« クローバーフィールド HAKAISHA(映画) | トップページ | 週刊少年サンデー20号感想 »

2008年4月14日 (月)

週刊少年ジャンプ20号感想

■アイシールド21
以前、本庄選手が“泥門がクリスマスボウルまで進めばモン太が誰かに当たる”ようなことを言っていましたが、
流石に『息子』とは思わなかったですよ。
と言うか、親父の面影ねーーー。(髪型を揃えたら似るのか?)

最後のオールスター図は壮観でしたが、大田原の顔のでかさがよく分かりました。
阿含がいないのは(性格的に)分かりますが、
つきあいの良さそうな鬼兵がいないのが泣かせます。
赤羽はいるのにコータローはいないのがちょっと不思議。(コマの外にいるのかも知れないけど)

■ONE PIECE
ハンサム…、骨格が変わっただけですむ問題なのか?(笑)
電話(電伝)番号を置いていったハンサムですが、それが今後役に立つことがあるのでしょうか?
…まあ、はっちゃんが重要キャラになるとはアーロン編当時は思わなかった事だし、どうなるかは分かりませんが。

「たとえ目の前で人が殺されてたとしても」
と言うことは、そういう展開が起こるんだろうなあ。
出来ればさくさく魚人島まで進めて欲しいものですが。

魚人島は海底1万mですか。調べてみるとマリアナ海溝の最深部が水面下10,911mだそうで。へー。

■銀魂
いいよね肉球。
スザンヌが重要な役割を果てしてくれないかと密かに期待してます。

■BLEACH
ここでマユリ様ですか。確かに危険分子中の危険分子だなあ。
浦原がアレを解き放っちゃった訳ですか(^^;

■ダブルアーツ
輪っか使いとは珍しい気が。
今回はほぼアクションオンリーでしたが、次回あたりにはスイとキリの事も少しは分かるのでしょうか。

エルーの病状は悪化してるんですかね。
最初は数秒程度は手を放しても大丈夫そうかと思いましたが、そうもいかなくなってくるのか。

■PSYREN-サイレン-
男に首元に息を吹きかけられるのは嫌だなあ。
で、あっという間にカブト“君”も発症。サイレンの空気の成分がこれまでから変化でもしてるんですかね。
雨宮と鎖鎌がちゃんと活躍してくれて嬉しいです。人間大の敵が相手なら役に立つじゃないですか>鎖鎌。

最後はロンギヌ(略)

■エム×ゼロ
バカ回だ…(笑)
今回やけにパロディ色が強かったなあ。

■SKET DANCE
27歳が完全にキャラが違うじゃないですか(笑)

■こちら葛飾区亀有公園前派出所
将棋話の続き。
実際やったら面白そうですが、すぐに飽きそうな気も。

■ぬらりひょんの孫
面白くなってきそうなんですが、段々掲載位置が落ちてるなあ。

■HUNTER×HUNTER
逃げるナックルを追わないユピー。
“誤算”の正体がよく分かりました。確かにユピーにとってはポットクリンの存在は目障りでしょうが、主目的である王の護衛程の優先度は無いわけだ。
しかし、ここでナックルがあえて「正面から戦う」選択をしてしまうとは…
バカだ。本当にバカだ…;、そういう気持ちになるのは分かるけど;;;
本当に、どうなってしまうのやら;

メレオロンの方はキルアに援助を要請。
キルアもナックルの援護に向かうようですが、メレオロンには「ピトーとゴンの状態」は説明してるんですかね?(描写はされてないけど)
ピトーの元にも見張りは必要だからゴンが残ること自体は戦略的にも正しいと思いますし、ゴンさえ残っていればキルアがピトーの元を(最低1時間)離れるのは有りと思いますが、キルアはゴンに説明無しで行ってしまうのだろうかと気になります。

■魔人探偵脳噛ネウロ
穴だらけでも平気な弥子がすげえ(笑)

■ピューと吹く!ジャガー
予想もつかない展開だーーー!

|

« クローバーフィールド HAKAISHA(映画) | トップページ | 週刊少年サンデー20号感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/20215788

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ20号感想:

« クローバーフィールド HAKAISHA(映画) | トップページ | 週刊少年サンデー20号感想 »