« 週刊少年サンデー50号感想 | トップページ | ソウ3/SAW3(映画) »

2006年11月20日 (月)

週刊少年ジャンプ51号感想

■BLEACH
やっぱりとっとと見切りをつけて卍解したほうが無駄なダメージも少ないし賢いでしょうな。卍解以上の切り札もあるわけだし。
ネルはただのマスコット要員では無かったようで。

■家庭教師ヒットマンREBORN!
これがいわゆる「中の人」というものですか。成る程~

「誰が悪い」って、そんなのは「9代目をモスカに入れた奴」に決まっているわけで、XANXUSの発言には実にムカつくことが出来ました。
今回の展開は一気にツナに感情移入させてくれて、実に上手く読者の感情を誘導してくれる熱い展開だったのではないかと思います。

■ONE PIECE
船造りにいそしむフランキー。「砲弾がふり注いでも立ち続ける木」の“宝樹”も普通にカンナで削れるんですね。あまりに硬すぎる木ならどうやって加工するのかと思ってました(^^;
しかしフランキーやヨコヅナだけ(フランキー一家が手伝ってないのはスキルが無いから、というか、壊滅した家の修復をやってるからか)では、いつになったら船が出来るのか心配なところでしたが、
やはりと言うか、アイスバーグやパウリー達も船造りに参戦。それを期待していました。やはりそうでなくては。

フランキー一家が賞金クビにはならずにすんだようで良かったです。なるほど“青キジ”ですか。
「お前のじーさんが~」に対しての「ムリムリムリ」は笑いました。ロビンまで手降ってるし(笑)

しかし、フランキーまでは逃れられなかったようで。そりゃあそうだなあ。元々マークされてたわけだし、設計図を燃やしてCP9の恨みも買ったし。
これで本格的に“船大工”フランキーの仲間入りが確定と考えて良さそうです。
ところで、ルフィはフランキーの「いいところ」を直接的には随分見損ねてきているわけで、仲間になってもルフィとは喧嘩相手っぽくなったりして。

金を宴につぎ込んで殴られるルフィ。ゴムなのにちゃんと殴られてるのは、ガープ中将言うところの「愛ある拳」だからなのか?(笑)

ゾロの新しい刀は冒険のイベントの中で見つけることになるんでしょうか。刀屋の人も「アイスバーグの恩人」なのだから安い代替え刀を譲ってくれてもなあとか思っちゃいましたが、虫がいいか(^^;

ウソップは“そげキング”として船に戻ることになるのではないかと。賞金クビにもなっちゃったし(笑)

“黒足のサンジ”、通り名は格好いいのに(笑)(^^;
“赤足のゼブ”に通じる名前なのですな。

■To LOVEる−とらぶる−
この漫画に出る犬はみんな目がいっちゃっててステキです。
「遠くからでも強制的にリト殿を元に戻せるメカを作るしかないのでは」のセリフでオチが読めた気がしていましたが、時間制限で戻っちゃいましたな。
まあ、オチとしては変わりないですが(笑)

■NARUTO-ナルト-
シカマル達の出発は無断での行動だったようで、敵討ちに行くつもりなんですよね。
3人だけで飛段をどうにか出来るとも思えないのですが(カカシが加わっても無理そう)、ピンチのところにナルト達が駆けつける展開になるのでしょうか。

■銀魂
メイドこえー
林博士は自分の人格を伍丸弐に移すことに前から成功していて入れ替わっていたということですか。

■アイシールド21
ディフェンスの合間を見つけようとしても“合間”が見つからない。この描写は「山下たろーくん」のバットの描写だったかなあ(?)

王城のこれまで全然キャラの出ていなかった守備軍団の猛攻。そういえば“東京ベストイレブン”の守備部門は王城がかなり独占状態でしたっけ。こうした名もない(いや一応名前は出てるんだけど)キャラに活躍されると、王城の「層の厚さ」というものを感じさせてくれます。
そして進との最初の対決。最初から勝てるとは思いにくいですが、見物です。

■D.Gray-man
ようするにノアの連中は「中の人(ノア)」の意志に引きずられて戦ってるんですかね。なんだかいいキャラな奴らです。
次に戦うのはアレンのようで、「俺に任せて先に行けバトル形式」で2回目に主人公が戦うのは珍しいかも?
しかし、相手が2人だから、こちらもペアで戦うことになるでしょうか。
アレンと組むのは、“アクマの血(ちょめ助の?)”でパワーアップしてるクロウリーでしょうか。

