« 今月のジャンプSQ.感想 | トップページ | 週刊少年サンデー6号感想 »

2008年1月 7日 (月)

俺たちフィギュアスケーター(映画)

(ウィル・スペック監督)

華麗なスケーティングを得意とする王子様的スケーターのジミー(ジョン・ヘダー)と、
野性味溢れるエロおっさんスケーターのチャズ(ウィル・フェレル)、
氷と炎のように対照的で、ライバルとして嫌い合っていた犬猿の仲のこの2人が、
とある事情で『男同士でフィギュアペアを組む』はめになるというバカ映画です。

いやー、笑った笑った。
下品なエロネタやブラックギャグに溢れた作品で、受け付けない人にとっては全然駄目だと思いますが、自分は大いに笑いました。
深いことは考えずに無責任に初笑いするには最適な映画かと思います。下品ですが。
キャストがまた絶妙です。

男同士のペアフィギュアということで、思い付く限りの(下品な)ネタが盛り込まれたスケーティングが楽しすぎます。
“合体技”が見物。 ポロリもあるでよ!(KUBIとか)
漫画的なキャラ造形もスケート描写も作風にピッタリはまっていたかと。
命懸けの必殺技なんてものが出る時点で実に正しく漫画的でした。
あまり語りすぎるのも無粋な映画なのでこの辺で。

公式サイト

|

« 今月のジャンプSQ.感想 | トップページ | 週刊少年サンデー6号感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/9764638

この記事へのトラックバック一覧です: 俺たちフィギュアスケーター(映画):

« 今月のジャンプSQ.感想 | トップページ | 週刊少年サンデー6号感想 »