« サイトバトン | トップページ | 主人公は僕だった(映画)(+微妙に「天元突破グレンラガン」第8話感想) »

2007年5月21日 (月)

週刊少年ジャンプ25号感想

■瞳のカトブレパス
以前載った読み切りの新連載化。
バトル描写が荒木氏っぽいと思いましたが、巻末コメントからするとアシスタントだったりしたんでしょうか。軽く検索したけどよく分からないですわ。
話自体は割と典型的な第一話という印象。
ヒロインが少々うるさくて鬱陶しいですが、事情を理解すれば落ち着くでしょうか。

「K都」って、別の当て字を使った方がアルファベットよりはマシだった気がします;

■ONE PIECE
ゾンビを倒すには“塩”を使うそうで。
「ホントにお清めかよ」と思いましたが、“悪魔の実に対して海の力を使う”と聞けば、確かに話にスジが通ってやがります。ホネだからスジは無いんですけども!
だったら全ての能力者にも塩が弱点になるかというと分かりませんが。

フランキーがブルックに聞いた「もう一つだけ」の質問とは、ブルックの「仲間との約束」のことでしょうか。そういうキーワードにフランキーは弱そうだしな(笑)
ブルックの将来の仲間入りは確定っぽいですかね。

ゲッコー・モリアは新世界で「カイドウ」に敗れたそうですが、誰でしょう。
普通に考えれば四皇の一人でしょうか?

ルフィの影は伝説的な凶戦士に入れられてしまうようですが、身体がゴムでなければ“ゴムゴムの技”は使えないような。まあ、使えなくても十分強そうですが。

■アイシールド21
スタミナ切れでへろへろ。
泥門プレイヤーの両面に出ることでの負担というのはこれまで殆ど描かれていなかった気もするので少々唐突な気もしました。
本庄選手が“野球少年”を覚えていたのもちょっと有り得ないと思えてしまうなあ(^^;
まあいーか。
次回は合体技で決着でしょうか。

■NARUTO-ナルト-
カーテンを巻いた上にマントを羽織るってのもなかなか凄いファッションですな。

■家庭教師ヒットマンREBORN!
新たに10年間から来た連中は何も事情を知らないようで、
背後から10年バズーカを撃ったのは誰なんですかね。
G文字の指令書が「10年後獄寺による10年前メンバーへの指令書」だとすると、過去に戻った獄寺が守護者を未来に送るために撃ったと考えるべきか。

普通なら「過去」を変える事で未来が変わるはずですが、このケースでは「未来」を変えることで全てが元に戻る事になるとか?
うーむ、分からんなあ。入江正一が鍵なんでしょうけど。

■BLEACH
ザエルアポログランツとの戦いよりペッシェとドンドチャッカの漫才の方がワクワクするのはどういう事ですか?(笑)

ザエルアポロは、とりあえず「知らない攻撃」をぶつければ効くはずでしょうが、
それでも一撃だけで倒せるんですかね。
もし倒せてしまったらますます十刃の価値が暴落してしまう訳ですが;;

■サムライうさぎ
伍助を不意打ちした松山は真剣で斬りかかってたんですかい。よく死なないものです;
意外に素早く決着がつきましたが、これで解決したんでしょうか。
…借金はどうするんだろ。次の話の伏線になるのか?

■P2!−Let’s Play Pingpong!−
おおおおおっ!? なんだ?、えらく前の方に。
人気が出てきたのなら良かったですが。

本編は、乙女ちゃんが水泳部であることが初めて生きましたな。他の部員はいないのか、と思ったけどプール開き前か。なるほど。

練習のお題目は「動きの最適化」、通勤・通学ルートは馴染んで最適化するとそれなりに時間短縮出来ますよね。なるほど。

ところで乙女ちゃんは「あんたの彼氏」の部分は否定しないのな。

■ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
死んでいいようにこき使われる三兄弟が不憫だなあ。
ヨイチの策は、三兄弟に自分達がブープにされたことを自覚させるって事でしょうか。

■エム×ゼロ
お見事。
柊・九澄と二重の意味で“相手よりも弱い者”が協力して相手の裏をかくバトルで実に見応えがありました。
スピーディーな決着も、広がる木の葉など絵的な美しさも印象強く、ホントに見事でスッキリしました。

