« 週刊少年サンデー13号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー14号感想 »

2008年3月 3日 (月)

週刊少年ジャンプ14号感想

■魔人探偵脳噛ネウロ
七光りの親がー(笑)
今回出た木馬262mが次の人気投票でどんな名前が付くかが楽しみです。

本編は、素晴らしくハッタリの効いた展開でした。こういうビジュアルセンスが凄いなと。
どうやら大災害は避けられたようですが、テラの言うようにタワーマンションの住人は死んでそうですねえ;

■ONE PIECE
ルフィ一行と別れて穏便に出番終了かと思われたローラ達ですが、何かに狙われてるっぽいんですがどうなるのやら;
結局ルフィはエースの元には向かわないようで、まあルフィらしいかなと。
ルフィの祖父だとバレても全然立場が悪くなってないガープに笑いました。

赤い大地と言うことで、いよいよグランドラインも半分まで来たそうで、
物語的にもコレで折り返し地点…なんでしょうか??
それだと100巻くらいまで行っちゃいそうですが、あり得そうで恐い。
潜水艦での魚人島探し、潜水艦に乗っているのが3人とも「海水に触れたら不味い」能力者トリオであることに笑いました。ちょっとでも浸水してきたらその時点でアウトじゃないですか(^^;(まあ、深度5千mでは能力者じゃなくても浸水したらお陀仏ですが)

■BLEACH
結局積極的にはトドメをさそうとしないんですねえ。(最終的にノイトラが死んでるのかどーかは分かりませんが)
虚って死神にとっては話せば分かる相手とかライバル関係とかではなくて、倒さなければいけない敵とか害虫みたいなものかと思ってましたが違うんですかね?
一護といい、虚が人間っぽい姿になった途端に、これまで平気で殺していた虚を殺さなくなったのがとても謎です。せめて理由付けくらいして欲しい。

■HUNTER×HUNTER
「ノロすら恐れぬ冨樫の無謀な連載再開が 逆に冨樫を生き長らえさせていた」
お大事にー

本当に連載再開。再開するのは分かっていましたが、今号を見るまでは安心できないと思っていました(おぃ)

王とジジイ2人は戦いの場を移すようですが、とりあえず、ジジイーズ達が真っ当に勝負して勝てるビジョンが想像出来ません。どう決着させるのやら;

キルアはゴンと分断状態になったのかと思いましたが、速攻で合流出来た様子。
で、キルアの「それはどっちの?」がちょっとよく分かりませんでした。「あそこ」か左塔か真ん中の塔かどっちという意味…というのもピンと来ないですが、何か忘れてますかね?(^^;
キルアはイカルゴの「貸しだぞ」で落ち着きを取り戻したかと思っていましたが、まだ動揺が残っているんでしょうか。

ユピーVSナックルシュートは、「ユピーとシュートの利害の一致」により、思惑通りにユピーの足止めには成功している様子。そうは言ってもまだまだ全っ然時間は進んでないわけですが(^^;

ウェルフィンは前回までの時点ではどうやらフラッタ(イカルゴ)が敵だと気付いていたわけでは無かったようですが、今回で裏切りを疑ってしまった様子。
しかもザリガニまでイカルゴを疑いだしたようで、ヤバイですよ。
今のイカルゴの戦闘力ってどれくらいあるんでしょう;
とりあえずヂートゥの相手はしないですみそうなのが救いか?

■アイシールド21
セナが力勝負とは予想しなかったなあ。
まあ、最期は「力」と言うより「技」だと思いますが。

■銀魂
タバコを吸う人には辛い昨今のようですねえ。
どんどんカオス化していく状況が素晴らしい(笑)
オチはほとんど「猿の手」ですな。ホラーだ(^^;)

■テニスの王子様
案外普通に決着したなあと思ってしまいましたが、よく考えると全然普通じゃないですね。
ムヒョと同じ号で一気に終わるとは思ってませんでした。

■サムライうさぎ
普通の刀のままの方が良かったのでは、と最期まで読んでも思ってしまうのですが(^^;
いや、次回を読めば納得出来るのだと期待します。

■PSYREN-サイレン-
雨宮のバックボーンやらが明らかに。
それはさておきヒリューとアゲハ、仲いいなこいつら(笑)
雨宮の刀は自前だったのですか。急に外でサイレンに呼び出された時とかどうやって刀を手にしているのやら。アポーツ(物体引き寄せ)とかも出来るのかと思ったら、単純に学校に隠してる訳ですか。無理あるなあ(^^;

しかし、今回の雨宮も人形劇だったりタッチタッチここにタッチだったりと、なかなかぶっ壊れたキャラが素晴らしいですな。

姉キお気に入りの俳優の人もサイレンのカードを拾ってしまった様子。まだサイレンに呼ばれてはいないのか?
しかし、特番で公表してしまったら不味いんじゃないですかね。いきなりペナルティを食らって消えるキャラって感じでも無いのですが、どんな役割になるのやら。

■SKET DANCE
さすがスイッチ!!
なかなか格好いいじゃないですか。簡単にキレても最期が決まり切らなくても。
ぬいぐるみを愛でるデージーもナイス。ぬいぐるみはもうちょっと大きい絵で見たいところです。

で、スケットマシーン2号が遂に登場。
予想通りと言うよりは期待通りですな。待ってました(笑)

■エム×ゼロ
「卒業したら忘れる魔法にどんな意味が」とは誰しも思っていただろうと思いますが、ちゃんと理由はある様子。早く明かして欲しいところです。
九澄と同じ大きさのルーシーというのは新鮮ですな。

■MUDDY マディ
うーむ、バトルになっちゃうのか?

■ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
終了。
作品の雰囲気は嫌いじゃなかったですが、特に終盤はどうも感情移入がし辛かった気がします。

■ピューと吹く!ジャガー
第三者の視点って大事ですね(笑)

|

« 週刊少年サンデー13号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー14号感想 »

コメント

はじめまして。いつも楽しく感想拝見しています。
>「海水に触れたら不味い」能力者トリオ
本当だ!気づきませんでした。
むしろこの3人、普段自分が不可能な領域に入れるってことですすんで志願したのかも。

投稿: ニャッキ | 2008年3月 5日 (水) 03時58分

>すすんで志願
は、やりそうですねー。
特にルフィは率先して乗りたがりそうだ。ブルックもノリで乗っちゃうだろうし。ロビンも達観してるし(^^;

投稿: でんでん | 2008年3月 5日 (水) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/10893687

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ14号感想:

« 週刊少年サンデー13号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー14号感想 »