« それでもボクはやってない(映画) | トップページ | 不都合な真実(映画) »

2007年2月 7日 (水)

週刊少年サンデー10号感想

■クロスゲーム
「勇おじちゃんの息子」本格的に登場。
髪の斜線が案外めんどくさそうなキャラです。野球はやらないんですかね?

月島姉と東兄がそれなりにいい感じかと。

■結界師
墨村母、本格的に登場 …してないな;
素顔も謎のママ(うまい)なので、顔見せすらしてないですよ(^^;
龍を呼び寄せたのは烏森のストレス解消の為だった様子?
強力な妖(or主)が来ることがストレス解消になるんですかね?、それだったらこの間の黒兜だってストレス解消になりそうなものだけど。よく分からないなあ。
どのみち龍にとっては迷惑な話なようで、何というかスケールのでかそうな人だ。

良守は、中学生でずっと母親に会えてないなら顔ぐらい見たいと思うのも当然ではないかと。マザコン呼ばわりは可哀想ですよ(笑)

■ダレン・シャン
バンパニーズと読むたびに脳内でテレタビーズやらパンパースやらが浮かんで困ります。

先週後半のクレプスリーとダレンのやり取りはやっぱり芝居だった模様。確かに不自然だったもんなあ。
デビー一家に飲ませたのは「バンパイアの血」や「蛇の血」ではなく、単に眠り薬か何かだったんですかね。眠り薬でも飲まされてなければ、「ベッドの下」に移されて気付かないままでも無いでしょうし。

■金色のガッシュ!!
「嫌いな魔物だからってつぎつぎに消していけば、きりのないことになるんだよ。わかった?」

“王様の特典”は『どくさいスイッチ』だった! ガガーン!!

“地獄”とは言ってましたが、魔界そのものまで巻き込んで、ここまでハードな状況だったとは。
魔本の言葉を信じるならば、現役の王様すら魂だけの状態になっているのでしょうか。
全く、誰がこんなシステムを作ったのやら。最終的にはこのシステムを作った存在との戦いにまで発展する可能性もあるんでしょうか?
こんな現状が分かってしまうと、もう夢でレイラが出たり、ウマゴンのバックにウマゴン母が出てものんきに楽しめないなあ。先日の「夢」などは最後の安息の日々の描写だったのかも知れません。ここからはどシリアス一直線かも。
早速アースが消えそうだし、エリーは病気だし;

「魔物を滅ぼそうとしている奴」って、「みんなみんな嫌いだ! みんな消えちゃえ!」と喚いてるただの反抗期のガキなのでは、という気もしてしまいます。
まあ「魔物の子供」だからガキで間違い無いんですが。

■イフリート ~断罪の炎人~
つまらなくは無いけど、ルーチン通りの展開をこなしただけとも思えてしまう。
そろそろ展開の幅を広げてもいい頃だと思うのだけど。

■マリンハンター
短期新連載。以前読み切りで載ってましたっけ。
設定からすると長い話になりそうですが、短期連載ではプロローグ的な話ですますかも知れないと思ったり。
主人公とヒロインは悟空と三蔵法師みたいな関係ですか。

■うえきの法則プラス
スティッキー・フィンガーズ強し。
ギリギリに追い詰められた中でついにハイジが覚醒。
オーソドックスですが燃える展開です。
やはり「洗濯機」らしく水流の能力なんでしょうか。

■史上最強の弟子ケンイチ
マイクパフォーマンスがナイス。こういうバカな展開はいいですね。「それでもケンイチはやってない」とか考えると微妙な気分にもなるけど。
観客にそっぽを向かれたケンイチが戦えなくなったり …はしないでしょうが。

■MAJOR
野球は詳しくないので小和田さんや黒場さんにモデルがいるのかどうか知りませんが、
眉村との扱いの差が地味に酷い(苦笑)

■ハヤテのごとく!
お嬢様にはこっそりGPSくらい付けとくべきだと思います。服なりアクセサリーなりにでも。
それでもナギなら不可思議な力(御都合)で紛失するでしょうけどね

西沢さんくらいの長さでも「ツインテール」って言うんですかね。

■MARΩ
えーと、記憶が曖昧ですが、ベルってΩになってから出てましたっけ。
Ωではちゃんと足首があるんですねえ。

エリサに最後のセリフは、正ヒロインの座が安泰になったことへの余裕を感じるのは目が歪んでるでしょうか。
いや、エリサはゲルダの一件を知らんのだけどさ(^^;

