« 週刊少年サンデー28号感想 | トップページ | プレステージ(映画) »

2007年6月18日 (月)

週刊少年ジャンプ29号感想

■アイシールド21
雪さんGJ!!
やはり最後はセナと進との直接対決で締めてもらわねば。…ですが、
その最終対決にもっていくためにはもう一つ試練が残っていました。モン太がキャッチしたボールをこれからどう動かすのか?
大田原のキックにモン太のキャッチ、そしてそれぞれの裏での高見とヒル魔の頭脳戦。
集団競技らしく最後の最後まで敵味方のそれぞれに見せ場を作ってくれるのがさすがです。(桜庭や猪狩にも出番はあるんでしょうか?)

■NARUTO-ナルト-
「先輩!地雷粘土全てセッティングOKっス!」

なんでわざわざ敵に聞こえるように言うのかなあ。言わなくてもバレてるとは言え。
その後も「(地雷と爆撃の)連係攻撃がミソだ」と親切に解説してくれるし。
こんなだからラストでサスケに地雷を利用されちゃったりするんですよ。

■BLEACH
先週ラストで「結局傷を治療しないままで対決するのかよ」と思ったら、
「対等の殺し合いといこうじゃねえか!!!」と吼えた後で2人揃って織姫の治療を受けていた様子。
現場を想像するとなんかマヌケというか、ほのぼのしてるとも言えます。
ネルの存在もほのぼのっぷりに拍車をかけてるよーな。

■サムライうさぎ
マロの腕は本当に鈍っているのか?
マロ自身も考えがあるんでしょうけど、まだ分かりませんねえ。
とりあえず、摂津兄に関しては本当に弱いのだろうと思えてきました(^^;

■家庭教師ヒットマンREBORN!
ラル・ミルチの服は何故にあんなにつぎはぎなのだろう。まあファッションなんでしょうけど。

京子が足引っ張り要員に。あまり嬉しくない展開だなあ。

■銀魂
どんだけェ~(翻訳:どんだけでかいモザイクなんだ小西MENZ(笑))

いいツッコミっすね、「どんだけー」
ジャンプ感想も全作品これですませられそうですよ。どんだけ~!!

今回はやたらと興味深いネタでした。というかむしろ危ないですよギンギン;
ナムチャがジャンプシステムに入れてもらえないのは仕方ないですが、天津丼もちゃんとジャンプシステムに入れているかどうかは怪しい気もします。
空知、いや天知先生の素顔が公表されたのは驚きでした。格好良くてびっくりです。
面白かったですが、この話のままで何週も続かなかったのはホッとしました(笑)

■To LOVEる−とらぶる−
どんだけェ~

のツッコミはこの漫画にこそ似合うと思いました。

■エム×ゼロ
表紙で妙に童顔な九澄姉登場。
重要人物かと思ったらあまり意味は無いのか?(^^;
九澄は未来の(不完全な)記憶を得てかえってピンチになってる気もします。
まあ、本来は落ちてるのだからそれよりはマシだろうけど。
さて、もう面接ですがどーするんでしょ。この段階で姉が届けに来たとしても遅いでしょーし。

■魔人探偵脳噛ネウロ
「蛭」でも「狐の仮面」でもなくて、「貘(ばく)」にしか見えないゾナー
今回は珍しくアクションものでした。
ネウロを「今のおまえ」と弱体化していることを言ってますが、それって「HAL」の謎を食せたことで回復はしてないんですかね。
まあ、謎が食べられても「空気」にあたる瘴気を確保しきれてないなら、やはり本来の状態には及ばないのか。

Xはある意味で人間代表の立場になっちゃってるのですな。「全ての人間の」代表では無いだろうけど。

■テニスの王子様
どんだけェ~

のツッコミはこの漫画にこそ似合うと思いました2。

「顔が青いぞ」と言われても、「基本 画面が白黒の漫画で色で特徴を出してどーすんだ!!」なあ(笑)

■こちら葛飾区亀有公園前派出所
中川達が宝くじを買う意味があるのだろーか;

税金については中川達は教えといてやれよとも思いました。両津に対してフォローが足りないのはいいとして、部長に対しては。

■D.Gray-man
結局「ブックマン」というのが何なのかはよく分からないままなので、微妙にラビに感情移入仕切れないのだなあ。

ロードのボロボロっぷりが凄いですな。これで本当に死んじゃうのか?
どうでもいいですが「ロートたま」と言われるたびに製薬会社のCMが頭に浮かびます。

■BLUE DRAGON ラルΩグラド
フェニックス戦、一応決着。やはり不死身の敵をどうにかしようと思ったら説得するのが一番か。

次はブラックライノセラスの話ですかね。
普通に四聖獣なら「玄武」なんでしょうけど、Rhinocerosだと「サイ」なのね。
ふーむ?

■P2!−Let’s Play Pingpong!−
また巻末近くに急降下しとるじゃないですか。最近の好調はなんだったんだ;

本編はキャプテンが自分の仕事をこなして格好いいですな。
むしろムードメーカーの仕事という気もしますが。
地区大会を前に、眞白の掘り下げが少し物足りない気もしますけど、さて。

■ピューと吹く!ジャガー
「ブーン」「ズポーン」ですまされる女の人の幽霊が哀れだ(笑)

|

« 週刊少年サンデー28号感想 | トップページ | プレステージ(映画) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/6824871

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ29号感想:

» 週刊少年ジャンプ【No.29】やーーーーーーー [ゲ〜ムやマンガのきゃらと〜く]
ご来訪誠にありがとうございます、管理人のやまだです。 今回は週刊少年ジャンプ29号の感想をお送りします。 ネタバレしていますのでご注意を。 脳内ゲストは瀧鈴音さんです。  瀧 鈴音(たきすずな) 「ア... [続きを読む]

受信: 2007年6月18日 (月) 22時04分

« 週刊少年サンデー28号感想 | トップページ | プレステージ(映画) »