« 週刊少年ジャンプ46号感想 | トップページ | 週刊少年ジャンプ47号感想 »

2007年10月17日 (水)

週刊少年サンデー46号感想

■クナイ伝
以前載った読切から連載化。
細かいところは忘れてますが、忍者が吸血で大人になるのは変わらないですが(たしか)、読切では(たしか)無かった邪紅刀の設定とビジュアルがなかなか面白いかと思います。
主人公につっこみもとい、ボケもとい、面白い相方をつけるのは説明の多くなりそうな漫画としては上手い手かと。
ヒロインもやっぱり忍者関係なんでしょうね。

■結界師
海に行くとか言ってたアニキは扇一郎と一騎打ちだった様子。やっぱり戦うんですかね?
何人も死人まで出て今更話し合いや腹の探り合いなんてことも無いでしょうし。
漫画内最強クラス同士の戦いということでなかなか展開も予想出来ないですが、さて?(まあ、奥久尼が言うようにアニキが不利なんでしょうけど)

良守は奥久尼のいいように実験されてしまうのかと思いきや、正守の元に向かう流れになりそうか?

■金色のガッシュ!!
意外とたやすくクリアを撃破と思ったところでクリアが二段変身(或いは吸収合併?)
正にRPGのラスボスのようだ。
日本を出て以降のこれまでのクリアとの戦いは、割と清麿達にとって(帰還者が出ることも含めて)『想定範囲内』の戦いだったはずですが、やはり最終戦が主人公達の予想範囲内で終わるわけは無かったか。
ピンチに陥ってからが本当の戦いですな。(少年漫画的に)

実際にクリアに何が起きたのかはまだ分かりませんが、あれがクリアの「正体」なのか、それともガッシュがバオウに乗っ取られたようなものなんですかね。

自分の能力の説明を始めたブラゴはフラグが見えてやばいと思いました。

■ダレン・シャン
すっかり「出オチキャラ」ならぬ「出るだけで不幸の予感をまき散らすキャラ」になってますな。>Mr.タイニー
もう当分人死には嫌ですがー;

ゴリラーテンの的確な描写に笑いました。
目が見えなくても十分強いバネズがすげえ。

■魔王
なんとか惨事を(一応)納めた安藤でしたが、実際のところ犬養達に自分を敵だと認識させるだけの結果になっているのが皮肉で意地悪な展開です。
そりゃあ犬養の狙いなんて安藤に分かるわけ無いもんなあ。
このままだと社会的地位ごと抹殺されるはめになりそうですが、味方もいない、ちょっとした超能力があるだけの単なる一般人の安藤に明日はあるのでしょうか?
主人公が不利すぎるのが展開の予想の出来なさを生んでいて面白くなってきました。

最後の犬養の顔、こえーー;

■ハヤテのごとく!
新クラスが魔法先生クラス風ともだちの輪に!
漫画好きのナギとしてはこんな事態は喜べばいいと思うよ。
クラスメートの設定の無茶苦茶さはあまりに無茶で楽しかったですが、このまま少しずつ既存キャラだったり新キャラだったりするクラスメートの正体が明かされたりするんでしょうか?
限りなく一発ネタで消えそうな気がしないでもないですが(^^;

■最強!都立あおい坂高校野球部
右京親父の精神年齢が中学生くらいにしか思えません。
子供のまま大人になっちゃったんですねえ…。まあ、こういう大人も多いですけど。

■史上最強の弟子ケンイチ
やはり最終(的)ライバル対決だけあって、作品のテーマ的な部分をぶち込んでくるなあ。

■お茶にごす
普通なら手強いライバルキャラになりそうな人なのにブルー樫沢(笑)
すっかり出オチキャラと化してしまって可哀想ブルー樫沢(笑)
果たしてブルー樫沢(笑)に再起の可能性はあるのでしょうか?

笑ってしまった部長が良いね。

■イフリート ~断罪の炎人~
久し振りに日常話と思ったら…
出歩けば事件にあたる悲しい漫画キャラの定めだなあ。ニナミ達の偶発的事件遭遇率はコナンの領域に近づいてる気がします。

しかしまあ、今回の犯人(ターゲット)はこれまでの中でもかなり上位の変態の様子。
どうせなら変態を極めてネウロにすら出られるような変態キャラを目指して欲しいです。

■クロスゲーム
やはり負けるしかないかー。
3年時の試合で甲子園にという訳ですな。お約束的でもありますが。

■絶対可憐チルドレン
今回は黒い幽霊との戦いは小休止の様子(とか安心してると裏切られたりしますけど^^;)
人の心のこもったお弁当は無駄には出来ないと判断するチルドレン達は良い子じゃないかと思いました。
たとえ小学校の体操服を勝手に変えても食堂をフランス料理屋にしてもシャワー室を温泉にしても(笑)

ところで今、家族じゃない小学生と暮らす大人の社会的地位が大変なことになってる世情なのでこの漫画がちょっと心配です(^^;

何故ポッキーにまでモザイクが?(笑)

■GOLDEN★AGE
それぞれの試合を通して張り合ってる(?)唯と丹波が面白いです。
丹波が唯を意識してるのはとても分かりやすく見えますが、唯は何を考えているのか読みにくいんですけどね。

■メテオド
普通の町中でバトルされてると思うと不思議な臨場感があって良いですな。

イトは相手が人間(にしか見えない)相手にでも斧を顔面にぶち込んだりと、容赦ないですな。少女に斧は今はヤバイっすよ(^^;

今浪さんのツンデレっぷりはいいものでした。

■DIVE!! -ダイブ!!-
やっぱり試合シーンがなかなか面白く見られないなあ…
選手が多すぎるのも要因でしょうが。
後頭部をぶつけそうな飛び込みは確かに怖そうだと思った。

■あいこら
作中では2月なのかー。この漫画も季節が現実と揃わない漫画だなあ。
しかしチョコってあんな風に常温で(しかも冬)溶けるものだろーか(^^;
流血で溶けたのか?

|

« 週刊少年ジャンプ46号感想 | トップページ | 週刊少年ジャンプ47号感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/8471082

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー46号感想:

« 週刊少年ジャンプ46号感想 | トップページ | 週刊少年ジャンプ47号感想 »