« ナチョ・リブレ 覆面の神様(映画) | トップページ | 週刊少年サンデー50号感想 »

2006年11月13日 (月)

週刊少年ジャンプ50号感想

■ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
努力と友情で勝利(多分)、
もとい努力と勇気ですか。
これまでの展開の中で最も少年漫画らしかった気がします。

■NARUTO-ナルト-
これでシカマルは煙草吸いになっちゃったわけですね。
ナルトの螺旋丸+風は以前の予想通り3人がかりでした。絵的には面白いような格好悪いような。

■ONE PIECE
いきなり攻撃かよっ!
エネル変わってねー

シャンクスとターンエーガンダム 白ヒゲ対面。
“覇気”で雑魚を気絶させるわ天を割るわ、すごいハッタリです。
シャンクスが「ティーチ」から手を引けと言うのは正直ピンと来ませんが、
次回(であろう)ティーチとエースの激突を見れば何かが分かるのでしょうか。

ルフィ達の次の相手は黒ヒゲ一向になるのかと思いましたが、どう話が転ぶかはまだ読めませんね。
しかしまあ、つくづく伏線のスパンの長い(長すぎる)漫画だ(^^;

■エム×ゼロ
基本的に学校の中でしか魔法は使えないわけですが、魔法空手部とかプロレス同好会とかは他校との試合は無いんですかね?
それとも他にも魔法学校があるのか?

最後の誤解展開はすぐに解けそうな気もしますが、ラブコメ展開促進には刺激になるんじゃないでしょうか。

■BLEACH
>十刃でもねぇ連中にイチイチ卍解なんか使ってらんねえんだよ!!!
意地を張る所じゃないと思います。
十刃落ちしていたグリムジョーにも最終的には勝てなかったわけだし。

ネルは何か活躍しちゃうんですか?

■D.Gray-man
神田死亡?
この漫画の生死は容赦ないから本当に死んだんですかね?

■アイシールド21
雪さん、まだ親にバレてないのか。
まあ、スポーツ中継とか見なさそうな親だし。

泥門VSほとんど裏の主役と言っていい王城との対決開始。
“セレモニー”をじっくり描いてくれて、さすがに感慨深いです。

今回はセナの顔が何だか違うと思いましたが、真剣味が増してるものあるでしょうが、雨でトンガリ髪が落ちてるから余計違って見えるんですかね。

「昔」と「今」の泥門整列絵の対比、石丸さんの扱いが(笑)

■太臓もて王サーガ
間違った方向でのサービスばかり目立つ回でした(笑)
真白木の子分が2人とも真白木×阿久津派に!
今回の話は実は重要なターニングポイントだったのか?(真白木にとって)

■P2!−Let’s Play Pingpong!−
ゲームに見立ててのヒロム練習参加だったり、サブキャラクター紹介の回。
なんのかんの言っても先輩達ヒロムに優しいですな。
新たに名前の出てきた2人の先輩達もちょっとお馬鹿系でいいキャラのようです。

今回は出番が無いかと思ったら、オチ要員に使われた乙女もいい味でした(笑)

卓球解説は分かり易くて良かったです。

■ギャグマンガ日和
月間ジャンプは読んでないんですが、アニメで妙にクセになってますギャグマンガ日和〜♪
子は親の鏡ですな。

■家庭教師ヒットマンREBORN!
9代目が中から出てきてこんにちは(モスカの)
ツナの唐竹割りで9代目まで切れて無くて良かったです。
でも、9代目が腹を怪我してるのは、もしかしてツナのパンチのせいですか?;

■銀魂
機械相手ということもあってか、全く容赦なく戦う神楽が頼もしいというか恐ろしい。
メイドVSチャイナはシュールな絵だなあ。

■To LOVEる−とらぶる−
ララごと早退しろと思うわけだが^^;
保健室の先生は宇宙人か何かですかね。或いはミスリードか。

■こちら葛飾区亀有公園前派出所
両津似顔絵寿司は案外それっぽいンじゃないでしょうか。出来ればカラーで見たかったですが。

本編は、昔ウルトラクイズで個人用潜水艇が賞品になったことがあったなあと思い出しました。

■魔人探偵脳噛ネウロ
海に孤立した空母には人的・機材的に補給が必要だろうとは思ってましたが、
電子ドラッグ中毒者を使う事自体は想定してましたが、まさか泳いで来させるとまでは思いませんでした。シュールすぎる(笑)
背泳ぎなのは荷物を濡らさないため(それでも濡れると思うけど)か、
息継ぎのいるクロールとかよりシンプルな命令ですむからなのか?

ヤコの春川の痕跡探し。てっきり春川の研究所でも調べるかと思っていましたが、考えてみればその辺りの資料は警察に押さえられていて当然ですね。
早坂兄弟やアヤに続いて笛吹さんまで協力が得られて正に皆の力を結集する展開です。笛吹さんの財布の明日はどっちだ!?(笑)
笹塚さんの出番が無いのは残念です。
石垣さんは、まあいいや(笑)

ヒグチのことをちゃんと心配してる笛吹さんがいい人だなあ。しかし、実際電子ドラッグに囚われた人々の事件後の扱いは気になるところです。その辺りもちゃんと描いて欲しい所ですが。

ネウロはちゃんと早坂兄弟に対価を用意してたのですね。着実に貯蓄していたのがここで役に立つとは(笑)

警察による「春川の情報」は手掛かりとしては多すぎて、かえって混乱するのではとも思いましたが、ヤコは何かを掴んだ様子。
どんな答えなのかに期待です。

■HAND’S
ハンドの各ポジション及びチームメンバーの説明
…はいいんだけど、もっと基本的なハンドのルール自体を先に説明して欲しいんですけど。
マイナースポーツ漫画は『そのスポーツを魅力的に紹介出来るかどうか』が鍵なんですが、今の時点では及第とは言えない気がします。

■OVER TIME
急に展開が早くなったような。

■ピューと吹く!ジャガー
落ち着いた顔してとんでもないことを話すお母さんが(笑)


|

« ナチョ・リブレ 覆面の神様(映画) | トップページ | 週刊少年サンデー50号感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/4172804

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ50号感想:

» 週刊少年ジャンプ【No.50】 [ゲ〜ムやマンガのきゃらと〜く]
おはようございます、管理人のやまだです。 今回は週刊少年ジャンプ50号の感想です。 ネタバレしていますのでご注意を。 脳内ゲストは梅川花子さん、松井慶太さん、竹田準一さん、長谷川さんです。  梅川 花子... [続きを読む]

受信: 2006年11月13日 (月) 22時47分

« ナチョ・リブレ 覆面の神様(映画) | トップページ | 週刊少年サンデー50号感想 »