« 週刊少年サンデー48号感想 | トップページ | グッド・シェパード(映画) »

2007年11月 5日 (月)

週刊少年ジャンプ49号感想+SQ.

巻末コメントによると担当変わりまくりですか。
SQ.創刊なんかも関係してるんですかね。
SQ.に関してはこれ以上は手を広げられないのであまり書かないと思います。気になるものだけ少し触れようかと。

■BLEACH
隊長格が4人参戦。これでやっと話が進展するでしょうか。
誰が誰のところに行ったのか微妙に分かり難いですが、剣八の他の3人は、
兄→ルキアと第7十刃のところ、卯の花→チャドと竜骨のところ、変態→変態のところ、に行った様子。
とりあえず一番楽しみなのは変態対決なのは間違いありません。
髪型も変わってやる気ばっちりのマユリ様どんな変態技を見せてくれるのか楽しみですな。

ところで破面の連中って、ことごとく護廷十三隊隊長の顔も知らないのね。
敵の情報収集くらいしておけよ…;

■ONE PIECE
ロビンにチョッパーにサンジにと、それぞれの活躍を見せながらもリタイア。
既に活躍=死亡フラグになってますよ、ブルブル(死んでません)
まだ到着しないルフィの他はゾロ、ナミ、ウソップの3人だけ。もうオーズを倒せるのはナイトメア・ルフィ+“大量の塩”しかないでしょうか。
ルフィが付く前にどうにか3人で“オーズの右腕”だけでも封じて欲しいものですが。
一時的な超パワーアップのナイトメア・ルフィでオーズを倒してルフィの影を取り戻して、それから通常ルフィとモリアの一騎打ちという流れになりそうか?

元々オーズの物じゃない“右腕”ってことは義手でなければ他の死体からホグバックが移植したってことでしょうか。よく大きさの合う腕があったものだ;(巨人の腕?)

モリアがいつの間にオーズの腹(コクピット)に入ったのかと思ってましたが、影を使ってワープしてたわけね。なるほど。

■家庭教師ヒットマンREBORN!
ツナが仕事の苛立ちを家庭にぶつける親父モードに。
追い詰めにかかってるなあ。カタルシスを得られるのはまだまだ先か?

■アイシールド21
試合開始以降やたらとヘタレっぽく「見せていた」マルコが遂に真価を発揮。
ボールを奪う名人ということですか。キャッチのボールを奪った如月と同じようなスタイルと言えるでしょうか。
如月同様に、これもまた「力」というよりは「テクニック」じゃないかと思うんですけどね。
如月の時にも思ったけど、これもまたやり口が分かってれば対処出来ないんですかね?
素人考えならそれだけボールをがっちりガードしてればいいのでは、とか思っちゃう訳ですが。

■D.Gray-man
えーと、マナって誰だっけ?
と思って検索してみると、アレンの養父でアクマになってアレンの左目を潰した人ですか。言われてみればなんとなく。
箱舟って、文字通り箱型なのね。

■ウィリアムス
読切。以前「恋の神様」を描いた人ですね。
魅力的に動くキャラクターと語り口が上手くて読みやすいです。正しい少年漫画ですな。
この話で連載化、があるかどうかは分かりませんが、この先が楽しみかと。
メイドパワーすげえ。

■銀魂
タマ菌にかもされる真撰組
なんて嫌なヴィジュアルだ(笑)
沢木もトイレでは苦労してるだろうなあ。
近藤さんはでかい男だなあ。

■サムライうさぎ
新人2人は別に鰐淵の手の者ってわけでもないのか?
摂津が道場を止める理由ってのは、本人が語ってる通りなんですかね。確かに1箇所に留まるタイプではなさそうですが。
この漫画もトーナメント漫画になってしまうのか??

■魔人探偵脳噛ネウロ
今回の事件は、石垣の100回に1回の有能さの証明にはならなかったと思いましたが、「(組織には)色んな奴がいた方がいい」ってのは確かにそうかも知れません。
石垣がシックス対策の切り札になるとは思えませんが(笑)

■こちら葛飾区亀有公園前派出所
そもそも素人に(それも無料で)頼む方が間違ってるのだが、この漫画でそれを言っても仕方ないか。

■HUNTER×HUNTER
あっという間に読み終わった気がしたけど19ページあったのね。
ここ3週の話で数分も経ってないのが恐ろしい。

会長の過去のエピソードからすると、現在の会長の年齢は110から120歳あたりってことですか。
先週号ではマハ・ゾルディックと会長が「オナイ(年?)」と書かれてましたが、
キルアが12歳+αとして、父シルバが40代前後(?)、祖父ゼノがそれに+20~30で約60~70代、ゼノの父がまた+20~30として80~110、ゼノの祖父マハがまた+20~30で100~140くらいと想定すれば、だいたい計算は合うのか。
ビスケが57歳ならビスケにしてみても会長は「祖父」以上の年齢ってわけだ。会長すげー

若い頃の会長が「感謝の正拳突き」を始めた時、念能力自体は身につけていたんでしょうか?、その修行の中で念に目覚めたようにも見えなくはないし、どちらとも取れそうな気が。

さて、次からはいよいよゴン達(というかナックル達?)とユピーの戦いに突入か?
ラスト見開きの2コマ、1秒も経っているかどうか怪しいこの時間の中で、一瞬で戦闘態勢を整えている(と思われる)ユピーがかなり手強そうですが、さて?
メレオロンの「神の共犯者」の能力を使おうにも、最初から姿を見られちゃってるしなあ。
モラウがいきなり煙を出しているのは、イカルゴの姿を隠す目くらましか?

