« P2! –let’s Play Pingpong!-最終回感想と赤マルジャンプ感想少し | トップページ | 週刊少年サンデー7号感想 »

2008年1月15日 (火)

アース(映画)

(アラステア・フォザーギル監督 マーク・リンフィールド監督)

「ディープ・ブルー」や「プラネット・アース」のスタッフによる世界各地の生き物の生態を捉えたドキュメンタリー。
温暖化の警告はありますが、“ストーリーのある映画”とは言い難いのでちょっと感想は書きにくかったりします。
大画面でのプラネット・アースと言えますが、雄大な自然の映像は大画面で見る価値ありと思えました。
とりあえず絵描きは見ておいていいかと思います。

こういう自然映像物を見るとポートピアのダイエー館を思い出したりします。

公式サイト

|

« P2! –let’s Play Pingpong!-最終回感想と赤マルジャンプ感想少し | トップページ | 週刊少年サンデー7号感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/9902790

この記事へのトラックバック一覧です: アース(映画):

« P2! –let’s Play Pingpong!-最終回感想と赤マルジャンプ感想少し | トップページ | 週刊少年サンデー7号感想 »