« バイオハザード3(映画) | トップページ | 週刊少年ジャンプ51号感想 »

2007年11月14日 (水)

週刊少年サンデー50号感想

■史上最強の弟子ケンイチ
DオブD編終了。
翔は結局死んでしまったのですか。無情だなあ…(YOMIの弟子達にそう知らされているだけで実際は生きている可能性も皆無では無いでしょうが、可能性は薄いか)

フォルトナが新白連合に倒されたと知ってのジェニファーの反応がいいですね。
“こんな子供たちに裏社会の支配者が倒された”との事実のある意味でのバカバカしさが復讐に凝り固まっていたジェニファーの心を解かしてくれたんでしょうか。

■結界師
六神合体ゴッドオウギ!
六郎(だよな?)が切り捨てられて、次からは百獣扇ゴライオウギになっちゃうのか?

奥久尼の言うとおり、確かに後味の悪い、虚しい結末でした。結末と言っても決着は付いてないですが。
で、戦いの直後でささくれているであろう正守が良守と対面しちゃってどうなることやら。
奥久尼はわざとあの場で2人を対面させたんですかね?

■ダレン・シャン
100年間太陽に挑み続けるバンチャ元帥。
馬鹿っぽくも見えるけどなかなか魅力的なキャラではありますな。“醜男”の呼び名もやたら格好いいじゃないですか。
カーダを推薦したという過去もあり、ダレンにとってまた新たな師匠になりそうなキャラですが、派手な死に方をしそうにも思えてしまうなあ(^^;
レディについては来週を見てからかなと。

■金色のガッシュ!!
先週に続いて仲間魔物の術が大放出。作品としての積み重ねが効いているのでただただ感無量です。
テッド、チェリッシュの戦い方は前とあまり印象が変わりませんが(テッドが“ギア”を上げる必要がないとかはあるけど)、
バリーが随分理知的な戦い方でちょっとビックリ。その貫禄が素晴らしい頼もしさだ。
とりあえず、『バリーのドリルはクリアを削るドリルだ!』と言いたい。
しかし、抜け殻とは言え人と同じ姿のクリアを削っちゃうのは少しグロイですな。

ヨポポの最強術があんな能力だったとは!、主力になれる能力ではないけど、なかなか恐るべし能力じゃないですか、リュウタロスダンス!
パティ、ティオ、コルルの3連魔物ヒロインコンボがなんだか興味深い。(ビョンコも混ざってるけど)
この戦いが終わったら、新たなガッシュ争奪戦が始まりそうだ(笑)

ティオのシンの術は防御ではなくて回復だったのね。
ブラゴも回復しましたが、戦いの場が宇宙になってしまうと後は竜魔人になったダイに任せるしか無い…じゃなくて、ガッシュに任せるしかないだろうし、もうブラゴの活躍は無いのかなあ(^^;
重力の力でブラゴも宇宙にGO!なんて… 絶対無いとは言えませんが。
戦いを終えたガッシュ達の帰還に重力の力で一役買うとかあり得るか?

そして、コルルはやっぱり作品的に別格扱いなのだなあと再認識。
前に使った術(変身術)とは全く系統が違うけど、コルルのキャラには合った術で納得。
「人を傷つける術だけじゃなく」の台詞は思わず泣けてしまいました。良かったなあ。

最後はウマゴンと一緒にとし子宇宙へ!(誰だとし子って)
宇宙が舞台なんてなるとクライマックス感が一段と高まります。

この先出てくるであろう魔物の事を考えてみると、
●ゼオン…おそらくトドメ役で登場?、ガッシュとの連携でファウードにかました極大バオウザケルガの再現になるか?
●キャンチョメ…シンポルクでクリアの目を逸らすとか、おいしい活躍を見せるんじゃないかと。
●ロップスとリーヤ…普通に攻撃術でサポート?
●カルディオ…戦いを終えた後の地球への帰還(大気圏突入)で冷却役を担当するとか?(コルルの術があれば不要か?)
●モモン…うーむ、どんな形で出るやら(^^;、戦闘後にモモンのミミコプター(違)で空から降下とか。
と、このあたりの連中はまず出てくるでしょうねえ。
あとは…、パピプリオも出る可能性はありそうか。活躍するなら意外な形でしょうね。
ゴームも可能性ありそうだ。

