« 週刊少年サンデー39号感想 | トップページ | ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(映画) »

2007年9月 3日 (月)

週刊少年ジャンプ40号感想

ネット上では既に情報が流れてましたが、本当に“例のあの人”が45号で帰ってくるそうで。
大分前から噂になってるのは知ってましたが、全っ然!!、信じてませんでしたよ(^^;;
とりあえず、キメラアント編だけでもきっちりを決着を付けて欲しいところです。

■BLEACH
ネルの正体はビックリしましたが、
「ダメなんでヤンス~これ以上ネルを虚夜宮の奥に近づけちゃ…」

… … … だったら初めから付いてくるなよ;;;

■ONE PIECE
「ウチの船長なら怪物でもサイボーグでも魔獣でもエロでもネガティブでも!!」
…魔獣や怪物と並べられるサンジとウソップってすごいな(笑)
「魔獣」ってのはゾロのことか?

で、戦いの方はホグバック戦のカタがそろそろ付きそうに思えたところでオーズが暴れ出して大混乱に。
オーズはルフィと戦うのかと思っていましたが、「ルフィVSモリア」と「他の麦わら一味VSオーズ」になりそうですね。
オーズは超強敵ですが、「口に塩をつっこめばいい」という攻略法が明らかなので、まだ対処は可能ではないかと思えます。ウソップのパチンコが決め手になるかも知れず?
仲間候補なのにイマイチ活躍出来てないブルックにも見せ場が欲しいですが、さて。

今回はナミは完全に囚われのお姫様モードですねえ。そのままで終わって欲しくないですが。

■アイシールド21
野球にはツッコミ切れないので触れません(苦笑)
ここでヒル魔と栗田の過去編に入って、栗田のモチベーションを高めるわけですね。黒髪のヒル魔が新鮮。

■家庭教師ヒットマンREBORN!
まだ力を扱いきれないとはいえ、「この時代のツナ」と同様にツナがパワーアップ。
しかし、結局はこの時代のツナは指輪を捨ててしまった訳ですが、その辺りの理由もきっちり描かれるんですかね。

■To LOVEる−とらぶる−
「リサとミオ」って誰だったっけと思いましたが、痴女の人達ですか。成る程。

■銀魂
自分の背景も自由自在とは、恐ろしいスタンドバトルだ(笑)
乙姫の切ない事情が明かされましたが、やはり最後には悲劇になってしまうんですかねえ。

■P2!−Let’s Play Pingpong!−
今回は男子シャワー室だったか。良かった。(何がだ)
遊部と川添は順調にライバルフラグを構築中ですが、
主人公のヒロムの対戦相手は誰になるんでしょう。「お嬢」やロン毛の兄ちゃんは秀鳳とは違いそうですし。

■魔人探偵脳噛ネウロ
シックスは「悪意」を積み重ね続けた新しい種族だとのことで、やることの全てがエグい、本っ当―にエグいです。ただただ生まれついての悪意だけで事を為す『絶対悪』としか呼びようがない存在かも知れません。
(他所で、HAL編の際の「刹那の病気」は人為的なものではないかとの意見を見たことがありますが、あれにシックスが絡んでいた可能性も確かに高そうな様子)
しかし、ネウロがシックスに対して明確に「不快」と言い切ってくれたのは読者としては救われる気もします。

■サムライうさぎ
田丸の人は踏み倒す気満々ですか。田丸達をどうにかするために伍助達も動くことになるんですかね。
…それで伍助達の借金問題が解決するかどうかは別の話なのかも知れませんが(^^;

■エム×ゼロ
3体の攻防戦が素直に楽しいです。
最後のはアクシデントなんでしょうか。新垣先生のシナリオ…にしても、エムゼロのテストという目的を考えれば不自然な気もしますし。

■SKET DANCE
えらくメタな展開ですな。
ベタながら笑ってしまいました。

■ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
エンチューの話も決着がついて、てっきりこのままクライマックスなのかと思っていたのですが、
まだ普通に続くんですかね?

■ピューと吹く!ジャガー
む、MUGANO―――!!
夏だと思って油断してました。

|

« 週刊少年サンデー39号感想 | トップページ | ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(映画) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/7785823

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ40号感想:

» 週刊少年ジャンプ【No.40】アイ追悼 [ゲ〜ムやマンガのきゃらと〜く]
ご来訪誠にありがとうございます、管理人のやまだです。 今回は週刊少年ジャンプ40号の感想をお送りします。 ネタバレしていますのでご注意を。 脳内ゲストはアイさんです。  アイ(イミナ) (画像右下)... [続きを読む]

受信: 2007年9月 4日 (火) 19時07分

« 週刊少年サンデー39号感想 | トップページ | ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(映画) »