« 週刊少年サンデー52号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー1号感想 »

2007年12月 3日 (月)

週刊少年ジャンプ1号感想

■PSYREN-サイレン-
「みえるひと」の岩代氏の新連載。
どういう話になるのかは現時点では謎だらけで読めませんが、都市伝説をモチーフにした怪しい雰囲気で興味は引いてくれます。
今度は長期連枝になってくれればいいのですが。

■ONE PIECE
おじいさん!オーズが立った!(嬉しくない)
前回(先々週)で決着したかと思いきやもう一幕ありました。テンポを考えれば出来ればここまでやってから一週休んで欲しかった気も(^^;

しかし、前回のままだと『ドーピングしたルフィが・本来の実力に寄らずに・仲間の協力もあまり生きていない形で・勝った』ことになるので、むしろ全員の力を結集してくれた今回の決着の方が良かったかとは思います。

ロビンが足場を作り、ブルックがルフィを運び、ナミが雨を降らせ、フランキーとウソップが冷気砲を造り、サンジが鎖をかけ、ゾロが一撃入れてその隙に背骨を伸ばさせて、ルフィがトドメ、と。
チョッパーは(サンジの手伝いをしたのかも知れないけど)目立ってないなあと一瞬思いましたが、どうやら『背骨伸ばし作戦』はチョッパーが発案したようですし(人体構造を把握した作戦を立てられるのはチョッパーでしょうし、ゾロに指示もしてますし)、皆が活躍出来て良かったかと。
『右腕の累積ダメージ』もちゃんと生かしてくれて良かったです。

モリアの方は、どうやら本当にダウンしている様子。
モリアから影を戻す命令を出させるのがまた一苦労だと思いますが、どうするのやら。
あまり引っ張らずに上手い機転を見せて欲しいですが、さて?

■BLEACH
「私の愛を受けろ!! 受けろ!! 受けろ!!」
こんな告白ではフラれても当然だと思いました。

花太郎が倒れて回復はどーするのやらと思ったら速攻代わりの人が登場。
何の為に来たんだ花太郎。

さー、次は変態対決ざますよ!
まあ朽木兄の相手も十分変態だったけどな。

■銀魂
素晴らしいグダグダ感の果てに人生の無常を感じるような感じないような。
なにこの神懸かり展開(笑)

「貴様ァァァァ!! まっ…まさかそれは…!! そのドライバーは…!!」って、
あんたらが改造したんじゃないのか(^^;?(もしかして本当に違うとか?)
これでどう収拾つけるんでしょうねえ。次回でいきなりいつもの話に戻ってたら笑います。

■SKET DANCE
モモカ声優に挑戦。
子供が喜ぶ…というか大きなお友達を喜ばせそうな気が(笑)
ツッコミ所満載のアニメ2作品が楽しすます。見たいぜこのアニメ!
ツッコミたいところは本編でもれなくツッコまれズミですよ!(笑)

■アイシールド21
セナが投手として試合再開となるも、付け焼き刃でそのまま投手が勤まるはずもなく、栗田も戦意喪失でかなりピンチです。
セナが「ヒル魔みたいに」出来るわけはないので、セナなりの戦い方を見いだすしか無いんですけどね。

■こちら葛飾区亀有公園前派出所
不愉快っすねえ。

■魔人探偵脳噛ネウロ
本当にテロが発動してますよ。うわぁ;
ネウロがDRの攻撃で血を流していたりしますが、そのことよりも「謎が消えていく」の場面での呆然としたネウロの表情の方が読者的にはショックです。
HAL編で肉体的にはダメージを受けつつも態度は超然としていたネウロだったのに。
単に人類を虐殺するだけでなく、そのことでネウロに必要な「謎」まで消滅させるとは、シックスにしてみれば一つの作戦で二度美味しい作戦という訳ですか。

DR打倒はともかく、洪水の方はもうどうしようもない状況になっていますが、ここで弥子やダンボールおじさんが何か出来るのでしょうか?
ダンボールおじさんが頭がいいのだとしても、あのダンボールハウスがこの事態で役に立ったりするのか?(今一想像出来ないけど)

■HUNTER×HUNTER
先週の話である程度は時間が過ぎたかと思ったら、まだ6秒52ですか!?
これは、10週連載ラストのはずの来週でも10秒までいくかどうか?(^^;

