« 週刊少年サンデー16号感想 | トップページ | バンテージ・ポイント(映画) »

2008年3月24日 (月)

週刊少年ジャンプ17号感想

■ダブルアーツ
「その手を、離さない。君の命ごと離してしまう気がするから」

以前読切で「恋の神様」や「ウィリアムス」を描いた古味直志氏の新連載。
きっぱり言って好きです。
頑張る少年少女のボーイミーツガールもの、いいですねえ。

1ページ目からの掴みも興味を引き付けてくれて上手いです。
「手を繋いでいなければいけない」という制約も、今回のアクションを見ても、上手く生かして色々な描写をしてくれそうに思えて期待が持てます。

今回でヒロインのエルレインの事は色々分かりましたが、もう一人の主人公のキリについての詳細な描写は次回でしょうか。キリも魅力的なキャラになってくれそうな気はするので楽しみです。

■ONE PIECE
海上戦開始。
考えてみれば作中で『海上であることを生かしたバトル』って、案外少なかった気がします。(印象的だったのはクリーク戦あたりでしょうか)
ですので今回の戦いは結構新鮮。能力者が「海が弱点」という点も久し振りに強調されましたし。

ハチとゾロの絡みは楽しかったです。やっぱりバカでいいキャラだなあ>ハチ

デュバルの正体は次回には明かされそうでしょうか?
もしかしたらこれまで直接は出番の無かった新キャラなのかも知れないと、先週時点では思いましたが、ルフィの反応からするとやはり登場済みのキャラなんでしょうか?
クリークでもモーガンでもアーロンでもクロでも無さそうなんだけど、うーむ、思い付かない;

■アイシールド21
先週登場した帝黒の選手は盤戸から抜けた人でしたか。
言ってはなんだけど、雑魚っぽい顔だなあ;(おぃ)
そして遂に「真のアイシールド21」登場。
もっとゴツい体付きの選手かと思っていましたが、意外とスマートな印象でしょうか。

さて、鬱男さんの先週の感想からすると、関東大会決勝からクリスマスボウルまでの間は現実では1ヶ月程度だそうですが、
ヒル魔の腕は果たして治るのか?
…普通なら骨折の完治は2~3ヶ月はかかりそうなんですが、無理矢理にでも出場するんでしょうねえ。

セナの腕の方は、骨折まではしてなさそうなので問題無い…のか?
クリスマスボウルまでの間で、セナの投手修行なんて展開もあり得るでしょうか?(無理があるとは思うけど)

■銀魂
ハンターだとすっかり気にならなくなってますが、他の漫画で下描き状態で載ると本気で心配になります。
今回はネームの流れもちょっと悪かった気がー。(特に後半)

■BLEACH
ウルキオラは「出てこれなかった」のではなくて「出番を待っていた」だけだったのね。

■魔人探偵脳噛ネウロ
これだけ大規模に暴れておいて警察が来ないのも不思議な気はしましたが、きっちり笹塚さんが到着していた様子。
遂に「ネウロの正体」が笹塚さんにバレそうで非情に興味深いです。
これだけ派手にやっておいて、(埋められていた)目撃者も沢山出来てしまって、完全に魔人の正体を隠すのも難しいでしょうし、本格的に魔人と警察が手を結ぶ展開になるのか?

■HUNTER×HUNTER
ううーむ。ゴンの目が恐ぇーー;
思っていた以上にゴンは頭に血が上りきっていて、
思っていた以上にピトーは純粋だったようで、
互いに自分の事情以外の事が目にも耳にも心にも入らない状態になってしまっている様子。
人間、キメラアントの双方どちらにとっても今の状態は不味い、不味すぎる状態です。
「双方どちらにとっても」コムギを死なせちゃあ不味いですよ。
普段のゴンであればもっと(おそらくキルア以上に)冷静な判断が出来るだろうに、カイトの存在が大きすぎるんですよね。
キルアだけが頼りなんだけど、今回のゴンはキルアの言葉すらはねのけてるしなあ;
今のピトーになら「カイトを元に戻させる約束」すら出来そうなんだけど…(それが実際に可能な事かどうかは未だ謎ですが)

ここでゴンがキレてしまったりしたら、下手すればゴン自身の手でコムギを殺すなんて展開にもなりかねません。そうすれば少なくとも人間とキメラアントとの共存の道は完全に絶たれてしまうわけで、
主人公にこのような責任の重い立場を預けてしまう辺りが凄いですね。
これまではこの漫画は「ゴンの判断は大概正しい」スタンスで描かれる事が多かったと思いますが、それゆえに今のゴンの不安定さが実に恐い。

