« ソウ3/SAW3(映画) | トップページ | 今月のスティール・ボール・ラン »

2006年11月22日 (水)

週刊少年サンデー51号感想

■MAJOR
試合開始。
完全に野球のみの展開になると、野球自体にあまり関心のない身としてはあまり語ることが無くなるわけです(^^;

■金色のガッシュ!!
デュフォーの過去の回。現実味はあまり感じませんがそんなことは今更言うことでもないので良し。
今のデュフォーの人格形成の元話としては割と納得がいった気も。
怒りや恨みをバオウに喰われたらデュフォーもすっきり爽やかになってしまうんでしょうか?

■ダレン・シャン
先週に続いて、昨今のサンデーではなかなか描きにくそうな話をきっちり描ききったかと思います。
R・Vはあれっきりなんですかね?

■史上最強の弟子ケンイチ
美羽が囚われのお姫様になるようなお約束な展開はあまり見たくないかなあ。
もしそうなったら、ケンイチは一人で孫をさらわれて怒る我流Xと対峙するハメになってしまうのか?
死んじゃう!ケンイチが死んじゃう!!

■MARオメガΩ
RPGのお約束的な話だったなあ(^^;
とりあえず、ルーラで瞬間移動よりは竜にのって旅をする方が絵的には楽しいです。

■GOLDEN★AGE
近江が特訓したとしても、試合までに急激に上手くなるのは難しいのではと思ってましたが、
今回の描写を見ていると“コツ”に気付いて急成長も有りかなと思えました。これまでの頑張ってきていた描写の積み上げもありますし、ここらで化けてくれれば嬉しいところ。

■妖逆門
雪ノ心は簡単に消えるには惜しいと思ってましたが、ベスト8と言うことでまた再登場する様子。ロンドンもまだ出番がありそうですね。(メガネの娘もだっけ)
今回登場した中ボスキャラは顔見せで力を見せつけるなり、主人公の才能の片鱗を認めるなりで消えると思いますが、さて。

■結界師
烏森こえー
あっさりと黒兜が崩壊してしまいました。
黒兜のというよりは「烏森のやっかいさ」を見せつけたエピソードだったように思えます。
奥久尼の判断次第で良守達の立場にも変化が生じたりするんでしょうか。

時音は結局本格的な活躍は無しですか、残念。箱男弟との対決くらいは見たかったですが、このエピソードでの時音の行動は果たして後に何か繋がるのか?

■最強!都立あおい坂高校野球部
MAJORに続いてこちらも決戦開始。
勝っても負けても作品的にはクライマックスになりそうです。

■ハヤテのごとく!
ヒムロも金持ってないんですかい。
とりあえず、強盗一人くらい問題なさそうな面子に思えますが、ヒナギクもやって来ちゃいそうですね。

■助けて!フラワーマン
モヒカンなのに優しそうだ!(偏見)
今回くらいのスケールが花屋漫画にはちょうどいい感じです。

■あいこら
やっと弓雁が事態に気付いた様子。
桜子はともかく、ハチベエは前に告白されたんだから弓雁のことも気にしてやれよとは思う。

■RANGEMAN
ブルーさんは変身の秘密は分かってなかったんですね。まあ、知っていて黙ってそれを許す性格じゃないか。
変身の真実をを錬児が知れば、かなり大きな話の転換点になりそうですが、さて。
久しぶりの原チャ子さんは存在感のあるキャラなので嬉しいところ。

■武心BUSHIN
うーむ、流星母は武士の妻だなあ。
で、流星&柴尾父ばかりか真弓までローゼンバッハに行くんですか?
真弓も警備の道を目指すんでしょうか。危険そうだなあ。

■焼きたて!!ジャぱん
まだ続くのか?
ビックリした!

■ブリザードアクセル
うーむ、すごい純愛漫画だ。見応えがありました。
次回からはラブ分の少ない展開に戻るんでしょうねえ。

■絶対可憐チルドレン
紫穂の異名は「“禁断の”女帝」ですか。本編中で明かして欲しかった気もしますが、なかなか似合っている名前かと。
兵部と不二子ちゃんの超能力バトルはさすがに高レベルで迫力がありました。さすがにこの場でどちらかが姿を消すと言うことはまだ無かったですか。
エロコメお流れは残念です(笑)

■聖結晶アルバトロス
終了―。見事に戦いはこれからだエンド。残念です。
キャラクターや絵は魅力的で応援したかったですが、ストーリーにもバトルにもイマイチ緩急や盛り上がりにかけて、打ち切りもやむなしかとは思います。
ネーム力を鍛えて戻ってきて欲しいですね。でなければ原作付きとか?

最終回なのに色々気になる伏線や真相や新たな謎がてんこ盛り。気になるなあ(^^;
単行本なりで少しはフォローされるのでしょうか。
リカの出番はフォローされそうですが(笑)

敵役として登場したのに妙にユウキびいきなクレイン組。クレインとユウキ父が同じ種族のモノバイルであることも何か関係があるのでしょうか。
母の「あなた達がやってきて…」というセリフからすると、父だけでなくユウキも一緒につれてこられたと言うことか?
モノバイルと人間の混血という訳じゃなかったんですかね?

ゴミ子状態で“炉”を髪で隠しているのが分かったのはビックリでした。

|

« ソウ3/SAW3(映画) | トップページ | 今月のスティール・ボール・ラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/4280306

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー51号感想:

« ソウ3/SAW3(映画) | トップページ | 今月のスティール・ボール・ラン »