« 週刊少年サンデー34号感想 | トップページ | 夕凪の街 桜の国(映画) »

2007年7月30日 (月)

週刊少年ジャンプ35号感想

■NARUTO-ナルト-
サスケも仲間で苦労してますね。
トビ黒幕説は他所でも見かけましたが、本当だとは;;

■ONE PIECE
やはりウソップはピンチに陥る方が似合う男だなあ(酷)
そげキングにはまた会えるとは思っていなかったので嬉しいです。1人ボケツッコミが素敵だ。
飛んだり巨大化したり擦り抜けたり出来るようになったペローナは、つまりネガティブゴーストが化けてるんですかね。そして、スタンドを倒せないなら本体を叩けばいい訳だ。

クマシーの昇天はちょっと悲しかったです。さらば。

■家庭教師ヒットマンREBORN!
獄寺が山本にゴネてたのはテンパってたからですか。なるほど。
ヒバリにビアンキにフゥ太にと10年後キャラも揃ってきて、そろそろ何がどうなっているかという状況説明もされるでしょうかと期待。

ヒバリの部下の人は風紀副委員長なのにマフィアに巻き込まれちゃったのね。気の毒に。

■サムライうさぎ
しょーもない男に見えた阿倍も最後は爽やかになりましたな。夫婦や恋人の愛情なんてのは当人同士の問題ですわな、普通。

■アイシールド21
西部VS白秋開始。
よくあるパターンなら白秋が勝ちそうですが、西部が勝つ可能性もありそうにも思えます。さてどうなるか。
現時点では白秋にはどうも大会ラスボスとしてのオーラを感じないんですけどね。峨王はともかくそれ以外がなあ…
もし白秋が勝つのなら、この試合でラスボスらしい格を見せて欲しい所。

キッドの秘策はまさかの“ノーガード戦法”でしたか。
峨王の暴力で怪我人続出なんて展開よりは、あくまで試合としての競い合いを見たいので今の流れは良かったと思いますが、さて、この先どうなりますか。

■BLEACH
確かに最近“ギャグ分”が足りないなあと、カラーページを見て思いました。
本編は次回あたり決着でしょうか。

■エム×ゼロ
あわやTo LOVEるな展開かと思いきや、きっちり九澄が格好良く活躍して終わるのが流石にこの漫画でした。
九澄が信用されているのが示されるラストも気持ち良し。

■銀魂
「僕は一人じゃない」で吹きまくり。感動です(笑)
実はこの島こそ竜宮城なんじゃないんですかね。

■こちら葛飾区亀有公園前派出所
宇宙でも飲酒が問題になってるようで、やれやれ…

■魔人探偵脳噛ネウロ
X敗北。確かに前の時とはネウロの「力」が違いすぎますね。Xも可哀想に(^^;
次回はいよいよアンドリューと(スカートをはいた)Xが対面でしょうか。これがどういう化学反応を呼ぶかが予想出来ないので楽しみです。

■ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
箱舟はいつのまにか全滅状態だった様子。イサビもメンバーだったんですねえ。
エンチューとの決着もいよいよの様子。

■P2!−Let’s Play Pingpong!−
ダブルスの2人がちゃんと勝てて良かったですよ。これで実力を出せずに負けてたら哀れすぎる(^^;
涙をヒロムに見せられない乙女ちゃんがいいですな。いやー青春だなあ。
前園くんもこれで仲直り出来て、いい脇役になってくれるといいですが。

■ピューと吹く!ジャガー
我慢のアベさんか、懐かしや。
いつもながら訳の分からない展開になってますが、本物のニセジャガーは既出キャラなんですかね。

|

« 週刊少年サンデー34号感想 | トップページ | 夕凪の街 桜の国(映画) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/7324728

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ35号感想:

» 週刊少年ジャンプ【No.35】二代目手抜き真拳 [ゲ〜ムやマンガのきゃらと〜く]
ご来訪誠にありがとうございます、管理人のやまだです。 今回は週刊少年ジャンプ35号の感想をお送りします。 ネタバレしていますのでご注意を。 脳内ゲストはルーシーさんです。  ルーシー (画像上) ... [続きを読む]

受信: 2007年7月30日 (月) 23時44分

« 週刊少年サンデー34号感想 | トップページ | 夕凪の街 桜の国(映画) »