« 週刊少年サンデー20号感想 | トップページ | 「時をかける少女」DVD発売 »

2007年4月20日 (金)

春の新アニメ

関西でも今期の新アニメが大体揃ったので一言感想など。だいたいmixiで書いたものの焼き直しですが。
作品内容の説明はしてないので、作品を知ってる人しか分からない文章です。すんません(・e・)

■天元突破グレンラガン
今期新アニメで一押し。
いいですねえ。バカで無駄に熱くて。
3話まで見ましたが、話のテンションが落ちないのが良し。安心して見られます。

互いに自分に足りない部分を認め合い補い合うシモンとカミナの関係がいいですな。
他所でも見かけた意見ですが、先々には2人の別離(或いは独り立ち)もありそうに思えますがどうなるか。
1話冒頭に出たハーロック(違)が成長したシモンだとすれば、カミナの死亡フラグのように思えなくもありません;

3話での『合体』の無理矢理さは吹きました。
オモチャが出るなら、是非ともグレンの頭頂部は穴無しで、買った人が自力で穴を開ける仕様にしていただきたい。
いや、やっぱ嫌か(笑)

3話で村に残った村のリーダーの人はオープニングにも出てるし今後も出番があるのでしょうか?
村を離れてる間に村民全滅とかしなければいいけど。(あり得ないと言い切れないのが恐いよガイナックス)

  ■と、ベタ褒めした後で4話を見たら、…辛いっすねえ; 作画 …はまあ、80年代アニメを見慣れた身としては
   『まあ、こういう回もあらーな』程度ですが、脚本・演出が辛い; 兄貴がバカにしか見えないのは辛いなあ。
   公式にあまり感情的に突撃するのはどうかと思いますけどね;

ネタ絵『グエンロラン』


■エマ 2期
原作既読で1期アニメも視聴済み。
2期は最初はオリジナル展開ですか。今後は原作の展開に沿っていくことになるんでしょうか。

エマ本編よりも『コミックビームのCM』が1期の時とと変わらないことに異様な懐かしさを感じる。
いいCMだなあ。一輪のタンポポコミックビーム

■ロミオとジュリエット
「巌窟王」が“古典+SF”だったのに対して“古典+ファンタジー”?
巌窟王ほどにハッチャケすぎては無いけど、1話の感触は悪く無さそう。続けて見てみよう。

男装ジュリエットはまあ格好いいんじゃないでしょうか。
しかし、髪が伸びるのはどういう理屈ですか?
カツラの下に隠せる髪量じゃなかろうし、ペガサスがいるくらいだから魔法もあるのか?
(公式サイトとかで触れられてるのかも知れませんが調べてません)

この先どのくらいオリジナル要素が入るのかは知らないけど、結末は変わらないんだろうなあ。
と言うか、この題材でやるなら途中をいくら変えても悲劇的結末だけは変えたら駄目な気がしないでもない。
(シチュエーションコメディとかパロディとかならともかく)
(現代劇の映画もあったけど未見なので結末は知りません)

映像を見ていて何故か『ファイアーエムブレムがアニメ化したらこんな雰囲気だろーか』とか思ってしまいましたが(ペガサスとか剣戟とか色使いとか)、
ファイアーエムブレムって既にOVAでアニメやってたんですね。知らなかった。

■おおきく振りかぶって
原作は単行本も揃えてますが、なかなか良い感じ。継続視聴決定。
なお、関西では4/20時点でまだ1話まで。(土曜夕方でウルトラマンメビウスの後番組なのね)

1話を見た限りは原作から削られてる部分も多いとはいえ、描くべき事はちゃんと描いて上手くまとまっているのではないかと。
キャラクターのイメージも合っていて、三橋の「見ていてイラッとくる感じ」もよく出来てます(笑)
あの絵は動かし難そうに思えるのですがお見事。

1話時点では原作独特の「うんちく」が結構省略されていて、顧問の先生の存在感が薄くなってしまいそうだと思いましたが、
2話ではうんちく大爆発だそうで。

■ぼくらの
1話は見損ねたので2話から見ました。原作既読。
本来CGロボはあまり好きじゃないですが、この作品の場合は巨大感と異質感の表現が大事なので合ってるかも知れず。

作品としては堅実に出来てる気はするけど、今のところアニメ独自の魅力は少ないような気も。
終盤には(原作が完結してないので)展開が変わるはずなので、どうなるのかは興味があります。