■最強!都立あおい坂高校野球部
「あの子は野球をやるために生まれたんじゃない」
なんですか、この大きい子供の人は。
「あの子は野球をやるために生ませたんじゃない」が本音じゃないんですか。不愉快な。

■妖逆門
鬼仮面、八百長を指摘されて逆ギレ。八百長野郎は一歩に成敗してもらわねば(違)

エニグマのスタンド(違)で撃符にされた三四郎ですが、よくある展開ならこのピンチに逆にパワーアップしたりするんですけどね。さて?

■GOLDEN★AGE
負けて己を顧みた蘭。やっぱり人間苦労した方が成長出来るのでしょう。

久々に東神のライバル2人が登場。「決勝は鷹沢中か」の言葉からすると、唯達の準決勝の相手がその鷹沢中になるんでしょうか。

■あいこら
なんだか急に現実的にハードな展開に。
やはり思いこみだけで突っ走ったら破滅するという事か …なんて普通の結論でこの漫画が終わるとも思えないんですけどねえ。

■RANGEMAN
人に正しく情報を伝えるには最初に主題を言わないと駄目ですよね。
まあ、それをやったらこういう漫画は成立しないのだけど。
コロスケン氏は懐かしい顔でした。

■絶対可憐チルドレン
「バベル」と「パンドラ」と「普通の人々」の三つ巴展開。ありそうで無かったんですよね。この構図。ここは共通の敵に対して澪達と一時協力することになるのか?

ところで、皆本はノートパソコン内蔵のECCMを持ってるんじゃなかったでしたっけ。
まあ、今回皆本がノーパソを持ってる描写は無いのですが、皆本だったら常備してないかなあ。

 ★後日追記
  そーいえばノートパソコンだけじゃなくてアレにもついてたんでしたっけ(椎名先生の完成原稿速報参照)
  ノートパソコンの印象が強すぎて忘れてましたよ。はっはー

久々登場の澪ですが、教育は兵部の元で受け始めたはずかと思うのですが、まだ「空気」の大事さは分からんのね。

「金と金のぶつかり合い」が悲惨。そりゃ勝負にならないよ(^^;;

■ブリザードアクセル
吹雪たった一週で完全復活、どころか急成長。早っ
両親に気持ちをぶつけていたら何かが変わっただろうかと考える吹雪ですが、
果たして両親との和解は描かれることがあるのでしょうか。
“あの”両親が心を入れ替えたりするだろうか、と思えてしまうけど、
鈴木先生のキャラはいきなり態度が豹変しても不思議じゃないからなあ。

■武心BUSHIN
父のかたき登場。展開が大変早いような。このままクライマックスまで行っても不思議じゃない気がします。

|

« それでもボクはやってない(映画) | トップページ | 不都合な真実(映画) »

コメント

こんばんは、でんでさん。

結界師(1発変換出来ん・・)>>良守ママ気になるなあ・・・

ダレン・シャン>>あぁもうテレタビーズが頭ん中で飛び跳ねているw
「断罪」好きだなぁ・・・サンデー。

ガッシュ>>私ン中では「最終的に誰も消さない」という選択肢を選んだ魔物の子が本当の王だ!!という展開も望ましいなぁ
回りくどいけどこういうのも中々好きだったり。

イフリート>>コナン対イフリート、さぁどっちが勝でしょーか?(どうでもいい)

マリンハンター>>多分ジャンプの方が合っているぜw前、読みきりが載った時読みました。そのときは確かグッピーとは最後に別れたしグッピーと釣り針がつながっている(?)ということも無かったと思います。

植木>>ハイジっちの能力は水が銃弾っぽくなるんでしょーか?
星の王子は星にでもお帰りくださいw

投稿: ジンク | 2007年2月 8日 (木) 23時29分

結界師は単語登録しました。
良守ママは今回のヒキからすれば当分出ないんじゃないですかねえ。

マリンハンターは確かにジャンプっぽいかも知れませんね。ただ、ジャンプに載っても長生きは出来なs(略)

投稿: でんでん | 2007年2月 9日 (金) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/5251921

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー10号感想:

« それでもボクはやってない(映画) | トップページ | 不都合な真実(映画) »