ピトーの「玩具修理者」、玩具ってあたりがピトーらしい。
発言させた場所から移動出来ないって、乗り物の上で使うとどうなるんですかね。その辺を言い出すと自転が公転がという話になっちゃいますが(^^;

■SKET DANCE
とりあえず、先生も友達も当人の発言を抑えて勝手に結論出すなと思いました。
すぐ人の発言に被せてしゃべり出すTV番組とかムカつくのよね。

■P2!−Let’s Play Pingpong!−
「今でもみんなお前の事は嫌いだよ」「でもみんな尊敬している」
これもまた組織(チーム)には色々な奴がいるべきだとの一例と言えるか。
遊部と張、どちらの勝ちもあり得る戦いですが、さてどうなるか?

遊部の回想シーンでの「川末は今自分の事で手一杯」は、以前から徐々に言及されていた卓球のスタイルに関することでしょうか。
川末の戦いではその辺りもやっと触れられるんですかね。そろそろアキラも到着しそうだし。

■エム×ゼロ
ロジックパズルを出すなら、どうせなら解答編を次回に回してもいーんじゃないかとも思わなくもなかったです。
覆面男は本当に犯人の事は知らなかったわけか。よくあんな指令に乗るなあとは思いますが。

■ベルモンド Le VisiteuR
滅びる前に自分達の剣が最強だと証明したい者VS剣を集めたい者の戦いという構図に(?)
周囲の者にとっては迷惑そうな戦いだ。

■ピューと吹く!ジャガー
ダメだなあ…うん…

■SQ.
■エンバーミング
読切2本を経ての連載化。前2作とはまた違う人物を主人公にしてきましたが、表紙などからすると前2作のキャラも絡んでくる様子?(1作目のメガネヒロインがいないけど)
内容自体はドロドロしそうな話だけど、和月先生の作風って割と乾いてサッパリしているので良くも悪くもスッキリ読めるのね。
今回の主人公ペアはどちらも人間かと思いきや、やっぱりパートナーはフランケンシュタインと化してしまった様子。
と言うか、“クビ”の包帯からするともしかして主人公自身が改造されてたりする?
改造されたら生前とは人間性が変わると言ってたから違うのか?

■TISTA
殺し屋の少女の話。
絵も話もなかなか魅力的で読ませてくれます。
今回の話だけでも「読切的」には完成しちゃってるようにも思えますが、
さて、ここからどう続けるのか?

|

« 週刊少年サンデー48号感想 | トップページ | グッド・シェパード(映画) »

コメント

はじめまして。
先週、今週と黙ってTBしてしまってすみません。しかもTBして頂いて恐縮です。
よかったら私の方にもTBしてくださいね。
ネテロの年齢は私も全く同じ計算をしています。110~120位かなと。マハの年齢計算参考になります。あの二人は同じような歳かも知れませんね、家計図の図とも合いますし。
ネテロ46歳冬の修行のときマハとの力関係がどうなっていたのか気になりますね。「けんか」っていう位だから水と油で競い合っていた二人だと思いますし、行き詰っていたネテロがこの時マハと対等だったのか、それともまだこの時点で出会っていなかったのか。
長文で失礼しました。あっ、せっかくなので自分のところにフィードバックしてしまいます。^-^;

投稿: ちんちら | 2007年11月 7日 (水) 12時27分

はじめまして。TBはする習慣が無いんですが、
ネテロはやはり大体そのあたりでしょうねえ。さすがに200とか人外すぎる年齢ってことは無いようで。
あの過去エピソード時点で念に目覚めていたのかどうかは気になるところですね。
マハとの因縁はもっと若い頃からあってもおかしくなさそうな気がしますが、どうなんでしょう。

投稿: でんでん | 2007年11月 7日 (水) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/8764805

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ49号感想+SQ.:

» HUNTERxHUNTER ハンターハンター 265話 WJ-49号 感想 [ちんちらブログ]
心流拳聴、百式観音のルーツがここに。 ゆっくりした連載に少し安心してきた今週号です。 パーフェクトプランは読者にも最後までかけて欲しかったかな。 [続きを読む]

受信: 2007年11月 5日 (月) 17時28分

» ブリーチの画像の魅力 [ブリーチ 画像 「BLEACH」]
ブリーチの画像の魅力紹介です。 ぼくはアニメのブリーチが大好きなんです。 漫画のほうも週刊少年ジャンプはかかさずに ブリーチから読んでいますし、ブリーチの 単行本も全巻持っています。 [続きを読む]

受信: 2007年11月 6日 (火) 00時25分

« 週刊少年サンデー48号感想 | トップページ | グッド・シェパード(映画) »