« 週刊少年ジャンプ1号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー1号感想 »

2006年12月 5日 (火)

パプリカ(映画)

(今敏監督)

原作は10年以上前に読みましたが、かなり忘れていました。
今回の映画までに読み直そうと思ったけど間に合いませんでした。ハードカバーで分厚くて持ち歩くのが辛いのですよ(^^;(今は文庫も出てますが)

筒井康隆氏原作の夢と現実が錯綜しまくる、とても『今敏監督向き』な題材でした(笑)
他人の夢に入り込む“夢探偵”のお話。
ところで映画「悪夢探偵」も公開が近いんですが、偶然ですか(^^;

映画は“アニメーションならでは”の映像表現がてんこ盛りな今敏節炸裂で楽しかったです。
原作は(たしか)心理学的な追求がもっと多かったと思いますが、そのあたりの詳細な説明はバッサリ切って、
観客がすんなり入り込みやすい『絵で見せる』『動き』主体のエンターテインメント映画として上手く再構築されていたかと思います。とてもシンプルに整理された話になっていたかと。

ただ、見終わった後の感動という意味では監督の「千年女優」や、「東京ゴッドファーザーズ」と比べると、心を揺さぶられるものは少なかったかも知れません。
ただそれは映画の出来云々ではなくて方向性の違いですので、好みの問題ですけどね。
より娯楽向きな方向を向いていると感じました。「妄想代理人」で見せたブラック風味も強かったかと。

題材からしてある意味当然ですが、えろい作品でもありました(笑)、大人向けです。

それにしても時田の太さがすごい(苦笑)
漫画的にディフォルメされつつも、実際に有り得るレベルのリアリティがある意味絶妙です(^^;

ところで、今年の筒井原作の三作品「時かけ」「日本以外全部沈没」そして「パプリカ」、
全部テアトル梅田で見てるなあ。

公式サイト


|

« 週刊少年ジャンプ1号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー1号感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/4433354

この記事へのトラックバック一覧です: パプリカ(映画):

» 悪夢探偵 [ショウビズ インフォメーション]
向かって左から松田龍平、hitomi 、安藤政信 『鉄男』『ヴィタール』の塚本晋也監督が、『青い春』『恋愛寫眞』の松田龍平主演で贈るエンタテインメント・サイコ・サスペンス。 他人の夢の中に入ることが出来る青年“悪夢... [続きを読む]

受信: 2007年1月 5日 (金) 12時43分

« 週刊少年ジャンプ1号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー1号感想 »