« 週刊少年サンデー23号感想 | トップページ | 最高の人生の見つけ方(映画) »

2008年5月12日 (月)

週刊少年ジャンプ24号感想

■BLEACH
表紙の一護が次に本編に出るのは何時のことだろうと思いました。
本編はサスペンスじみてきましたね。ひよ里や拳西や白といった“この一連の事件で被害者になった(なる)連中”が後に仮面の軍勢になるのでしょうか。

マユリ様は誰と組ませても面白い一流の芸人だなあ。

■銀魂
月詠さんのいい人っぷりに目頭が熱くなります。

■アイシールド21
阿含は結局帝黒に入ったのかどうか、どっちもあり得そうですが、規定は「なんとか」なっちゃうもんなんですかね?
…この漫画だとなんとかしちゃいそうだけど、本当に出られたらちょっと嫌。

■ダブルアーツ
予想以上の急展開、護衛の人が真っ先にやられて相当にピンチです。
ここにいる全員でキリと手を繋げば身体能力はかなりアップするでしょうが、力が上がっただけでは勝てはしないでしょうし。(今週のサイレンのタツオのように)
エッダ及び他の子らが死ななければいいですがー;

ガゼルがトロイを広めてるってことなんですかね。

■ぬらりひょんの孫
雪女のドジッ娘率が上がってるなあ。カナちゃんが2人の関係に疑惑を持ったりしてなかなか楽しいです。もっとやれ。
と言うか、カナちゃんは「あのあと無事に帰れたんだ」のセリフの方に疑惑を持つべきですが。

雪女のことは「実は従兄弟」とか言ってごまかせばよかろうに(笑)

■HUNTER×HUNTER
ナックルに走馬灯が!
と言うか、走馬灯が「これから迫る死のピンチ時」に出るというのも不思議な気もしますが、まあいーか。(以前のゼノの“心滴拳聴”の説明の時にも走馬灯を持ち出してましたっけ)

ナックルは本気で死んだかも、と一瞬思いましたが、このタイミングでキルアの落雷と来ましたか。電撃でユピーを倒すことは出来なくても一瞬動きを止めることは出来るわけで、確かにキルアが出来ることとしては最良の一手でした。
メレオロンの力で姿を隠しながらタイミングを待ってたんでしょうねえ。

これで見事ナックルは一発を入れられましたが、「三発入れる」とか言ってないでこの一発で満足してすぐに離脱すべきだと思います。調子に乗っているとユピーはすぐに復活しそうだ。

で、ここでまた連載ストップ。今回で10週目だったんですねー。
とりあえずは、一応キリのいいところで終われたとは思います。
次の再開がいつになるか分かりませんが、長くかからないことを願っておりますー。

■魔人探偵脳噛ネウロ
密室ホテルからの脱出と弥子のネウロへの信頼感をあわせて見せてなかなか爽快でした。
ところで、あの窃盗したバイクは直結でもしたんですかね?
吾代も笹塚もナチュラルにそのくらいのスキルはありそうだ。(最近のバイクでは出来ない場合もあるようですが)

■PSYREN-サイレン-
単純な身体能力では相手が上、喧嘩の経験値はこちらが上と、有利不利がいい感じにバランスが取れていて緊張感が心地よいです。
ヒリューも到着して流れはこちらに向いているように思えますが、
ド天然系アイドル朧のおかげで良くも悪くも計算が狂いそうで、また楽しくなりそう。

■SKET DANCE
いい話でした。しかし目が開くだけで随分可愛くなるものだー。
校長もスケット団に孫をあずければああなるのも予想出来そうだけど、案外スケット団のことを気に入ってるのでしょうか。

■サムライうさぎ
鳳を見ていると「ど…どんだけ疑い深いのこの人―――!?」と言いたくなります。
人間ハマーになったら終わりですよ。

■エム×ゼロ
ネット上では連載終了話が出ていますが、ホントにラストに向かってる感じですねえ。うーむ、やっぱり終わっちゃうのかなあ…;
結構好きなんですがー。

■ピューと吹く!ジャガー
ハマーの自滅っぷりが…(笑)
ピヨ彦の筋肉も数週経ってネタを使い尽くしたら戻ってそうな気もします。
(あるいは来週にでも戻ってるかも)

|

« 週刊少年サンデー23号感想 | トップページ | 最高の人生の見つけ方(映画) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50221/20905499

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊少年ジャンプ24号感想:

« 週刊少年サンデー23号感想 | トップページ | 最高の人生の見つけ方(映画) »