« トランスフォーマー(映画) | トップページ | 週刊少年サンデー38号感想 »

2007年8月20日 (月)

週刊少年ジャンプ38号感想

■アイシールド21
「この試合が終わったらクリスマスボウルに行こう!!」(←死亡フラグ)

ああああああああああああ、惨すぎる。
結局は白秋が泥門の決勝の相手になってしまうんでしょうか。
正直全然ワクワク出来ません。今後しばらくは重苦しい展開になりそうか?

■ONE PIECE
ゾロVSリューマ、決着。
“名勝負”という言葉が似合う戦いでした。スピーディーな決着も良し。
前回でゾロが負けたように先に見せておいた演出も上手く決まっていたかと思います。
欲を言えば、この戦いは1週休みを置かずに読みたかったか(^^;

ゾロもリューマも“豪剣の侍”ということで、いわゆる“動”の戦士なのですね。ブルックのスタイルは逆に“静”の戦士と言えそうですので、リューマの肉体にブルックの技は実は合ってはいなかったのでは、ともちょっと考えたりしました。

とりあえず、フランキーはともかくブルックがこの戦いで完全に観客だったのは(今後ブルックが仲間入りする前提で考えるなら)ちょっと残念な気もしてしまいます。
ゾロの「心身共にあってこその剣士だ」のセリフで、ブルックは心も身も否定されてしまってるよーな気が(^^;

■NARUTO-ナルト-
結局「話」はなんだったんだ。

■BLEACH
ノイトラは最強とか言ってましたが「5」なんですか。それで威張ってたのか…
どーでいい事ですが、階級の数字って強さの序列が入れ替わったら書き換え出来るんですかねえ。

石田達はまたザエルアポロと戦うようですが、いいかげんザエルアポロの出番も長いので早めに片づけて欲しいところ。

■家庭教師ヒットマンREBORN!
やっと髑髏が出るんですかね。
10年後の姿も見たいですが、もしかしていきなり「10年前の姿」だったりする?

■銀魂
ほんとにボケしかいねえ。新八も大変だ(笑)

■魔人探偵脳噛ネウロ
絶対悪は“魔人”ではないけど“ただの人間”でもないと。
前座扱いされてアイデンティティも完全否定されたXが哀れですが、本当にXはコレで「終わり」なんでしょうか。
これからどうなるのか。
絶対悪の“シックス”これから何をするのか。全然予想出来ず、目が離せません。

■テニスの王子様
記憶喪失で軽井沢って…、どこからツッコメばいいのか…;
最終的にリョーマもメガドライブしてんじゃねーか(違)

■P2!−Let’s Play Pingpong!−
皆の覚悟はいい感じですが、
秀鳳の人も川末と戦いたいなら、全部のオーダーを教えなくても「自分は●で出るからおまえも●で出ろ」と言えば済む事ではないかなあ。
それなら別に不公平にもなるまいに。

相馬は久々に登場と思ったら(また)馬かーーー!!(笑)
馬で道路を走っていいのかと思ったけど、道路交通法上は馬は「軽車両(自転車と同じ)」なのね。
飲酒運転(乗馬)も駄目か。ほほー

■サムライうさぎ
借金返済編開始。
やけに長い未来予想シーンが妙にリアルだ(^^;
そもそも「元夫」に巻き上げられた二百両ってどうなったんですかねえ。
元々そのあたりからして納得いかない話だけど。

■エム×ゼロ
特訓の蘊蓄描写が楽しい。ハンターの修行シーンを思い出したりしました。ハンターはけ(略)

「白い挑戦者」が味があっていいですな。太公望のようだ。

■ピューと吹く!ジャガー
食ったらコリコリしそうですな。

|

« トランスフォーマー(映画) | トップページ | 週刊少年サンデー38号感想 »

コメント

>テニス
あれは無我の上級バージョンとして、所謂『不射の射』を修行中(もしくは体得直後)なのではないかと思うのです。
テニスを極めた者にはもはやテニスと言う概念そのものが不要なのです、きっと。

投稿: kanata | 2007年8月21日 (火) 12時05分

あれこそ全てを捨て去って「無我」を体現した姿なのかも知れません。
極めたテニスプレイヤーにはラケットもボールも記憶ですら必要ないのですね。ありがたや。
数週後私達は奇跡を見ることになるんでしょーか。

投稿: でんでん | 2007年8月21日 (火) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/7602985

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ38号感想:

« トランスフォーマー(映画) | トップページ | 週刊少年サンデー38号感想 »