« 週刊少年サンデー42号感想 | トップページ | ミス・ポター(映画) »

2007年9月22日 (土)

週刊少年ジャンプ43号と今月のスティール・ボール・ラン感想

■ONE PIECE
ローラの熱い友情。いい奴だ(つA`)
ローラは結婚おめでとうと言いたいですが、最後には影を抜かれちゃうんですかねえ。どんなにいいキャラでもゾンビは切ないなあ…

麦わら海賊団はこれから反撃に移る様子。
しかし、ウソップでさえ立ち上がっているのに立てないブルックがちょっとガッカリですが、骨がバラバラになってるんでしょうか?(怪我したらどう治癒するんだろ)
ブルックも何か見せ場が欲しいところ。

■アイシールド21
脅迫手帳の辺りはあまりディテールを細かく描かれても反応に困るなあ。
阿含との関係はもうちょっと突っ込んで欲しかった気も。今更描いてもあまり意味がないかも知れないけど。

過去編を経て栗田のモチベーションを高めていますが、峨王の相手は完全に栗田の受け持ちになるんですかね。セナも峨王と対峙はすることになるんでしょうけど。

■BLEACH
「ニセモノはズボンをはいているんだよ!!」
「な、なんだってーーー!!!???」
やっぱりBLEACHはギャグをやってる方が面白いと思いました。
ズボンと言えば、最近知りましたが以前のこち亀30周年企画の「石田のズボンの両さん」は単行本では消えてるとか?
未確認ですが、そんなに嫌だったのか…

ザエルアポロはいい馬鹿だと思います。

■ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
マショカリアといい「ずっと守ってやる」の巻き付きぷりっといい、この漫画のビジュアルセンスはやはりいいですな。

■魔人探偵脳噛ネウロ
面白番外編その2。
池谷…、期待を裏切らない人だ。
19歳かよ!?
ネウロで10DVとして、今回出た池谷も望月もそれなりのDV力は持っていそうな気がします。池谷の場合マゾも入ってる気がするけど。
他の知り合い男キャラも、そこそこDV力がありそうな奴ばかりだ…;(無さそうなの篚口以外の警察関係者くらいではなかろーか)

■銀魂
ちくしょう、やっぱり泣かせる話で締めやがった(つA`)(←泣いてる)
いい話でした。胸を張って年をとりたいものですね。
悲劇的な最後になるんじゃないかと思っていましたが、気持ちいいラストになってくれて良かったですよ。やっぱ生きなきゃねえ。

■家庭教師ヒットマンREBORN!
結局10年後髑髏は出ないですか。ちっ
しかし、外国に行ってる笹川のことはともかく、髑髏の事はちゃんと探してやれよ>ツナ達

■P2!−Let’s Play Pingpong!−
秀鳳にヒロムのライバル登場か?、と思いきや、実際どうなるかはまだ分からないですね。
最初は腹黒系かと思ったけど、見た目通りに素直な奴なのか?

これまでの戦い方を否定された眞白がどうなるかと(暗黒面に落ちやしないかと)思いましたが、「基本をないがしろにしていた」と反省した様子。
眞白には出来ればグレずにいてほしいのでちょっと安心しましたが、この大会中で急に基本が身に付くわけもないし、すぐに活躍するのは難しいかも知れません。

■To LOVEる−とらぶる−
「銀河ワームホール航路で約4時間、一般航路だと116億年ほどかかりますがー?」
ザスティンにはこの星で大魔王を目指して頂きたい。

それにしても期待を裏切らない男よ>ザスティン

■サムライうさぎ
お上の借金チャラ問題も「一応は」解決した様子。札差達がお咎め無しで済んだのは(現実的じゃない気もするけど)良かったかと思います。
伍助達の借金問題も、「利息はチャラ」と言うのはかなり大きいんじゃないですかね。
仕事も、物書が本職なのだから習字も向いてるでしょうし、そもそも子供に物を教える役目というのが伍助には合ってそうな気もします。

しかし、この先はキナ臭い展開になりそうですねえ。

■エム×ゼロ
エムゼロの事が教頭にバレる寸前ですが、ここまでバレそうだと、かえってすぐにはバレない展開になりそうな気もします。
ただ、これまでの九澄ならギリギリになるまではエムゼロを使おうとはしないでしょうが、「特訓直後」の今だと案外気軽に使ってしまう可能性もあるか。

■テニスの王子様
こんな見事なミイラ男は久しぶりに見ました。
つーか、鼻の穴くらい確保しといてやれよ。

■SKET DANCE
困った西園寺まりいですね。
しかし、生徒会はヒマなのか?

■ピューと吹く!ジャガー
カラーでびっくりしました。
先週の予告でも書いてましたけど。

■今月のスティール・ボール・ラン
ウェカピポ戦決着。
ジャイロが祖国にいた時代から繋がる「偶然」の連鎖がなんとも運命的です。
冷淡に見えていたジャイロ父の言葉もこうしてみると何とも味わい深い。

ウェカピポは生き延びたわけですが、胸に穴が空いていてよく生きてるもんだ。
まあ、荒木キャラにとっては今更ですが(^^;

「原住民のルート」をポコロコよりも先に発見出来たことで、レースにも勝機が見えてきた感じですが
(これだけ道草を食ってて勝てるのか?とも思うけど)
ポコロコの「幸運」も大分効力が失われてるんですかねえ?


|

« 週刊少年サンデー42号感想 | トップページ | ミス・ポター(映画) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/8055926

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ43号と今月のスティール・ボール・ラン感想:

« 週刊少年サンデー42号感想 | トップページ | ミス・ポター(映画) »