« 週刊少年ジャンプ2号とSQ.感想 | トップページ | 週刊少年サンデー2・3号感想 »

2007年12月11日 (火)

ALWAYS 続・三丁目の夕日(映画)

(山崎貴監督)

タイトルにも「続」とあるように、「ALWAYS 三丁目の夕日」の続編です。

オープニングのつかみが素晴らしい。
やはり前作で東京タワーを造ったのだから二作目では壊さねばなあ(笑)

ベタベタな映画ですが、それは観客も1作目で分かり切っているので問題無いかと思います。
ただ、肝心のメインのエピソード(養育話)の結論は、『本当にそれでいいんかい』と思わないでもないですが。(数年後が心配なのは解決してないですよね)(お金が全てでは無いけど、最低限のお金はやっぱり大事だよ。最後に盛大に論理がスリ替えられた印象)

出来れば子供達の話をもう少し大きく扱って欲しかったですね。新キャラの美加絡みの描写はもっと掘り下げて欲しかった。
お医者の先生絡みの話はお気に入りですが。
あと、最後の東京タワーはもっと全景で引いて見たかったかと思います。

ところで、昭和30年代の1万円がどのくらいの価値なのかと思って検索してみると、日本銀行のサイトでこんなページがありました。
昭和40年で消費者物価が平成18年の約4倍だとか。
東京タワーが竣工・公開されたのは昭和33年末だから、昭和34年の消費者物価指数の数値で計算してみると…、平成18年の約5.6倍で1万円=5.6万円と考えればいいのでしょうか。

公式サイト

|

« 週刊少年ジャンプ2号とSQ.感想 | トップページ | 週刊少年サンデー2・3号感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/9350835

この記事へのトラックバック一覧です: ALWAYS 続・三丁目の夕日(映画):

» 三丁目の夕日と団塊世代【団塊世代 暮らし 生活 ブログ 】 [三丁目の夕日と団塊世代【団塊世代 暮らし 生活 ブログ 】 ]
三丁目の夕日の一平は団塊世代三丁目の夕日の子供達、一平も淳之介も小学校の高学年かなとイメージです。芥川賞を目指す茶川竜之介(吉岡秀隆)が生活のために書いている少年雑誌の冒険小説がこの年くらいから発売されたのです。この時代、この種の雑誌が売られ...... [続きを読む]

受信: 2007年12月12日 (水) 14時14分

« 週刊少年ジャンプ2号とSQ.感想 | トップページ | 週刊少年サンデー2・3号感想 »