« 週刊少年サンデー9号感想 | トップページ | それでもボクはやってない(映画) »

2007年2月 5日 (月)

週刊少年ジャンプ10号感想

■D.Gray-man
着々と死にフラグ構築中という感じ。
クロウリーとジャスデビの力は「対等といったところ」だそうですが、「千年伯爵の想像」の方が強そうだった気もしないでもなく。

最後の「この手は…どっちだ!?」は
指の形とか袖のデザインとかトーンからすればクロウリーだと思いますが、
もうちょっと判別し難く描いた方が良かった気もします。

■ONE PIECE
表紙連載は殺伐としてるなあ。エネルだから仕方ないけど。

本編は、ブルックさんが実にステキなキャラで、読者として「仲間に入って欲しい欲求」が高まりっぱなしです。
しかし、食ったものはどこに入るんでしょう。まあうんこも出るらしいしなあ。
「ホネホネの実」じゃなくて「ヨミヨミの実」だったそうですが、ホント“呪い”ですね、そんな能力;
散々な人生なのに人に逢えたと陽気に騒ぐブルックさんが泣かせます。幸せになって欲しいなあ。ガイコツだけど。

ブルックさんはルフィ待望の“音楽家”とのことで、本当に仲間入りする可能性は高そうです。しかし、航海でもバトルでも何の役に立つかは全く分かりませんが(笑)
ゲームでのバードのように歌で戦うなんてことは無いでしょうけどね。

■BLEACH
虚って元々は死んだ人間なんでしたっけ?
なんでアフロが残ってるんだろう。やっぱり毛根が強かったんですかねえ。

せっかくパワーアップしたチャドですが、もしかして“また”京楽隊長と戦った時のように噛ませ犬にされるんでしょうか?
同じような展開ばかりをそう見たくも無いのでそろそろ予想を裏切って欲しいところ。

■NARUTO-ナルト-
ホピュー

中距離攻撃と見せかけて接近戦でしか使えない。
なんて意味のないフェイントだ!(苦笑)
確かに意表は付かれました。そろそろ決着は付けて欲しいですが。

■アイシールド21
進の完璧っぷりに阿含まで悔しそうなのが印象的です。
ホントどうやって勝つんでしょ、こんなの。「セナが新記録を出して勝つ」とかで無ければ、何らかの作戦とチームメイトとの協力で勝つのかも知れませんが、さて?
ヒル魔とまもりによる作戦も今回だけで終わりではないようですしね。

全プレー「走」で、と言いますが、
桜庭&高見とのパス対決の決着を付けないままの訳はないのですけどね。
ホントどーするんだろ。

■To LOVEる−とらぶる−
やっぱりレギュラー化するんですね。
しかも百合展開かい。

■BLUE DRAGON ラルΩグラド
カフカを加えて4人+1匹パーティー結成。本当にゲームっぽくなってきました。
カフカのイケメン似顔絵に笑ってしまいましたが、後頭部がどのように描かれているかも見せて欲しかったところ。

最後にミオ先生がさらわれてしまいつつあるようですが、
「眼鏡もかけずに!?」って、そこは重要なところなのか?
名前を「乳」と呼び間違えられたりと、ラルにとってミオは「乳と眼鏡」でしかないのでしょうか。不憫です。

■家庭教師ヒットマンREBORN!
ツナ側も守護者側もそろそろ決着が近そうです。
スクアーロはやっぱり生きてましたか。XANXUSが零地点突破のことを知ってる理由とかを語ってくれるんでしょうね。

■太臓もて王サーガ
ウソップからメローネへのコラボが美しい。

■魔人探偵脳噛ネウロ
座ってないのかーーー!!!???
次回は久々にイカれた犯人の暴走が見られそうです。楽しみ。
池谷の机を利用しての殺人を見れば、大塚には「家具への愛情」が無いように見えますが、自分自身が家具として活躍したい人なんでしょうか。
池谷は女しか「家具にしない」ので、自分が池谷に「座ってもらえない」為に恨みを持っていたとか何とか?(どーだろ)

■テニスの王子様
人気投票で10位内に入ってる人のうち、4人までが誰だか覚えてません。この漫画まともに読んでなくてすみません。
ダブルスなのに、乾がすでにラケットを持ってさえいないところに笑いました。

■銀魂
ひ、ひでえ。あらゆる面でひでえ(笑)

■エム×ゼロ
マンドレイクネットワーク。九澄はすっかりマンドレイクと仲良くなってますな。
将来普通に魔法が使えるようになっても、もうマンドレイクはすり潰せないでしょうね(^^;

三国の巨大化魔法は使い出がいいですね。漫画的にも画面が栄えるし。

■こちら葛飾区亀有公園前派出所
今週は完全に学習漫画というか説明漫画ですな。
はさみ将棋や回り将棋は懐かしかったです。
うちでのルールでも「おんぶ」はあったかと思います。
「埋める」ルールの事がよく覚えてないですが。

■ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
やっぱりロージーは墓穴男なのか?
これでもしも結果的に自体がいい方向に向かったとしても、ロージーの行動は褒められないような。

■重機人間ユンボル
ショベリウス格好いいじゃないですか。
意外とやる男だったニッパー。いや、ビックリした。やるじゃないか。
と、思った途端に死亡なのか??
普通ならこういうキャラは簡単に死なないけど、武井先生は案外読めないからなあ;

位置が下がってきて心配です。面白いのになあ。

■P2!−Let’s Play Pingpong!−
あ、やっと位置が上がった(一つだけ)
単にM&Yが落ちてきただけだけど。

「卓球がいかに残酷なスポーツか」
今回の話ではそれがどういう事か分かりませんでしたが、描かれるまで持つのでしょうか。連載が;
頑張ってほしいんですが。

■ピューと吹く!ジャガー
こういう話があるとジャガーさんも人間なんだなあと思います。

|

« 週刊少年サンデー9号感想 | トップページ | それでもボクはやってない(映画) »

コメント

お願いしますm(_ _)m

ユンボルが今打ち切りの危機なんだそうです!!!

今期は2作品が打ち切られるらしいのですが、その大本命がM&Yとユンボルらしいのです!!

このままでは打ち切りは必至です!!

そこでジャンプの懸賞アンケートの面白い漫画の欄にユンボルをいれて送っていただけないでしょうか!!

週間少年ジャンプの編集部は、このアンケートを大変重要視しております。

もし送っていただけるのでしたら、他の2つのわくはP2・M&Yは避け、掲載順が前の方の作品にしていただけると幸いです。

まだ間に合うと思います!!

よろしくお願いしますm(_ _)m


投稿: ユンボルの打ち切り阻止に協力していただけないでしょうか。 | 2007年2月11日 (日) 12時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/5214919

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ10号感想:

« 週刊少年サンデー9号感想 | トップページ | それでもボクはやってない(映画) »