« 王の男(映画) | トップページ | 週刊少年ジャンプ3号感想 »

2006年12月13日 (水)

週刊少年サンデー2・3号感想

●スピリッツでの藤田和日郎の集中連載「邪眼は月輪に飛ぶ」を読む。
容赦のなさすぎる展開が流石に藤田和日郎。凄いわあ。
全5回くらいとのことなので極めて高密度な展開が読めるだろうと思います。次回以降も超期待。

●ヤングサンデーで河合克敏連載とな。こちらも期待です。

■イフリート ~断罪の炎人~
新連載。グランドライナーの人ですね。えーと、本誌に載るのって1年ぶりでしたっけ?
そんなに経ってたのか。

以前に読み切り版もあったと思いますが、
仕事人話として決して目新しい設定では無いのですが、なかなかに読ませてくれます。
登場人物の描写もなかなか魅力的で、
普段テンションの高いニナミも、普段無感情に見えるユウも、理由あってのことだと分かると切なさが増して、自然に感情移入出来ました。
どう見てもダークな咎人会といい、重みのある話になりそうで期待です。

主人公達の服装はやっぱり不自然に見えるなあ(笑)

■結界師
雌豹こえー(笑)
珍しく恋愛(?)ネタ。
一コマだけ出てるユリの困り眉が印象的でした。表立っては話には絡まないですかね>ユリ
次回は(巻き込まれた)時音との女の対決で、時音の恐いところが見られるでしょうか(笑)

>「手も大きかったしー… 彼、将来絶対伸びるよ。(背が?)」
大きくなる子犬の選び方かと思いました。

■ハヤテのごとく!
コナン君こえー(笑)
てっきりこち…のように、今週号の全作品にコナンサンタがいるのだろうかと思って一瞬焦りました。
漫画では5作品だけだったのね。(ハヤテ、兄、ケンイチ、ダレンはすぐ分かったけど、「着物を着てる作品」が一番分かりにくかったです。結界師ですか。)

普段作中と現実の季節感が一致しないこの漫画において珍しい季節の一致というか、苦肉の策でしたな(笑)
西沢さんが可愛かったので良し。

■MARΩ
もしかして公爵が新しい仲間になったりするんでしょうか。(いらねえ)

■金色のガッシュ!!
ファウードがJOJO立ちを!(笑)

ファウード内に残った人達の救出。
この漫画って「魔物を倒された後の敵パートナーの人間」の扱いは結構ぞんざいだったりするので、忘れられる人がいるのではと心配してました(笑)
今回も脱出組がグラウンドで一堂に会してるけど、ちゃんと全員いるんですかね?
誰か確認してください(おぃ)

外でファウードを抑えるブラゴ組ですが、今更ですが飛行機を操縦してるのはマジョスティック12のブリザード・シンクでしたか。気付いてませんでした。

遂に学校のみんなやスズメにも魔物や魔法の事がバレてしまったようで、次回以降がどうなるか楽しみな所。
この作品の人達は順応性が高いので、正体バレしても脳天気に受け入れてくれると思います。(魔物以上に魔物っぽい人も沢山いるし(笑))

■史上最強の弟子ケンイチ
フレイヤも達人の弟子級かと思ってましたが、師匠がいる武田の方がフレイヤよりも格上な扱いなんですかね。
乙女っぽいキサラが良し。

■ダレン・シャン
デビーが可愛ければ可愛いほど先の展開が不安になるわけです(^^;
どうやらクレプスリーが殺人バンパイアを追ってると言うことかと思いますが、
デビーが犠牲にならなきゃいいんですけどねえ。(でなければデビーの前で正体バレか)

■GOLDEN★AGE
この試合の鍵になるのはやはり近江とトラの2人なんでしょうか。
“鷹の目”の蘭先輩は確かに鷹っぽい髪型だと思いました。

■うえきの法則プラス
前回までのあらすじが分かりやすい。

ボンバがナイスすぎる(笑)
久々に作者のギャグの爆発力を実感しました。

■最強!都立あおい坂高校野球部
伸之助、怪我が後を引かなければいいですが。

■妖逆門
子供達がモチノキ町の住人位に順応性が高ければなあ。
今回は普通に妖逆門が可愛そうでした。

■あいこら
恋愛路線になってもやっぱり容赦ない変態っぷりで立派です。
桐乃はもう恋愛話には絡まないかと思ってましたが、やるんですね。

■絶対可憐チルドレン
「ある日突然強力なエスパーになった子供が次にやること」を思いつかない皆本の優等生っぷりがチルドレン達と対比的でした。
微妙に今後の不安材料のようにも?
ところで、のび太はいい奴だなあ。

■RANGEMAN
正面からのバカバカ風香回想がラブリーでした。
今まで通りに戦うと決意する錬児は、バカだとも思うけど確かに前向きで格好いいですな。

■武心BUSHIN
マクシミリアンはやはり暗殺者とは違いましたが、メガネの事は忘れてました。「既に登場している人物が怪しいのが定石」と考えれば犯人候補に思いついておくべきでしたが(^^;
マクシミリアンの武術は形だけのようで、ライバルキャラの立ち位置では無さそうですね。

まずプリンセスが死ぬことは無いでしょうが、あのラストで2週待たされるのはなあ(^^;

■ブリザードアクセル
娘は「ジョージがガブリエル(と自分)を見捨てた」と言い、
ジョージは「ガブリエルに去られた」と言う。認識に違いがあるんですかね。

|

« 王の男(映画) | トップページ | 週刊少年ジャンプ3号感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/4535725

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー2・3号感想:

« 王の男(映画) | トップページ | 週刊少年ジャンプ3号感想 »