« 週刊少年ジャンプ51号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー51号感想 »

2007年11月20日 (火)

今月のスティール・ボール・ラン

レース開始前に荷物に入れていたのは覚えてましたが、ずっと連れっぱなしだったとは(笑)>クマちゃん
カタログですか。こういうもので物資を補給してたんですね。値段は描かれてないけど、有料なんですかねえ。
そして、単なる息抜きエピソードかと思われたクマちゃんが何と自分を捨てたジャイロに襲いかかることに。恐えーーー!
何が起こっているのかはまだよく分かりませんが、どうも『捨てた物』が自分の身体に取り付いてくるようです。

となると、ホットパンツと一体化している子供は『ホットパンツが捨てた弟』か誰かなのか?

このスティール・ボール・ランは後々まで残りそうに見えたゲストキャラも結構簡単に死んでしまうので(イケメンとかサンドマンとか)、
ホットパンツにしてもこのまま本当に死にかねないのですが、
流石にまだホットパンツの正体も何も分かっていないままだし重要キャラなのは間違いなさそうだし、
この場でホットパンツが死にはしないのではないかと。多分。

この危機を乗り越えた上で、ホットパンツの真実に迫る展開になるんじゃないかと思います。

スティールの方でも動きがありましたが、あの『ルーシーの死体』は誰なんでしょう。
大統領“圧迫祭り”夫人の遺体を使ったホットパンツによる偽装工作かとも思いましたが、
ルーシーを『死んだこと』にする必要も無い気がするんですけどね。謎です。

|

« 週刊少年ジャンプ51号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー51号感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/9022399

この記事へのトラックバック一覧です: 今月のスティール・ボール・ラン:

« 週刊少年ジャンプ51号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー51号感想 »