まあ、4秒87の時点で「西塔2階」でコムギが倒れているところにピトーとネテロ達が到着したばかりの時点のようだから、各自の視点で時間が前後してるわけですね。
そして6秒52の時点では玉座の間でモラウとプフが戦闘開始している、と。

ゴン達は右塔(東塔?)にいっちゃったわけですが、標的のピトーは西塔にいるわけで、遠ざかっちゃってますね。
目指す中央塔の階段より上にはユピー・ナックル達と、プフ・モラウしかいなそうですが、ゴン達としてはどうなってしまうのやら。
ゴン・キルアも微妙に別行動になってますし、ここでウェルフィンが出て来ちゃったりしてますし、どうにも先が読めません。
まあ、最終的にピトーの元にゴン達が辿り着いた時には、ピトーはコムギを治療中でゴン達に葛藤が生まれることになると思うのですが。

イカルゴの能力があらためて解説されましたが、遺体を操るって、主人公サイドの味方キャラの能力とは思えませんな(^^;、なかなかエグイ。

先週武器を失ってしまったと思ったモラウですが、シュートのナイスアシストのおかげでパイプ奪還。良かった。
誰が死んでもおかしくない状況なんですが、出来ればモラウには生き延びて欲しいです。

右足をやられてピンチかと思われたシュートは、何とそれで一皮むけてしまった様子。シュートがここまで格好いいキャラになるとは思いませんでした。
まさにピンチをチャンスに変える男。

「沸騰しかけたユピーを冷静に戻した」とのことですが、もしユピーが“沸騰”してしまっていたら果たして状況はハンター側に有利になったのか不利になったのか。
沸騰されて辺り一面攻撃をされるとナックル的には危険が増しそうですし、あの大階段のように塔の破壊も進みそうですから、“沸騰”させすぎない事で正解なのかも知れません(?)

■サムライうさぎ
表紙は誰かと思いました。志乃か!?、可愛いじゃないですか。

摂津がなかなか感情移入させてくれます。
なんだけど、鰐淵はあまり特定の道場に肩入れしてていーのやら;

■ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
霊がナナを浚った目的判明。なるほどエグイ。少年誌的に特に。

魔法律家サイドにもようやくレギュラー陣以外にもそれなりに活躍しそうな人が出て来た様子。
まあ、虎の人はともかくシューターの人は(見た目通りに)ヘタレなければいいのですが。

■エム×ゼロ
最期の刺客はやっぱり本当の犯人だった様子。リスキーなことをすると思うけど、自分の手で永井を倒したかったのですな。
爆風玉を解除してしまった九澄としては、爆風から自分の身を守るだけならM0バリアを張るなり爆風玉をバリアでくるめばいいのでは…って、
強力な魔法だから消しきれるか分からないって言ってるか。
(自分をバリアで囲えても木は吹っ飛ぶだろうし)
上に投げるか下の2人がいるのとは反対方向に投げればいいんでしょうけど、5秒でどこまで出来るかですね。
ハンターなら5秒あれば大概のことは出来そうなんですが(^^;

■ピューと吹く!ジャガー
なんだか「じ…次期相撲大会について話し合おうぞ!!」な展開だなあ(違)

|

« 週刊少年サンデー52号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー1号感想 »

コメント

みえるひとは、打ち切り直前のキャラ人気投票の投票数が予想よりかなり多かったなどカルトな人気あったから

復活が早かった


タカヤの作者と仲がよいからかな
今回はデジタル作画っぽいな…
ベタのホワイト部とかがかなりデジタルくさい

投稿: 法螺貝 | 2007年12月 3日 (月) 11時27分

シュートはひょっとして「ピンチをチャンスにしか変えられない男」では?でもチャンスの時は逆くさいですけど。

投稿: あんの | 2007年12月 3日 (月) 12時31分

今度は生き延びられればいいですけどねえ>サイレン

シュートは確かにピンチにならないと力を発揮出来なさそうです。今回の件がショック療法になって一皮むけないですかねえ。(生き延びられればですが)

投稿: でんでん | 2007年12月 3日 (月) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/9227772

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ1号感想:

« 週刊少年サンデー52号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー1号感想 »