« 週刊少年サンデー49号感想 | トップページ | バイオハザード3(映画) »

2007年11月12日 (月)

週刊少年ジャンプ50号感想

■ONE PIECE
ゾロの攻撃はおろかブルックの塩まで防がれて絶体絶命になったところでルフィが登場。
出来れば麦わら一味にはオーズの右腕くらいは落として欲しかったので少し残念です。
ドーピングルフィ、もといナイトメアルフィは予想以上に強い様子。
オーズ戦もそろそろ長くなりすぎてきたので、ここから一気に片づけて欲しいところ。

“影”を身のうちに入れたナイトメア・ルフィならモリアの影も触れるなんてのは無いですかね?
ただ、反則的存在であるオーズの相手はドーピングでもともかく、モリアの相手は素のルフィでしてもらいたい気もしますけど。

■銀魂
宇宙人とくれば確かにキャトルミューティレーションですな。考えてみれば今まで無かったのが不思議。
新八はよくあのドライバー、もといあの指でゲームが出来るものだ。
そしてゲーム内でも役割が変わってないあたりがさすが新八(笑)

■BLEACH
チャドはともかくなぜ「そちらの破面も」治すのだろう?
尋問でもする気か(・e・;)
さすがに舞台が4つに別れると1つ1つの描写が物足りないなあ。
ルキア兄と第7十刃は無限に背後に回り込み続けるべきだと思った。

■家庭教師ヒットマンREBORN!
骸がやられると一気に2人戦闘不能になるのね。司令官が最前線に出るようなものだなあ。

■サムライうさぎ
わかってねえ。
千代吉は確かにガキだなあと思った。
摂津はうさぎ道場に必要だとは思いますが。

■魔人探偵脳噛ネウロ
弥子は結局“あの舌”をつけたままで担々麺を食べに行ったのか。さすがだ。
そして弥子にとってはダンボール肉まんでもヘッチャラか!?(笑)

謎のダンボールおじさんは重要人物になるそうですが、てっきり葛西が変装(つーか扮装)してるのかと思いましたよ。
彼がどう話に絡むのかは全然予想出来ないなあ。

■エム×ゼロ
刺客は金目当ての不良系ばかりが来るのかと思ったらそうでもないのね。
大門も軽曽根も普通にゲーム対決としか思ってなさそう。
魔法将棋はハリポタのチェスみたいな感じですな。(ジャンプ的にはむしろ遊戯王なイメージか)
もっとビジュアルは和風でも良さそうな気もするけど。

■HUNTER×HUNTER
遂に戦闘開始。
今週でも作中で1分も経って無さそうですな。濃度濃いわー。
残り4回(だっけ?)で一区切りつくんでしょうか(^^;

会長とゼノの方針はやっぱりゴン達には伝わってなかったんですね。
作戦に入ってしまえば連絡は取れないとは言っても、せめて『知人』が誰かくらい事前に伝えておいてくれよ>会長。
キルアがゼノの孫だってのは分かってるだろうに(^^;

機械的なまでに対応の早いユピーと、独自の状況判断の速さを発揮して躊躇のないゴンがそれぞれ“らしさ”を感じます。ユピーなんてこれまでロクに描写もなかったのだけどそれでも。
えーと、そういえばゴン達って、ユピーの姿は把握してたんでしたっけ?(ピトーとは対面してるし、プフの姿も遠目でノヴが見てたけど、ユピーはどうだったかなあ。忘れました(^^;))

発動済みかどうかはっきり分かってなかったですが、ナックルとメレオロンはちゃんと“神の共犯者”を発動してたんですね。先週ラスト前ページを見返すと確かにオーラで覆われてますし。

それぞれの心理描写がなかなか読ませてくれます。ここでシュートの本領発揮に持って行くとは、これまであまり描写されてこなかったシュートのキャラ立てとして上手いです。
5ページ目以降にナックル達の姿が読者の目にも見えなくなっているのも「天上不知唯我独損」にインパクトを与えて効果的でさすが。
ただ、「天上不知唯我独損」って使ってから相手が“絶”状態になるまで結構時間も手間もかかるはずですが、うまく絶に追い込めるんでしょうか。

王は、どうなったんでしょうねえ。
王が龍星群からコムギを守っていたりしたらプフが微笑むとも思えませんし。

■アイシールド21
マルコ…、芝居がかった奴。
結構ヒル魔とマルコって似てますな。
ボールをがっちり確保すればプテラクローもスクリューバイトも脅威ではなさそうですが、そんなことはやっぱり白秋としても分かってるわけで、次はヒル魔潰しですか。
峨王の他にも壊し屋がいるんでしょうか。こういうタイミングで新キャラが出るってのも、この漫画ではよくありますし、さて?

■こちら葛飾区亀有公園前派出所
先日観た『グッド・シェパード』でもマッド・デイモンがボトルシップを作ってたなあ。
ボトムズでもスコープドッグの脇とかにボルトを使ってて危ないですな。さすが“鉄の棺桶”

■SKET DANCE
正直意外性は無かったかなあ。

■P2!−Let’s Play Pingpong!−
遊部は勝ちましたか。となると、案外川末が負けてペアが負けてヒロムが勝って、2-2で眞白に回る展開の可能性も高いかも?
お嬢とアキラは知り合いだそーで。クロミノートならぬ恨みノートが出て来ましたが、性格的にお嬢の逆恨みっぽいなあ。

川末の試合はなかなか不穏な雰囲気が漂ってますが、アキラの帽子が緊張感を殺ぐなあ(笑)

■ベルモンド Le VisiteuR
一気に巻きが入ったような気もします。

■ピューと吹く!ジャガー
どう感想を言ったものやら(^^;

|

« 週刊少年サンデー49号感想 | トップページ | バイオハザード3(映画) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/8879173

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ50号感想:

» 週刊少年ジャンプ【No.50】だる〜い記事 [ゲ〜ムやマンガのきゃらと〜く]
ご来訪誠にありがとうございます、管理人のやまだです。 今回は週刊少年ジャンプ50号の感想をお送りします。 ネタバレしていますのでご注意を。 脳内ゲストは酒留清彦さんです。... [続きを読む]

受信: 2007年11月12日 (月) 23時02分

« 週刊少年サンデー49号感想 | トップページ | バイオハザード3(映画) »