« 河童のクゥと夏休み(映画) | トップページ | レミーのおいしいレストラン(映画) »

2007年8月 6日 (月)

週刊少年ジャンプ36・37号と今月のスティール・ボール・ラン感想

■BLEACH
重いのか(笑)
まあ、骨格もしっかりしてそうだしそれなりの重さなんじゃないでしょうか。

一護は連戦になっちゃうんですかね。
そろそろウルキオラも出て来そうなものですが。

■アイシールド21
段々迫るのが速くなってくる峨王。コワー
キッド骨折くらいは本当にありそうですな。
峨王の“力”に対してキッドの超早撃ちや陸の“速さ”で対抗する展開のようですが、もしそのやり方で西部が負けたら泥門(ヒル魔・セナ)はどうすればいいのか、なかなか恐ろしい試合であります。

■ONE PIECE
ウソップには騙し合いバトルのスタイルが似合うなあ。絵的にもアイデア的にも見応えがある面白いバトルでした。
“黒光り星”は嫌すぎるけどな(苦笑)

で、タイトルの“決着”は“ウソップの”ではなくて“ゾロの”ですか。騙されました。
ゾロでさえこんな状態とは、サムライ・リューマの肉体ってのが本当に伝説級に強いってことなんですかね。

■家庭教師ヒットマンREBORN!
“灯台下暗し”と聞くたびに“大正デモクラシー”と言いたくなって困ります。
ビアンキは確かにそんなに変わらないですね。

■銀魂
2週前には予想も出来なかった展開だ(笑)
本当に最初から想定道理の展開なのか?(^^;

■NARUTO-ナルト-
サスケには木の葉と会うメリットはないでしょうが、木の葉とイタチが一緒にいたらしょーがないでしょうな。
三つ巴になるのか?

■こちら葛飾区亀有公園前派出所
結局自分で駄目にしてしまう、いつも通りの展開だなあ;

■D.Gray-man
冒頭の虚化した人…じゃない、髑髏面の人はクロス元帥でしたか。すっかり忘れてたなあ;
師匠の参戦でこの混沌とした事態もようやく収束に向かうことになるんでしょうか。

目覚めたっぽかったチャオジーくんも、イノセンスを武器化しないと活躍は出来ないようで、
活躍するのならこの先なんですかね。(死ななければ;)

■To LOVEる−とらぶる−
ズボン・ルンはいいけどスカート・レンは勘弁して欲しいと思いました。

■サムライうさぎ
手紙で明かされたマロの真意…、いい話だ。マロが超無口なのも理由があったんですね。
しかし…

放置しっぱなしだったのかーーーーーー!!! >借金

そりゃあこれだけ放りっぱなしだったら利子も膨れますわな。
次は借金返済編か?

■クレイモア
連載版未読のまま。
前に載った「テレサ」の話は予備知識が無くてもそれほど困らなかったけど、
今回はさすがに連載を知らないとちょっと辛い。
結局オフィーリアや暴走しそうになったミリアはどうなったんだ?

■魔人探偵脳噛ネウロ
げげげげげ!
X=「葛西の言う“絶対悪”では無い」説は他所でも見かけてましたし、
Xが絶対悪というのもしっくり来ないとは思いましたが、本当に出てくるとは。>絶対悪
まだまだ弥子と絡められそうなアイもこんなところで殺してしまうとは予想外でした。
数週前に「Xとの最終決戦」みたいなハシラ文が付いてたのも嘘じゃなかったんですね。
次回は目が離せなくなりそうです。(一週休みだけど)

■ベルモンド Le VisiteuR
刺客を延々待ち受ける主人公ってのもちょっと珍しいですな。
MPが、もとい魔女の力が持つかどうかと言ってますが、今一緊張感は感じないですが;

■P2!−Let’s Play Pingpong!−
「手の内を見せずに」でも、きっちり勝ってしまう遊部と川末が器用というよりむしろ“いい性格”だなと。負けず嫌いなんですな。
で、王華より強い(かも知れない)秀鳳とは“準決勝”で当たることになるんですかね。先輩達の様子からすると。

■エム×ゼロ
M0も応用度が上がれば色んな事が出来そうですな。

■ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
1話のうちにエンチュー+ティキとの決着をつけ、ビコやヨイチの思いを語らせ、ついでにロージーにまで活躍の場を与えて関係各位それぞれの絆を強調する。
今回は密度が濃かったですね。もう終わり、なんでしょうねえ。

■ピューと吹く!ジャガー
あるのか
描かれてた形のものはよく分からないけど。

■今月のスティール・ボール・ラン
左半身が消えてしまったってのはジョニィ達主観のイメージということでしたか。
本当に半身を消してしまうのなら「回転の技術」としてはあまりに超常的すぎると思いましたが、それなら(まだ)納得です。
時々ジャイロの“右半身”が消えた絵になってますが、ジョニィから見た左側だから見えてないと言うこと?

ウェカピポの回転の能力がジャイロの物に比べてえらく強力だと思いましたが、こちらの方がより「戦闘専用」の能力ということですか。ジャイロ達は手の内も知られていて大ピンチなのですが、
「黄金のスケール」がないと言っても、ジャイロは「自分のベルトのバックル」を見ればいいんじゃないんですかね?
そもそもスケールを見ながらでないと回せないのか?(体感として覚えてはいないのか?)とちょっと疑問。

|

« 河童のクゥと夏休み(映画) | トップページ | レミーのおいしいレストラン(映画) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/7430341

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ36・37号と今月のスティール・ボール・ラン感想:

» 週刊少年ジャンプ【No.36・37】BLEACHを心底楽しめた記念号 [ゲ〜ムやマンガのきゃらと〜く]
ご来訪誠にありがとうございます、管理人のやまだです。 今回は週刊少年ジャンプ36・37合併号の感想をお送りします。 ネタバレしていますのでご注意を。 脳内ゲストは酒留清彦さんです。  酒留 清彦(さけと... [続きを読む]

受信: 2007年8月 7日 (火) 02時05分

« 河童のクゥと夏休み(映画) | トップページ | レミーのおいしいレストラン(映画) »