■らきすた
原作未読。
本編は何も考えずに気楽にボヘーと見れば良さそうな話ながら、
OPとEDの『脳味噌に染み付いて離れない』っぷりが凄い。

EDは毎回変わるようで、
「2時間カラオケ」として、1曲5分×2クール24話で綺麗に2時間分なのね。
EDの為に続けて見ていい気がしました(笑)

■ギガンティック・フォーミュラ
関西ではまだ2話まで。

関東方面の人達からイマイチな評判ばかり聞いてたせいか案外普通に見られました。

や、確かにどっかで見た設定だし、どっかで見た展開だし、どっかで見たロボデザインだし、
キャラのバランスがリアルか漫画的かどっちつかずだし、赤丸ほっぺが浮きまくってるし、
CGロボに馴染めないし、話の見せ方も今一上手いとは思えないし、主人公変な奴だし、
エンディングと本編の剥離が凄すぎてある意味「らきすた」以上に衝撃的なエンディングだし、
どう見ても「人間が作ったただの機械のロボットです」というデザインで腕の“エ”な結合をやっちゃう違和感がすさまじかったりしますけど。

ひかれる要素が無い訳でもないので、とりあえず何話か見て判断の予定。

■おねがいマイメロディすっきり
3期目に突入。新番組と言っていいのか微妙ですが(^^;

おこさま向けアニメの皮を被った黒色混沌アニメですが、15分と短くなっても、ネタは相変わらず濃いので満足感はあります。
むしろ時間が短くなって作品設計を変革することは、マンネリ化の防止にも繋がりそうなので悪くは無いかもと思っていたりします。
これからもガンガン暴走して頂きたい。

■ムーンライトマイル
春というか冬の新作ですが、こちらでは感想を書いてなかったので一応。なお、原作は読んだり読んでなかったり。

宇宙開発物としてディテールも細かくて面白いですが、
毎回の事件事故の発生率が高い話だなあと。コナンくんばりです(笑)

■ロケットガール
これも冬の新作と言うべきですが、書いてなかったのでついでに。
原作は10数年前に既読。

宇宙開発物と言うとそれだけでツボなので、原作は割と好きでしたが、
あらためてアニメで見ると出てくるソロモンの大人のヒドさが凄いなあ(苦笑)
しかし、久しぶりに原作を読み返してみると、アニメでは燃焼実験の爆発事故を主人公に隠したり、マスコミに主人公の家族関係を隠したりと、
わざわざソロモンの連中の印象が原作以上に悪くなるように変更してるのに気付きましたが、
どういう意図での変更なんだろう。よく分かりません。

■仮面ライダー電王
これまた冬新作だし特撮だしですが気にしないでください。いーじゃんいーじゃん。
例年のライダーに比べて極めてギャグ度の高い展開と、気弱ながらも締めるところは締める主人公が好感高し。
モモタロスの「ごめんなさい」といい、子供番組としての筋の通し方も素敵だ(笑)

魅力溢れるタロス達といい、見ていて実に楽しいです。すげーじゃん。
『格闘する電車』とか素晴らしい。

タロスネタ絵

|

« 週刊少年サンデー20号感想 | トップページ | 「時をかける少女」DVD発売 »

コメント

初めまして。突然のコメント、失礼します。
以前からこのブログを読ませて頂いておりました。とても上手な文章なので驚きました。
自分も毎週水曜日に「週刊少年マガジン」「週刊少年サンデー」を買っております。
宜しければ、こちらのブログと相互リンク致しませんか? 同じ「ココログ」ですし。
宜しくお願い致します。
あ、「ミクシィ」自分も入ってますよ(笑)

投稿: 大河阪急 | 2007年4月20日 (金) 18時44分

初めまして。コメントありがとうございます。
たいしたことを書いていないのでお恥ずかしいですが(^^;
リンクは張らせていただきました。今後もよろしくお願いいたします~

投稿: でんでん | 2007年4月21日 (土) 00時49分

早速のお返事並びにリンクして頂き、本当にありがとうございました。
先程、こちらからもリンクをはりましたので宜しくお願いします。

投稿: 大河阪急 | 2007年4月21日 (土) 14時22分

どもです~、リンクありがとうございます。
これからもよろしくお願いします~

投稿: でんでん | 2007年4月22日 (日) 01時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/6156280

この記事へのトラックバック一覧です: 春の新アニメ:

« 週刊少年サンデー20号感想 | トップページ | 「時をかける少女」DVD発売 »