また、へっぽこぴーすけさんの記事を読むまですっかり忘れてましたがアルムも可能性はあるか???(千年前魔物は先週出ちゃったので可能性は低そう)
他には、仲間になったとは言い難いけど、ロデュウとかキースとか無理ですかねえ。ロデュウは先々週のガッシュの回想に出てるしあり得るか?
でも先々週の回想だと何故かレイコム(氷)やコーラルQ(ロボ)も出てたんだけど、コーラルQはまだしもレイコムが出る可能性は低いだろうなあ(^^;
ゴフレ(ブラゴと初めて会ったときに登場した犬)は、友達じゃないよなアレ(笑)
しかしまあ、候補が既に多すぎですな(^^;

■金剛番長
ボクサー噛ませ犬に!
屈強なヤクザですら番長級には歯が立たないこの世界、普通のボクサーなんてのは一般人に毛が生えたくらいの扱いなんですかねえ(^^;
往田が活躍するにはボクサー番長を目指すしかないのか?(いや、「番長」は敵だってば)

二つ折り携帯を使えない金剛のラブリー度がまた上昇。プリンからこっち、どこまで可愛いんだ金剛番長。

■ハヤテのごとく!
確かに今の状況なら普通に「逃げる」を選択しても問題ないですな。大魔王からは逃げられなくても熊からなら大丈夫なはずだし。
どう収集をつけるのか分かりませんが、石と伊澄が鍵なのか?

■クナイ伝
夜宴って結局バンパイアなのか。
でも太陽に弱いとかは無いのね。

■イフリート ~断罪の炎人~
姫子は超能力者じゃなくてサイボーグだったのか。言われてみればあの頭飾りはモロに機械っぽいか。
記憶力が無い自分は記憶の外付けハードディスクが欲しいなんて思ったことはありましたが、ある意味それをマジでやっちゃってると。

悪役の「親切に解説してくれすぎ」っぷりに「薬のせいで」と理由を付けてくれたところが好感。

■クロスゲーム
えーと、水輝も若葉の顔は知ってるんだっけ。いとこだし。

■魔王
寅さんにも詳しいとは驚いた。アンダーソンにじゃなくて安藤に。
アンダーソンはなかなか面白そうなキャラですがどう話に関わるのやら。アンダーソン親父の方はあまりパッとしない感じなんですが。

■お茶にごす
人を批判は出来ても誉めることは不可能って、夏帆ってまークンを相手しているから攻撃的になってるのかと思っていたけど、もともと困ったちゃんキャラなのね。
しかし、漫画として見ている分には面白いのでどんどんマイペースに進んじゃって欲しい。

ブルーの運命が楽しみです。

■絶対可憐チルドレン
蠅大軍は嫌っすねえ。そりゃあ楳図顔にもなるわ(^^;
仲間のパンチラが無理なら自分でパンチラする薫がさすがだ。(や、仲間も後ろから見えてるけど)
そして、やっぱり紫穂は恐ろしい子でさすがだ(^^;;

|

« バイオハザード3(映画) | トップページ | 週刊少年ジャンプ51号感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/8917723

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年サンデー50号感想:

» 今週の金剛番長 [翠蛇の沼]
東京23区を仕切る、23人の番長によるバトルロワイヤル勃発!一気に王道バトル展開へと突入した金剛番長。ちなみに、主人公の金剛は一番番長らしいけど『番長』じゃないです。この世界では、『番長』や『舎弟』とはブリーチの『隊長』や『副隊長』のように、れっきとし...... [続きを読む]

受信: 2007年11月15日 (木) 21時46分

« バイオハザード3(映画) | トップページ | 週刊少年ジャンプ51号感想 »