« 週刊少年サンデー17号感想 | トップページ | 安彦良和原画展 »

2008年3月31日 (月)

週刊少年ジャンプ18号感想

■ONE PIECE
うわあああっ、ホントにいたんだ“黒足のサンジ”!(笑)
これは可哀想だ(ノД`)
サンジも一発くらい殴らせてやってもいいと思いました。
しかし、アブサロムといい、サンジは本当に妙な因縁が多いなあ(笑)

よく見たら眉毛の回転が逆なのね(笑)

ゾロは“くま”の件でのダメージは残っている様子。
やはりこの位のダメージは引きずってもらわねば嘘でしょうねえ。

■エム×ゼロ
後ろに来ていた掲載位置が戻ってますね。頑張ってほしいところ。
本編はめでたしで良かったです。九澄はいい奴だなあ。

■ダブルアーツ
「手を離しちゃ行けない生活」実践開始。
実際かなり大変でしょうねえ。手の繋ぎ替えはありだし、手以外でも足とか肩でもどこか身体の一部が触れてさえいればいいんでしょうけど。
「1秒も離すな」とは言われても前回の描写から数秒くらいは離れても問題は無さそうですが、リスクは高まるからやりたくないのでしょう。
とりあえず、2人の利き手が同じだったら食事の時に「右手を繋いでる方」が大変ですな。(前回の絵を描く描写からすればキリは右利きっぽい)
そもそも和食だったら「片方の手で茶碗を持つ」場合が多いので、洋食(?)で良かったというべき…なのか?(^^;
あと、風呂よりトイレの方が嫌だと思います。

本編は温かい雰囲気で良かったです。あまりバトル路線にはなって欲しくないけど、ジャンプで生き残れるかどうかは心配ですが;

エルーの反応が一々可愛くていいですね。

ところで前回ガゼルの顔を素手で殴ってる気がしますが(手袋はしてなさそう)どーなんでしょう;
ガゼルに関しては何か説明が入るんですかね?

■BLEACH
先週時点では「このタイミングで過去話かよ;」と思いましたが、
現代で延々戦ってるよりこちらの方が面白いかも知れず。

■銀魂
沖田に操られた妹の人間凶器っぷりが凄い。姉ちゃんのその後より妹さんの人生のその後が気になりますが大丈夫でしょうか;
ノリで飛び降りまでしてしまう姉は困ったものですが、この世界は困った人だらけだからあまり問題ないか。

■魔人探偵脳噛ネウロ
>マンガ脳の鍛え方
松井先生はてっきり美術畑にいた人かと思いましたが違うんですね。
ネウロが恋愛物になるかも知れなかったとは、それはそれで見たかった(笑)
あかねちゃんは“かわいいキャラ”で合ってると思います。

>本編
Sは勝利のS!(笑)

遂に笹塚刑事と本格的に協力。新鮮で燃える展開ですが、もうこれまでの日々には戻れないとも思えます。笹塚さんだけに知らせて他の警察の面々にネウロの正体を秘密のままともならないでしょうし。
ネウロの正体が露見して、警察の皆さんは今後の活躍が期待できますが、
弥子の立ち位置がどうなるかが気になります。
シックスとの戦いではこれまで以上に弥子の出番が無いですからねえ。

■アイシールド21
クリスマスボウルでヒル魔の骨折はどうするのかと思いましたが、直す方向で行くみたいですね。

“棘田先輩”は前回の赤羽の「よしてやれ」のセリフからして、本当に帝黒のエースかどうか怪しいと思いましたが、やはり4軍だそうで。

で、本当のレギュラーはまさかの花梨さんですか!?
えーと、現実のルール的にはありなんでしょうか?、まあ、違っても漫画だからいいのだけど。
一瞬「女の子に見えるけど実は男か?」とも思いましたが、棘田先輩が「女なんか」と言ってるし、女の子なんですよねえ。

■PSYREN-サイレン-
砂虫は音を感知して襲ってくる。トレマーズの基本ですね。

情報を得て、戦闘力(PSI)も訓練して、前回に比べればアゲハにも余裕がありますが、デカイ砂虫といい、ラストの敵っぽい“人”といい、いい具合に想定外の事態が重なってきている感じです。
単に同じように現実とゲーム(未来)を何度も行ったり来たりする展開だと漫画として単調になるかと思いましたが、そうはならなそうかなと。

■ぬらりひょんの孫
変身してるときの記憶は残ってないのですか。リクオが苦労しそうな設定だなあ。
今回を見て、この漫画は連続したストーリーで繋ぐというよりは、ぬ~べ~的に数話ごとに特定の妖怪やキャラの話を描いていくつもりなのかと思いました。
清継くんがいいトラブルメーカーになりそうだ。

■SKET DANCE
負けフラグが立ってるように見えましたが、やはり負けましたか。
グダグダに終わった気もしますが、簡単に退部を取りやめるボッスンの顔が素敵だったからいいか。

■HUNTER×HUNTER
うおお、黒い、今回もゴンが黒いよ…;
しかしどうにか一段落は付いたでしょうか?
「一時間待つ」と言って座り込んだゴンの後ろの空間が妙に意味深なんですけど、他者の介入とかもあり得るのか?(ウェルフィンとか)

ここまでテンパって壊れたゴンというのは本当に衝撃的です。カイトがもしも元に戻ったとしても、元のゴンに戻れるんですかね?

で、一度は首まで落とされて完全に死んだカイトはてっきり完全には戻らないんじゃないかと思っていましたけど、
今の(嘘を付くとも思えない)ピトーが約束したという事は、元に戻すのも可能なのか、それとも本当は戻せないけど、この部分だけはギリギリ追いつめられたピトーの嘘なのか?、まだどちらとも言えないなあ。

少なくとも「一時間したらペイジンへ行き」の約束はきっとピトーも守ると思いますが、そうなればゴン&ピトーはもうハンターVSキメラアントの戦いからは外れちゃうことになるでしょうか?
まあ、そもそもゴンの役目は会長と王が戦っている間にピトーを介入させないことだから、役割は果たせてはいるのですが。

とりあえずゴンサイドの描写はしばらく離れそうな気がしますので、
次はナックルかモラウの局面か、或いはイカルゴ周辺の描写に移るでしょうか。

■ピューと吹く!ジャガー
ウチの方ではまだ桜は咲き始めというところですが、テンションをいい具合に下げてくれてありがとうという感じだ(^^;)
しげみちのウザさはやはりジョン太夫のウザさには及ばない気もします。

|

« 週刊少年サンデー17号感想 | トップページ | 安彦良和原画展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/12001145

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ18号感想:

» 週刊少年ジャンプ【No.18】サンジもどき面白杉切な杉 [ゲ〜ムやマンガのきゃらと〜く]
ご来訪誠にありがとうございます、管理人のやまだです。 今回は週刊少年ジャンプ18号の感想をお送りします。 ネタバレしていますのでご注意... [続きを読む]

受信: 2008年4月 1日 (火) 00時58分

« 週刊少年サンデー17号感想 | トップページ | 安彦良和原画展 »