崖から落ちた柊が無事で良かったです。前回のイメージほどには高い崖でこそ無かったようですが。

■銀魂
落ちかけた伊東に手を伸ばすのはやはり土方ではなく近藤さんの役割でしょうね。
それでも伊東は死んでしまいそうな気がしますが。

■BLUE DRAGON ラルΩグラド
「女はもう全員セカンドやサードになってて」は無さそうですね。そもそも人間のまま闇女王の元に連れて行かれるはずだし。(たしか)
なんだか「失敗したディアナ様」みたいな、カゲに味方する人間が出てきましたが、改心をするようなキャラには見えないかなあ。

ミオ先生の「あんたなんか人間じゃない」がラルの胸にまで刺さっていそうでイヤンですな。
ミオ先生は特殊融合であるヤヤの“姿”に対してではなく“心”に対して言ってるはずなんですが。

スンス悲惨。死にはしないと思うんですが;

■テニスの王子様
もうテニス漫画に戻ることはないかと思ってました。まあ、いきなり「軽井沢で不在」とか「ヘリでお迎え」な時点で普通のテニス漫画じゃないですが。

乾は平気なんですかね?(股間が)
テニスプレイヤーにはあの程度のダメージは大したことはないのかも知れないですが。

■こちら葛飾区亀有公園前派出所
両津もヒドイがマスコミもヒドイ(苦笑)

■魔人探偵脳噛ネウロ
サンダルが汚れていない事から被害者が拉致されたことを推測するネウロですが、
「運ばれてる途中でサンダルが落ちなかったこと」の感嘆を感じました(おぃ)
大地主さんの足が汗ばんでいてよくサンダルが引っ付いていたのだろうかと重うとイヤーンだ。

アイの正体と、Xとの馴れ初めが語られました。
アイは何というか達観した人生を送ってきた人だったのですな。
地道に一コマずつ顔が変わってるのが芸コマ。

■D.Gray-man
アレンの剣、ホントに最終兵器ですな。人気敵キャラを殺さずに無力化出来て都合が良すぎですがー;

ラビにアレンの剣を突き立てればラビを傷つけずにラビの中に入ったノアの能力だけを殺せないですかね。

■ピューと吹く!ジャガー
前回の引きからまさかこんな熱い展開に持ってくるとは!
感動をありがとうジャガーさん!!(ハマーじゃねーのかよ。)
ギター科がどうなったかなんてどうでもいいね!

|

« サイトバトン | トップページ | 主人公は僕だった(映画)(+微妙に「天元突破グレンラガン」第8話感想) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/6494947

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ25号感想:

» 銀魂11 [銀魂11]
銀魂11 [続きを読む]

受信: 2007年5月21日 (月) 10時27分

» 『スパイダーマン3』観ました。 [私の映画サロン]
その変な黒いのが何なのか、どこから来たのか、わからずじまいだったり、お話の展開が陳腐だったりするのはアニメが元だからってことで納得しとけってことかなぁ…でも、相変わらず蜘蛛の糸でビュンビュン飛び回る様は楽しそうだった。  .:⌒*⌒...... [続きを読む]

受信: 2007年5月21日 (月) 11時18分

» 週刊少年ジャンプ【No.25】感想だフニィ [ゲ〜ムやマンガのきゃらと〜く]
ご来訪誠にありがとうございます、管理人のやまだです。 今回は週刊少年ジャンプ25号の感想をお送りします。 ネタバレしていますのでご注意を。 脳内ゲストはうちはサスケさんです。  うちはサスケ 「NA... [続きを読む]

受信: 2007年5月21日 (月) 21時29分

» ONE PIECE THE MOVIE―オマツリ男爵と秘密の島 [ワンピース Onepiece ワンピース]
ONE PIECE THE MOVIE―オマツリ男爵と秘密の島尾田 栄一郎おすす... [続きを読む]

受信: 2007年6月 3日 (日) 23時56分

« サイトバトン | トップページ | 主人公は僕だった(映画)(+微妙に「天元突破グレンラガン」第8話感想) »