« ドラえもん のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い(映画) | トップページ | 週刊少年ジャンプ16号感想 »

2007年3月15日 (木)

週刊少年サンデー15号感想

仕事がもの凄い状態になってるので今回は短縮モードです。すんません(・e・;)

■史上最強の弟子ケンイチ
叫ぶだけで必殺技になってしまう長…、いや我流Xが恐ろしい(笑)
「流水制空圏」がケンイチが新たに会得すべき技になるんでしょうか。

■結界師
主と無道のどちらの味方をすべきなのか、良守には判断材料が少ないだろうと思いましたが、本当にシンプルに行動を決められるのが良守らしい。やはり正守と良守は対照的ですな。
無道は面倒を避けようとしたと言いつつも、既に良守を殺す気満々の様子。兄貴が到着するとしたら次回の後半くらいでしょうか。

■金色のガッシュ!!
ブラゴ超ピンチ。逃げてーーー!
クリアの本の持ち主は不在なのかと思ったら、ちゃんと一緒にいたのね。
赤ん坊とはまたタチが悪そう死神13、シルエットもある意味ヤバいし(笑)
クリアの術にやられたブラゴの腕が、スナスナの能力で掴まれたルフィのような状態に。
水分を与えれば直ったりしないか?;;

■イフリート ~断罪の炎人~
「手足の感覚がない」ことが虚言なのかと思ったら、当人では無かったとは。
指紋まで変えてるとはさすがに思わなかったですよ。
咎人会の調査能力を疑ってましたが、騙した方も割と常識を越えた(マンガ的な)手法を取ってたのですな。
ここまでやってくれるなら素直に「いいぞもっとやれ」と思えます。
咎人会の本部もかなりの人外っぷりのようですし、どんどんトンデモ度が上がっていくのか?

■クロスゲーム
東兄と一葉さんが微笑ましいなあ。

■ダレン・シャン
ダレンに対しては保護者としての威厳を示そうとするクレプスリーのツンデレっぷりが素晴らしい。

■ハヤテのごとく!
女にはならんのか。ちぇっ
マヤは今週のガッシュ(赤ん坊)に引き続いてシルエットがやばい人ですな(笑)

■うえきの法則プラス
久々登場の森達が嬉しくも切ない。
本格的に“敵”の存在が現れ始めて、展開に勢いがついてきたようで期待。(一気に終わったりしないだろうなあ)
ところで、既に植木よりもハイジの方がダメージが大きそうな;

■GOLDEN★AGE
宮内が頑張るほど、唯の「仲間の力の引き出し力」の高さを感じる不思議(笑)

■最強!都立あおい坂高校野球部
お役ご免かと思った有坂にはまだ出番がある様子。
案外いい“嫌な奴”キャラなので歓迎。

■MARΩ
ゲルダを思うカイを見るエリサの表情が良いですな。

■妖逆門
ラブラブ天驚拳モードに思えるのは間違いでしょうか(笑)
三志郎が人間に戻れなくても「きみどりと幸せに暮らしました」エンドも有り得るかもしれない。

■RANGEMAN
初恋(?)に振り回される風香が実に可愛いおもしろいですが、
もしも錬児と風香がつきあうことになっても、互いに恋愛経験値が低すぎて絶対上手くいかないだろうなあ。

■絶対可憐チルドレン
やっぱり男の武器といえばガンダムハンマーですねw(女の子です)
葵はともかく、正面対決でのガチバトルでは紫穂は(本人も「何もできないしー」と言うとおりに)出番が無いかと思いましたが、武器をゲットしてきっちり活躍出来て良かったですな。
いっそこのまま2人の専用武器に、と思ったけど、子供の身体にすれば大きすぎるか?
いや、今も「見た目が大人に見えてる」だけでしたっけ。

■ブリザードアクセル
当初の(勝手な)シナリオばかりにこだわるランダルには「空気読め」の言葉を贈りたい。
吹雪の滑りは今までの物語の集大成と見えて実に良かったですが、やはりクライマックスが近いのだろうかとも思えてきます。

ところで、資料率ってそこまで「テレビの中の状況」に応じて極端に上がったり下がったりするんですかね?
「つまらなくなった」からテレビを切る人がいるのはよく分かるけど、
「面白くなった」のをどうやって感知してテレビをつけるのだろう。
よくある描写なので突っ込んでも仕方ないですが(^^;

■ネコなび
自業自得で他人も愛猫も巻き込みかけて『企画のせいで命を落とすところだった』ですか。
甚だ不愉快。

|

« ドラえもん のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い(映画) | トップページ | 週刊少年ジャンプ16号感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/5693748

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー15号感想:

« ドラえもん のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い(映画) | トップページ | 週刊少年ジャンプ16号感想 »