« 鉄コン筋クリート(映画) | トップページ | 週刊少年ジャンプ6・7号感想 »

2006年12月27日 (水)

週刊少年サンデー4・5号感想

■結界師
ジュリアに結構応援友達がいるのが印象的。まあ、自分に火の粉がかからなければ面白い見物なんですかね。
とりあえず良守はいい男になる可能性はあるかも知れず。案外時音の良守を見る目に影響を与えるエピソードになるのか?

烏森学園に一芸に秀でた人間が多いって、もしかして烏森から影響を受けてるんですかね。
とりあえずジュリアはマジで烏森の力を得てそうだ(笑)

■金色のガッシュ!!
ファウード編決着。正月休み前に一区切り付いてくれたのは良かったです。
特大バオウは確かにものすごかったですが、あんな電撃を浴びせて「ファウードを魔界に帰す装置」が壊れなくて良かったですよ。
アースやブラゴはあのバオウが「今回限りの力」だと認識していないはずですが、
アースはともかくブラゴには誤解されたままではマズイ気がします。しかし冷や汗をかいてるシェリーからはラスボス感を感じませんが、果たしてラスボスは誰になるのやら。

魔物や魔法の正体をスズメたちの前でカミングアウトしてどうなるかに注目していましたが、デュフォーのその後話が入って今回は描写なし。ちょっと残念。

■ダレン・シャン
クレスプリーが殺人事件の犯人では、と疑う2人。
「クレスプリーが犯人バンパイアを追ってる」とか様々な可能性が考えられるはずなのに、
子供2人に疑われてしまうクレスプリーが可哀想。

■GOLDEN★AGE
相手が強ければ集中力が高まるけど、相手が雑魚だと反ってつまらないミスをする。
かつての「帯をギュッとね!」の(原田戦で負けた)巧も、近江と同じようなタイプだったということか。

小波ちゃんの「鷹の爪」への的確なツッコミが和みました。

■ギャンブルッ!
これも「今のままだと日本が駄目になる」漫画なんですかね。
ギャンブルの魅力は自分には分かりません。

■史上最強の弟子ケンイチ
腹に指の刺さってる原田の安否が心配です。
これはもう、新白連合のDオブDリタイアもありか?

■ハヤテのごとく!
最近の某ジャンプのごとく、無駄なお色気がチラホラで正直微妙な気持ちになります;
本編は、まだコナンを引きずってるところに笑いました。

■イフリート 断罪の炎人
依頼内容の複雑さに、ベーシックな必殺仕事人話を面白く見せようという工夫は感じました。
しかし単発的な仕事人話ばかりでは行き詰まりやすい気もするのでちょっと心配ですが。

警官の目の前で派手に殺しますなあ。今回は警官に顔は見られてないようですが、それでも顔を隠すくらいしようよ(^^;

“冷凍食品”は、暖めてしまうよりはマシなんじゃないでしょうか。

■MAJOR
日本が強いというよりアメリカが弱いように見えて仕方ありません。
病院を抜け出したギブソンは、いくらなんでもマウンドに立つという展開はあり得ないと思いますが、
ギブソンの姿を見てアメリカチームが奮起するという展開はありそうです。
前試合で奮起したばかりのはずなんですけどねえ;

■クロスゲーム
初夢って、
「一日の夢」は意識して覚えていても「二日の夢」は忘れてしまってることが多いです;

■うえきの法則+
すごく「押してみたくなる」ちょんまげスイッチがナイス(笑)
ハンバーガーなんて乗せられたら気付かないわけはないのだけど、それは突っ込むような所でも無いでしょう(笑)
ところでソラの能力って出てないままなんでしたっけ。

■最強!都立あおい坂高校野球部
さりげに三遊間を止める伸之助のポーズが格好いい。

■妖逆門
妖怪だからと、きみどりと遊ばなかったのに、
賞品が出るとなると遊ぶ子供達がさりげなく非道いです。
葉っぱも黒く染まるわけだわ。

■絶対可憐チルドレン
まさかこの漫画で変身シーンが出るとは(笑)
人体側のポーズに合わせて服を着せるって、もの凄く高等なテレポートのテクニックなのではないでしょうか。凄いぞ葵。

タケシが「認めさせたい相手」は、順当に考えれば父親だったりするのでしょうか。
最後に父親登場で、ようやく今エピソードの本テーマかと思われる親子対決をやってくれるようで期待。
今回終盤の「橋の事故」から「親父登場」の流れはちょっと強引すぎた気もしますけど;