■魔人探偵脳噛ネウロ
¥269,000-
…弥子すげえ。そりゃあ桂木家の財政も大変だ。お父さんが死んで1年経ってないだろうにもう生命保険がピンチとは、ホントに億くらい行くんじゃ無かろうか(笑)
ネウロが給料を出してくれればねえ(^^;

弥子は遂にパスワードを掴んだ様子。HALの動機はまだよく分かりませんが、今回の流れを見ていると、もしかしてタイトルの「しょくひ」にも関係があるのかも?
この作品って、実は「食べる」事が根底のテーマみたいですしね。ネウロも弥子も、あとドーピングコンソメスープのシェフとかも(笑)

早坂兄弟にネウロが頼んでおいたものは、どうやら戦闘ヘリだったようです。派手ですねえ。

■テニスの王子様
この漫画の真骨頂的な展開に(笑)
「いや、そーいう問題じゃ…」って、注意が遅すぎるよ審判(笑)

■HAND’S
無茶な行動ながらも謙虚さと通す筋を分かってる主人公は好感が持てました。
しかし、橘親父の外道っぷりはひでえ;

■こちら葛飾区亀有公園前派出所
ベアポリス。シュールだ(笑)
あの手で握った寿司は食べたくないなあ。
今回の作画がラクそうなような大変そうなような。

■ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
ミックにも禁書にすがる理由があった。…と言われてもまるで同情は出来ないわけですが。
とりあえず箱船の残りのメンバーにはミックの姉弟がいるわけですか。

梅吉達はどうやら危機一髪で帰還出来た様子。後一歩遅ければ、ティキまで連れて帰ってきてた訳ですか。そりゃやべえ。

■エム×ゼロ
ラブコメ分促進。いいことです。
このまま三角関係とかにはならなくていいですが。

■P2!−Let’s Play Pingpong!−
クマ主将登場!ステキだ!これもベアポリス計画の一環か?(関係ない)
ずっとクマでいてください!(笑)
いやーいいキャラですな、主将。
新歓コンパは別に2回やってもいいんじゃないでしょうか(笑)
天地魔闘に燃える。倒せ大魔王!

■OVER TIME
む、ラストへ動き出しちゃうんですか。

■太臓もて王サーガ
たしかに暗くて見えないか。
ルリーダ先生はいつまでズボンをシャツにいれすぎてるんですか?(笑)
掲載位置が不安だなあ。

■斬
武士の死んでも成し遂げなきゃいけないモンって何なんでしょう。
この場合月島救助が最優先目標なんじゃなんじゃないんですか?
放置されたまま地味にフェイドアウトのキノコにはがっかりです。せっかくのおいしいネタキャラなのだからもう少し上手くキャラを転がして欲しかった。

■ピューと吹く!ジャガー
斬のキノコがいい仕事をしてないと思ったら、こっちのキノコはいい仕事をしてました。
頼もしいぞキノコーーー!

|

« 週刊少年サンデー50号感想 | トップページ | ソウ3/SAW3(映画) »

コメント

>ゾロの新しい刀は冒険のイベントの中で見つけることになるんでしょうか。

くいなさん・たしぎさん辛みのイベントへと展開してくれると嬉しかったりします。
恋愛バカな読み手としては。

>ネウロが給料を出してくれればねえ(^^;

先週の様に宝石を用意出来る御方ですしね。
まぁ桂木家の事情を知っても傷口に塩を・・・・という態度に出るんでしょうね。

投稿: やまだ | 2006年11月21日 (火) 00時28分

恋愛要素は難しそうな気もしますが(^^;
ワンピースは何が出てくるか分かりませんからねえ

投稿: でんでん | 2006年11月21日 (火) 08時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/4249531

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ51号感想:

» 週刊少年ジャンプ【No.51】 [ゲ〜ムやマンガのきゃらと〜く]
ちーっす、管理人のやまだです。 今回は週刊少年ジャンプ51号の感想です。 ネタバレしていますのでご注意を。 脳内ゲストはトニートニー・チョッパーさんです。  トニートニー・チョッパー 「ONE PIECE... [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 23時49分

« 週刊少年サンデー50号感想 | トップページ | ソウ3/SAW3(映画) »