴はやっぱり最高だなあ。
「(へを)ブッ放す」と心の中で思ったならッ!
その時スデに行動は終わっているんだッ!

■OVER TIME
不愉快なキャラを出さないと話を回せないのかなあ…

■斬
>どちらか勝った方…、強い方と僕たちは戦わなきゃいけないんだ…
戦ってる若い2人は置いといて、月島を助けに行けばいいんじゃないでしょうか?
武士らしくなくてダメなんでしょうか。

■ピューと吹く!ジャガー
すげえスプラッタ漫画ダー(笑)

|

« 週刊少年サンデー48号感想 | トップページ | DEATH NOTE -デスノート- the Last name(映画) »

コメント

>「私もやってみようかしら」なロビン。見たいような見たくないような(^^;

見たい!!(^^)

ところで、いよいよシャンクスが白ひげと会うわけですが、シャンクスって四皇ってことは能力者なのかな?それとも能力者じゃないけど何かすごい力を持っているのかな?
うーん、
楽しみ!

投稿: けん | 2006年11月 7日 (火) 23時18分

やっぱり見たいですね(笑

シャンクスは以前、鷹の目のミホークに「片腕のお前と戦っても仕方ない」みたいなことを言われてましたけど、
片腕になってもこれだけの大海賊をやっていけてるのは、やはり今でも戦える能力を持っているのかも知れませんね。
あるいは片腕になった後で能力者になったということも考えられますし。
(昔は確か泳いでルフィを助けましたし)

投稿: でんでん | 2006年11月 7日 (火) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/4081293

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ49号感想:

« 週刊少年サンデー48号感想 | トップページ | DEATH NOTE -デスノート- the Last name(映画) »