■RANGEMAN
ブルーの人の良さと世間知らずさが、やるせなくて泣けます;
ブルーが風香に惚れる展開もあり得るんですかね。

■焼きたて!!ジャぱん
こんなんでいいのか…

次回最終回とのこと。正直これほど先の展開と登場人物の先行きが「どーなってもいーや」と思える漫画は珍しかったです。
感情移入する必要がないのはある意味ラクでしたが。

■ブリザードアクセル
ガブリエルの変貌っぷりが、「パンでも食って人格が変わったのか?」、というほどに凄いですな。
明から暗に転じたガブリエルに対して、不良から「楽しそうに滑る子」に変わった吹雪が対比的。
今回のテーマは、良くも悪くも「人間ってあんなにも変わるものなの?」でしょうか。

■武心BUSHIN
次回からは従者になって、お茶係の人やメイドの人との絡みが増えるんですかね。

|

« 鉄コン筋クリート(映画) | トップページ | 週刊少年ジャンプ6・7号感想 »

コメント

先週”2、3合併号”を、また買ってしまいました。あぁ2冊もある...(涙)
これというのも、息子が私より先に子供部屋に持っていって、返してくれないからです(で、私も忘れる)

良守は、いい男になると思いますよ。兄もああだし、素敵になりそう。
今の反抗期の中坊も充分可愛いですけど。サンデーの中で、今一番好きなマンガです。

『焼きたてジャパン』は”変態ジャパン”って感じで、だんだんパンが不味そうになってきました。
ローソンのメロンパンも、あんまり美味しくなかった。
このマンガは、なにを目指しているんでしょうかねぇ。

MAJORは松井も井口も出てないから、もっと福留を出せ!と言いたいです。(ウチは、中日ファン)

あおい坂はいつ頃甲子園に行く予定なんでしょうかねぇ。

失礼しました...。ではでは。

投稿: ガガ | 2006年12月27日 (水) 22時51分

合併号で2冊買い。自分も昔何度かやりました(^^;
誰もが通る道ですねえ(笑)

良守はいい男になるとは思いますが、今の正守と同い年になっても正守とはあまり似なそうな気がします。(中も外も)
ジャぱんは、作者のせいか編集者のせいかは知りませんが、個人的には「妙な漫画」以外の感想が残らない作品になってしまったかと。

あおい坂は、買っても負けても甲子園編を描かずに終了というのもありそうな気もします。今の戦いが到達点みたいな描かれ方をしてきてますので。

投稿: でんでん | 2006年12月28日 (木) 00時10分

はじめまして^^
ダレン・シャンが連載されているという理由で12月の始めあたりからサンデーを買い始めたものです(笑)
ダレン・シャンの原作を全部読んでから漫画化のことを知ったので読みたいとは思ったけど「先を知っていればつまらないんじゃないか・・」というかんじでしたけど読んでみるとまたダレン・シャンを最初から新鮮な感じで読めて先を知っているのに早く次の号が読みたい!!という感じですw
今の章でも新しい設定(?)が出てくるんですけど、ネタバレしないように遠まわしに言うとその設定のデザインがどういう風になるかが気になっているんですw
語りすぎましたね。ダレン好きなんですw

漫画のほうには書いていませんけど小説の1巻の序章には「このことは実際に僕の周りで起きたことだ」と(多少違いますが意味は同じです)書かれているので本当に謎ばかりの話。著者も主人公もダレン・シャンということも小説を読んだとき「????」でした。

サンデーの話に戻ります。
1、2年前にもサンデー買っている時期がありましてその時位からコミックスを買うほどではないけど読んでいた「焼きたて!!ジャパン」。
3,4号でいきなりあんなことになっているのでなんか追いつけなくなりました(汗)

では長いコメント失礼致しました。

Ps.イフリート 断罪の炎人と絶対可憐チルドレンって連載前に読みきりがありませんでした?

投稿: ジンク | 2007年1月 5日 (金) 01時43分

ジンクさんはじめまして。
自分はダレン・シャンの原作は読んでいませんが、漫画が終わったら読んでみようかと思います。
とりあえず今は先のことは知らずに読んでいたいかなと。

ジャぱんは、最初からずっと読んでいてもついて行けないので大丈夫です(^^;

イフリートは同作者の集中連載「グランドライナー」より前に読み切りで載っていましたね。
確か主人公2人の他に子供キャラもいたような。
チルドレンの連載前の読切版・短期連載版は単行本にも入ってますよ。

投稿: でんでん | 2007年1月 5日 (金) 12時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/4698259

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー4・5号感想:

« 鉄コン筋クリート(映画) | トップページ | 週刊少年ジャンプ6・7号感想 »