■PSYREN-サイレン-
ここは砂の惑星かトレマーズか。
ゲートはすぐ近くだそうですが、そう簡単には辿り着けないでしょうねえ。
先週ラストで出た「別荘」も絡んでくるでしょうし。
新規のプレイヤーに説明するなら、むしろ「ここは未来である」なんて情報は最初は出さない方がいいんじゃないかと思いました。
人はやっぱり自分の目で物事を見ないと実感出来ないものですし、今を生き延びる為の最低限の情報だけ与えた方がこの場合の生存確率は上がるのじゃないかと思います。

■エム×ゼロ
M0で足場を作れるとしても、オーバーハングを上るのは相当に大変そうだ。「くっつく波紋」が使えれば(違)
ルーシーは健気だなあ。

■To LOVEる−とらぶる−
封筒を開封することによって
手紙に あの力が加わり 惑星サイレンにワープしてしまうのだ。
さあ どうする!? ぼくらのトラブルレンジャー

面子が4人なのが惜しい、あと1人いれば戦隊が結成出来るのに。
リトは「ララを狙う刺客」とかも疑うべきだと思いました。

■サムライうさぎ
誰かから被害を受けたらその集団全体を悪と決めつけるというのが、悪い意味で少年漫画だなあ;
ところで、刀での斬り合いで「殺しちゃ駄目」で「手足を切り落としても(少年漫画的に)駄目」というのはやっぱり難しいですね。
かつての「るろうに剣心」もそのあたりは難儀してた気がしますし。

■ピューと吹く!ジャガー
セネデスムス

なるほどー。

|

« 週刊少年サンデー16号感想 | トップページ | バンテージ・ポイント(映画) »

コメント

今週の新連載はICOっぽいんですかーー、まだ読んでないので楽しみです!
ところでICOのキャッチコピーが微妙に間違ってますよ。
「この人の手を離さない。僕の魂ごと離してしまう気がするから。」だったと思います。

投稿: 通りすがりの者 | 2008年3月24日 (月) 11時54分

「手を繋ぐ」がテーマのようですので~。
キャッチコピーについては漫画に合わせていじってますのでわざとです。

投稿: でんでん | 2008年3月24日 (月) 12時08分

>HUNTER×HUNTER
なんか選択肢の内容は違いますが、初期のハンター試験であった”ドキドキ2択クイズ”を思い出しました。
まあ、緊迫感はぜんぜん違いますけどねw
「あらゆる残酷な空想に耐えるため」ってことだったはずですが、ゴンがどういう応えを導き出しますやら。

投稿: | 2008年3月24日 (月) 13時09分

>ONE PIECE
デュバル、既出キャラだと「俺を覚えてるか」とか「忘れてないだろうな」とか言いそうな気がするので
「俺を知ってるな」って聞き方は直接の面識は無いようにも思えます。
大穴で劇場版のボスキャラとか出てきたら面白いんですが。

投稿: 通りすがり | 2008年3月24日 (月) 20時47分

>ドキドキ2択クイズ
2人のうち1人しか助けられないという問題でしたっけ。確かに今回の状況もゴンにとっての究極の選択でしょうねえ。
実際、冷静になれればもっと選択肢は増えるのでしょうけど…
あの時の答えは『沈黙』で良かったですが、今回はそういうわけにもいかないからどうなる事やら;;;

あと、ゴンが冷静になれたとして、ピトーと「カイトを戻させる」交渉をしたとして、
カイトを戻すことがピトーにとっても不可能だとしたら、交渉の余地もなく最悪の展開になりそうです;
もしピトーが『完全に死んだ相手を元通りに戻せる』なら、コムギが死んでも王が死んでもピトーは慌てる必要が無いって理屈になるでしょうしねえ。

>デュバル
「おれを知ってるよな」ってのは、確かに既にルフィと面識のあるキャラであれば不思議なセリフです。
うーむ、本当に誰だか予想出来ません;

他所では「ゾロが倒した相手(未登場のバロックワークス)では」との予想も見かけましたけど、
それなら今回のルフィの反応はしっくり来ないんですよねえ。

投稿: でんでん | 2008年3月24日 (月) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/11725478

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ17号感想:

« 週刊少年サンデー16号感想 | トップページ | バンテージ・ポイント(映画) »