« 週刊少年ジャンプ6・7号感想 | トップページ | 俺たちフィギュアスケーター(映画) »

2008年1月 5日 (土)

今月のジャンプSQ.感想

一部だけですがー

■テガミバチ
雰囲気はひかれるのですが、やはり最初の話や基本設定がまだ今一掴み切れてなかったりして(^^;

■戦後少年漫画創世記青春列伝 時は…
トキワ荘と言えばやはりおっさん世代の漫画好きには特別な思い入れがあったりするもので、トキワ荘テーマの漫画と言うだけで思い入れて読んでしまいます。
(最近は大分薄れてる気もするけど)昭和的な作風を持ちつつ現在も少年漫画を描き続けている秋本先生にとってはピッタリの企画だったのではないかと思いました。
“ケータイの画面に映るトキワ荘の仲間”は流石にウルッと来ます。

■屍鬼
原作はまだ未読のままですが、藤崎先生の異様な雰囲気作りは適任に思えます。
一見ヒロインのように見えていた恵がいきなり死んで驚いたりしましたが、やはり死んで終わりでは無いのね。
大変に数が多すぎる登場人物の描き分け能力がさすがですが、医者の尾崎先生と主役(っぽく見える)結城がちょっとデザインが被ってしまっている気も。

■帰ってきた変態仮面
まさか帰ってくるとは!!!
夢にも思わなかったですぜ。フオオオオオオ!
いやホント、まさか変態仮面のリメイクがスクランの小林先生の漫画で読める時代が来るとはなあ。世の中何が起きるか分からないものです。
自分は連載時大学生で、正直細かい話は覚えてなかったですが、小林先生が中学生時代で読んでいたとのこと。確かに小中学生の頃にこの漫画に出会っていたらかなり脳裏に刻まれていたかも知れません(笑)

今作については、「変態だなあ」としか(笑)
小林先生の変態仮面への愛はよく伝わりました。

「うやむやに離れ離れになった愛子ちゃん」の顛末がどーだったか忘れてましたけど、wikiで確認すると最終回で春夏と結婚してたんですか。
うーむ、そうだっけ?

■TISTA
このタイミングで心理分析官が登場したり、組織の人々や「左目」の事が描写されたりでティスタのキャラが埋められていく様子が上手いですねえ。
それでもまだ、あまり長期向きの話には見えなかったりするのですが、どう話を転がしてくれるのか楽しみです。

■罪花罰
どう変態話を転がしていくのかと思いましたが、新キャラ増員で変態度アップを図りましたか。
行けるところまで行っちゃってください(笑)

■エンバーミングは休みですか。大丈夫でしょうか;

|

« 週刊少年ジャンプ6・7号感想 | トップページ | 俺たちフィギュアスケーター(映画) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/9727567

この記事へのトラックバック一覧です: 今月のジャンプSQ.感想:

« 週刊少年ジャンプ6・7号感想 | トップページ | 俺たちフィギュアスケーター(映画) »